判決 小向美奈子に関するニュース

小向美奈子さん、また逮捕・・・なぜ「覚せい剤」を繰り返してしまうのか?

弁護士ドットコムニュース / 2015年02月16日17時43分

2009年に覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕・起訴され、懲役1年6カ月・執行猶予3年の有罪判決を受けた。また、2011年にも同法違反(譲り受け)の疑いで逮捕されたが、証拠不十分で不起訴処分になっていた。今回、小向さんに実刑判決が言い渡される可能性はあるのだろうか。また、覚せい剤の再犯は絶えないが、どうしてなのだろうか。薬物事件に取り組む西谷裕子弁護士 [全文を読む]

小向美奈子 収監の朝にマネージャーと見つめ合い表情和らぐ

NEWSポストセブン / 2015年05月08日07時00分

4月27日、覚せい剤取締法違反で3度目の逮捕となった小向美奈子被告(29)に対し、東京地裁は懲役1年6か月の実刑判決を言い渡した。控訴せずにこのまま収監される見込みだが、彼女は判決文が読み上げられる前にその決意を固めていたという。それは、判決の数時間前の姿からもうかがい知れた。本誌だけが独占キャッチした小向被告の「覚悟の朝」を詳報する。 開廷の約2時間前の [全文を読む]

小向美奈子、3度目の逮捕は興行に生かせず!?|プチ鹿島の『余計な下世話!』

東京ブレイキングニュース / 2015年02月10日12時00分

最初の逮捕で執行猶予判決を受けた後、浅草ロック座に出演したときは世間を巻き込んで大騒動になった(2009年5月)。行かなかった私はちょっと後悔した。 次なる機会は翌年に巡ってきた。映画『花と蛇3』に小向美奈子が主演したのだ。2010年は「パート3」の当たり年。『踊る大走査線3』『トイストーリー3』『花と蛇3』と揃った。今にして思えば小向美奈子は「3」という [全文を読む]

小向美奈子が栃木刑務所「女囚生活」を初激白!(1)本当は引退するつもりだった

アサ芸プラス / 2016年12月17日17時57分

薬物の取締法違反により懲役1年6カ月の実刑判決を受け、栃木刑務所に収監されていた小向美奈子。今年7月に刑期を終え、11月には復帰。さらに12月16日から「横浜ロック座」の舞台に上がる。これまで語られることのなかった「復帰の真相」から「獄中生活」まで、その一部始終を初激白する! 15年2月、覚醒剤取締法違反(所持)の疑いで再逮捕された小向美奈子は、懲役1年6 [全文を読む]

小向美奈子、服役後グラビア復帰も“過去の人”へ!? 「人間離れした顔」に関係者あ然

サイゾーウーマン / 2016年11月01日12時45分

しかし、15年2月に3度目の逮捕が明らかとなり、ついに実刑判決を受けることとなりました」(スポーツ紙記者) そんな小向だが、人知れず今夏には仮釈放されていたようだ。そして、「フライデー」でまたしても復帰を果たしたという流れだが……。 「11月16日に発売される新作AV『AV女優 小向美奈子 最終章始動』の宣伝をかねてのグラビアで、自慢のバストだけではなく、 [全文を読む]

収監中の小向美奈子受刑者 「幻のAVデビュー作」が流出した

NEWSポストセブン / 2015年06月01日16時00分

だが、小向美奈子受刑者(30)は、4月末に覚せい剤取締法違反で懲役1年6か月の判決が下り、現在は服役中の身。耳を疑う“獄中AV”情報を追うと、驚きの真相が浮かび上がった。 小向の近況について知人が明かす。 「現在、東京拘置所に収監されている彼女は、夏前には地方の女子刑務所に移送される予定。裁判の過程で覚悟を決めていたのでしょう。取り乱すことも塞ぎこむことも [全文を読む]

ロンブー淳も制裁を受けた「関東連合」とは結局何なのか

messy / 2014年03月05日16時00分

2011年に自殺を遂げた貧乏タレントの上原美優(24=享年)は、かつて関東連合元リーダーのひとりで現在、六本木のクラブ襲撃事件(通称フラワー事件)で昨年12月、東京地裁において懲役11年の判決が下された石元太一被告と交際していたという。また先日、俳優・佐藤健との不倫関係が報じられた女優の広末涼子の元夫である岡沢高宏については、かねてより関東連合と親しかっ [全文を読む]

