山田尚子 新海誠に関するニュース

アニメ映画隆盛 新海誠の次に「来る」気鋭の監督たちを紹介

NEWSポストセブン / 2017年01月03日16時00分

』(新海誠監督)、『聲の形』(山田尚子監督)、『この世界の片隅に』(片渕須直監督)と、それぞれの作家性が色濃い作品の大ヒットによって、様子が変わりつつある。 監督の名前で作品選びする際にオススメの監督、これから楽しみな監督について、アニメ評論家の藤津亮太さんにきいた。「細田守監督については、もう別格だと思っています。まだ発表されていませんが、いつものペース [全文を読む]

細田守、新海誠、片渕須直。アニメ作家の時代始まる「アニメ映画が面白い!」第3回

ダ・ヴィンチニュース / 2016年12月16日17時30分

『映画けいおん!』で一躍注目された山田尚子監督は、障がい者といじめという難しいテーマに挑んだ『聲の形』で高い評価と22億円を超える興収を実現した。そして、片渕須直監督。構想から8年、クラウドファンディングも交えた話題づくりで制作を実現したのが『この世界の片隅に』である。アニメだけでなく、実写映画の関係者からも絶賛を浴び、圧倒的な口コミで、公開後は4週間連続 [全文を読む]

第40回日本アカデミー賞最優秀アニメ作品賞は『この世界の片隅に』。片渕監督は「諦めなくてよかった」

Movie Walker / 2017年03月03日22時40分

』、山田尚子監督の『映画 聲の形』、湯山邦彦監督とサカキバラ・モトノリ監督の『ルドルフとイッパイアッテナ』、宮元宏彰監督の『ONE PIECE FILM GOLD』が受賞。“アニメ大豊作”の1年を感じさせる、話題を呼んだ作品群が並んだ。【取材・文/成田おり枝】 [全文を読む]

2016年アニメ大ヒット現象はなぜ起こった? 豊かなシーンを育んだ“日常系”のリアリティ

リアルサウンド / 2016年12月27日08時07分

』の新海誠監督、『聲の形』の山田尚子監督、『この世界の片隅に』の片渕須直監督)にしても、いずれも既に代表作をものにしている中堅以上の監督たちだ。今年に傑作映画が出揃ったのは、極論すれば、めぐり合わせ以上のものはないのだ。今のアニメ・シーンの豊かさからすれば、こうした作品がどこかのタイミングで生まれるのは十分ありうることだ。 そもそも、日本のアニメは、「キャ [全文を読む]

『君の名は。』『聲の形』『怒り』と話題の日本映画が上位を独占!

Movie Walker / 2016年09月21日15時12分

『けいおん!』コンビである山田尚子監督、吉田玲子(脚本)という最強の布陣はもちろんだが、声優として初起用された松岡茉優や、原作ファンだったというaikoの主題歌起用などが、幅広い世代の動員に繋がった模様。土日2日間で動員20万人、興収2億8300万円をあげた。 また、僅差で3位にランクインとなったのが、李相日監督の最新作『怒り』だ。上位2作品に負けず劣ら [全文を読む]

『黒子のバスケ』『映画 聲の形』公開日決定! そして『ガルパン』が総決算的イベントを開催!!【ざっくりアニメニュース】

おたぽる / 2016年04月11日18時00分

すでに発表されていた制作:京都アニメーション、監督:山田尚子とあわせて、楽しみなスタッフ陣が揃った。聴覚障害という難しいテーマを、京アニの精鋭がどう映像化するのか。公開された特報映像を見ると、大いに期待できそうだ。 新海誠監督の新作長編映画『君の名は。』の上映開始は16年8月26日、さらに劇場音楽をRADWIMPSが担当することや、特報PVも公開された。 [全文を読む]

フォーカス