父親 藤原さくらに関するニュース

【エンタがビタミン♪】藤原さくら「あげぽよのきわみー!」 ポール来日直前、USJでハイテンション

TechinsightJapan / 2017年04月25日14時31分

子どもの頃に父親の影響でビートルズを知りファンとなった藤原さくら。なかでもポール・マッカートニーを敬愛しており、昨年のインタビューでポールが1970年に発表した1stソロアルバム『McCartney』のように「全部の楽器を自分で演奏してしまうアルバムを作りたいとすら思っている」と夢を語るほどだ。 そのポール・マッカートニーは今回の来日で、4月25日の日本 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】藤原さくら、ノラ・ジョーンズ武道館公演に感激「女神が降臨してました…」

TechinsightJapan / 2017年04月16日13時40分

子どもの頃から父親の影響でビートルズを聴きギターを教わった彼女は、姉が好きだったYUIを知りシンガーソングライターに憧れる。ただ、自分の低い声が好きではなく、YUIの曲も原曲キーでは歌えなかった。ボーカルスクールに入り、キーの低い阿部真央の曲を歌うと先生から「ブルージー」だと褒められて意識が変わる。そんな時に「声がムーディだから」合うのではとすすめられた [全文を読む]

新境地!有村架純・色気の理由を『3月のライオン』大友啓史監督が語る

ソーシャルトレンドニュース / 2017年03月17日19時00分

「『3月のライオン』では、小学生にして家族を失ってしまった主人公が、父親の友人である棋士に『君は、将棋好き?』と聞かれて、一縷(いちる)の望みをかけて『好きです』と嘘をつく。生きていくための嘘ですよね。でも、その嘘が真になっていく。つまり、『3月のライオン』は生きるための『将棋が好きです』という嘘が、本当になっていくまでの話なんです。原作を映画化する上では [全文を読む]

映画『3月のライオン』公開記念GYAO!presents神木隆之介&藤原さくら登壇スペシャルイベント開催のお知らせ

PR TIMES / 2017年03月11日10時19分

ところが、ある事件が川本家を襲い、さらに3姉妹を捨てた父親が現れ、耳を疑う要求を突き付ける。一方、幸田家も親子の対立から崩壊へと向かっていく。大切な人たちを守るため、強くなるしかない。新たな決意のもと最高峰を決める獅子王戦トーナメントに挑む零。トップには、将棋の神の子と恐れられる宗谷名人が待ち受けていた── 監督:大友啓史 原作:羽海野チカ「3月のライオン [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】ハマ・オカモト絶賛 吉澤嘉代子と藤原さくらの「溢れ滲み出る才能」

TechinsightJapan / 2016年06月12日20時00分

吉澤嘉代子は父親の影響で井上陽水を聴いて育ち16歳で作詞・作曲してストリートライブを始めているが、井上陽水はビートルズの影響を大きく受けているのでルーツは似ているのかもしれない。ただ、楽曲や歌声からは藤原が「ブルージー」で吉澤が「ポップ」なイメージを感じる。それぞれのカラーを大切にして成長してほしい。 出典:https://www.instagram.co [全文を読む]

もはやハラスメントおやじ?福山雅治の下ネタ口撃を藤原さくらがテレビで暴露

アサジョ / 2016年05月23日17時59分

放送開始直後から「福山さんの顔のたるみ‥‥どう見ても父親と娘だ」「あごからのど、首の肉付きがおじさん」「腹が出てる」など、ネット上には福山の“劣化”が指摘され、実年齢27歳差の恋愛ストーリーに違和感が否めないという声が殺到している。 このまま低視聴率が続けば、全話を通しての平均視聴率が歴代の月9最低となるのは確実。稀代のモテ男は、ただの“ハラスメントおや [全文を読む]

藤井フミヤ長男の入社に囁かれるフジテレビ“コネ採用”のウラ事情

デイリーニュースオンライン / 2016年04月03日13時05分

"アヤパン"の名で高い知名度を誇った現フリーアナウンサー・高島彩の父親は俳優の竜崎勝(本名、高島史旭)、高橋真麻の親も俳優の高橋英樹。局内でディレクター職をつとめると言われる陣内太郎の親は俳優の陣内孝則だ。フジのコネ入社は、もはや伝統芸の域に近い。 そんな話題の入社がある一方、4月末には約8年にわたってフジテレビに注目を集め続けたエースアナウンサーの"カト [全文を読む]

顔のたるみ、二重あご、腹出てる…福山雅治「まさかの劣化」にファンも失望

アサジョ / 2016年04月13日17時59分

また、ヒロインの藤原さくらとの関係性として「福山の顔のたるみ‥‥どう見ようが、父親と娘だ」と、実年齢27歳差の恋愛ストーリーに違和感が否めないようだ。 さらに、オーディションで選ばれた藤原に対しても嫌悪の意見が散見された。「どう考えても、福山が所属するアミューズが、新人アーティストの藤原をプッシュする気満々のドラマとしか思えません。それをオーディションし [全文を読む]

フォーカス