ハーバード大教授 薄熙来氏らは極刑に処せられるとの見方

NEWSポストセブン / 2012年05月07日16時01分

香港メディアは「谷夫人は死刑、薄氏も執行猶予付き死刑(※)か無期懲役の判決を受ける可能性がある」と報じている。 まだ取り調べの段階で、死刑や無期懲役など判決の予測が報じられることは日本のような法治国家ではありえない。しかし、現代中国政治の世界的権威であるハーバード大のロデリック・マクファーカー教授は「薄氏らはすでに法律の手の届かないところにいる。政治問題と [全文を読む]

小向美奈子が栃木刑務所「女囚生活」を初激白!(3)「踊り子」としても一からのスタート

アサ芸プラス / 2016年12月18日17時57分

1年6カ月の実刑判決を受けていたが、刑期満了を迎える3カ月前の今年7月に仮出所した。「朝早くにお母さんが車で迎えに来てくれました。近くのコンビニに立ち寄って、緑茶ハイ2本を購入して、その場で一気に飲み干しましたよ(笑)。タバコも一緒に吸ったんですけど、久しぶりすぎて頭がクラクラでしたね。 あと、服役中にお父さんがちぎりパンのレシピ本を差し入れしてくれたんで [全文を読む]

高知、清原、小向、ASKA… 過去3年に覚せい剤で逮捕された有名人の共通点とは!?

tocana / 2016年07月31日09時00分

桂は2007年、日本での覚せい剤事件で懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受け、ビザが下りず翌夏、国外退去させられた。母国で再起を図ったが、また覚せい剤に手を出してしまったのである。 順調に見えていた桂の芸能生活だが、2000年以降、所属プロダクションの借金トラブルなどがあり、CDリリース、コンサート活動などが激減。2006年に借金裁判の和解が成立し、本 [全文を読む]

小向美奈子被告に1年6カ月の実刑判決!巧妙化する覚せい剤取引の現場

東京ブレイキングニュース / 2015年04月27日18時00分

小向美奈子被告が懲役2年を求刑され、判決が27日に言い渡された。実刑一年六か月。基本的に累犯、つまり同じ罪で何回も捕まった人間に執行猶予はない。まったくないわけでもないが、これは前回の逮捕からかなり時間が経過したケースやガラ受け、つまり身元保証人がしっかりしている場合である。小向被告に関してはファンからの嘆願書も多数出ているらしいが、この様な事件に嘆願書の [全文を読む]

「楽屋に吸引器具あった」小向美奈子、怪しい業界人もお手上げのヤバすぎる薬物依存度

サイゾーウーマン / 2015年02月10日13時00分

「初犯は執行猶予判決を受け、交際中の男性から強要されたとして、マスコミのカメラの前で更生を誓っていました。その後はストリッパーに転身し、AVデビューや深夜番組出演、さらには週刊誌のグラビアを飾るなど、徐々に芸能活動を再開していました」(スポーツ紙記者) また2回目に逮捕状が取られた時点では、小向は留学のためフィリピンに滞在していた。「週刊誌に薬物疑惑の記 [全文を読む]

禁断の「芸能人の犯罪」を一挙プレイバック!(1)“オンナの衝動”篇

アサ芸プラス / 2014年08月19日09時57分

06年に自伝本「ふぞろいの秘密」(双葉社)の中で、かつて浮き名を流した芸能人との性的関係を赤裸々に告白したが、その直後、渡米中の石原は米国人男性にストーカー行為を働き、2度の逮捕、禁固125日の判決を受けていたことが暴露された。 「その後、かつて交際していた玉置浩二と結婚寸前までいきながらも破談とプッツンぶりは変わらず。最近は自身のブログで韓国に外遊した舛 [全文を読む]

