結婚 蓮舫に関するニュース

豪邸と双子を披露したはいいものの「金スマ」出演で蓮舫代表が大炎上

東京ブレイキングニュース / 2016年11月29日12時04分

蓮舫氏は結婚とともに戸籍では夫方の「村田」姓になっているので、いわば「サザエさん」ですね。でも日曜日の夕方に、ちょっと寂しい思いとともにほのぼのとした気持で見るアニメの「サザエさん」とは全く家風が違うようです。 なんていっても玄関で、まず犬が出迎えるところから違います。サザエさんではタマかタラちゃんが「タリラリラー♪」という音を立てて「いらっちゃいませ」と [全文を読む]

民進党・蓮舫がひた隠す“チャラチャラ正体”を全暴露(1)追及は激しく、言い訳は静かに

アサ芸プラス / 2016年09月18日09時55分

「謝蓮舫」という名前で育ち、日本国籍を取得してからは「斉藤蓮舫」、94年にフリージャーナリストの村田信之氏と結婚して「村田蓮舫」に名前が変わった。 9月3日に生放送で出演した「ウェークアップ! ぷらす」(日本テレビ系)で国籍の件を質問されると、「生まれた時から日本人」「(台湾)籍を抜いている」 と完全否定。それが舌の根も乾かぬうちに冒頭の会見で台湾籍につい [全文を読む]

中国の台湾政策責任者 大陸留学生に台湾人との恋愛勧め物議

NEWSポストセブン / 2012年06月17日07時00分

「大陸の留学生に台湾人と恋愛し結婚させて、間接的に台湾を侵略するつもりか」との声も出ている。 台湾各紙によると、この発言は葉副主任が台湾南部の8大学に留学する中国人学生20人と座談会を開いた際飛び出したもの。 葉副主任は、さらに「今後、両岸(中台)間の婚姻はこうした学生時代の交流がきっかけになるケースが増えるだろう」と述べて、中台の学生交流によって結婚する [全文を読む]

マイコが妻夫木聡との結婚生活をノロケると蓮舫が気を揉むんだって!

アサ芸プラス / 2017年06月03日17時59分

というのも、実はマイコと妻夫木が結婚発表した昨年の8月に、蓮舫氏はツイッターに『“もう…レポートも手につかない…”と、娘からメール。いや、ショックはわかるがレポートは書きあげようよ』と投稿。どうも蓮舫議員のお嬢さんは妻夫木の大ファンなんですね。結婚発表した当時、『地味に痛い』と嘆く女性が多数現れましたから、充実した新婚生活ぶりを語るマイコを見て、蓮舫氏のお [全文を読む]

【育児休暇の宮崎議員】永田町の同僚に暴露された"ウラの顔"

東京ブレイキングニュース / 2015年12月28日20時30分

「育休よりも、やるべきことがあるよ」 http://ameblo.jp/okb-34/entry-12109394159.html しかも大久保氏は、宮崎氏が加藤紘一元自民党幹事長の女婿だったことで、「加藤先生の娘さんと結婚する時点で、宮崎議員は政治家の道を目指していたんだろう」とプライバシーを暴き、さらに「たった三年で離婚してなお、京都三区から当選して [全文を読む]

芸能スキャンダルが報じられない原因は「強くなりすぎた芸能プロダクション」

メディアゴン / 2014年11月22日02時36分

例えば1983年、建築家・黒川紀章と前妻の離婚が成立し、交際していた女優・若尾文子との結婚会見の生放送だっだ。若尾も再婚であり再婚者同士、共に50歳を超えての結婚とあって、話題は沸騰した。会見場からの生中継は「先にCMを入れたほうが負け」である。どちらもCMを入れず、ギリギリまで踏ん張った。3時に始まる両番組のために、「芸能界の新ルール」も出来た。報じて欲 [全文を読む]

