子ども 蓮舫に関するニュース

自民党・金子恵美インタビュー「公用車の送迎、問題視されない環境整備を」――どうする保育園 #3

文春オンライン / 2017年08月16日07時00分

総務大臣政務官のとき、公用車に子どもを乗せて認証保育所「キッズスクウェア永田町」に送迎したことが「週刊新潮」に報じられ、賛否両論が沸き起こった自民党の金子恵美衆議院議員(39)。総務省の見解では公用車の運用ルールでは問題ないというが、「政治家は国民との信頼関係が要」として公用車での送迎をやめた。 実は、自身の子どもも待機児童になったことがあるという。自らの [全文を読む]

蓮舫氏、ついに「戸籍」一部公開 「二重国籍」騒動から10か月もかかった理由

J-CASTニュース / 2017年07月18日18時35分

蓮舫氏は戸籍に自分以外の家族の情報が含まれていることなどから公開に否定的だったが、17年春に子どもが成人し、家族会議で理解が得られたことなどから公開に踏み切ったと説明。戸籍公開については「これを他者に当てはめたり、前例とすることは認めることができない」と繰り返した。子どもが成人し「話し合いをしたところ、家族の了解が得られた」蓮舫氏は記者会見冒頭で、「本来、 [全文を読む]

「あしたなんて説明しよう」 安倍政権“疑惑大臣ツートップ”の説明を振り返る

文春オンライン / 2017年07月22日07時00分

一方、蓮舫氏の二重国籍問題について追及し続けてきた評論家の八幡和郎氏は、「この公開は不十分」とし、「台湾への渡航が日本旅券で行われたことを示す日本旅券の当該ページ」の公開と、蓮舫氏の子どもをはじめとする家族の国籍の問題について明らかにするように求めている(アゴラ 7月19日)。インターネットにはさらに蓮舫氏を追及する声も少なくない。 今回の蓮舫氏の会見は [全文を読む]

蓮舫代表「鞍替えで小選挙区から出る」

プレジデントオンライン / 2017年06月22日15時15分

テレビのキャスターだったとき、私はテレビによる行政監視をと思い、特に子どもの問題を扱っていたので、仙谷さんに「その点に思いがある」と言ったら、「政治の内側でやったほうがよっぽど社会は動く」と言われ、気持ちの中でストンと落ちたんです。キャスターで田原総一朗さん(評論家)とも一緒に番組をやっていましたから、政治家と交流がありました。仙谷さんもその一人です。 も [全文を読む]

「国籍唯一の原則」は現実的か?――蓮舫氏の「二重国籍」問題をめぐって

ニューズウィーク日本版 / 2016年09月09日19時50分

血統主義は、その国の国籍を持った人から生まれた子どもにはその国籍を与えるもので、その際、どこで生まれたかは問わない。代表的なのは日本や中国、韓国などの東アジア諸国、スウェーデンやイタリア、オランダなどの欧州諸国だ。 生地主義は、その国の領域内で生まれた子どもにはその国の国籍を与えるもので、どの国籍を持った人から生まれたのかは問わない。代表的なのはアメリカ [全文を読む]

山尾志桜里議員はなぜ不倫騒動謝罪会見で失敗したのか

東京ブレイキングニュース / 2017年09月13日13時00分

という事を鑑みると、子どもを持つ母親の味方だった山尾志桜里議員が、子どもをほったらかしにして、週四回不倫をしていたのなら、当然その人間性を疑われても致し方あるまい。 また、週刊文春の記事を否定するのなら、通常、政治家は提訴するというのがデフォルトとなっている。が、山尾議員は週刊文春記者の「不倫しているんですか?」の問いに、額に手を当てて、「どうしてそうなる [全文を読む]

これは効果大!英語の発音「楽チン攻略法」 ややこしい「Lの発音」を簡単クリア

東洋経済オンライン / 2017年07月19日10時00分

Light LDark L 1 2 3 4 5 Facebook Twitter document.getElementById("otweet").setAttribute("href", "https://twitter.com/share?url=" + encodeURIComponent(location.href) + " Google + d [全文を読む]

代表辞任の蓮舫参議院議員、自ら“猛批判”した公用車での「家族送迎」自分もやっていた!?

