大学 波瑠に関するニュース

新朝ドラヒロイン波瑠 「びっくりぽん」な濡れ場過去を再現

NEWSポストセブン / 2015年10月10日07時00分

彼女は大学に入ったらひとり暮らしをしたいと告げると、濱田は「寂しい」と落ち込む。そんな彼に対して波瑠は挑発的に微笑み、 「こういうことできなくなるから?」と濱田の股間に左手を伸ばしてデニムの上から撫でる。すると濱田が波瑠のスカートの中に手を伸ばし、ぎこちなく陰部をまさぐる。波瑠は一瞬、ビクッと感じてしまう。 高校3年生のシーンはさらに過激だ。ベッドに横た [全文を読む]

NHK朝ドラ『あさが来た』ヒロインに抜擢された波瑠に“股間愛撫”お宝作品があった!

日刊サイゾー / 2015年03月23日11時00分

「私、大学に入ったら絶対一人暮らしするの。こういうことできなくなるから寂しい?」 濱田は「寂しい」と答えるや、波瑠の足を開かせながらスカートの中に手を入れると、股間をまさぐり始めるのだ。手首の位置から、“ふり”ではなく、完全に彼女の秘部に到達しており、まさに「手マン」だ。しかし、ここでもまた「ダメ……ここまで」と寸止めされてしまう。 ところが、さらに年月 [全文を読む]

波瑠主演、『BORDER』初のスピンオフ前後篇 10月放送

ORICON NEWS / 2017年09月12日05時00分

永正大学医学部医学教室の助手を務める比嘉が、日本を震撼させる連続殺人事件に立ち向かっていく。師となる法医学教授と対峙しながらも、法医学教室助手という立場から一筋縄ではいかない事件に挑んでいく姿、徹底した男社会の中で闘う姿を通し、比嘉の信念と正義、細やかな心情を前・後篇に分けて、じっくりと描き出す。 『BORDER』に出演した翌年、15年10月より放送された [全文を読む]

「BORDER」波瑠主演のスピンオフが制作へ!朝ドラ出演者とも再会

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年09月12日05時00分

永正大学医学部医学教室の教授・浅川透(石丸幹二)のもとで助手として働いていた比嘉(波瑠)。独り立ちさせてもらえない現状に鬱屈とした感情を抱えていた彼女に訪れた事件は、女子中学生が絞殺体となって見つかったというもの。比嘉は浅川に連れられ、遺体発見現場へと向かうが、浅川は通り一遍のプロファイリングを展開するばかり。そんな浅川に刑事の中澤史明(工藤阿須加)が反 [全文を読む]

『あさが来た』に主人公を支えるキーパーソンで登場、吉岡里帆に大注目! 本人が涙で語った「これ、朝ドラに出られる詐欺なんちゃうか…」

週プレNEWS / 2015年12月16日06時00分

大学1年生くらい? 吉岡 はい。私、元々はひとりでも芝居をしたいっていうガツガツしたタイプじゃないんです。同じ志を持つ仲間と一緒にいたから「自分もやるぞ!」「女優として一人前になりたい!」って気持ちになれたんですね。そう考えると、感謝の気持ちでいっぱいで。あの頃を忘れずにこれからも頑張らなきゃって思いました。 ―なるほど。その熱い思いは今年、着実に実を [全文を読む]

波瑠、“検視官・比嘉”として「BORDER」初のスピンオフ主演「彼女のことがますます好きに」

CinemaCafe.net / 2017年09月12日05時00分

■「BORDER」から国民的女優へ!波瑠は比嘉ミカの信念と正義、細やかな心情を巧みに表現物語は、永正大学医学部医学教室の助手を務める比嘉が、日本を震撼させる連続殺人事件に立ち向かっていく。師となる法医学教授・浅川透と対峙しながらも、法医学教室助手という立場から一筋縄ではいかない事件に挑んでいく姿、徹底した男社会の中で闘う姿を通し、彼女の信念と正義、細やかな [全文を読む]

斉藤由貴「若い子よりカワイイ!」バカリズムドラマでの“美貌”が話題に

日刊大衆 / 2016年10月13日15時00分

斉藤は「もしも『スケバン刑事』に出演していなかったら」という設定で、10代の青春を取り戻すべく大学に通ったり、若者に交じって合コンに参加したりと、今の斉藤とはかけ離れた、一般的な生活を送る「斉藤由貴」を演じた。 大学に通うという設定のため、若者とのシーンが目立った斉藤のパートだったが、特に視聴者が「すごい」と話題にしたのは、若者と並んでも引けをとらない斉藤 [全文を読む]

波瑠主演の「BORDER」スピンオフドラマ決定! “びっくりぽん”なキャスト集結

ザテレビジョン / 2017年09月12日05時00分

「BORDER 衝動~検視官・比嘉ミカ~」は、永正大学医学部医学教室の助手を務める比嘉が、日本を震撼させる連続殺人事件に立ち向かっていく物語。師となる法医学教授と対峙(たいじ)しながらも、法医学教室助手という立場から一筋縄ではいかない事件に挑む。波瑠は、「BORDER」の翌年、連続テレビ小説「あさが来た」(2015-2016年、NHK総合ほか)のヒロインと [全文を読む]