小池新党との連携「あり」 前原誠司衆議院議員

Japan In-depth / 2017年08月16日18時00分

そうなると結婚も出来ないし希望する数のこどもも持てないという構造問題が生じる。」と述べ、若い世代への再分配政策の見直しが重要だとの考えを示した。また、若い世代への再分配の例として前原氏は、若いカップルが結婚するための結婚一時金の支給、住宅手当の他、0歳から5歳までの就学前教育・保育、あるいは高等教育にかかる費用の一部負担、給付型奨学金制度の充実などを挙げた [全文を読む]

家族をTV公開の蓮舫氏、批判の声あったが夫の健気さ伝わる

NEWSポストセブン / 2016年12月02日07時00分

この時期にバラエティー番組で、今まで隠してきた子供たちの顔まで出したのは、仲良し家族を知ってもらうことで、女性からの“支持率”を上げたいという狙いもあるでしょう」(政治ジャーナリスト) 蓮舫氏がテレビで報道キャスターをしていた時に知り合ったという夫とは今年で結婚24年目。19才の双子と4人家族だ。 素敵マダム風ファッションの彼女と、ニュージーランドの高校に [全文を読む]

マニアが語る「お付き合いしたい女性政治家ランキング」ベスト3

しらべぇ / 2016年11月11日07時30分

残念なことに結婚されていますが、そこはあえて禁断の恋に挑戦し、蓮舫さんに「アナタなんか2番目なんだから! 2番じゃダメなんですか!? 私にとっては夫が一番なのに...困らせないで。」と言わせてみたいですね。美しさでは間違いなく政界でトップクラスではないでしょうか」■第2位:井脇ノブ子(やる気! 元気! 井脇!)「井脇ノブ子さんはルックスについては蓮舫さんに [全文を読む]

蓮舫の影響!?福原愛と台湾人卓球選手との結婚で流れたデマとは?

アサジョ / 2016年09月21日09時59分

卓球女子日本代表の福原愛が、台湾代表の江宏傑選手と結婚したことで話題になっている。だが9月7日に結婚が報じられたにもかかわらず、一週間以上が経過した福原サイドからの正式発表が遅い理由についてネット上では様々な推測が交わされており、明らかなデマも流布されているという。週刊誌の記者が説明する。「蓮舫議員の二重国籍問題に際して一部のマスコミにより、日本国内では台 [全文を読む]

女が壊れる2017夏―資産30億円松居一代、一線釈明今井絵理子、メッキはがれた稲田朋美、器じゃなかった蓮舫・・・

J-CASTテレビウォッチ / 2017年07月31日11時43分

SEXはしましたが、奥さんを離縁して私と早く結婚してとはいわなかった。それが私たちが守っている「一線」だといえばいいのに。 [全文を読む]

ついに代表辞任! 蓮舫が絶対に「中国のスパイ」になれない3つの理由

文春オンライン / 2017年07月27日19時30分

『一番じゃなきゃダメですか?』は全6章からなるが、特に興味深く読めるのは、彼女の生い立ちから結婚・出産までを描いた2章と3章だ。1967年、日本在住の豊かな台湾人バナナ商人の家に生まれたこと、子どもの頃は夏休みのたびに台湾の最高級ホテル・圓山大飯店に2ヶ月ほど滞在する生活を送っていたこと、青山学院大学入学後に300万円のフェアレディZが欲しくなったのでキ [全文を読む]

閉会中審査の答弁で墓穴掘った安倍首相 政権は崩壊寸前、辞職か解散か?

