事務所 門脇麦に関するニュース

門脇麦 病気を経てたどり着いた人生のルール

ソーシャルトレンドニュース / 2017年07月14日21時51分

でも、その結果、今の事務所とも出会えて、こういう方向性で女優を続けることができています。もちろん、つらい時期もありました。「私みたいに何もできない人を選んでもらったんだから、なんとかして頑張らなきゃ」みたいな強迫観念が強かったんです。それで苦しくなっていましたね。■監督は“共犯者”ただ、最近では考え方も変わりました。私が皆さんに知ってもらえるきっかけになっ [全文を読む]

満島ひかり、門脇麦輩出の事務所から刺客!? 韓国で大活躍中の日本人女優・藤井美菜とは

日刊サイゾー / 2015年09月20日19時00分

藤井は、満島ひかり、門脇麦らも擁する日本の芸能事務所・ユマニテに所属する女優で、過去に映画『武士の家計簿』『女子ーズ』、ドラマ『ママとパパが生きる理由。』『ブラッディ・マンディ』(TBS系)などに出演している。韓国で本格的に活動を開始したのは2012年。「韓ドラを見て覚えた」という韓国語を武器に、徐々に活躍の幅を広げてきた。 ここ数年は、韓国の人気バラエ [全文を読む]

着衣シーンが18分のみ!?獣のような体当たり演技!「門脇麦」の魅力とは?

日本タレント名鑑 / 2015年07月01日09時55分

事務所移籍からCM進出へ現在22歳の門脇さんは、18歳の時、2011年に『美咲ナンバーワン!!』の生徒役でデビュー後、ドラマの端役などを務めていました。事務所移籍後の2013年チョコラBBのCMで台頭。少し鼻にかかった声の「かわいくてお茶目」な女の子、今とは少し違ったイメージです。そのキュートさが注目され、女子高生同士の友情や愛情、性の目覚めなど、どろど [全文を読む]

尾を引く小出恵介“未成年飲酒&淫行”騒動……お蔵入り作で共演予定だった女優の事務所が大激怒!

日刊サイゾー / 2017年07月03日13時00分

特に放送直前でお蔵入りになったNHKドラマ『神様からひと言~なにわ お客様相談室物語~』でヒロインを務めることになっていた、岸井ゆきのの事務所・ユマニテは相当頭を抱えているそうです」(芸能事務所関係者) いまだに騒動が収束する気配を見せない、小出恵介の未成年淫行騒動。 「お蔵入りになった作品の関係者に対しての謝罪行脚は今行われているようですが、ユマニテは怒 [全文を読む]

門脇麦、主演映画で「私情まで全部持ち込んで…」【インタビュー前編】

Woman Insight / 2016年06月24日17時00分

監督・脚本:岸善幸「ラジオ」「開拓者たち」 音楽:岩代太郎 原作:小池真理子「二重生活」(角川文庫刊) 出演:門脇麦 長谷川博己 菅田将暉/河井青葉 篠原ゆき子 西田尚美 烏丸せつこ/リリー・フランキー R-15 (C)2015『二重生活』フィルムパートナーズ 【あわせて読みたい】 ※世界各国で33の賞を受賞した映画「裸足の季節」が公開スタート! ※男・ [全文を読む]

安藤サクラ、股間にバラ&スケスケドレス姿披露でファン興奮! 門脇麦は“美ちっぱい”披露で「将来が楽しみ」

おたぽる / 2016年03月16日09時00分

来月から放送開始される宮藤官九郎脚本ドラマ『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)への出演も決まっていますし、俄然注目度は高まっています」(芸能関係者) 体当たり演技で評価された、といえば、同じ事務所に所属する若手女優・門脇麦も負けてはいない。 「門脇は、13年に出演した、『チョコラBB Feチャージ(エーザイ)』のCMで注目を集め、同年に公開された映画『ス [全文を読む]

土屋太鳳・清水富美加・門脇麦は「まれ」終了後、芸能界をどう渡り歩くのか?

