伝説 天海祐希に関するニュース

天海祐希「宝塚1年目で主役抜擢!?」宝塚時代のスゴイ“伝説”

日刊大衆 / 2016年10月13日14時00分

この10月からはドラマ『Chef~三ツ星の給食~』(フジテレビ系)でも主演を務める彼女は、元宝塚歌劇団月組のトップスターで、宝塚時代には数多くの伝説を残している存在だ。 天海は、音楽学校の入学試験時から、大きな注目を集めていた。試験に挑む天海の華やかな容姿を見て、宝塚歌劇団の演出家、植田紳爾氏は「お母さん、よくぞ生んでくださった」と感謝の言葉を発したという [全文を読む]

HIROはコンビニ! 大物芸能人の豪快差し入れ伝説

日刊大衆 / 2017年05月22日08時05分

調べれば調べるほどものすごい差し入れ伝説。スタッフの中には、差し入れのおかげで食費が浮いた人も多かったかも? [全文を読む]

日テレ「土曜夜9時」伝説の名作ドラマを振り返る

日刊大衆 / 2017年03月18日12時05分

まさに伝説のドラマといえるだろう。 さらに90年代、社会に大きな衝撃をもたらしたのが安達祐実(35)主演のドラマ『家なき子』だった。安達が演じたのは、不遇な人生を歩む主人公のすず。小学生ながら母親の手術費用を捻出するために悪事に手を染めたり、養父に復讐しようとしたりなど、その衝撃的な内容は視聴者の目をくぎづけに。また、鋭い眼光で「同情するなら、金をくれ!」 [全文を読む]

「芸能界の都市伝説」これが真相だ!<女優のギョーテン篇「大竹しのぶはヤケドする役で本当に顔面が腫れた」>

アサ芸プラス / 2017年02月27日05時57分

「ヤケドする演技をしていたら、本当にヤケドしたようになったの?」 この伝説を大竹は否定したものの、真相はさらに天才ならではの神話!「舞台で『顔がただれてる、ただれてる私の顔が。こんな顔じゃ‥‥』と言ったら、左半面がブワーッと赤く腫れ上がったんですよ」 肌のコントロールも自在のようだ。 これに負けないのが岩下志麻で、代表作の「鬼畜」78年、松竹)では、こんな [全文を読む]

天海祐希「スリを捕まえた」伝説は本当だった!?

日刊大衆 / 2017年02月05日11時00分

この日、番組の中で天海の都市伝説の一つとして紹介されたのが、「スリを捕まえたことがある」というもの。天海はこれに対し「本当です!」と即答し、その詳細について語り始めた。それは宝塚に在籍していた当時、平日に休みが取れたため京都まで出かけようと電車に乗ったときのこと。途中で乗ってきた中年男性が、空いているにもかかわらず、酒に酔って寝ている男性の横に座ったのだ [全文を読む]

嵐・SMAPをおさえた1位は? この人が出てたらチャンネル変えない!という有名人

しらべぇ / 2015年02月28日13時00分

●5位 タモリ:4票 『笑っていいとも!』の伝説の終了からもうすぐ1年ですが、いまだに根強い人気のようです。「タモリさんがテレビに出てると、見なくてはならない気分になる」(男性、30代)という声が見られました。 ●4位 明石家さんま、大泉洋:5票 同率4位です。北海道の大スターである大泉さんですが、さんまさんに並ぶとはさすがですね。「大泉洋は、毎日でも観 [全文を読む]

伝説の「低視聴率ドラマ」 面白すぎる断末魔」(4) 低視聴率請負人は誰だ!

アサ芸プラス / 2012年06月15日10時54分

現在放送中の、深夜ドラマ『都市伝説の女』(テレ朝系)では、ミニスカで脚をバンバン出して頑張っている。今後、フジあたりがコメディの主役でゴールデン枠に起用するかもしれませんね」 AKB48を卒業する前田敦子(20)は自身初のゴールデン枠の連続ドラマで主演を務めた「花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~2011」(11年・フジ系)がなんと、6.9%。堀北真 [全文を読む]

“先を越された”イケメン溝端淳平の主演映画がスマッシュヒット

アサジョ / 2017年05月26日07時14分

その伝説的作品が実写化されて蘇ったというわけだ。エンタメ誌ライターが語る。「公開初週5月13、14日、小規模公開作品の観客動員数ランキングではトップ3にランクインしています。宣伝らしい宣伝をしてない中で、この成績は立派。溝端ファンはもちろん、往年の原作ファンも詰め掛けたようですね。溝端のスーツアクションも好評だったようです」 溝端といえば2006年、「JU [全文を読む]

天海祐希、“キントリ”主題歌決定のAIを「取り調べてみたい(笑)」

Smartザテレビジョン / 2017年03月22日06時00分

今後、AIは、昨年末に総勢36組に及ぶ豪華コラボ・アーティストとの楽曲を収録したベスト盤『THE FEAT. BEST』のリリースを記念した「AI Presents “伝説NIGHT II”」の開催。久保田利伸、Zeebra、AK-69、THE BAWDIES、加藤ミリヤ、青山テルマら豪華アーティストの参戦が既に発表されており、今後も続々と明らかになる予定 [全文を読む]

