死去 尾崎豊に関するニュース

同学年親友の吉川晃司と岡村靖幸が夜遊び!綾小路翔が報告「尾崎豊さんの場所に俺」

AOLニュース / 2014年10月27日12時33分

3人の酒席での逸話は枚挙にいとまがなく、岡村と尾崎が1987年のコンサートで2度にわたって共演したり、尾崎の死去に際して吉川が友人代表としてお悔みの言葉を述べたりと、まさに親友として付き合っていたといえるだろう。 綾小路はそんな経緯も踏まえ、インスタグラムで投稿した3ショットには、「吉川晃司さん、岡村靖幸さんと俺。本来ならば尾崎豊さんの場所に俺。泣きます [全文を読む]

アーティスト・尾崎裕哉×俳優・村上虹郎~鮮烈な存在感を放つ二人がレコチョクCMで初コラボ!Webで公開

PR TIMES / 2016年10月21日12時44分

2歳の時、父・尾崎豊が死去。母親と共にアメリカに渡り、15歳までの10年間をボストンで過ごす。2005年に帰国、アメリカンスクールを経て、慶應義塾大学院卒業。InterFMで、2010年より「CONCERNED GENERATION」、2013年より「Between the Lines」のパーソリナティを担当。音楽を軸にした社会貢献を目指して、楽曲制作とラ [全文を読む]

再逮捕が囁かれる清原に「尾崎豊の背中を追え」のアドバイス

デイリーニュースオンライン / 2016年02月15日19時00分

「1992年に死去した歌手・尾崎豊は1987年12月に覚せい剤取締法違反容疑で逮捕されると、翌1988年2月に釈放されるまで自らの意志で拘置所生活を送りました。自ら反省して根性を鍛える期間を望んだのです。釈放後には、拘置所で書いた日記を元に『太陽の破片』という曲を発表。圧倒的なカリスマが薬物に依存するほど、重圧と苦悩を歌った曲……どこか清原容疑者に通じる [全文を読む]

本日ミュージックステーション出演!尾崎裕哉、待望の1stEP『LET FREEDOM RING』を 「dヒッツ」でCDに先駆け独占先行配信開始!

PR TIMES / 2017年03月17日10時00分

2歳の時、父・尾崎豊が死去。母と共にアメリカに渡り、15歳までの10年間を米国ボストンで過ごし、米国では60s~90sのロック&ブルーズから幅広く影響を受け、同時に、父親が遺した音源を幼少期から繰り返し聴き続けて歌唱力を磨き、ギターとソングライティングを習得。帰国後、バンド活動を開始。ライヴハウスなど現場で、ライヴパフォーマンスの経験を重ねながら、ボストン [全文を読む]

流行再来「昭和歌謡」の火付け役は江木俊夫

アサ芸プラス / 2012年10月23日10時54分

リーダーの平田が昨年死去し、現在は菊谷英紀氏(ギター、ボーカル)が代表となり、「ハウスバンド」として昭和歌謡を「布教」しているのだ。 「ゲストに加橋かつみ(元ザ・タイガース)や(和製ポップスの元祖である)エミー・ジャクソンを招いたりしています」(菊谷氏) 平日の昼はカラオケの店として、熟年客が昭和歌謡を歌いまくる。夜は酒を飲みつつ、ステージではリクエスト曲 [全文を読む]

フォーカス