演技 佐野ひなこに関するニュース

吉岡里帆、相楽樹、佐野ひなこ……次期ドラマで注目の“グラビア出身女優”たち

リアルサウンド / 2016年06月16日08時01分

参考:『とと姉ちゃん』次女役で注目! 相楽樹の包容力あふれる演技の魅力 最近はAKB48などのアイドルがグラビア活動を積極的に行っていることや、グラビアを掲載する週刊誌が減っていることなどで、いわゆる“グラドル”と呼べる人材は少なくなっている印象だが、それでもなお、確実に新世代のグラビア出身女優たちは台頭してきている。■演技派で鳴らすグラビア出身女優 現在 [全文を読む]

佐野ひなこ・久松郁美、若手グラドルが秋ドラマで“エロ担当“の華麗なる活躍

メンズサイゾー / 2014年10月14日09時00分

特に、原作でヒロインのひとりを務める"ゆきめ"役に抜擢された元KARAの知英(ジヨン/20)への評価は低く、「片言すぎる」「衣装も演技もクオリティ低すぎ」などのコメントが多発している。また、妖怪つながりということから、現在人気絶頂にあるゲームソフト『妖怪ウォッチ』のパロディネタがあったり、玉藻京介役で出演している速水もこみち(30)の"オリーブ・オイル"を [全文を読む]

アイドル界の新人王・佐野ひなこ、「グミ」と「鈴木愛理」への愛を叫ぶ

週プレNEWS / 2014年04月29日18時00分

自分の演技を見て、ここが良くないあそこも良くないってあら探ししちゃいそうで。でも、いつか自信を持って見られるようになりたいですね。あとは目標としてはやっぱり……愛理ちゃんに会いたいです!(笑) (取材・文/吉田大助 撮影/古谷 完) ■佐野ひなこ(SANO HINAKO) 1994年10月13日生まれ、東京都出身。 身長159 B84(Fcup) W51 [全文を読む]

佐野ひなこが新番組『コードネームミラージュ』でハッカー役に挑戦 「いろんなコマンドを覚えるのが大変!」

GirlsNews / 2017年04月02日11時11分

キャスティングは、主演の森山真一/ミラージュを現在公開中の『新宿スワンⅡ』にも出演中の演技派俳優・桐山漣さん、そして警察庁公安特殊課課長/K13の御崎蔵人を要潤さんが演じる。さらに毎回劇中のシーンに合わせてコスプレ的要素が入ったキュートな衣装で登場する天才ハッカーの木暮美佳子/ドブネズミを、連続ドラマ『デスノート』への出演が話題となり、現在公開中の映画『咲 [全文を読む]

実写版『咲-Saki-』告知動画公開で、再現度の高さに「どんどん楽しみになってきたぞ」と大反響

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月19日15時00分

原作さながらの二面性を見事再現した演技に「これはまさに咲!」「この子なら咲を演じても許せる」「うわーこの作品見たら絶対この子のファンになってしまうわ~」と原作ファンも大興奮。 浜辺は実写ドラマ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」でめんま役を演じ注目を集め、2016年12月公開予定の映画「映画妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!」 [全文を読む]

「黒い十人の女」第2話で、さらなる愛人が判明!

Smartザテレビジョン / 2016年10月06日23時14分

さらに、佐藤仁美演じる美羽に2杯目のカフェラテを顔面に浴びるシーンでは、「おかわりいただきました!」「美紀さんやられすぎ」「2回目のカフェラテ、声出して笑ったわ」など、女優陣の体を張った演技に絶賛の声が相次いだ。 また、久未や彩乃(佐野ひなこ)らによる、LINEでのリアルなやりとりも見どころの一つ。「スタンプの押し合いがリアル」「超今どきの子のLINE再 [全文を読む]

グラビア人気も高い注目女優・吉岡里帆、『あさが来た』抜擢で大ブレイク秒読み!?

メンズサイゾー / 2016年01月25日10時00分

ただ、それだけ女優としての意識が高いと思いますので体当たり演技にも期待できそうです」(前同) 近年の朝ドラからは、ヒロイン以外でも数々の若手女優が発掘されている。かつて吉岡は女優としての目標に「朝ドラヒロイン」を挙げたこともあったが、大人気の『あさが来た』で結果を出すことができれば、その夢に一歩近づくことになるのかもしれない。 (文=aiba) [全文を読む]

窪田正孝主演「デスノート」で最後に笑うのは誰だ?

Smartザテレビジョン / 2015年09月13日07時42分

特に、覚醒しつつある“キラモード”の窪田の鬼気迫る演技が、各方面から大きな反響を呼んでいる。 夜神月(窪田)の暴走を命懸けで止めようとしたLに続き、月の父・総一郎(松重豊)までもが命を落としてしまう。 犯罪のない理想の世界を作り上げるためにはどんな手段もいとわない覚悟を決めた月は、警察を総動員して暴走するメロ(優希美青)を抹殺しようと決意する。 しかしメロ [全文を読む]

『デスノート』視聴率回復は佐野ひなこ「ぶさカワ」効果!?

デイリーニュースオンライン / 2015年08月16日12時00分

L役の山﨑賢人(20)の下手すぎる演技が足を引っ張って、全く評価を得られていない。知名度を上げたい若手としては、マイナスの印象しか与えない損をする作品だが、佐野だけは違う結果になるかもしれない。 (文/タナカアツシ) [全文を読む]

清水富美加?広瀬アリス?2016年朝ドラ「とと姉ちゃん」ヒロインを大予想!

アサ芸プラス / 2015年06月29日17時59分

次に、二階堂ふみと松岡茉優は抜群の演技力で知られ、フレッシュさには欠けるものの安定感はピカイチだろう。同様に荒井萌はNHKドラマへの出演が多く、評価も高い。広瀬アリスは妹の広瀬すずのほうがブレイクしているが、役作りのために髪を切るばかりか私服を捨ててファッションを変えるほどの徹底ぶりを見せるなど、演技へのこだわりには熱いものがある。 その一方で川口春奈と [全文を読む]

話題のウエスト51cm美少女・佐野ひなこ「ハタチになってお酒を飲んでみたら、○○○だったんです!」

週プレNEWS / 2014年12月10日11時00分

いない相手に向かってセリフを言ったり、キャーって襲われる演技をしなきゃいけないのが難しかったんです。でもその分、出来上がりが楽しみだったんですよ。できる限り土曜日の夜は放送を見ていたので…終わっちゃうのは寂しいです。 ―ドラマ出演が続いてますが、女優のお仕事はいかがですか? ひな 何もわからないまま現場に飛び込んでいって、やってみて「楽しい」という気持ちも [全文を読む]

『水球ヤンキース』で連ドラ初レギュラー! 20歳目前の佐野ひなこはゲームで大人の階段を上る?

週プレNEWS / 2014年07月15日15時30分

演技はまだまだ経験も少ないし、どうなるかわからないな、いっぱい頑張らなきゃなと思ったんですけど、水球はなぜかちょっと自信があったんですよ。やったことなかったんですけど(笑)。 ―自信の根拠は? 佐野 幼稚園の頃から中学まで、ずっと水泳をやっていたんです。小学生のときには、バスケとバレーボールもやっていました。水と球って、私の得意分野なんです。 ―なるほど。 [全文を読む]

フォーカス