アサジョ / 2015年09月10日09時59分

同じ事務所には満島ひかりや安藤サクラなど、数々の映画賞を受賞している先輩もいますしね。間違いなく実力派の女優になりますよ」(映画サイト関係者) 彼女たちの今後の活躍を見れば、“まれロス”も恐くない!? [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】菅田将暉がタイプの女性は「クレオパトラ」と告白。そこに“ぴったりの女優”が現れ騒然。

TechinsightJapan / 2014年08月11日16時45分

朝ドラ『ごちそうさん』で杏が演じる主人公・め以子の長男・泰介役を演じた彼は杏の印象について「事務所(トップコート)の先輩なので5歳上の母というイメージでした」と答えており、恋愛対象という意識は無いようだ。 好きな女性のタイプを聞かれると「“クレオパトラ”と言うようにしている」とエキゾチックで横顔フェチであることを明かした。横から見て「ちょっと、恐竜っぽい、 [全文を読む]

“脱げる女優”瀧内公美と間宮夕貴が単館系でブレーク中「背中だけ見せる女優とは意気込みが違う」

日刊サイゾー / 2017年09月18日13時00分

所属事務所はスターダストですが、27歳という年齢的にも、彼女が大作映画で主演したり、プライム帯のテレビドラマで主演することは難しいでしょうからね。CMにもちょこちょこ出てましたが、今後は“脱ぎ”を武器にすることを選んだんでしょう」(芸能事務所関係者) 一般的にCMを多く抱えている女優は、スポンサーの手前、脱ぐことが難しいという。 「例外に近いのが壇蜜さんで [全文を読む]

山田涼介、「ちょっと小柄なサイズ感が一緒」有岡大貴と"靴交換"楽しむ

マイナビニュース / 2017年09月12日11時35分

また「来年就活で不安、したいことをどうやって見つけたらいいのか」という質問に、山田は「僕はこの事務所に入ったのはやりたくて入ったわけじゃなくて、母親が勝手に送って」と振り返る。「やってみたら好きってタイプだったんです。ここに入ったからにはあがいて上に行ってやろうと思った」と自身の経験を話した。 門脇は「一番難しいのって続けることだと思うので、続けてみない [全文を読む]

Hey! Say! JUMP山田涼介「恋は止められるものじゃない」「人生死ぬこと以外はかすり傷」 悩み相談で名回答を連発<ナミヤ雑貨店の奇蹟>

モデルプレス / 2017年09月12日11時29分

やりたい仕事も決まっていないので、どうやったらやりたいことが決まりますか?」という悩み相談には、「僕は正直、この仕事がやりたくて事務所に入ったわけじゃない。母親が(履歴書を)送って、気づいたらここにいたけど、やってみたら意外と好きっていうタイプだった。ここに入ったからには上に行ってやるんだ!って気持ちになった」と自身の経験を語った山田。門脇も「私は後先考え [全文を読む]

三浦貴大、うつむき気味にボソボソ…「病んでるの?」と突っ込まれる

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年07月15日18時10分

事務所の人、この人病んでいます!」と騒ぐマキタに三浦は困り顔だった。 三浦は内向的だった自分を変えるきっかけについて「高校時代にライフセービングに出会ったこと」と紹介。「あれをやっていなかったら、なんとなく暮らして、なんとなく終える人生を歩んでいたと思います」としみじみ。一方、マキタも「役者の仕事をやり始めたのが転機」だったそう。「自分が(役者の世界で) [全文を読む]

朝ドラヒロインがその後躍進するために「卒業」すべきこと

NEWSポストセブン / 2017年07月15日16時00分

“地固め”や“箔づけ”としての朝ドラヒロイン、という事務所の思惑も吉田氏は感じるという。ヒロインで注目されて、その後もすぐに主演級の待遇を受けたのは、多部未華子、松下奈緒、尾野真千子、堀北真希、杏、波瑠、吉高由里子くらいだと述べる。 だからこそ「準主演はあっても、主演として名前を張るというのがなかなか厳しいのかもしれません。つまり朝ドラやっても必ず人気女優 [全文を読む]

