菅野美穂 深田恭子に関するニュース

綾瀬はるか、竹内結子から、波瑠、高畑充希まで…「実は歌手デビューしていた」人気女優

日本タレント名鑑 / 2016年06月22日11時55分

屈指の実力派女優、菅野美穂、中谷美紀、松雪泰子も歌手デビュー経験者 現在、屈指の実力派女優として地位を確立している菅野美穂さん。1990年代のデビュー当時は比較的アイドル女優的な見方をされていました。そんななか、1996年『恋をしよう』で歌手デビュー。彼女の元気なキャラクターが全面に出た王道のアイドルソングでした。その後、ドラマ『愛をください』の挿入歌『 [全文を読む]

深田恭子の「母親役決定」に悲鳴!期待は「奥様の魅力」と「ギャル服姿」?

アサ芸プラス / 2016年11月30日17時59分

今年1月期の綾瀬はるか主演「わたしを離さないで」、4月期の中谷美紀主演「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」、7月期の向井理主演「神の舌を持つ男」、現在放送中の菅野美穂主演「砂の塔~知りすぎた隣人」と、平均で2ケタを取れた作品がないのだ。「83年に不貞ドラマの金字塔とも言える『金曜日の妻たちへ』と青春群像劇の大傑作と呼ばれる『ふぞろいの林檎たち』を [全文を読む]

NHK朝ドラ『あさが来た』主演の玉木宏が好む「変態トーク」の中身

デイリーニュースオンライン / 2015年11月20日12時00分

島谷ひとみ(35)、吉高由里子(27)、加藤ローサ(30)、資産家令嬢の一般女性との熱愛が報じられたほか、深田恭子(33)、黒木メイサ(27)、北川景子(29)、上野樹里(29)、菅野美穂(39)などとも噂になるなど“共演者キラー”として知られることに。 「しかし3年前、肝いりで始まった『アイアンシェフ』(フジテレビ系)はあまりの低視聴率により打ち切られ [全文を読む]

菅野美穂第一子出産も、映画界では人材難が悪化中!「夜間・地方ロケNG女優ばかりで……」

日刊サイゾー / 2015年08月22日13時00分

先日、第一子となる男児を出産した女優の菅野美穂。今後の仕事は体調を見ながらとのことだが、いまテレビや映画業界では女優のキャスティングに頭を悩ませているという。 「実は、30歳半ばから40歳にかけての主演クラスの女優さんのキャスティングに、どの局も難航しているようなんです。それもそのはず、先日の菅野さんをはじめ、松たか子さん、小雪さん、井川遥さん、竹内結子さ [全文を読む]

「深田恭子、ローラに続き……?」くりぃむしちゅー有田が韓国美人ゴルファーにロックオンか

日刊サイゾー / 2013年01月09日11時00分

彼は女優の菅野美穂さんの大ファンで、彼のたっての希望で『しゃべくり007』にゲスト出演させていましたからね。オンエアされてない部分でも、相当積極的に行ってましたよ。結果は伴いませんでしたが、過去には深田恭子やローラを落とした有田さんですからね。イ・ボミさんも今は独身ですし、何があるかわかりませんよ」(バラエティスタッフ) 久々の“大物喰い”を見たいものだ。 [全文を読む]

ランキングに変動も! 好感度調査、ガッキーが初のトップ3入り! 男性の1位は?

Suits-woman.jp / 2017年04月10日08時00分

女性タレント 人気度 ベスト20 1位:綾瀬はるか 2位:新垣結衣 3位:天海祐希 4位:浅田真央 5位:北川景子 6位:ローラ 7位:深田恭子 8位:杏 9位:石原さとみ 10位:篠原涼子 11位:いきものがかり 11位:吉永小百合 13位:渡辺直美 14位:DREAMS COME TRUE 15位:樹木希林 16位:小泉今日子 17位:菅野美穂 18 [全文を読む]

もはや歯止めが利かない……福山雅治のタレントイメージが崩壊危機! 新垣結衣の好感度が急上昇

日刊サイゾー / 2017年03月30日23時30分

★男性タレント人気度上位20 1位=阿部寛、2位=マツコ・デラックス、3位=錦織圭(テニス)、4位=明石家さんま、5位=タモリ、6位=イチロー(マイアミ・マーリンズ)、6位=博多華丸・大吉、8位=所ジョ-ジ、9位=内村光良(ウッチャンナンチャン)、10位=相葉雅紀(嵐)、11位=大泉洋、12位=渡辺謙、13位=桑田佳祐、14位=松岡修造、15位=ビ-トた [全文を読む]

清水富美加「幸福の科学」出家報道で“守護霊インタビュー“=信者の誤解が...実際は星野源から宮崎駿まで勝手に出版

リテラ / 2017年02月12日18時00分

』の新海誠監督、半沢直樹で大ブレイクした直後には堺雅人の守護霊、高倉健や水木しげるが亡くなった直後に高倉健や水木しげるの霊、ほかにもローラ、キムタク、岡田准一、北川景子、菅野美穂、武井咲......など「守護霊にインタビュー」と称して、そのときどきの話題の人物の名前を冠した本を勝手に出しまくっている。ちなみに『アッコにおまかせ!』で驚きの声をあげていた和田 [全文を読む]