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(3月9日付)

ガジェット通信 / 2017年03月10日13時30分

■【3月9日】『今週末みたい映画ランキング』 対象:3月6日(月)~3月12日(日)劇場公開作品 ディズニー史上最高ヒット作『アナと雪の女王』に匹敵する感動ファンタジー『モアナと伝説の海』がついに公開! 広瀬すず、中条あやみ、山崎紘菜ら若手女優多数出演の『チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』にも注目 1位 『モアナと伝説[全文を読む]

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

そう、今も語り継がれる伝説のドラマ『半沢直樹』である。脚本・八津弘幸サン、演出・福澤克雄サン、プロデュース・伊與田英徳サンの座組みは、よく『JIN-仁-』の石丸チームとライバル視される。驚くのは、その視聴率だ。初回の19.4%から一度も下がらずに、最終回は驚異の42.2%。この数字、平成以降の連ドラ視聴率の1位なんですね。なぜ、こんな高視聴率が取れたのか、 [全文を読む]

残念ながら……“もう終わった”イケメン俳優3人を、テレビ業界人が爆弾証言!

サイゾーウーマン / 2016年12月18日15時00分

いずれにしてもこのままいけば消える」(同) さて続いては06年、ジュノンボーイグランプリに輝き、歴代最多の40社の芸能事務所からスカウトされた伝説を持つあの俳優だ。「溝端淳平です。彼のピークは、実はもう4~5年前に終わってますよね……。かつては天海祐希主演の『BOSS』(フジテレビ系)で熱血の新人刑事を好演、また月9枠でも山下智久主演の『ブザービート~崖っ [全文を読む]

フジは天海祐希も潰してしまうのか? 4年ぶり連ドラ主演決定も不安要素いっぱい

日刊サイゾー / 2016年08月26日15時00分

しかも、よりによって、脚本家は全話平均3.9%で、“伝説の低視聴率ドラマ”となった『家族のうた』(12年4月期/オダギリジョー主演/フジテレビ系)の浜田氏だ。 これまで、コンスタントに主演ドラマで好視聴率を取ってきた天海にとって、『CHEF』が爆死すれば、各局からの厚い信頼も揺らいでしまう。同ドラマの成功を願いたいものだが、最悪の事態ともなれば、フジは天海 [全文を読む]

声優・池田秀一&古谷徹が天海祐希を口説く!「いい女になるのだな」

Movie Walker / 2016年04月04日20時25分

伝説的キャラクターの声が聞けたとあって会場からも「フー!」というため息が上がり、天海は「役得ですみません!一生、忘れられない日になりました」と感激しきり。高山も「私たちもちょっと得しちゃいました」とうれしそうな笑顔を見せていた。 劇中では、公安警察官・安室(古谷)と、FBI捜査官・赤井(池田)として共演する二人。古谷は「池田秀一さんとやらせていただいたのは [全文を読む]

あの頃の青春を振り返る!?夏休みに観返したい“懐かしの学園ドラマ”10選!

日本タレント名鑑 / 2015年08月04日12時20分

スポ根&学園ドラマ『スクール☆ウォーズ』伝説の学園ドラマと言えば、1984年大映テレビ製作の『スクール☆ウォーズ』。主演の山下真司さんはもちろんのこと、生徒役の松村雄基さんも大人気となりました。松村さんは『不良少女とよばれて』『アリエスの乙女たち』など、学生たちがメインを張るドラマに多数起用されています。 近年では2008年に『ROOKIES』が放送され [全文を読む]

“ヨルタモリ”で人気再燃中!宮沢りえの魅力とは?「試練を乗り越えつかんだ女優力」

アサ芸プラス / 2015年06月21日09時57分

人気絶頂の19歳の時には、あの伝説の写真集「Santa Fe」を出版し、大きな話題を呼んだ。しかし、この直後、婚約破棄から、激やせをする。醜聞にまつわる報道が相次ぎ、96年、宮沢は米国サンディエゴに移住するなど、メディアから姿を消した。 転機が訪れたのは30歳の時だった。03年に野田秀樹氏(59)演出の舞台「透明人間の蒸気」への出演をきっかけに、再び芸能活 [全文を読む]

「花咲舞が黙ってない」がCS初登場! 2015年1月の日テレプラスはドラマが充実! 新作・人気作・名作など連続ドラマ9作放送

PR TIMES / 2014年12月25日13時37分

スペシャルドラマもあわせて放送する作品もありますので、この機会にぜひご覧ください! ▼ラインアップ 「花咲舞が黙ってない」 【出演】杏、上川隆也ほか 「ST赤と白の捜査ファイル(スペシャルドラマも放送)」 【出演】藤原竜也、岡田将生ほか 「悪夢ちゃん」 【出演】北川景子、GACKT、優香、木村真那月ほか 「家政婦のミタ(特別版も放送)」【出演】松嶋菜々子、 [全文を読む]

フォーカス