事務所 小向美奈子に関するニュース

重盛さと美と泥仕合のAV女優・坂口杏里、芸能界のタブー暴露も!?

日刊サイゾー / 2016年10月15日11時00分

坂口のAVデビューの裏話として、バラエティ番組内で「同じ事務所で、唯一連絡を取り合う後輩でした」とアピールした上で、坂口のホスト遊びや借金の取立てが事務所に来たことを暴露。これに坂口が、今月10日にTwitter上で、「ネットニュースいろいろみてたら 唯一連絡取ってた って取ってなかったんだけど…さすが腹黒いや」とつぶやいた。 名前こそ出さなかったものの、 [全文を読む]

ラブライブ事件の影響?声優は「アダルトモデル経験者お断り」になり始める

しらべぇ / 2016年05月05日19時30分

■とある資格とは一例として芸能事務所を経営する『株式会社ワルキューレ』の応募要項に書かれた資格を見てみると、「法律に触れる行為を行っている方」「過去にアダルト系ビデオモデルの経験のある方」がNGという内容があった。違法な行為をしている人がダメなのは当たり前だが、アダルトビデオに出演したことがある人も参加不可という厳しい条件が付けられているようだ。■ラブライ [全文を読む]

AVデビューする元芸能人の舞台裏とは? カンパニー松尾×バクシーシ山下の“AV史”白熱教室~10年代編【1】~

週プレNEWS / 2015年11月28日15時00分

山下 まあ、リアルっちゃリアルな数字ではあるけど、1600万ってちょっと中途半端じゃない? 松尾 手取り額の話でしょ? 事務所には3000万とかのオファーがあって、本人の取り分が1600万って話じゃないかなぁ。1600万の10分の1の金額が単体1本のギャラ相場だってことを考えると、悪くはないですよ。 山下 このご時世には頑張ってる数字か。 松尾 けど、そ [全文を読む]

収監中の小向美奈子受刑者 「幻のAVデビュー作」が流出した

NEWSポストセブン / 2015年06月01日16時00分

それが現在のデビュー作となりました」(同前) 小向の事務所に、幻のデビュー作が発売される経緯を問い合わせたが、「ノーコメントです」というのみだった。 ※週刊ポスト2015年6月12日号 [全文を読む]

【芸能界麻薬汚染】ASKAと小向美奈子を結ぶ「業界ゴロ」の点と線

東京ブレイキングニュース / 2015年02月14日19時00分

逮捕容疑は2012年12月~13年1月、東京都目黒区のマンションにあるASKAの事務所で、覚せい剤約3グラムを30万円で譲り渡した疑い。警視庁によると、吉田容疑者は約5年前、知人を介してASKAと知り合った。「面識はあるが薬物を渡したことはない」と否認している。一方、ASKAこと宮崎重明は「12~13年に10回ぐらい吉田容疑者から薬物を買った」と話してお [全文を読む]

事務所に契約解除されたZONE・MIYUの「著しい不品行・業務不履行」とは?

メンズサイゾー / 2013年02月14日15時50分

05年に解散するも、11年に再結成し活動を続けていたが、そのヴォーカリストであるMIYUこと長瀬実夕(24)が、2月13日付で所属事務所・ランタイムミュージックエンタテインメントから契約解除されたことを同社が発表した。 同社によれば、MIYUには「著しい不品行及び度々の業務不履行などの行為」があり、そのためファンや関係者に迷惑を被らせ、同社にも多大な損害が [全文を読む]

歴代アイドル歌姫の「深刻闘病」現場(3) 華原朋美

アサ芸プラス / 2012年06月14日11時00分

08年に小向美奈子が、09年に沢尻エリカが事務所から契約を解除されるようになったケースの、はからずも先鞭をつけた人物とも言える。 「朋ちゃんは医師から処方された精神安定剤を、その用量どおりには使わない。何軒もの病院を回っては薬をキープし、使わない日もあれば、一気に何倍も服用してみるような乱暴さだった」(ワイドショースタッフ) 芸能界に居場所を失った07年以 [全文を読む]

小向美奈子効果で高岡早紀にAV業界から熱烈オファー!?

メンズサイゾー / 2012年02月07日16時30分

「高岡は現在、07年から所属していたエイベックスと業務提携を結び11年に個人事務所設立しました。しかし、これはけして円満な独立ではなく、実業家とされるA氏の素性を事務所から問いただされた際に、高岡がはっきりと答えなかったため不信感を持たれ、事実上の解雇なのだとか。実業家とされるもA氏はなにをしているのかをあまり知られてはいません。ちょうど、黒い交際が芸能界 [全文を読む]

坂口杏里を救えるのは、ビートたけししかいない!? “しくじり”山本モナ、小向美奈子を再生させた過去

日刊サイゾー / 2017年04月28日13時00分

この時点で、たけしは彼女が自分の事務所に所属していたとは知らなかったようです。事務所は山本をクビにせず『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』(日本テレビ系)の司会として仕事に復帰させました。小向の場合は、彼女がストリッパーとして出演した『浅草ロック座』の関係者とたけしが旧知の仲だったため、世話を頼まれたようですね。小向が二度目の逮捕を受けてAVデビューを果 [全文を読む]

清原容疑者の次は?捜査当局が狙う”クスリ芸能人”のイニシャル

デイリーニュースオンライン / 2016年02月04日17時00分

主な著書に『真相!アイドル流出事件簿』(ミリオン出版)、『事務所をクビになった芸能人』(竹書房)、『芸能人のタブー』(宙出版)など。 [全文を読む]

