演技 波瑠に関するニュース

波瑠、過酷ロケ現場&グロ苦情殺到&低視聴率にファン嘆き 佐々木希との共演では実力差を見せつける

おたぽる / 2016年08月17日12時00分

それが視聴率にも如実に表れ、さらにリオ五輪も始まってしまったことで、『打ち切りの可能性も?』と懸念する声まで広まり始めてしまっているようです」(芸能関係者) しかし、波瑠の演技に関しては、「意外に刑事役もはまる」「主演女優としての貫禄が漂い始めてきた」などと、業界内でも評価は高いようで、特に、第1話には篠田麻里子、第3話と4話には佐々木希と、演技が下手なこ [全文を読む]

NHK朝ドラ「あさが来た」ヒロイン・波瑠の”びっくりぽん”な舞台裏「4度目のオーディションで主役の座に」

アサ芸プラス / 2015年11月07日17時57分

「故・夏目雅子に似ていると言われるほどの美人で演技もできるのに、イマイチ突き抜けることができないでいた。一部では“美人すぎて個性が足りない”とも言われてきましたが、ここにきて大きなチャンスをモノにしましたね」(芸能評論家・小松立志氏) 波瑠が演じるのは幕末の京都に生まれ、炭鉱、銀行、生命保険など数々の事業を興した女性起業家のパイオニア。日本初の「女子大学」 [全文を読む]

新朝ドラヒロイン波瑠 「びっくりぽん」な濡れ場過去を再現

NEWSポストセブン / 2015年10月10日07時00分

朝ドラでは「びっくりぽん」が口癖の役どころだが、映画での妖艶な演技の方が「びっくりぽん」だ。 ※週刊ポスト2015年10月16・23日号 [全文を読む]

波瑠、ゲス不倫ドラマ批判殺到で人気失速を危惧する声 “ファンタジー整形”には失笑の声も

おたぽる / 2017年05月11日12時00分

本来ならその演技力を褒められるべきなのですが、役の選択に失敗したために波瑠の人気失速を危惧する声も少なくありません」(芸能関係者) 第3話では、不倫相手との間で、東出昌大が演じる夫のことを“柴犬くん”という隠語で表現し始めたことに関しても、「酷すぎる」と批判されていた。その一方で、プライベートでの波瑠は大の犬好きということで、先月8日に放送された『王様のブ [全文を読む]

“ゲス不倫役”で大炎上の「女の敵」波瑠に、業界内の評価は急上昇!「悪女路線を貫けば大チャンス」

日刊サイゾー / 2017年05月14日11時00分

波瑠の演技力の高さがリアリティを生んでいるのだが、不倫に嫌悪感を持つ主婦層を中心に、ネット上では「胸糞悪い女」「あんな女は最低」などと波瑠への批判が殺到している。 波瑠本人もその反響を知った様子で、ブログで「私は美都には共感できないけど、毎日やらなきゃ仕方ない。面白いと言ってくださる方も、不倫劇を見ていて気分が悪くなる方もいらっしゃると思いますが、私達はた [全文を読む]

波瑠 2年前の“ベッドシーン”で見せた度胸、関係者語る

WEB女性自身 / 2015年10月21日06時00分

『台本読んで普通に演技してても、生き残れないよ!』と話して、ときには怒鳴ったりしました。泥だらけになって女友達と揉み合うシーンでは、波瑠に『絶対泣くな。そして本番で相手の頭を叩け』とこっそり伝えました。本人は『女のコを叩けません』と言ってたけど『やれ!』と言いました。これで人生変わるんだぞ、誰が映画を観てるかわからないんだからと」(森岡利行監督) のちに波 [全文を読む]

波瑠、主演作『あさが来た』が今世紀最高視聴率! 不遇の時代を乗り越えてつかみ取った大ブレイク

メンズサイゾー / 2016年04月05日19時25分

当初はダブルヒロインとして上品な姉を演じた宮崎あおい(30)に食われてしまうのではないかと危惧されたが、波瑠はハツラツとした演技で最後まで見事に主役を演じきった。 また、それまで無名の存在だったディーン・フジオカ(35)が五代友厚役で人気を博すなど話題を振りまき続けたことも高視聴率の要因に。今までどこかパッとしない印象もあった波瑠だが、同作によって世間のイ [全文を読む]

波瑠が「あなたのことはそれほど」で好感度急落も、実は狙い通り?