日刊サイゾー / 2017年08月02日17時00分

彼女が自分の子どもを公用車に乗せて送迎をしていた疑惑があるのだ。 公用車の私的利用については、先ごろ自民党の金子恵美衆議院議員が問題となった際、蓮舫議員自身が目を吊り上げて批判していた。金子議員が「保育園の送り迎えはルール上問題ない」としたことに「全く共鳴も、理解もできません。議員会館にある保育園。ならば、会館まで自力で行き、そこから公用車で総務省に出勤す [全文を読む]

「誤読」でバレる 伸びる人落ちぶれる人

プレジデントオンライン / 2017年07月22日11時15分

■「誤読」の量は「裸の王様度」に比例する 大人であれ、子どもであれ、自分で誤読を改める手っ取り早い方法は、周囲の人たちが自身の誤読に対して、に「その読み方って○○が正しいんだよ」と指摘してもらうことだ。すこし恥ずかしい思いを抱きつつ、それをきっかけに以後その漢字の読みに気をつけていく……。これを繰り返せば、誤読している漢字の総量を徐々に減らすことができる [全文を読む]

高須院長「傍聴に来てね。聴くのは国民の権利だからね」 蓮舫代表らとの裁判日程をツイート

ガジェット通信 / 2017年06月07日18時15分

一方、今回被告となった大西議員(@oniken0024)は6月5日に 高齢の親と障がいを持つ子どもが一緒に暮らせる施設はないか、というニーズを満たすことから始まった住宅型老人ホームと訪問看護、さらに就労支援B型を組み合わせた共生型サービスに取り組む施設の理事長から話を聴く、有志の議員の勉強会を行いました。 とツイートを行っている。高須院長はそれに対して [全文を読む]

どうする少子化!?田原総一朗vs蓮舫・前原・玉木【民進党代表選】

ニコニコニュース / 2016年09月13日13時56分

なんでこんなことになるの?前原: 2009年の政権交代の選挙の時に、私も含めて何人かの議員は、子ども手当の増額は少子化対策だ、家族向け支出を増やすと、これは現金給付・現物給付も合わせてですが、(家族向け支出と出生率には)正の相関があるので、これを増やすと合計特殊出生率が上がるんだと、そういう話をしていました。ですが、それを全てを貫くような総合的な少子化対策 [全文を読む]

神童→東大法学部→暴言議員という"定番"

プレジデントオンライン / 2017年09月05日09時15分

子どもの頃、あなたに周りにもきっといたはずの「神童」たち。みんなの期待と羨望を一身に受け、エリートコースを歩んでいった神童たちは、それからどうなったのか。教育ジャーナリスト・小林哲夫氏の新著『神童は大人になってどうなったのか』から、あの有名議員の「伝説」をご紹介します。 ※以下は小林哲夫『神童は大人になってどうなったのか』(太田出版)の第7章、「残念な神童 [全文を読む]

ついに代表辞任! 蓮舫が絶対に「中国のスパイ」になれない3つの理由

文春オンライン / 2017年07月27日19時30分

1967年、日本在住の豊かな台湾人バナナ商人の家に生まれたこと、子どもの頃は夏休みのたびに台湾の最高級ホテル・圓山大飯店に2ヶ月ほど滞在する生活を送っていたこと、青山学院大学入学後に300万円のフェアレディZが欲しくなったのでキャンギャルになったこと……と、なかなか庶民離れした話が続く。 幼少期以降、しばらく中国や台湾についての記述は出てこないのだが、蓮舫 [全文を読む]