テリー伊藤対談「山地まり」(1)薬局でいきなりスカウトされて…

アサ芸プラス / 2015年04月03日09時54分

それが今の事務所の社長なんですけど。テリー 変な人だと思わなかった? だってさ(同席の社長を指して)、穴あきジーンズで、おもしろいデザインのセーターを着た、あちらの女性が社長でしょ? すごくラフな格好だよね。山地 思いました(笑)。しかも、そのファッションでリュックを背負っていましたから。テリー アハハハ(笑)。どんなふうにスカウトされたの?山地 ちょうど [全文を読む]

ロンブー淳も制裁を受けた「関東連合」とは結局何なのか

messy / 2014年03月05日16時00分

昨年9月に大手芸能事務所スターダスト・プロモーションとの契約が終了し、現在はステラエンタテインメントという個人事務所を設立して活動している藤井だが、元所属事務所の契約終了に際しては素行の悪さが一因となっているのではないかと常々囁かれていた。決して円満とはいえない独立劇を経ているのであれば、その後の芸能活動において風当たりは強くなるのは目に見えている。まさ [全文を読む]

伝説のCM美少女・後藤理沙がAVデビュー決定!? 衝撃の内容とは…

メンズサイゾー / 2013年04月19日14時00分

かつては黒髪ロングの正統派美少女として多くの男性ファンに支持され、清純派アイドルとして当時同じ事務所だった広末涼子(32)らと人気を分けあった彼女。元アイドルで現役女優という彼女のAVデビューは業界でも異例中の異例といえるが、果たして何があったのか。 記事によると、作品名は未定ながら後藤が謎の「くのいち」を演じることが判明しているという。「騎乗位で乳房を揺 [全文を読む]

「エイベックスもかばいきれない」高岡早紀が事情聴取! もうAV出演しか道がない!?

メンズサイゾー / 2012年02月21日16時30分

「高岡は個人事務所に所属し、エイベックスと業務提携していますが、さすがのエイベックスもかばいきれないと頭を抱えている。エイベックスが手を引いてしまえば、"爆弾"を抱えた高岡を起用するテレビ・映画関係者はいないでしょう。そうなった場合、A氏の借金返済も可能な高額ギャラ目当てでAVに出演する可能性は十分にある。今まではダメもとで複数のAV関係者が動いていました [全文を読む]

グラドル界の「犬猿の仲」リスト!(11)若槻千夏VS小向美奈子…温泉番組での態度に猛ツッコミ

アサ芸プラス / 2017年05月04日09時59分

事務所の方針で、テレビでの水着はNGなんです」 温泉ロケという趣旨でありながら、しかも遅れて参加しながら、まさかの宣言。これには、さすがに若槻が猛ツッコミ。「いつも水着になってんじゃん」 やがて小向は、艶系業界に転身していったのだが‥‥。 [全文を読む]

「まず恥じらいを……」坂口杏里、デビュー作で演出指示を無視していた

日刊サイゾー / 2016年10月12日09時00分

最近、AV女優が出演を強要されたと事務所相手に裁判を起こしたり、何かとトラブルが多いので、AV女優の扱いは慎重」と、あまり乗り気でない様子だったが、前出AV関係者からは「AV界への風当たりが強まる中で、イメージアップの星として起用される雰囲気もある」とする。 「正直、2作目以降のセールスには、あまり期待できません。1発目は話題性で売れても、AVファンは飽き [全文を読む]

アイドルの「卒業」名場面30年史(8)小向美奈子、高崎聖子はグラビア界から“強制卒業”

アサ芸プラス / 2016年03月20日17時58分

昨年、日テレジェニックに選ばれたとたんに、旧事務所時代の「ヤバイ動画」が出回った。これにより日テレジェニックは辞退。「さらに、グラビア活動も“卒業”すると宣言したんです。これには応援していたファンからもブーイングでした」(アイドル評論家・織田祐二氏) 騒動が起きた当時、電子書籍版で発売した写真集のタイトルは「僕が卒業できない理由」である。これ以上ないくらい [全文を読む]

ロンブー田村淳、会見で自身の覚せい剤疑惑に触れず…タブー破りの新番組会見でタブーだらけ

Business Journal / 2016年03月19日17時00分

なかでも、特番を見た元グラビアタレントの小向美奈子受刑者(覚せい剤取締法違反)の所属事務所社長から電話があり、「ウチのも、ぜひやってくれませんか」と申し入れを受けたというエピソードを披露。「ウチのはまだ塀の中なので、出てきてからですけど」と言われ、田村は「いや、僕は今からやりたい。面会するところから。今、密に連絡を取っているところです」とヤル気満々の様子を [全文を読む]

田代まさしに出演依頼!?淳が地上波NG企画に挑戦

Smartザテレビジョン / 2016年03月15日19時26分

覚せい剤の大御所・田代まさしさんにオファーをかけています」と話し、小向美奈子の事務所から出演の相談を持ち掛けられていることも明かした。 続けて「最近、芸能界でも不倫をしている人が非常に多いってことで『不倫さんいらっしゃい』みたいな番組をやりたい」と語ると、その企画して出演してほしいゲストとして、ベッキーの名前を挙げ、報道陣を沸かせる一幕も。 また、3月26 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】田村淳、ベッキーにラブコール「『不倫さんいらっしゃい』に出て~」

TechinsightJapan / 2016年03月15日18時52分

また昨年、赤坂晃が覚せい剤について語った番組の放送翌日、その番組を見たという小向美奈子の事務所社長から「『うちのもやってもらえませんか? うちのは今、塀の中にいるんで出てきたらお願いします』と声をかけてもらえたのが凄く嬉しかった」と番組の反響の大きさを喜んだ。 「塀の中にいるところからやりましょうよ。シャバに出てすぐしゃぶしゃぶ食ってシャブの話するみたいな [全文を読む]

フォーカス