ベッドシーン 門脇麦に関するニュース

夏目雅子、名取裕子ほか脱いでイメチェンに成功した女優たち

NEWSポストセブン / 2016年08月14日07時00分

『クイズダービー』の回答者などで人気を博した斉藤慶子は1990年、『さわこの恋 上手な嘘の恋愛講座』でベッドシーンを演じた。 ドラマ『スケバン刑事』での主演から7年経った1992年、南野陽子はエイズ問題に真っ正面から向き合った『私を抱いてそしてキスして』で熱演。『オールナイトフジ』の司会を務めた麻生祐未は同年、『課長島耕作』で抱かれた。清純派のイメージの強 [全文を読む]

斎藤工と池松壮亮、ぶつかり合う“色気と技術”ーー『無伴奏』ラブシーンの凄みに迫る

リアルサウンド / 2016年03月24日06時10分

池松は、25歳という若さでありながら、ベッドシーンが多い男優である。『愛の渦』では門脇麦、『海を感じるとき』では市川由衣、『紙の月』では宮沢りえ、そして本作『無伴奏』では成海璃子とセックスシーンに挑んでおり、すべての作品で女優たちの体当たりの芝居が話題になったが、いやいや、池松の体当たりの度合いも相当だよ! 女優がヌードを決意する際の「必然性があれば脱ぎ [全文を読む]

セクシーな演技、肉体美で魅了!ヌードが美しい映画(ドラマ)作品ピックアップ!

日本タレント名鑑 / 2016年03月02日09時55分

『さよならみどりちゃん』では、西島秀俊さんの「セフレ」としてベッドシーンを演じました。刹那的なダメ人間なのにツンデレでカワイイ西島さん演じるユタカ。彼に対するスキスキオーラがにじみ出てくるような可愛いヌードでした。 逆にとても生々しくエロチックだったのが、『カンゾー先生』で変態看護師を演じた麻生久美子さんではないでしょうか?とにかく純粋にひたむきにエッチな [全文を読む]

「芸能界ピンチヒッター秘話」映画「この国の空」門脇麦⇒二階堂ふみは失敗?

アサ芸プラス / 2015年09月05日17時59分

前作では大女優のかたせ梨乃にハードなベッドシーンをやらせ、本作も「戦時中に処女を失う20歳のヒロイン」ということで期待も高まった。「当初は『愛の渦』で、カラダが男を求めて止まらない女子大生を演じた門脇麦が候補。ところが、二階堂ふみが名乗り出てくれた。興行的には二階堂のほうがありがたかったのですが‥‥」(撮影スタッフ) 残念なことに、二階堂は完脱ぎでの濡れ [全文を読む]

「映画界の宝やで」今田耕司が清野菜名を熱写

dwango.jp news / 2014年11月10日17時30分

清野昔の女優さんは大胆なベッドシーンとかやられていますよね。今田「蘇る金狼」の風吹ジュンさんとかな。俺ら中学生のときなんか、期待して観に行って脱いでなかったら、「金返せ!」って言うてたもん。清野私がアクションを始めたきっかけは「バイオハザード」のミラ・ジョヴォヴィッチさんなんです。その映画で、カッコいいアクションもやりつつ、全然いやらしい感じではなく脱いで [全文を読む]

フォーカス