aiko 松任谷由実に関するニュース

【エンタがビタミン♪】ユーミン新年会のメンバーが豪華すぎる ゆず北川悠仁・高島彩夫妻、千秋夫妻、aikoら集う

TechinsightJapan / 2017年01月07日16時53分

ユーミンこと松任谷由実と夫の松任谷正隆、フォークデュオ・ゆずの北川悠仁と妻の高島彩、タレントの千秋と昨年3月に再婚した一般男性の夫、そしてシンガーソングライターのaikoが集まった。ユーミンが「新年会」とツイートしたところ「豪華すぎて今年も良い一年になりそうです」「ゆず北川夫妻なんてすごく意外! 知り合いだったんですか~?」などの反響があった。 1月6日、 [全文を読む]

『別冊カドカワ 総力特集 aiko 』 5月28日発売!

PR TIMES / 2014年05月28日11時29分

デビュー15周年の総決算! 株式会社KADOKAWA 角川マガジンズ ブランドカンパニー(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:松原眞樹 、ブランドカンパニー長:馬庭 教二 )は、2014年5月28日に、『別冊カドカワ 総力特集 aiko 』を発売いたします。是非貴媒体にてご掲載のご検討のほどよろしくお願いいたします。 2014年5月28日発売の『別冊カド [全文を読む]

ユーミンのメロディはなぜ美しく響くのか 現役ミュージシャンが“和音進行”を分析

リアルサウンド / 2014年03月21日18時12分

(リアルサウンド編集部)参考:aikoのメロディはなぜ心に残る? ミュージシャンが楽曲の“仕組み”をズバリ分析 作曲家には多かれ少なかれ、その人の型や癖があります。例えば以前このコラムで扱ったaikoさんや桑田佳祐さんの楽曲は誰が歌っても彼らの曲とわかるような特徴があります。そういう意味では、ユーミンの楽曲にはアクの強さはありません。しかしユーミンの繊細で [全文を読む]

【著者に訊け】4人の歌姫に迫る『1998年の宇多田ヒカル』

NEWSポストセブン / 2016年03月02日16時00分

実は宇多田と浜崎、椎名林檎もaikoも、デビューは1998年。著者・宇野維正氏はこの、〈日本の音楽業界史上最高のCD売り上げを記録した〉〈特別な年〉を補助線に、彼女たちが18年後の今なお君臨する日本の音楽シーンに論考を試みる。1996年にロッキング・オンに入社以来、音楽や映画批評の世界で活躍する宇野氏が、なぜ今、Jポップなのか?「『はっぴいえんど史観』と [全文を読む]

嵐の櫻井翔もランクイン! 「先生・上司にしたい音楽アーティスト」ベスト20を発表!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年08月19日11時50分

1位:福山雅治 2位:武田鉄矢 3位:桑田佳祐(サザンオールスターズ) 4位:小田和正 5位:坂本龍一 6位:稲葉浩志(B’z) 7位:長渕剛 8位:さだまさし 9位:矢沢永吉 10位:櫻井翔(嵐) 11位:加山雄三 12位:井上陽水 12位:中島みゆき 14位:谷村新司 15位:桜井和寿(Mr.Children) 16位:氷室京介 17位:aiko 1 [全文を読む]

サイドランチ新刊『絵師×歌詞 花編』2015年11月20日発売!!

DreamNews / 2015年11月11日12時00分

』(EGO-WRAPPIN') / 『ガーベラ』(スピッツ) / 『アネモネが鳴いた』(大橋トリオ) / 『情熱の薔薇』(THE BLUE HEARTS) / 『千本桜』(黒うさP) / 『桜の時』(aiko) / 『切り花』(キリンジ) / 『ライラック』(BLANKEY JET CITY) / 『さくら(独唱)』(森山直太朗) / 『プルメリア~花唄~ [全文を読む]

「この人から教わりたい!」と思う、先生・上司にしたい音楽アーティストTOP20

Woman Insight / 2014年08月18日16時03分

休み明けの勉強や仕事が待っているかと思うと気が重いですが、こんな先生・上司だったら頑張れそう? 旬のアーティスト情報を取り扱う音楽情報誌『CD&DLでーた』で、10~60代の男女を対象とした、「先生・上司にしたい音楽アーティスト」ランキングが発表されました! 「先生・上司にしたい音楽アーティスト」 総合ランキングTOP20 [有効回答者数/n=1858人] [全文を読む]

【先生・上司にしたい音楽アーティスト】発表。「この人から学びたい!」と思う音楽アーティストは?

PR TIMES / 2014年08月18日11時04分

(調査期間:2014年7月14日~7月15日)●「先生・上司にしたい音楽アーティスト」 総合ランキングTOP20設問:あなたの「先生・上司にしたい音楽アーティスト」と、その理由を教えてください有効回答者数 n=1858人順位:アーティスト名1位:福山雅治2位:武田鉄矢3位:桑田佳祐(サザンオールスターズ)4位:小田和正5位:坂本龍一6位:稲葉浩志(B'z) [全文を読む]

日本人が思い浮かべる「さくら(桜)ソング」ランキング発表!~音楽情報誌『CD&DLでーた』~

PR TIMES / 2014年04月01日17時25分

)有効回答者数 n=5306人順位:曲名/アーティスト名1位:さくら/森山直太朗2位:桜坂/福山雅治3位:さくらさくら/(童謡・唱歌)4位:さくら/ケツメイシ5位:桜/コブクロ6位:SAKURA/いきものがかり7位:サクラ咲ケ/嵐8位:花/滝廉太郎9位:夜桜お七/坂本冬美10位:SAKURAドロップス/宇多田ヒカル11位:桜/河口恭吾11位:千本桜/黒うさ [全文を読む]

アンジェラ・アキが歌手活動を無期限休止、米国留学する本当のワケ

アサ芸プラス / 2014年03月18日09時59分

YUIにしろaiko、大塚愛にしろ、パニック障害になったり、盗作を疑わせるような激似作品を発表している。自分の経験した世界だけで書こうとすれば、どうしても才能は枯渇してしまう。今、すべてを捨てても、刺激を受けて経験を積めば、未来は明るいと決断したのです」(芸能ライター) アキの一回り大きくなった姿を目にするのは、少々時間がかかりそうだ。 [全文を読む]

リスナーが夏に聴きたい女性ボーカル曲アンケート 途中集計結果、No.1は、大黒摩季「夏が来る」!

PR TIMES / 2013年07月23日10時43分

1位 大黒摩季(「夏が来る」「ら・ら・ら」など) 2位 プリンセス プリンセス(「世界でいちばん暑い夏」など) 3位 YUI(「CHE.R.R.Y」「SUMMER SONG」など) 4位 aiko(「花火」「カブトムシ」など 5位 中村あゆみ(「翼の折れたエンジェル」など) 6位 松任谷由実(「Hello, my friend」「真夏の夜の夢」など) 7 [全文を読む]

「40周年も話題にならず......」"ユーミン"松任谷由美の人気はなぜ凋落したのか

日刊サイゾー / 2012年09月18日08時00分

』(EMIミュージックジャパン)【関連記事】・「引退をにおわせる作戦も!」矢沢ビジネス健在──なぜ今"永ちゃん節"がメディア席巻なのか・「50万枚突破も!」"女帝"aikoが長年ベストアルバムを出さなかった理由とは・「結婚が逆効果だった!?」ドリカム吉田美和の"好感度ランキング"が急降下中! [全文を読む]

フォーカス