ASKA「お茶すり替え」に“ネタ元”が? アウトローコミック原作者が指摘

日刊サイゾー / 2017年01月07日09時00分

この作品はオウム真理教の教祖、麻原彰晃の妻である松本知子がオウム事件で懲役6年の実刑判決を受け、2002年10月まで和歌山刑務所にいた際、所内で遭遇したという女性(覚せい剤取締法違反で当時収監中)の証言をコミック化したもので、取材した影野氏が原作を書いた。 話の中で女性は尿検査を求められた際、コンドームに入れて隠し持っていたお茶とすり替えたとしている。 [全文を読む]

桂文枝の元愛人がAVデビュー!38歳Fカップ女優にニーズはあるのか

しらべぇ / 2016年08月17日21時15分

しかしその後、三度目の逮捕で実刑判決を受けた。海外サイトでは、無修正モノも流通している。AVデビューが新しい人生を切り開く可能性もあるが、こうした転落の道は歩まないでほしい。・合わせて読みたい→AV女優日本一は誰の手に? Gカップ元グラドルにも独占取材(文/しらべぇ編集部・猫山ニャン子) [全文を読む]

高島礼子 元夫・高知東生が「土下座謝罪」でもスポンサー圧力で強制離婚

アサ芸プラス / 2016年08月11日17時57分

実は、現在服役中の小向美奈子受刑者(31)が1回目の逮捕、起訴後に執行猶予判決が出た際、五十川被告と接触していた。警察が引き続き小向受刑者をマークしていたところ、五十川被告の存在が判明。その五十川被告をマークしていたら、高知被告とのつながりがわかったわけです」 五十川被告の捜査では、すでに交遊関係の解明が進み、大物グループのAやセクシー女優Bなどの名前が新 [全文を読む]

ASKA、“盗聴被害”ブログに「病んでる」「再逮捕近し?」の声 “キメセクの魔力”に戦々恐々の声も

おたぽる / 2016年07月22日12時00分

ASKAは、2014年に5月に覚せい剤取締法違反(所持)の容疑で逮捕され、同年9月に懲役3年執行猶予4年の判決を受けたのだが、今年1月9日、逮捕の経緯や、14年に「週刊文春」(文藝春秋)によって報じられた、飯島愛との愛人関係、盗聴盗撮の被害に遭っていることなどについて、20項目、約12万字に及ぶ長文をブログに掲載。しかし、ブログが公開されてから数時間後に [全文を読む]

清原容疑者の出所後プラン?浮上した”ラーメン屋開業”の現実度

デイリーニュースオンライン / 2016年03月03日08時00分

槇原は1年半の懲役の有罪判決を受けたが、復帰後は音楽活動に邁進し、2003年にはSMAPに『世界に一つだけの花』を提供して大成功。その後も順調に活動を続け、ファンの信頼をほぼ完全に回復させている。 野球界では、江夏豊がかつて1993年に覚せい剤で逮捕されて懲役2年4ヶ月の実刑判決を受けたが、野球解説者として復帰し、現在は阪神タイガースで2軍春季キャンプの臨 [全文を読む]

覚せい剤で逮捕の小向美奈子に女子プロレス界から熱視線! 長時間汗だくセックスの経験を買われて!?

日刊サイゾー / 2015年03月27日11時00分

しかし、小向は今回、実刑判決が有力視される。2009年の初逮捕では執行猶予付きの有罪判決で、11年の2度目は処分保留で釈放されたが、今回は1年半から2年ほどの収監が確実といわれる。それだけに彼女を後援していた有力な芸能関係者も見放したという話だ。小向を知るAVメーカーのディレクターによると、 「保釈が遅れた異例の事態も、保釈金の200万円を用意するはずだ [全文を読む]

懲りない韓流“シャブ中”俳優再逮捕で、韓国芸能界に激震!「さらなる逮捕者が出る可能性も……」

日刊サイゾー / 2015年03月13日19時00分

翌年3月に懲役2年6カ月、執行猶予4年の判決を受けたキム・ソンミンは、当然のごとく活動を自粛。その間に、テレビなどにも出演していた4歳年上の美人歯科医師と極秘結婚。12年にはドラマ『私たち結婚できるかな?』で芸能界に復帰し、13年に出演したトーク番組では「悪いことをしてしまった。後悔と自責ばかりが残る。すべて私のせいだ。本当に申し訳ない」と、二度と薬物に [全文を読む]

フォーカス