シングル 尾崎豊に関するニュース

<尾崎豊>デビュー30周年記念日に、活動の軌跡と作品の普遍性を検証する、三つの番組がWOWOWで放送決定!

PR TIMES / 2013年10月25日11時53分

1983年12月1日 シングル「15の夜」、アルバム『十七歳の地図』でレコードデビューして30年。三つの番組で、尾崎豊の活動の軌跡と作品の普遍性を検証する。尾崎豊がシングル「15の夜」、アルバム『十七歳の地図』でレコードデビューして今年でちょうど30年。彼が26歳の若さで突然亡くなってから、すでに20年以上経つ。今なお新しい世代のファンが増え続けているのは [全文を読む]

尾崎豊デビュー30周年記念日にあたる12月1日に、WOWOWで大特集!

PR TIMES / 2013年11月22日16時03分

1983年12月1日、シングル「15の夜」、アルバム『十七歳の地図』でレコードデビューを果した尾崎豊。WOWOWでは、デビュー30周年記念日に当たる今年12月1日に三つの番組を編成。計3時間以上に渡って尾崎豊を特集する。かつて「OZAKI世代」と呼ばれた大人たち、そしてその子供たちへ。世代を超えて尾崎豊の「活動の軌跡」と「作品の普遍性」を伝えていく。■夜6 [全文を読む]

斎藤工、大沢たかお、そして坂上忍も…歌手デビュー経験のある意外な(!?)男性俳優

日本タレント名鑑 / 2016年06月28日09時55分

2012年発売のシングル『サクライロ』には、自身が主演のショートムービーなども収録されていました。3rdシングル『ONE MORE TRY!!』(2102年)はドラマ『七人の敵がいる!』のエンディングテーマにも起用。多才さで知られる斎藤さんは自ら作詞をしたり、ジャケットデザインを手掛けたこともありました。 ディーン・フジオカは音楽活動も積極的に 今旬の俳優 [全文を読む]

実力派バラーダーPOSITION、初の東京ライブ「ホンデ街で・・」を開催!

スポーツソウルメディアジャパン / 2013年11月11日23時33分

今年の3月、6年ぶりのミニアルバム「春への願い事」を発表し、9月13日にはデジタルシングル『ホンデ街で・・』(홍대거리에서)がリリースされ、今年の秋をバラード色に染めながら、精力的な活動を予告している。東京での初ライブ公演となった「ホンデ街で・・」の4回目公演が開かれる10日午後、開演に先立ってK-Stage O!のステージで短なインタビューが行われた。Q [全文を読む]

忽然と消えたJ‐POPの歌姫50人を追跡リサーチ(8)愛内里菜は垣内りか名義で歌手復帰

アサ芸プラス / 2017年05月03日17時58分

残念ながらCDとしてのシングルは5年ほど出ていないが、10周年記念の配信シングルは2月に発売。・愛内里菜 代表曲「FULL JUMP」(03年) トップテン入りシングルを16作も持つ売れっ子だったが、甲状腺の病気を理由に10年に引退。以降は通販ブランドのオーナーで活躍し、15年には垣内りか名義で歌手に復帰。・アンジェラ・アキ 代表曲「手紙~拝啓 十五の君へ [全文を読む]

尾崎裕哉、父の声を受け継ぐ1stシングル「始まりの街」をサプライズ・リリース

okmusic UP's / 2016年09月05日15時30分

これは尾崎豊を知らない世代までをも魅了する、尾崎裕哉が世の中へ与える衝撃のデジタル1stシングルである。■配信シングル「始まりの街」2016年9月5日(月)より iTunes Store, Apple Music,レコチョクにて先行配信 ※その他の主要配信サイトは9月9日(金)より配信スタート ■iTunes Store https://itunes.ap [全文を読む]

D-LITE、初ソロシングル『I LOVE YOU』を熱唱!

