蓮舫 藤原紀香に関するニュース

これは効果大!英語の発音「楽チン攻略法」 ややこしい「Lの発音」を簡単クリア

東洋経済オンライン / 2017年07月19日10時00分

Light LDark L 1 2 3 4 5 Facebook Twitter document.getElementById("otweet").setAttribute("href", "https://twitter.com/share?url=" + encodeURIComponent(location.href) + " Google + d [全文を読む]

「女が嫌いな女」ランキングに、なぜあの人が入らない?

アサジョ / 2017年08月10日10時15分

続いて2位が稲田朋美前防衛相、3位・上西小百合衆院議員、4位・工藤静香、5位・蓮舫前民進党代表、6位・和田アキ子、7位・豊田真由子衆院議員、8位・ベッキー、9位・藤原紀香、10位・今井絵理子参院議員と続く。「ベスト10に国会議員が5人も入っているところが驚異的ですね。半分はスキャンダルがらみですが、政治への不信感の表れと読み取れなくもない。その証拠に、1 [全文を読む]

次の獲物はデヴィ夫人? 「嫌いな女」第9位の上西小百合が荒ぶるワケとは

日刊サイゾー / 2016年11月01日13時00分

2位はゲス不倫報道が響いたベッキーがランクインし、以下、蓮舫、藤原紀香、工藤静香と続く。そんな中、第9位に入ったのが“浪速のエリカ様”こと上西小百合衆院議員だ。 さっそく、誌面写真をTwitter上にアップし「私は現職の議員なので、正直こういうものに出される事が迷惑」とグチったが……。フォロワーからは「迷惑なのに宣伝するんだ」「うれしいくせに」などと、彼女 [全文を読む]

えっ、松嶋菜々子は12万円!大物美女たちのハイレグ水着テレカが急騰中

アサ芸プラス / 2016年08月05日05時59分

国会議員の蓮舫もそうですよね」(週刊誌記者) 当時、コレクターアイテムとして隆盛を極めていたのが「テレカ」だが、特に人気のキャンペーンガールたちの水着ショットを使ったテレカはマニアの間では“お宝”とされ、数十万円という目の飛び出るような金額で取り引きされていた。しかも、その流れはまだ続いているのだという。「今後いっさい水着にならない人が多いですし、新品で保 [全文を読む]

沢田研二の故・伊藤エミさんへの離婚慰謝料は18億円だった

NEWSポストセブン / 2012年07月05日16時00分

※女性セブン2012年7月19日号 【関連ニュース】ザ・ピーナッツのエミさんと中尾ミエ “最後の会話”の中身金子哲雄氏 「藤原紀香、中西モナにはブランド力がある」紅白出場者最少県は石川(1人)次点は福井、鳥取(2人)タイガース再結成 岸部四郎復帰を一徳反対も沢田研二が説得蓮舫氏 政界転身のきっかけは「仙谷官房長官からの育毛剤」 [全文を読む]

フォーカス