スタイル 岡本夏生に関するニュース

【エンタがビタミン♪】岡本夏生、生放送の「尻出し」アクシデントもやっぱり美しい。

TechinsightJapan / 2015年07月18日18時55分

番組終盤に「岡本さんのおみ足お美しいです」との視聴者からのメールが読み上げられ「ババアにしては綺麗なのよ」と自虐的に語った岡本だが、この日の放送と『岡本夏生オフィシャルブログ「人生ガチンコすぎるわよ!」』で見せた豹柄衣装でのくびれたウエスト、スラリとのびる美脚は現役グラビアアイドルにも負けないスタイルだ。 SNSでも「夕方なのに岡本夏生が2回もお尻出しち [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】岡本夏生と平野ノラがすっぴん披露。ロケフェスの楽屋で貫禄のツーショット。

TechinsightJapan / 2015年08月18日20時55分

平野が『平野ノラ(hiranonora)ツイッター』で、フェスが始まった頃に「岡本夏生嬢とぴっすんスタイル」(原文ママ)とメイク前の姿を公開している。 平野ノラもなかなかだが、やはり岡本夏生のすっぴんぶりはさすがである。彼女は昨年の7月29日に、レギュラー出演する生放送番組『5時に夢中!』(TOKYO MX)で、芸能人の“すっぴんブーム”について「すっぴ [全文を読む]

プロレスラーLiLiCoが岡本夏生の参戦を熱望!起爆剤に?

しらべぇ / 2016年04月22日21時00分

エンターテイメント色を強く打ち出すスタイルが好評なうえ、赤井沙希やLiLiCo、ゴージャス松野ら芸能人をリングにあげ、体育会系のノリにこだわらない斬新な発想でファンを獲得している。この中に岡本夏生が加われば、大きな話題となる可能性が高く、業界の起爆剤になるかもしれない。■プロレスファンの意見を聞くとプロレスファンに意見を聞くと...「岡本の性格はプロレスに [全文を読む]

「平成のサトエリ」佐藤衣里子が全編ノーパンの衝撃グラビア披露! 元祖サトエリに匹敵する逸材との評判

メンズサイゾー / 2015年03月02日17時30分

本家・サトエリも完璧なスタイルの持ち主だったが、それと比べても遜色がない逸材といえる。 「まだデビューして数年とキャリアは浅いが、以前からレースクイーンマニアの間では抜群のスタイルと色気のある顔立ちが人気で、久々のスター候補と騒がれていました。一昨年に発売したファーストDVD『誘惑』(竹書房)もスラリとした美脚と張りのある綺麗なお尻を強調した徹底的な下半身 [全文を読む]

ガチコスプレ、終活… 岡本夏生は究極のリアリスト!?

messy / 2014年02月22日17時00分

この頃は、持ち前の抜群のスタイルを強調したセクシーな衣装に身を包み、背中に大きな蝶の羽をつける等のやや奇抜な出で立ちがトレードマークとなっていた彼女だが、それがどんどん加速していき、昨年には『5時に夢中!』の生放送中に断髪式を決行して丸刈りに。このことについて岡本は「死ぬまでにしたかったこと」「これも立派な終活」「女としての人生は47で閉店ガラガラしました [全文を読む]

アラサーになった「t.A.T.u」が岡本夏生化!? ソチ五輪に向けて再結成も

ハピズム / 2013年10月05日09時00分

当時、どれだけ多くの人が同性愛者(実際はそうではない)という謳い文句や、日本の女子高生スタイルを真似たファッション、どことなく幼げで艶容な容姿、そして実力ある歌声に魅了されたことだろう。 1999年にモスクワ出身のリューナとユーリャによって結成され、瞬く間に世界中が注目するアーティストになった「t.A.T.u」。そこまでは、プロデューサーの目論みどおりで [全文を読む]

「ナーベル・ビューティーコンテスト」グランプリついに決定!御秒奈々さんの“別格”ナーベルに岡本夏生さんらも仰天!

PR TIMES / 2012年07月30日18時43分

46歳にして、未だ衰え知らずのスタイルはまさにナーベル・ビューティーでした!<コンテストの感想>「私が変に目立ちすぎてファイナリストに申し訳ないですが、これが私の商売なんで仕方ないですね。8人のおなかは私の全盛期によく似ていて、懐かしく拝見しておりました。あとおなかに対する愛情が生まれましたね。」<自身の美について>「食べ物と運動が大事なので、こう見えて私 [全文を読む]

景気上昇と流行が連動 2年後にハイレグ人気が再燃か

NEWSポストセブン / 2017年06月01日11時00分

自分を少しでも美しく見せたいという女性の欲求を、脚が長く、スタイルが良く見えるハイレグが満たしたのだと思います」 “景気が良いとミニスカートが流行る”という説がある。好景気では女性の脚の露出が増え、不景気だと減るというものだ。ハイレグの流行もこれと一致している。 「バブル景気が崩壊し、1994年頃にハイレグ人気も終焉を迎えています。この頃、ワンピース型の水 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】『ケータイ大喜利』最終回を惜しむ声 「まだ1回も読まれてない」落胆するファンも

TechinsightJapan / 2017年03月12日14時35分

放送中に番組から出題される大喜利のお題に対し、回答を視聴者が携帯電話で送信するスタイルは「ラジオっぽさがあって好きだった」という声が目立つ『着信御礼!ケータイ大喜利』。常連ではないがお題によっては回答を送ったことがあるという視聴者も多く、最終回の告知がされると「結局、まだ1回も読まれてない」「たまにだけど、自分なりの力作で挑戦していた」「たぶん(自分の投 [全文を読む]

Gカップ武器に自ら企画営業!フリーランスタレントという生き方を選んだグラドル

しらべぇ / 2015年03月12日07時00分

フリーには向き不向きがあると思っていて、独立心の強い方にはオススメのスタイルです。自分がやりたいことを楽しく実践できますし、事務所に入っていた頃やアイドル時代は他の子と自分を比べてばかりいたけれど、それもなくなりました。ライバルは自分自身。いまは、いろんな地方の企業さんと関わって仕事していきたいです!」 思い立ったら即行動、という手束さんの仕事術。お話を聞 [全文を読む]

「イケる」「痛々しい」…美保純の“本気”コスプレにネット上で賛否両論!

メンズサイゾー / 2014年08月01日16時00分

早起きが苦手なため、寝ないでスタンバイしていることもあるという美保は、派手な作業着に顔にタオルを巻き、手袋をつけるという完全防備のスタイルで作業を開始。ほうきを手に殺陣のような動きでテンションの高い様子を見せ、大きな雑草を引き抜いて「うれしい!」と喜んでいた。目標は「超オシャレなパリっぽい庭です」と、いずれはカフェにしてコーヒーを飲みたいという願望を語って [全文を読む]

岡本夏生が安藤美姫に“ただひとつ聞きたいこと”とは?

WEB女性自身 / 2013年07月02日00時00分

きゃりーぱみゅぱみゅをイメージしたという奇抜なスタイルで登場すると、「彩さんは20年前と何も変わっていない。これがアヤスギモトのすごさ。私は10キロ太ったからね」と話すと、「バブル時期からあらゆることを経験して、芸能界のドス黒い部分も見すぎて目が腐っちまったよ!」とまくし立てた。イベント当日は会場にいる男性とチークダンスを踊ることも明かした杉本。「素敵な男 [全文を読む]

フォーカス