地味な「昭和顔」女優、なぜ大活躍?有村架純、高畑充希、黒木華が台頭した歴史的理由

Business Journal / 2016年09月08日06時00分

その後も、瀬戸朝香、和久井映見、常盤貴子、菅野美穂、松嶋菜々子らの美人顔路線が10年以上続いた。 2000年代に入ると、天海祐希、米倉涼子、篠原涼子らの“カッコよさが武器のハンサム顔”が、女性からの圧倒的な支持を獲得。その一方で、深田恭子、上戸彩、井上真央、綾瀬はるか、石原さとみ、長澤まさみ、堀北真希、新垣結衣らの若手女優が次々に主演を飾り始める。 いずれ [全文を読む]

佐藤仁美、小芝風花とのツーショットで「昔は仁美ちゃんも…」とファン遠い目も、おっさんキャラで新規ファンざっくざく?

おたぽる / 2016年04月24日12時00分

翌年に放送されたドラマ『イグアナの娘』(テレビ朝日系)で主人公を演じた菅野美穂の親友役を演じ、その美少女ぶりが話題となり、同年に発売した写真集『Bless You…!』(近代映画社)では、初々しい水着姿を披露し、プロポーションの良さでも注目を集め、男性ファンを獲得。97年に公開された初主演映画『バウンス ko GALS』では、映画賞の新人賞を総なめにし、9 [全文を読む]

三吉彩花や篠原涼子だけじゃない、あのタレントの意外なアイドル時代

アサ芸プラス / 2015年11月27日09時59分

グループの活動が休止した2002年にタレントへと転身し、現在の事務所に移籍した2009年ごろから女優として頭角を現すようになりました」 ほかにも永作博美はribbonに在籍、中谷美紀と菅野美穂は桜っ子クラブさくら組で活動していた。片岡愛之助との別れ話で注目された熊切あさ美も、芸能界デビューはチェキッ娘の一員としてである。ほかには活動実績は少なかったものの、 [全文を読む]

4度目のドラマ化『南くんの恋人』注目ポイントは? 作品の背景とキャストの魅力

リアルサウンド / 2015年11月16日07時05分

20年ほど前に一斉を風靡した月曜ドラマ・イン枠は、菅野美穂主演の『イグアナの娘』や、二宮和也と渋谷すばる共演の『あぶない放課後』などの伝説的傑作を多く生み出しただけに、今後この枠から新たにリメイクされるドラマが出てくることも大いに期待できる。 今回の『南くんの恋人』で注目すべきは、やはり主演カップルのふたりであろう。ヒロインちよみを演じるのは山本舞香。初代 [全文を読む]

「元AKB」がハンデに!?大島優子は“第2の永作博美”になれるか?

アサ芸プラス / 2015年06月10日09時58分

「活躍中の女優としては『桜っ子クラブ』の菅野美穂や中谷美紀、『東京パフォーマンスドール』の篠原涼子と仲間由紀恵、『Folder5』の満島ひかりがいますが、いずれもアイドルグループ時代がパッとしていない。上戸彩は『Z‐1』、深田恭子は『HIP』、瀧本美織も『Sweets』というヴォーカルダンスユニットにいましたが、グループ時代を知る人はほとんどいないでしょう [全文を読む]

「フジは韓流に頼り過ぎ。手抜きで数字取れぬ」と日テレ社員

NEWSポストセブン / 2012年11月17日16時00分

他にも米倉涼子、天海祐希、菅野美穂、深田恭子、沢口靖子と大物を起用したドラマが目白押しだが、どのドラマも強い女がテーマになっている。相変わらず医療現場やミステリーものが多く、いかに過去の話題作をパクっているか。 フジB:医療現場が多いのはコスト削減と無関係ではないでしょう? 病院内が主な舞台となっているから、ロケが少なくセットでスケジュール通り撮影を終わら [全文を読む]

新ドラマも一桁…武井咲が新「低視聴率女王」襲名で精神的にも限界?

メンズサイゾー / 2012年10月17日18時00分

他にも北川景子(26)主演の『悪夢ちゃん』(日本テレビ系)が13.6%、菅野美穂(35)と天海祐希(45)主演の『結婚しない』(フジテレビ系)が13.0%と、出足は軒並み好調となっている。 だが、3クール連続でドラマ主演を務める武井咲(18)主演の『東京全力少女』(日本テレビ系)は9.0%と低い数字でのスタートとなった。最近のドラマは初回こそ良くても二回目 [全文を読む]

「お騒がせ男女」に激辛直言 オマンら、許さんぜよ!(3)沢尻エリカ←前田有一(映画評論家)

アサ芸プラス / 2012年03月08日10時54分

あの時は女性向けの作品ということで、バストトップは難しい状況でしたが、その中で菅野美穂が騎乗位で腰を振るなど、見せ場はあった。きれいな映像で魅せるだけに、女優陣は脱ぎやすいでしょう」 とはいえ、映画の濡れ場は“裏切り”の歴史でもある。期待して観た作品の濡れ場が、蓋を開ければ、観客を無視した露出度でがっかりさせられた経験も少なくないだろう。 「それなら沢尻も [全文を読む]

フォーカス