スポーツソウルメディアジャパン / 2013年08月05日10時16分

[スポーツソウルメディアジャパン|編集局] 7月31日に発売、時代を越えても色褪せることのない尾崎豊の名曲『I LOVE YOU』を、世界的バイオリニスト葉加瀬太郎との豪華コラボレーションでカバーした初ソロシングルがオリコンシングルデイリーランキング4位と好調なセールスをみせている、BIGBANGのボーカリスト“D-LITE (ディライト)”。そのD-LI [全文を読む]

D-LITE(from BIGBANG)、初のジャパンソロシングルは葉加瀬太郎との豪華コラボ!

okmusic UP's / 2013年06月14日18時30分

D-LITE初のジャパンソロシングルであり、この人気実力を兼ね備えた豪華女優陣を主演に迎えたドラマの主題歌は、時代を越えても色褪せない尾崎豊の名曲「I LOVE YOU」のカバー。アルバム『D'scover』でもタッグを組んだ亀田誠治をプロデュースに迎え、世界的に活躍するヴァイオリニスト葉加瀬太郎との豪華コラボレーションによる珠玉のバラードとなっている。 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】岡村靖幸と対談したロンブー・淳が興奮。「オーラが半端なかった」

TechinsightJapan / 2014年08月31日20時35分

1986年12月に『OUT OF BLUE』でシングルデビューすると、渡辺美里や尾崎豊と肩を並べる人気アーティストとなる。 その後も、シンガーソングライターや音楽プロデューサーとして様々なアーティストの作品にも関わり活躍を続けていたが、覚せい剤取締法違反での逮捕が続く。2008年に3度目の逮捕で懲役2年の実刑判決を受けた。 2011年から活動を再開してシン [全文を読む]

D-LITEが七夕の夜にソロシングル曲「I LOVE YOU」を初披露

okmusic UP's / 2013年07月08日17時45分

7月31日発売のソロシングル「I LOVE YOU」を初披露し、圧倒的な歌唱力で会場に詰めかけた観客を魅了した。【その他の画像】D-LITE超豪華ラインナップの中で唯一の海外アーティストとして出演したD-LITEは、この日のために結成された“ZERO BAND"とともに、「BABY DON'T CRY」「I LOVE YOU」「WINGS」「じょいふる」の [全文を読む]

ABC-MART『CONVERSE ALL STAR 100』新TV-CMのお知らせ

DreamNews / 2017年04月04日11時00分

同年8月にリリースされた2ndシングル「いつかの自分」「明日、春が来たら」「若者のすべて」はフジテレビ〝ノイタミナ" アニメ「バッテリー」のオープニング&エンディングテーマにW大抜擢。さらに、収録曲「Swallowtail Butterfly ~あいのうた~」はSo-net サービス 開始20周年のタイアップが決まる。昨年12月に発売された最新曲「Scra [全文を読む]

卒業は学生だけの特権じゃない! 様々な「卒業」を歌った名曲5選

okmusic UP's / 2017年03月13日18時00分

卒業していったい何分るというのか!? 【その他の画像】ガガガSP■「卒業」(’85)/斉藤由貴1985年リリース、斉藤由貴のデビューシングルであり、卒業ソングの金字塔。発表から30年以上経つ現在でも“卒業ソングと言えば?”とアンケートを取れば、尾崎豊と並んで必ず上位にランクイン(ちなみに尾崎豊の「卒業」も同時期のリリース)。毎年、卒業シーズンになると必ず耳 [全文を読む]

Cocco、20周年記念ベストアルバム収録曲はレアトラックス満載の44曲

okmusic UP's / 2017年01月02日13時00分

【その他の画像】Coccoその選曲はスペシャルサイトで募ったファンのリクエストを中心に決定! シングルタイトル曲とアルバム収録の曲はDisc.1、2を中心に収録し、Disc.3にはくるりのメンバーらと結成したSINGER SONGERの「初花凛々」や、尾崎豊の「ダンスホール」、松田聖子の「渚のバルコニー」、BEGINの「オジー自慢のオリオンビール」といっ [全文を読む]