蓮舫代表「憲法改正はいつかきた道」

プレジデントオンライン / 2017年06月13日15時15分

ただ、それ以外の財政再建のあり方や、子どもの人権、環境の条項、地方分権といった点では、われわれは去年、民進党の基本的政策合意をまとめたとき、必要な条文の改正を目指す方向でまとまりました。変えるべきを変え、守るべきものは守る。護憲だけの時代ではなくなったと思っています。 【塩田】安倍首相の最大の挑戦目標は改憲ですが、今、自身のカラーを出したいと思っているの [全文を読む]

カネ、不倫、放言…安倍チルドレンは酷すぎる なぜ国会議員は子どもだらけになったのか

東洋経済オンライン / 2017年04月26日07時00分

「北朝鮮危機」で国民の政治への関心が高まり、安倍晋三首相による"1強政権"が求心力を強める中、自由民主党当選2回生の相次ぐ不祥事が政権の足を引っ張っている。最新の共同通信の世論調査でも73%が「政権の緩み」と回答するなど、史上最長を狙う安倍政権のアキレス腱ともなりかねない状況だ。過去4回の衆院選のうち2005年の「郵政選挙」、2009年の「政権交代選挙」、 [全文を読む]

「蓮舫が帰化して泣いた」デマを拡散した自民党・菅原一秀議員の愛人へのグロテスクなハラスメント

リテラ / 2016年06月19日12時00分

そう、菅原氏は元愛人に対して「子どもを産んだら女じゃない」などという暴言、モラハラを繰り返していたことを、当の元愛人に「週刊文春」(文藝春秋)誌上で告発されているのだ。以下にその告発内容を紹介した本サイトの記事を再録するので、ぜひ読者には、菅原氏がこうした女性差別とグロテスクなハラスメントの数々を行うような人物だということを、再認識していただきたい。 そ [全文を読む]

~ 一人ひとりの声を政策に ~ 民進党 あなたと進むワークショップを開催 山尾政調会長「国政にママの声を届けたい」と語る

PR TIMES / 2016年06月17日13時28分

山尾議員を交えた各グループの議論では、「会社の人たちに申し訳なくて、子供を理由にして残業を断ることが難しい」「近くに親が住んでいないため、仕事をしていても子どもが病気になったときに預けられる人がいない」など、育児環境や支援制度の問題が次々と浮かび上がりました。また、18歳選挙権の施行を控え、高校生の息子を持つ母親からは、「子どもに自分の意見を持たせられるほ [全文を読む]

[Japan In-depth 編集部]【ママ達が輝く社会に「男性の育児参加」必要】~第8回ベストマザー賞~

Japan In-depth / 2015年05月08日00時40分

」と家事だけでなく、夫は子どもと接する時も積極的に関わっていると明かした。 また、音楽部門で表彰されたのは、2014年に再結成した人気バンドLINDBERGのボーカル渡瀬マキさん。家庭で夫はどのように育児に参加しているかと質問されると「頼むとしてくれるが無理やり頼むのではなく、きちんと逃げ道ができるような頼み方をしている」と答え、男性の積極的な育児参加を求 [全文を読む]

有村vs蓮舫の国会論戦でも判明!安倍内閣の女性政策は専業主婦奨励!?

リテラ / 2014年10月07日19時30分

本サイトでも指摘したように、有村議員が一貫して「赤ちゃんの時は肌を離すな」「子どもは母親の側で育てるべき」といった復古的な子育て論を主張してきたのはまぎれもない事実だ。 また、女性の社会進出を否定する日本会議系の「日本女性の会」の副会長をつとめ、"子どもを産んだら傍にいて育てないと発達障害になる。だから仕事をせずに家にいろ"と強要するトンデモ理論「親学」 [全文を読む]

杉村太蔵、山尾志桜里議員の“蓮舫越え”の脅威語る

WEB女性自身 / 2017年09月10日14時00分

杉村は、「子どものころに(ミュージカル)『アニー』の主役になって、東大に出て、司法試験に合格して、検察官になって、衆議院議員になって、野党第一党の幹事長に内定した翌日に(週刊文春の) 文春砲 でしょ? 人生初の挫折じゃないかと思いますね」と話した。 [全文を読む]

フォーカス