アサジョ / 2017年05月30日18時15分

「波瑠側が恐れているのは、朝ドラのイメージが強くなりすぎて演技の幅が狭まること。実際、朝ドラ主演後に伸び悩んだ女優は少なくないからですからね。それが今回、アクの強い役を経験することで、女優として一皮むけた。平均視聴率も10%を超えており、どんな役でも数字が獲れることを証明できたのも大きいでしょう」 悪名は無名に勝るというが、演技力の高さも証明できた波瑠の女 [全文を読む]

“清純”“天然”な斉藤由貴が演じる「娘の恋人を誘惑する母親」の怖さ

アサジョ / 2016年12月13日10時15分

おそらく柳楽も波瑠と演技をするシーンより斉藤と演技をするシーンのほうが、役者としての血が騒ぐのではないでしょうか」(制作会社スタッフ) 妖艶な演技を見せる斉藤が、今から楽しみだ。 [全文を読む]

波瑠、ジャニーズ御用達女優の仲間入り!? 主演ドラマ『ON』1ケタスタートも「女優業は安泰」

サイゾーウーマン / 2016年07月17日12時45分

波瑠は、朝ドラのイメージの影響か、『セカムズ』での美咲も、『ON』での藤堂も、『しっかりしているけど変わり者』の役柄で、全て同じ演技に見えてしまうのが難。『セカムズ』の視聴率は4月クール第2位で、波瑠への評価もさらに上がっていただけに、『ON』で大爆死してしまわなければいいのですが……」(同) その半面、波瑠の女優業を「安泰」と見るマスコミ関係者も多いとい [全文を読む]

『あさが来た』キャスト 風吹ジュンの炊き出しで団結

NEWSポストセブン / 2016年03月22日07時00分

クランクイン直後は、方言はもちろん演技にも圧倒されてかなりのプレッシャーだったと思います」(番組関係者) 波瑠を取り囲んでいた大ベテラン──姉・はつの宮崎あおい(30才)、母・梨江の寺島しのぶ(43才)、姑・よのの風吹ジュン(63才)、はつの姑の萬田久子(57才)…と、錚々たる顔ぶれ。 「バチバチ火花散る現場でした。といっても、不仲ではなく、女優魂が激しく [全文を読む]

NHK朝ドラ「あさが来た」ヒロイン・波瑠の”びっくりぽん”な舞台裏「熱愛スキャンダルは今のところなし?」

アサ芸プラス / 2015年11月08日17時57分

この原作には濃厚な絡みの描写もあり、ファンが「びっくりぽん!」と驚くような過激な演技も期待できそうだ。 [全文を読む]

波瑠「あなそれ」最終回までの「諦め、開き直った」葛藤とバッシング修羅!

アサ芸プラス / 2017年06月20日17時59分

演技の大根役者と言われた東出がまさかの怪演を見せ、ネットは大いに盛り上がった。そして東出の熱演以上に絶賛されたのが主演の波瑠。夫の東出を裏切り、初恋の相手と“ドロドロのゲス不貞”。罪悪感のかけらもなく不貞を謳歌する悪女ぶりは、朝ドラ出身のイメージを粉砕する衝撃度でした。濡れ場にも挑戦、一皮むけた。もっとも根が真面目な波瑠は主人公にまったく共感できず、スト [全文を読む]

朝ドラ現場で宮崎あおいと寺島しのぶが「女優魂ぶつけ合い」

NEWSポストセブン / 2015年10月11日07時00分

波瑠さんとは違ってNGを出さない上に、ふたりとも役になりきっているからカットがかかってもすぐに演技を止めない。 普通カットがかかるとフッと力が抜けて、笑顔になったり、素に戻ったりするんですが、宮崎さんも寺島さんも相手がそうなるまで演技をストップさせないんですよね。現場はみんな食い入るように見ていますよ。そしてこれがかえって波瑠さんに大きなプレッシャーを掛け [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】山本裕典&川島海荷の“元ヤン夫婦”に感動 『北風と太陽の法廷』

