ファンクラブ 藤原さくらに関するニュース

『ビクターロック祭り2017』、今年も大阪での開催が決定

okmusic UP's / 2017年07月30日14時30分

また、3アーティストのファンクラブ先行も同時にスタートする。詳細は『ビクターロック祭り2017大阪×MBS音祭~supported by uP!!!』オフィシャルサイト、3アーティストのオフィシャルサイトをご覧いただきたい。 photo by 羽田誠『ビクターロック祭り2017大阪×MBS音祭~supported by uP!!!』10月08日(日) 大阪 [全文を読む]

家入レオ×大原櫻子×藤原さくら 初共演が実現「特別なことできたら」

dwango.jp news / 2017年01月07日00時15分

チケットは1月7日(土)より各アーティストのファンクラブにて先行予約がスタート、一般発売日は2月4日(土)となっている。チケット即完売が予想されるだけに、早めにゲットしよう。<3人からのコメント>ーこのライブが決まった時の率直な感想「初めて聴いた時、とてもびっくりしました。」(大原櫻子)「私もびっくりしましたが、ライブが決まる前から仲良かったのでうれしかっ [全文を読む]

家入レオ×大原櫻子×藤原さくら、3月開催のイベントにて初の競演が決定!

okmusic UP's / 2017年01月06日14時30分

チケットは1月7日(土)より各アーティストのファンクラブにて先行予約がスタート、一般発売日は2月4日(土)となっている。チケット即完売が予想されるだけに、早めにゲットしよう!■【家入レオ、大原櫻子、藤原さくらよりコメント】■このライブが決まった時の率直な感想 初めて聴いた時、とてもびっくりしました。(大原櫻子) 私もびっくりしましたが、ライブが決まる前か [全文を読む]

福山雅治、恒例の年末公演『福山☆冬の大感謝祭』一般発売が12月3日にスタート!

okmusic UP's / 2016年11月29日11時45分

そして、パパラッチ役で新たな一面を魅せた映画『SCOOP!』の主演といった俳優活動とともに、アーティストとしてファンクラブ発足25周年イベントを東京ドームで2日間にわたり開催。さらにリオ五輪では、5大会連続で現地を訪れカメラマンとスペシャルキャスターを務めるなど、さまざまな分野で活躍を見せた福山。 『福山☆冬の大感謝祭 其の十六』全8公演の一般発売は12月 [全文を読む]

福山雅治と新年を迎えよう! 年末恒例のカウントダウンライブを完全生中継

Entame Plex / 2016年11月18日19時27分

そして、パパラッチ役で新たな一面を魅せた映画「SCOOP!」でも主演といった俳優活動とともに、アーティストとしてファンクラブ発足25周年イベントを東京ドームで2日間に渡り開催。さらに、リオ五輪では5大会連続で現地を訪れカメラマンとスペシャルキャスターを務めるなど、さまざまな分野で活躍をみせた福山。 そんな2016年の活動を締めくくる、年末恒例のライブ「福山 [全文を読む]

8日間にわたりパシフィコ横浜で開催される福山雅治の「福山☆冬の大感謝祭 其の十六」。今年も大みそかに行なわれる「カウントダウンLIVE」の模様をWOWOWで生放送!

PR TIMES / 2016年11月18日18時12分

そして、パパラッチ役で新たな一面を魅せた映画『SCOOP!』の主演といった俳優活動とともに、アーティストとしてファンクラブ発足25周年イベントを東京ドームで2日間にわたり開催。さらにリオ五輪では、5大会連続で現地を訪れカメラマンとスペシャルキャスターを務めるなど、さまざまな分野で活躍を見せた福山。この年末ライブは2016年を締めくくるプレミアムなライブにな [全文を読む]

福山雅治、パシフィコ横浜で行う年末恒例のカウントダウンライブを全国各地、香港、台湾の映画館に完全生中継!

PR TIMES / 2016年11月18日11時04分

そして、パパラッチ役で新たな一面を魅せた映画「SCOOP!」にも主演といった俳優活動とともに、アーティストとしてファンクラブ発足25周年イベントを東京ドームで2日間に渡り開催。さらにリオ五輪では、5大会連続で現地を訪れカメラマンとスペシャルキャスターを務めるなど、さまざまな分野で活躍をみせた福山雅治。そんな2016年の活動を締めくくる、年末恒例のライブ「福 [全文を読む]

春の日本ドラマに視聴率伸び悩み、新婚の福山雅治の人気にも陰り―中国メディア

Record China / 2016年05月03日10時50分

また、ファンクラブを退会するファンが続出したとのうわさもある。「5時から9時まで」、「ダメな私に恋してください」などのコメディードラマが人気となる中、「癒し系」だったはずの「ラヴソング」は、逆に「悩みの種」となり、視聴率を見る限り、視聴者のニーズに満たすことはできなかったようだ。■結婚観が論議を巻き起こしている「私結婚できないんじゃなくて、しないんです」「 [全文を読む]

フォーカス