今期ドラマ”原作モノ”に異変?負け組『櫻子』と好調『あなそれ』の明暗

デイリーニュースオンライン / 2017年06月02日11時40分

大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

波瑠、主演で「BORDER」番外編

スポーツ報知 / 2017年09月12日05時00分

大学医学部の助手として殺人事件に立ち向かう。 15年、NHK連続テレビ小説「あさが来た」でヒロインを務める前に出演していたのが「BORDER」。本人も「今もずっと感謝していますし、比嘉という役には頭が上がりません」と思い入れが深い。「比嘉のようにクールでありながらも、情熱をきちんと持って仕事と向き合う若いプロフェッショナルもいるということを伝えたい」とコメ [全文を読む]

波瑠主演で「BORDER」スピンオフ放送 ストーリー&共演者発表

モデルプレス / 2017年09月12日05時00分

スピンオフとなる今作は、永正大学医学部医学教室の助手を務める比嘉が、日本を震撼させる連続殺人事件に立ち向かっていく物語。師となる法医学教授と対峙しながらも、法医学教室助手という立場から一筋縄ではいかない事件に挑んでいく姿、徹底した男社会の中で闘う姿を通し、比嘉の信念と正義、細やかな心情を描出していく。 波瑠は「『BORDER』は朝ドラの前に声を掛けていた [全文を読む]

TBSが好調でフジテレビは大惨敗?”春ドラマ”成否の分かれ目

デイリーニュースオンライン / 2017年07月03日08時00分

大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

木村文乃に北川景子…ジャニーズ御用達女優の絶対条件とは?

デイリーニュースオンライン / 2017年06月13日12時23分

大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

波瑠『あなそれ』が大炎上から自己最高13.5%へ大逆転のワケ

デイリーニュースオンライン / 2017年06月07日22時01分

大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

「嫌われる理由が出てくる……」ディーン・フジオカ“シアトル大卒”の経歴詐称問題を予言していた占い師がいた!

日刊サイゾー / 2017年04月15日09時00分

事実、フジオカはテレビ番組の出演でも「シアトルの大学入学、卒業」と紹介されていたのだが、実際には大学ではなく、2年制のコミュニティカレッジだったという。 ほかにも出演番組の視聴率が違っていたり、5カ国語を話せるという言語の中身が途中から変わっていたり、怪しい部分が次々に指摘されているため、経歴詐称でメディアから消えたショーンKに似ているともいわれる。 疑惑 [全文を読む]

波瑠「一人でいることが孤独だなんて、全然思いません」

anan NEWS / 2016年10月19日08時00分

でも大学に進学せず、学業と仕事との二足のわらじにしないで、ちゃんと女優という仕事に向き合い続けてきて良かったなって。これまでのこと全てが、私にとっては必要な経験だったんだと思います」 ◇はる 1991年6月17日生まれ。東京都出身。来年1月13日(金)より放送予定のNHKドラマ10『お母さん、娘をやめていいですか?』に出演。主人公の早瀬美月を演じる。ニット [全文を読む]

『あさが来た』丸メガネの「のぶちゃん」役で注目! 吉岡里帆の骨太な“女優魂”

リアルサウンド / 2016年03月17日06時10分

大学進学後、女優としての活動を本格化させた彼女は、『マンゴーと赤い車椅子』(2015年)で商業映画デビューを果たす。 とはいえ、彼女の存在が多くの人の目に留まったのは、2014年の10月にリリースされた、チャットモンチーのシングル「いたちごっこ」のミュージックビデオだったのではないだろうか。というか、記憶を辿るに、まさに筆者がそうだった。晴れやかな朝の目覚 [全文を読む]

あさが来た 若い世代には専業主婦で家守る姉・はつが魅力

NEWSポストセブン / 2016年03月12日07時00分

「今は家庭に入っていますが、大学を卒業したばかりの頃は、仕事でバリバリやっていく自分を夢見ていました。でも夫が、結婚したら仕事を辞めてほしいって。夫が帰宅するのを待つ毎日で、なんか自分の人生ってなんだったのかな、と考えてしまうことがあります」(都内在住・39才・主婦) [全文を読む]

薬学博士、リケジョの先駆け…広岡浅子の後継者3人の功績

WEB女性自身 / 2016年02月29日06時00分

NHK連続テレビ小説『あさが来た』では、主人公白岡あさ(波瑠)が成澤泉(瀬戸康史)とともに、日本初の女子大学校設立に向けて奔走する姿が描かれるが、実在したあさのモデル・広岡浅子も日本女子大学校(東京都文京区)の創立に尽力している。1903年、浅子は在学生たちに向けてこう発言した。 「第1回卒業生に世の中の人は、いかに立派な女子が出るかと期待している。あなた [全文を読む]

NHK朝ドラのヒロイン、波瑠さんもいじめ経験~法律がいじめを減らす?

ヘルスプレス / 2015年10月23日20時05分

「いじめ対策法が有効であることを示唆している」と、研究を率いた米コロンビア大学(ニューヨーク市)のMark Hatzenbuehler氏は述べている。 いじめやネットいじめと法律の因果関係は、明らかにされていない。しかし、「今回の研究はどの法律をどのように併用するのが最も有効であるかを検討するうえで土台となる」とHatzenbuehler氏は述べている。そ [全文を読む]

フォーカス