料金 鳥貴族に関するニュース

鳥貴族の決断に見える激安居酒屋の限界価格 28年ぶり値上げの本音と外食産業への影響

東洋経済オンライン / 2017年09月07日08時00分

それは鳥貴族が28年間も続けてきた「全品280円均一」が、居酒屋チェーンの最安料金の象徴であり、大衆的な人気ブランドとして認識されているからにほかならない。鳥貴族は創業社長の大倉忠司氏(58)が1985年に東大阪市の近鉄線俊徳道駅前に1号店の「俊徳店」を開店したのが始まりだ。開店2年目に「全品250円均一」をスタート、繁盛させた。1989年4月、消費税3% [全文を読む]

外食の「ちょい飲み」が好調すぎて、街の居酒屋を潰しに来ている

まぐまぐニュース! / 2017年04月21日05時00分

「お通し」が半ば強制的に出され、料金を支払わなければならないシステムの店が大半です。立地はビルの2階以上の階や地下に位置することも少なくありあません。そのため、気軽に立ち寄って、低価格で楽しむのには適していないといえるでしょう。 苦戦が伝えられる居酒屋業界ですが、気を吐いているのが「鳥貴族」などの激安居酒屋です。鳥貴族の2016年7月期決算は、売上高は前年 [全文を読む]

ワタミ、危機を招いた鳥貴族らとの低価格戦争敗北と、「黒」へ転換による客離れ

Business Journal / 2015年11月25日06時00分

このため09年後半から10年にかけて首都圏の居酒屋は金の蔵Jrに対抗するため、軒並み全品300円以下の均一料金を掲げ、安値を競った。三光はというと最安値均一料金で大ブレークしたが、安値を実現するために取引先からの仕入れに無理があり、11年には「全品270円均一」の看板から「全品」を削り、高いメニューを導入した。これを機に金の蔵Jrの快進撃にも急ブレーキが [全文を読む]

トラブル急増のキャッチ居酒屋、新宿駅東口は99%がクロ?

週プレNEWS / 2015年03月16日11時00分

「飲み放題980円です」とだけ言って、お通し料、サービス料、深夜・週末料金を取った上に、マストオーダーの2フードが激高、という“極悪ぼったくり”から、フードが高い“中ぼったくり”、何か話が違う…みたいな“小ぼったくり”まで差こそありますが、だいたいはぼられると思います(笑)。 ユウキ たまにチェーン居酒屋のちゃんとしたキャッチもいるけどね。 ―その見分け方 [全文を読む]

現役のぼったくり居酒屋キャッチが明かす、こんな客が狙われる!

週プレNEWS / 2015年03月10日06時00分

「お通しなし、チャージなし、深夜料金なしで飲み放題、完全個室!」の「なしなし攻め」はかなり有効。 ―でも、実際は違うと? ユウキ 最後に「ただし、ひとり2フードのオーダーお願いします」と言って、店に入ると、このフードがめちゃくちゃ高い!! ケント ひどい店だとスライストマト1000円近く取るところありますよね。キャッチ店は基本的にフードがかなり高いです。 [全文を読む]

鳥貴族、値上げへ 全品「280円均一」もう無理...

J-CAST会社ウォッチ / 2017年08月28日19時25分

人件費と材料費の高騰で 鳥貴族は、焼き鳥やサラダ、ドリンク類などの全品を値上げするほか、2時間食べ放題・飲み放題の「28 とりパーティー」の料金も、1人2800円から2980円(いずれも税別)に値上げする。 値上げの理由について、「原材料や人件費など、さまざまなコストが増加し、今後もこの傾向が続くことが見込まれる。当社ではこれまでも諸経費の削減など、価格 [全文を読む]

「焼酎濃いめ」頼んだら料金5倍請求で批判殺到のあの店…客は絶対払ってはいけない?

Business Journal / 2016年02月27日06時00分

居酒屋でウーロンハイの「焼酎濃いめ」を頼んだら、1杯につき5杯分の料金を請求された――。 こんなトラブルが、インターネット上で「ボッタクリだ!」「あり得ない」と話題になっている。何気なく頼んでしまうチューハイなどの「焼酎濃いめ」だが、これはサービスの範疇なのか、それとも料金割り増しが妥当なのか。実際の事例を踏まえて、弁護士に見解を聞いた。●居酒屋によって異 [全文を読む]

年内に「値上げ」を控えるサービス・製品4選 鳥貴族、調味料……

ZUU online / 2017年09月09日16時10分

家庭用の食料品や調味料から、ちょっとした外食にかかる費用、果ては宅配便の料金に至るまで、このところ個々の金額はわずかでも、ボディーブローのように家計にダメージを与える値上げが続いている。ここでは2017年内に値上げが発表されている製品やサービスを紹介しよう。(1)鳥貴族 は28年ぶりの値上げ実に28年もの間、全品税抜き280円均一という価格を維持してきた焼 [全文を読む]

なぜ居酒屋「鳥貴族」は、280円均一で東証1部に上場できたのか?

まぐまぐニュース! / 2016年07月07日20時00分

■強み 1.安い 280円均一の低価格 料金を気にせず食べることができる 2.美味い 国産鶏肉を使用 お店で串打ち 独自ブレンドのタレ 3.早い すぐに出てくるスピードメニュー ⇒上記の強みを支えるコア・コンピタンス★30年に渡る国産鶏肉・手作りへのこだわりと低価格で提供するノウハウ 良質の国産鶏肉に限定して仕入れを行い、店舗で串打ちすることにこだわって [全文を読む]

人気の鳥貴族、驚異の経営 280円均一、じゃんぼ焼鳥はパクリ、ライバルはコンビニ?

Business Journal / 2014年07月10日18時00分

焼き鳥チェーン「鳥貴族」は、飲料やラーメンなどのサイドメニューも含めて、全品が「税抜き280円均一」というわかりやすい料金設定を採用する。商品の鮮度を保つため、肉に串を通す作業はすべて店内で行う。関西と首都圏、東海地方で約350店を展開しており、2018年までに1000店体制とする目標を掲げる。業績は13年7月期の売上高128億円、経常利益4.9億円、純 [全文を読む]

激安の“270円均一居酒屋” ここまで安くなぜ潰れないのか

NEWSポストセブン / 2013年01月12日07時00分

均一料金ならあれもこれもと注文してもらいやすく、注文が多ければ多いほど原価率が30%に近づいていく仕組みです」(業界関係者) 生ビール中ジョッキの原価率は50%なのに対し、サワー類は10%前後。最初はビールで乾杯、その後はサワーを飲むという人の場合、ドリンクの原価率は2杯目で既に30%になる。 また、注文用タッチパネルを導入することでホール人員を減らし人件 [全文を読む]

4時間飲んでも1人1600円…究極の激安居酒屋に行ってみた

デイリーニュースオンライン / 2014年11月19日15時00分

繰り返すが別料金ではない。「一人1000円」に含まれているサービスなのだ。しかし、こんな立派なスナックバーである。われわれの他にも客が来るんじゃなかろうか。思いっきり内輪で盛り上がってる最中なので知らない客が来たら気まずいなあ、などと思っていたら…… おばちゃん「大丈夫だよ! 今日は客来ないから! 来るなって言っといた!」 えっ……!? ど、どういうことな [全文を読む]

フォーカス