『Viva La Revolution』で民衆を導いたミクスチャーの雄、Dragon Ashの音楽革命

okmusic UP's / 2016年11月09日18時00分

Dragon Ashがニューシングル「光りの街」を11月9日に発表した。何と約3年振りとなるシングルリリース。10thアルバム『THE FACES』から数えても、約2年10カ月振りであり、まさにファン待望の音源と言える。シングル発売を記念して、今週末の11月13日(19:30~21:00)にはスペシャルプログラム『Dragon Ash Special生番組 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】櫻井翔が語る“尾崎豊” 「『15の夜』も聴き続けて35歳」に息子・裕哉が大ウケ

TechinsightJapan / 2016年10月22日18時37分

『ウルトラFES』でも歌ったメジャーデビューシングル『始まりの街』を生ギターで熱唱した。演奏前には母親と米・ボストンで過ごした日々が紹介され、彼もタモリとのトークで楽曲誕生について話す。 日本に戻って大学・大学院へと進学した彼は卒業する際に母親のため「お母さんからの卒業おめでとう」という意味合いでサプライズパーティを開いた。彼が26歳の時に作った楽曲で「母 [全文を読む]

嵐が「Mステ」で“前向き”なMVが話題のあの曲を披露!

Smartザテレビジョン / 2016年10月15日05時00分

THE YELLOW MONKEYは、再結成後初のシングル表題曲「砂の塔」を。菅野美穂主演ドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人」(TBS系)の主題歌としても知られる同曲を、吉井和哉が力強く歌い上げる。 また、伝説のアーティスト・尾崎豊の息子でシンガーソングライターの尾崎裕哉は、9月に配信リリースした「始まりの街」をパフォーマンス。父譲りの圧倒的な歌唱力で視聴者 [全文を読む]

尾崎豊の“二世”尾崎裕哉「いつも悶々とした気持ちを抱えていた」

anan NEWS / 2016年10月06日20時00分

デジタル1stシングル『始まりの街』が好評配信中。 ◇2歳の時に亡くなった父・尾崎豊と同じミュージシャンの道を選ぶまでの26年間の魂の遍歴を綴った自叙伝。巻末には初公開となる父親との2ショット写真も収められている。新潮社 1200円 ※『anan』2016年10月12日号より。写真・小笠原真紀 中島慶子(本)インタビュー、文・菅野綾子 [全文を読む]

【MUSIC ON! TV(エムオン!)】9月~11月の3ヶ月連続で宇多田ヒカルを総力特集!9/28(水)に8年振りとなるオリジナル・フルアルバム『Fantome』をリリース!

@Press / 2016年09月16日12時00分

これを記念して、エムオン!では9月~11月の3ヶ月連続で宇多田ヒカルを総力特集!過去のライブやミュージックビデオ特集などのコンテンツを多数放送します!お楽しみに!1998年12月、シングル「Automatic/time will tell」でメジャーデビュー。一気に人気に火がつき、ミリオンセールスを記録。わずか1枚のシングルでセンセーションを巻き起こした宇 [全文を読む]

なぜ嫌われる?テレビから消えたMay J.に「一発屋」の中傷バッシング

デイリーニュースオンライン / 2016年07月13日12時05分

2015年も2月には7thシングル『ReBirth』を、夏場にはディズニーと再びコラボして8thシングル『Sparkle~輝きを信じて~』を披露するなど、懸命に活動を続けていた。しかし2015年11月には、森永製菓のPRイベントに真っ赤なドレスで登場し、報道陣から「紅白に出たいか」と問われて、顔をこわばらせるほど歌手活動が低迷していた。 これら一連の流れを [全文を読む]

“東京に慣れていない”ビタスイが東京でライブ!

Smartザテレビジョン / 2016年01月01日20時15分

名古屋、大阪、田崎の地元・長崎、そしてクリスマスイブの東京公演に続いて行われたこの日のライブは、'15年に2人がライブで最も多く歌ったという3rdシングル「恋愛 WARS」で元気にスタート。その後も1stシングルからの「インストール」や「Rolling Days」などアップテンポのライブ“鉄板”曲で畳み掛け、序盤から場内は早くもヒートアップした。田崎はソロ [全文を読む]

フォーカス