J-CASTテレビウォッチ / 2017年07月27日17時42分

今井は2004年に結婚して長男をもうけたが、3年後に離婚。長男は生後3日で聴覚障害があることがわかった。その子を女手一つで育て、昨夏の参院選ではそうした生き方に共感が集まり32万票を獲得した。彼女の地元は沖縄だが、当選直後に沖縄の基地問題について聞かれ、「これから勉強します」と答え話題を呼んだ。 [全文を読む]

蓮舫代表「鞍替えで小選挙区から出る」

プレジデントオンライン / 2017年06月22日15時15分

93年に結婚。95~97年に北京大学に留学。2004年7月の参院選に東京選挙区から民主党公認で出馬して当選(以後、参議院議員3期)。09年10月、民主党政権で内閣府が設置した事業仕分けワーキンググルーブで農林水産省・文部科学省・防衛省担当となり、「仕分け人」として活躍して注目された。10年6月に菅直人内閣で内閣府特命担当相(行政刷新)に就任。11年9月に野 [全文を読む]

蓮舫代表「憲法改正はいつかきた道」

プレジデントオンライン / 2017年06月13日15時15分

93年に結婚。95~97年に北京大学に留学。2004年7月の参院選に東京選挙区から民主党公認で出馬して当選(以後、参議院議員3期)。09年10月、民主党政権で内閣府が設置した事業仕分けワーキンググルーブで農林水産省・文部科学省・防衛省担当となり、「仕分け人」として活躍して注目された。10年6月に菅直人内閣で内閣府特命担当相(行政刷新)に就任。11年9月に野 [全文を読む]

“植物以下”の扱い!蓮舫が明かした家庭内序列に「夫が気の毒すぎる」の声

アサジョ / 2016年11月29日10時15分

結婚記念日やプロポーズの言葉も村田さんはしっかり覚えており、『(プロポーズの時の蓮舫氏の)あの笑顔が忘れられないですね』と話していましたが、蓮舫氏は結婚記念日もプロポーズの言葉もまったく覚えていないというのも気の毒になりました」(前出・エンタメ誌ライター) 村田さんのどこを好きになって結婚したのかを聞かれ、蓮舫氏が「優しいところ」と答えていたのが唯一の救い [全文を読む]

二重国籍問題に揺れる民進党・蓮舫代表、過去には創価学会系雑誌でも「台湾を捨てるのは嫌だ」

日刊サイゾー / 2016年11月17日21時00分

両親の結論として『男の兄弟は、いつか結婚や就職があるから、日本国籍にしたほうがいい』ということになりました。私も日本国籍になることを勧められました。私は『自分のアイデンティティーである台湾を捨てるのはいやだ』と断固として反対しました。ですが、父親からは『そうしたほうがいいと思う』というあいまいな答えが返ってきたのです。あとにも先にも、父があいまいな答えをし [全文を読む]

週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」政治・事件スクープの表裏!<タレント議員「生死」の境界線>

アサ芸プラス / 2016年10月26日05時55分

しばらく結婚はなさそうだ。 さて、最初に「タレント候補」という文言が使われたのは「タレント候補 激戦のあと」(63年7月21日号)という記事。この時、参院選で石原慎太郎氏(84)がトップ当選、青島幸男氏、横山ノック氏、今東光氏(いずれも故人)らが当選を果たした。タレント議員の当たり年であった。 あれから53年間、実に多くのタレント議員が現れては消えた。その [全文を読む]

「国籍唯一の原則」は現実的か?――蓮舫氏の「二重国籍」問題をめぐって

ニューズウィーク日本版 / 2016年09月09日19時50分

つまり両親が国際結婚した子どもは、日本国籍を父親からしか受け継ぐことはできなかった。 [全文を読む]

90才内海桂子 24才年下の夫が死後遺産で揉めぬよう部屋購入

NEWSポストセブン / 2012年10月10日07時01分

1988年に、成田さんからの猛アプローチの末に結婚したふたり。1990年、東京の下町に40平方メートルほどの土地を買い、4階建ての新居を建てた。以来、この街では、夫婦の仲睦まじい姿が地元の人には当たり前の光景となっていた。 「桂子師匠は今でも月に1度は浅草の舞台に立って漫才をやっているんですが、いつも旦那さんが荷物を持ってあげて、腕を組んで歩いて行くんで [全文を読む]

フォーカス