整形 波瑠に関するニュース

波瑠、ゲス不倫ドラマ批判殺到で人気失速を危惧する声 “ファンタジー整形”には失笑の声も

おたぽる / 2017年05月11日12時00分

これに対してネット上では、『そんなファンタジーなことが起こるのか?』『整形なのでは?』などと訝しむ声が飛び交う事態となってしまいました」(同) また、この日の放送では、2015年に放送されたNHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』のヒロインに抜擢されてブレークを果たすまでに、数百ものオーディションに落ち続けていたことを語った波瑠。そうして得た現在の地位を、ゲ [全文を読む]

宮崎あおい、バラエティー出演で「可愛すぎる」と美貌に絶賛の声...整形疑惑も取りざたされる

メンズサイゾー / 2015年07月01日19時40分

「宮崎あおい、可愛いなぁ」 「今年で30歳には見えない、20代前半で通用する」 「内容どうでもいいのに宮崎あおいだけで番組見てられるわ」 「どう考えても日本で1番可愛いだろ」 日本を代表する美人女優の面目躍如といったところだが、絶賛コメントが相次ぐ中で「鼻の整形跡が丸わかり」「鼻が変わりすぎ」などと気になる指摘が複数あった。ナチュラル美人のイメージが強い [全文を読む]

10代で激変! HKT48・AKB48アイドル宮脇咲良の止まらない進化と向上心

messy / 2017年07月20日22時30分

2014年、AKB48の渡辺麻友(23)とみられるSNSの裏アカで「さくらたんもはるっぴ(兒玉遥/20)も整形モンスターな事に変わりはない」「みんな若いのによーやるよねーー」といったメッセージのスクショが流出したことがある。当時宮脇は15~16歳だったが、その年齢で顔にメスや注射針を入れるものか懐疑的な見方もあったが……。成長期段階での整形手術を危険視す [全文を読む]

嵐が1・2フィニッシュ…4月ドラマ(上)

NewsCafe / 2016年06月21日16時20分

デビュー前の整形ならまだしもなぜ今やったんだろってと思った。周りが止めてあげればよかったのに、今後が心配だわ」 記者「2位は同じく嵐の大野智(35)主演『世界一難しい恋』(日本テレビ系)の16・0%でした」 デスク「最終回視聴率では、松潤と大野で、嵐のワンツー・フィニッシュってか」 記者「こちらも全10話で2ケタをキープし続け、嵐メンバーの人気ぶりを証明し [全文を読む]

本仮屋ユイカの謙遜に「ユイカちゃんこそ神々しい!」とファン称賛も、“同級生”上戸彩との格差を悔やむ声止まず?

おたぽる / 2016年05月08日09時00分

本仮屋といえば、『金八先生に出ていた頃と顔が違う』などと、ネット上では以前から整形疑惑をささやかれていますが、ファンは『あの頃はまだ中学生だったんだから、成長して目が二重になって大きくなっても何ら不思議ではない』『メイクが上手くなっただけでしょ』などと、この疑惑を一蹴。むしろ、『中学生の頃と変わらないピチピチ肌を保っているのは奇跡!』と、驚きの目で本仮屋の [全文を読む]

「さわやかなイケメン」は仮の姿に過ぎないーーディーン・フジオカに漂う危険な香り

リアルサウンド / 2016年01月19日07時00分

日本全国を偽名で逃げ続け、自らの唇をはさみで切る自己整形や、ほぼ無人島での自給自足生活を、ディーンは射るような鋭い視線で熱演。全身から絶望感を醸し出すような演技は、強烈なインパクトを残した。主演だけでなく監督と主題歌も担当したのが、いかにもディーンらしいが、「この役で見せた怖さを彼本人も持っているのでは?」と感じた人は多かったはずだ。 その意味では、『あさ [全文を読む]

ドラマを観て菜々緒ファンになった女子大生「女優魂を感じた」

NEWSポストセブン / 2015年12月30日16時00分

でも今回、『連続殺人犯でかつ整形美女』というキャラを演じているのを観て、しっかりと女優魂がある人だと感じました。演技にも独特の雰囲気があって、モデル上がりというイメージが払拭されましたね」(Aさん) 『サイレーン』の見どころのひとつは、木村文乃演じるヒロインが、松坂桃李演じる彼氏のいうことを聞かず、菜々緒演じる悪女に騙されていくストーリーにもあった。別の女 [全文を読む]

【ウラ芸能】宮崎あおい、NHK出演前に不安が…

NewsCafe / 2015年07月07日14時50分

2カ月ほど前に芸能ニュースで『宮崎は散々わがままを言って撮影現場を疲弊させる』と書かれ、読んだ日からうつ状態になったようです」デスク「えっ、信じられないよ」記者「そんな記事の後、今度は『ダンゴっ鼻を整形したけど、劣化で崩れてきた』と書かれました。鼻は本人が最もコンプレックスを持っている部分だったので、相当なショックを受けたと思います」デスク「へぇ~」記者「 [全文を読む]

フォーカス