松井証券 マネックス証券に関するニュース

Yahoo!ファイナンスの米国株情報ページに初心者向けコンテンツ「はじめての米国株」を提供~あわせて外国株取引口座開設キャンペーンを実施します~

PR TIMES / 2015年08月03日10時45分

主要オンライン証券とは、SBI 証券・カブドットコム証券・松井証券・楽天証券・マネックス証券を示しています。(松井証券、カブドットコム証券は米国株の取扱いはありません。)(「はじめての米国株」画面イメージ)[画像1: http://prtimes.jp/i/5159/124/resize/d5159-124-830755-0.jpg ]■「外国株取引口座開 [全文を読む]

大手オンライン証券初、米国株取引で特定口座の利用が可能に

PR TIMES / 2013年11月15日15時23分

大手オンライン証券は、SBI証券、カブドットコム証券、松井証券、楽天証券お よびマネックス証券を示しています。(注2)2013年11月11日現在、マネックス証券調べ。外資系証券会社を除きます。(注3)2013年11月11日現在、マネックス証券調べ。以上【米国上場有価証券等のお取引に関する重要事項】<リスク>米国株式及び米国ETF、REIT、預託証券、受益証 [全文を読む]

「教育資金贈与サポート」開始のお知らせ

PR TIMES / 2013年05月13日15時29分

主要証券とはオンライン専業証券であるSBI証券、楽天証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券および対面証券大手・準大手証券を含みます。■「教育資金贈与サポート」の概要申込開始日: 2013年6月3日(月) ※2013年5月14日(火)よりコールセンターにて受付開始対 象 者: 2013年4月1日(月)以降、直系尊属(以下「贈与者」)から「教育資金 [全文を読む]

2013 年9 月23 日(月)より米国株取引手数料を改定

PR TIMES / 2013年08月26日17時56分

SBI 証券、カブドットコム証券、松井証券、楽天証券およびマネックス証券を 示しています。そのうち、カブドットコム証券と松井証券は米国株取引サービスを行なっていません。(注 2)売却時のみ、米国株取引手数料のほか、Securities and Exchange Commission(米国証券取引委員会)に支払われる現 地取引手数料(以下、「SEC Fee」 [全文を読む]

【ネット証券に関するアンケート調査】ここ1年で投資資金が増加した人は、ネットでの株式売買経験者の4割強。2012年調査時より大幅増

PR TIMES / 2013年09月02日13時42分

◆インターネット取引経験がある証券会社、主にネット取引をしている証券会社の満足度 インターネット取引経験がある証券会社は「SBI証券」(41.2%)がトップで、「楽天証券」「マネックス証券」「松井証券」「野村證券」が各2割前後で続きます。「SBI証券」は男性30・40代で各5割と、他の年代より多くなっています。「野村證券」は50代以上で多くみられます。 現 [全文を読む]

新FXサービス「マネックスMT4」の提供開始について

PR TIMES / 2013年08月20日18時05分

主要オンライン証券とは、SBI証券、楽天証券、松井証券、カブドットコム証券を指します■「マネックスMT4」取引ツールの主な特長 ・ 30種を超えるインディケーター(指標)を標準搭載 ・ オリジナルインディケーターの作成や標準搭載されたインディケーターのカスタマイズが可能 ・ チャート上から簡単に発注ができるなど抜群の操作性 ・ Expert Advisor [全文を読む]

少額取引でも主要オンライン証券最安水準!取引手数料を全面改定。アクティブトレーダー向け日本株取引ツール「トレードステーション」

PR TIMES / 2017年04月24日16時09分

主要オンライン証券とは、SBI証券・カブドットコム証 券・松井証券・楽天証券・マネックス証券を示しています。なお、カブドットコム証券は一日定額手数料 コースの設定がございません。 ※2 ラージプランは信用取引口座を開設済みのお客様のみご選択いただけるプランです。 [全文を読む]

【ネット証券に関するアンケート調査】インターネットでの株式売買経験者のうち、4割はここ1年で投資資金増加。ネットでの取引意向者は2割強、「取引手数料の安さ」を重視

PR TIMES / 2014年09月24日09時28分

◆インターネットで取引したことがある証券会社インターネットで取引したことがある証券会社は、「SBI証券」(37.7%)がトップで、「楽天証券」「マネックス証券」「野村證券」「松井証券」が各2割前後で続きます。「SBI証券」は男性30・40代で各5割弱と、他の年代より多くなっています。主にインターネット取引をしている証券会社の満足度を聞いたところ、『松井証券 [全文を読む]

「金・プラチナ リアルタイム取引」の提供開始のお知らせ~業界最低水準の手数料で、実物資産への24時間・リアルタイムの少額投資が可能に!~

PR TIMES / 2017年06月02日15時00分

「主要ネット証券」とは、口座開設数上位5社のSBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券(カナ順)を指します(2017年6月2日現在、SBI証券調べ)。なお、現物転換等が行われた際には別途保管料等が発生する場合がございます。手数料等の詳細は各社のWEBサイトにてご確認ください。 [全文を読む]

【ネット証券に関するアンケート調査】

PR TIMES / 2016年10月01日11時17分

主に取引している証券会社の満足度を聞いたところ、「満足」と回答した比率は、「GMOクリック証券」では4割強、「SBI証券」「松井証券」では3割前後となっています。「満足」「やや満足」を合計した比率は、「GMOクリック証券」「SBI証券」「松井証券」「カブドットコム証券」で8割前後を占めます。 [全文を読む]