滝沢秀明「有岡大貴の笑顔が怖い」 有岡「滝沢くんとの距離感が怖い」

エンタメOVO / 2017年06月05日15時29分

さらに「最近、有岡と会うとおかしくなってくるから、有岡の呪いかもしれないです」と事務所の後輩の有岡をいじると、有岡は「人前で笑いにくくなるからやめてください。笑顔が売りなんですから」と返して、笑わせた。 有岡は「僕が言おうとしてたのは、滝沢くんとの距離感だったんです。徐々にお近づきになれてるなあと思うんですけど、あともうちょっとがいけないですよね」と不満 [全文を読む]

俳優・桐谷健太さん 単独インタビュー!「かもめ食堂」荻上監督の最新作「彼らが本気で編むときは、」で描かれた家族愛のカタチ

Woman.excite / 2017年02月22日21時30分

©2017「彼らが本気で編むときは、」製作委員会―― この映画に出演する前と後で、トランスジェンダーに関する感じ方、恋愛観に変化がありましたか?「俺は東京に出てきたばっかりの時、ゲイの方にナンパされ、そこからこの業界、モデル事務所に紹介してもらったりして、ゲイやトランスジェンダーの友達がすごく多かったんです。いうたら僕も、大阪から出てきてマイノリティだった [全文を読む]

3大芸能ベテラン美人女優の大異変!(3)新作舞台での艶技に期待の高岡早紀

アサ芸プラス / 2016年07月10日09時57分

6月24日、芸能界デビュー34年目にして「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に初出演を飾ると、「発言が奔放だったものですから、事務所から『あまりトーク番組には出るな』と言われて」 こんな裏事情を暴露してトークを盛り上げた。番組関係者が舞台裏を明かす。「以前から小泉さんの出演を熱望していた徹子さんは『しゃべりがお上手で楽しかったわ』と絶賛しきり。その口ぶりははた目 [全文を読む]

星野源に菅田将暉……“新・魔性の女”二階堂ふみは、なぜモテるのか

日刊サイゾー / 2016年03月18日11時00分

事務所がオファーを取ってきても、すぐにOKは出さない。台本をじっくり読み、感銘を受ける部分や、自分の成長につながる部分がなければ、平気で断るそうです。最近、その話が広まりすぎて仕事が減り、慌ててバラエティ番組にも出るようになりましたがね(笑)」(芸能プロ関係者) このご時世、モテるのは美貌やスタイルの良さではなく、ハイセンスな“不思議ちゃん”なのかもし [全文を読む]

水面下ではすでにブレイク! 若手女優・岸井ゆきの、個性派ながら押しつけがましくない魅力

メンズサイゾー / 2015年10月05日10時00分

「岸井さんの同じ事務所には、乱交をテーマにした映画『愛の渦』で衝撃のフルヌードを披露し、それ以降出演作の絶えない門脇麦さん(23)や、NHKの朝の連続テレビ小説『あまちゃん』や『ごちそうさん』で一躍知名度をアップさせた東出昌大さん(27)のほか、満島ひかりさん(29)などもおり、現在のドラマ・映画界において、本格派かつ存在感のある俳優さんたちが名を連ねて [全文を読む]

実力派女優・門脇麦が自殺志願者という難役を熱演! 「芝居をしていて楽しいと思う瞬間は少ない」

AOLニュース / 2015年09月21日12時00分

天音君とは事務所も一緒でデビュー当初、一緒にワークショップに参加したこともあったので、同期の仲間という感覚があり、心の中で「頑張ろうね」と現場中ずっと思っていました。わたしはカメラ前にいない時の現場の雰囲気や相手役の方との関係性も画面に映ると思っているので、現場での距離感はいつも大切にしたいと思ってやっています。今回の『死と恋と波と』では平行線をたどってい [全文を読む]

二階堂ふみが新作主戦映画「この国の空」で監督にブチ切れ

アサ芸プラス / 2015年07月07日05時57分

「二階堂の母親役の工藤夕貴にも付けワキ毛を依頼して、彼女は『いいわよ』と二つ返事だったんです」 二階堂の目には、ナマ尻は見せたけど、事務所がNGでなければ乳首だっていとわない。でも、よりによって「ワキ毛」なんて‥‥という思いが宿っていたという。 とはいえ、気にするほどディープな場面ではなかったと前出・秋本氏は言う。「二階堂と工藤の2人が川で水浴をするシーン [全文を読む]

フォーカス