TechinsightJapan / 2017年03月18日19時10分

主人公の弁護士役の波瑠と岡田将生はもちろんながら、脇を固めたキャストも隙の無い演技でそれぞれの役割を果たした完成度の高い作品となった。 放送前から宣伝でバラエティ番組へ出演していた波瑠と岡田将生。2人が初めて共演したのは10代の時という。当時を振り返った波瑠は、ロケバスの後部座席で膝を抱えて沈黙を保つ岡田を見て「彼は大丈夫なのか?」と心配したことを明かした [全文を読む]

佐々木希、“菜々緒枠”再挑戦で「引っこめ!」の声? 干物女役を勧める声が殺到?

おたぽる / 2016年09月06日09時00分

先月30日に放送された、波瑠主演ドラマ『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』(フジテレビ系)の第8話に、佐々木希が冷酷な“切り裂き殺人鬼”役で再登場したのだが、「相変わらず、演技下手」「何で、再登場させたの?」などと、視聴者から不評を買ってしまった。 佐々木は、第3話と4話に出演し、“女性の皮膚を切り取ってボディースーツを作ろうとする猟奇殺人犯”という、今ま [全文を読む]

「子役より下手」「頬がパンパン」佐々木希が波瑠主演ドラマ低迷の戦犯扱い!?

アサ芸プラス / 2016年07月29日09時58分

視聴者からは「あいかわらず大根」「子役より酷い演技。表情は大袈裟でくどいし、台詞は棒読み」「頼むからドラマに出ないでくれ、モデルだけにしてくれ」など、演技評価は散々な言われようだった。 テレビ誌ライターも「なぜ、ここで佐々木がキャスティングされたのか疑問」と言う。「シリアスな物語で、演技達者な人ばかりの中では、佐々木の演技力の無さが目立ちました。しかも、 [全文を読む]

ファンぼう然!篠田麻里子がドラマ出演も初回であっさり殺されてリストラ

アサジョ / 2016年07月17日09時59分

一般視聴者からは「大根女優すぎてビビった」「監督のファインプレー」「このレベルの演技を毎週見せられてたらキツかった」と、わずかの出番にもかかわらず、演技面については酷評だらけ。「前田敦子や大島優子はAKB卒業後に女優を目指しましたが、篠田は演技力と歌唱力がないと言われていましたから、モデルを本業として活動していました。ところが数々の頓挫があり、無理やり女優 [全文を読む]

関ジャニ∞横山裕が“セクシー俳優”になった理由ーージャニーズの魅力引き出す波留の手練手管

リアルサウンド / 2016年07月16日06時10分

また、横山は関ジャニ∞の中でも演技の仕事をすることは少ない方で、演技力についても賛否があった。しかし、本作では仕事ができるにも関わらずアウトローでクールな役を見事に演じ、ファンたちを悶絶させている。中でも、タバコを吸うシーンに「セクシー!」と心を奪われるファンが後を絶たない。 では、彼が演技の幅を広げられたのはなぜなのだろうか。もちろん、彼自身の努力もある [全文を読む]

『あさが来た』で大ブレイク必至の波瑠、別人のような「ギャル写真」にファン驚愕

メンズサイゾー / 2015年11月13日18時30分

当初はダブルヒロインとして上品な姉を演じる宮崎あおい(29)に食われてしまうのではないかと危惧されたが、キャリアと実績に勝る先輩に負さるとも劣らない演技力が絶賛されている。 もはや同作は大成功間違いなし。老若男女問わず波瑠に魅了されたファンが急増しているが、一部ネット上では彼女の意外な過去に驚きの声をあげる人が続出する事態が起きている。モデル活動が中心だっ [全文を読む]

フォーカス