【証券会社に関するアンケート調査】NISA口座を開設した人は2割弱、取引を開始した人は1割強。「口座開設の予定はないが、興味はある」は2割

PR TIMES / 2015年03月26日10時16分

主に取引した証券会社について満足度を聞いたところ、『GMOクリック証券』主利用者の4割弱、『SBI証券』『松井証券』主利用者の各3割強が「満足」と回答しています。◆証券会社で取引・購入した金融商品直近3年以内に取引、購入した金融商品は、「国内株式」(78.2%)がトップ、次いで「株式投資信託」(23.6%)、以下「国内債券(国債)」「外国債券(外債)」「M [全文を読む]

投資信託の最低買付金額引き下げのお知らせ~SBI証券が資産形成層を応援!!投資信託の100円からの少額買付が可能に!~

PR TIMES / 2017年05月24日15時00分

「主要ネット証券」とは、口座開設数上位5社のSBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券(カナ順)を指します。(2017年5月24日現在、SBI証券調べ) ※2 一部対象外となる投資信託があります。 ※3 サービス開始日等の詳細は、決定し次第、当社WEBサイト等でご案内いたします。 詳細は当社WEBサイトをご確認ください(https: [全文を読む]

株主優待を「無料ゲット」 株価下落リスクを抑える方法とは?

ZUU online / 2017年05月09日16時40分

ちなみに、SBI証券、マネックス証券、松井証券、GMOクリック証券については、問題なく開設ができました。手続きには1週間ぐらいかかりますので、事前に開設しておくことをおすすめします。このとき紹介キャンペーンをぜひとも利用したいところです。■優待クロス取引で株価下落リスクを回避株主優待をお得に手に入れ、確実に資産を増やしていくために、優待クロス取引の実践もお [全文を読む]

【主要ネット証券最大級】投資信託の積立設定金額60億円突破のお知らせ

PR TIMES / 2017年04月28日12時59分

「主要ネット証券」とは、口座開設数上位5社のSBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券(カナ順)を指します。(2017年4月28日現在、SBI証券調べ) ※2 2017年4月28日現在、SBI証券調べ <金融商品取引法に係る表示> 商号等 株式会社SBI証券 金融商品取引業者 登録番号 関東財務局長(金商)第44号 加入協会 日本証 [全文を読む]

《ネット証券No.1》預り資産残高10兆円突破のお知らせ

PR TIMES / 2016年12月13日19時20分

「主要ネット証券」とは、口座開設数上位5社のSBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券(五十音順)を指します。(2016年12月13日現在、各社公表資料等より、当社調べ)※2 各社発表資料より当社にて集計 (集計対象期間:2016年4月~9月)※3 預り資産残高にはSBIハイブリッド預金残高を含みます※4 2016年12月13日現在 [全文を読む]

株式取引手数料大幅引き下げのお知らせ~ 11月21日(月)より手数料・信用買方金利とも業界最低水準 ~

@Press / 2016年11月18日16時00分

比較対象範囲は、主要ネット証券8社の、SBI証券、楽天証券、マネックス証券、カブドットコム証券、松井証券、GMOクリック証券、岡三オンライン証券、ライブスター証券です。キャンペーン手数料は対象にしておりません。※2 トレジャーネットでは、口座管理料、システム利用料、情報提供料を徴収しておりません。【背景】日銀のマイナス金利政策が継続される中、銀行預金金利は [全文を読む]

豪州におけるFX事業の取得に関するお知らせ

PR TIMES / 2016年08月05日16時23分

※1 大手ネット証券6社(SBI証券、カブドットコム証券、GMOクリック証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券)の比較において(楽天証券調べ) ※2 一般社団法人金融先物取引業協会公表の2016年6月月次取引金額(円金額)を参考 【手数料等およびリスクの説明について】 楽天証券の取扱商品等にご投資いただく際には、各商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担 [全文を読む]

外国株式取引口座100万口座達成記念!!【業界最低水準】米国株式手数料大幅引き下げのお知らせ~7月11日(月)よりキャンペーンにて先行開始!~

PR TIMES / 2016年07月08日17時13分

「主要ネット証券」とは、口座開設数上位5社のSBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券(カナ順)を指します。 [全文を読む]

FX自動売買プラットフォーム「MetaTrader 4」提供開始のお知らせ

PR TIMES / 2016年05月11日17時24分

※大手ネット証券とはSBI証券、松井証券、マネックス証券、カブドットコム証券、GMOクリック証券、当社の6社 以上 【手数料等およびリスクの説明について】 楽天証券の取扱商品等にご投資いただく際には、各商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります。各商品等へのご投資にかかる [全文を読む]

楽天FX 3通貨ペアのスプレッドを縮小・固定化

PR TIMES / 2016年05月06日16時44分

■2016年5月9日以降のスプレッド体系 [表: http://prtimes.jp/data/corp/11088/table/103_1.jpg ] ※1 例外あり ※2 2016年4月26日時点における大手ネット証券6社(SBI証券、カブドットコム証券、GMOクリック証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券)との比較において(当社調べ) 【スプレッ [全文を読む]

フォーカス