彼女 大谷亮平に関するニュース

逃げ恥番外編も期待!? 石田ゆり子「かわいすぎる47歳」

日刊大衆 / 2017年05月14日16時05分

しかし、彼女の人気の秘密は、それだけではない。 「性格や話ぶりに、少し天然っぽいところがあるんですよね。自然体で人と接するので、彼女が現場に現れると、他の出演者やスタッフも、なんだか和むんですよ」(テレビ制作関係者) 4月12日に放送されたバラエティ番組『スナックあけぼの橋』(フジテレビ系)では、彼女のそんな一面が垣間見られた。姉御肌でグイグイ攻めまくるマ [全文を読む]

大谷亮平、命を懸けた壮絶な“闘い”に「勇気をもらいました」

Smartザテレビジョン / 2017年04月20日15時05分

がんは骨や肺などに及び、雑踏で肩がぶつかっただけでも骨折する危険性をはらんでいる体で、彼女はリングに上がる。プロレスラー・亜利弥'の命を懸けた壮絶な闘いとその決意に迫る。 また、4月29日(土)夜7時からは「カウント2.9のレスラーたち」のエピソード1である、パーキンソン病と闘うプロレスラー・マサ斎藤に密着した番組を再放送。レスラーとして最後の花道を歩む [全文を読む]

『逃げ恥』風見さんに学ぶ 決別すべき「自信がない自分」

しらべぇ / 2016年12月02日20時00分

彼女から別れを切り出された風見さん、その理由が「かっこよくてスポーツもでき、女子に人気な風見と付き合うのが辛い」というものだった。それに対する風見さんの言葉は...「そんなこと僕にはどうしようもない。彼女が自信を持てないことは、彼女の問題なのに。あなたにどれだけ拒絶されても、大好きだよって、言ってあげればよかったんでしょうか。向こうは僕の気持ちなんか考えち [全文を読む]

ポスト菜々緒、真野に吉岡里帆が“悪女ブレイク”?

日刊大衆 / 2017年05月04日19時05分

今やすっかり「悪女」イメージを視聴者に印象づけた彼女は、さまざまな映画やドラマで多種多様な悪女キャラを演じている。ファッションモデルとしてデビューした菜々緒は、2014年にドラマ『ファースト・クラス』(フジテレビ系)でブレイク。沢尻エリカ(31)演じる主人公をイジめ続けた川島レミ絵役は、彼女にとってまさに“はまり役”だった。以降もドラマ『まっしろ』(TB [全文を読む]

筧美和子、イベントで“ナマ着替え”予告も……「期待はずれ」「それだけかよ」とマスコミピリピリ

サイゾーウーマン / 2017年03月05日11時45分

加えて、早着替え後の衣装は、確かに腕や脚は露出しているものの、上半身はややゆったりめで、彼女の売りである巨乳を隠す中途半端なスタイルだったため、現場のマスコミは肩を落としていましたよ。そんな空気を知ってか知らずか、当の筧は、振り向きショットなど、胸を強調するような渾身のグラビアポーズを披露。さらにトークでは、汗をかくのが好きで、休みの日には銭湯やサウナに行 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】大谷亮平、黒柳徹子との対面に大感激 「とっても素敵な方でした!」

TechinsightJapan / 2017年02月03日10時31分

“ワイルドで華やかなイケメン”を迎え、心なしか彼女の表情は嬉しそうである。 フォロワーからは「すご~い! りょうさんよかったね」「ついに徹子の部屋に出る日が来たんですね!」「楽しみです、絶対観ます」と歓喜の声が多数寄せられており、また「逃げ恥を未だに見てて、元気をもらってます」と“風見涼太”が忘れられない人も見受けられる。 なお大谷亮平が出演する『徹子の部 [全文を読む]

恋愛の神様が描く純愛物語からシュールな超低予算冒険活劇まで!お薦めの2016秋ドラマ作品5選!

日本タレント名鑑 / 2016年09月26日14時55分

45歳のバツイチの母親を原田知世さんが演じ、彼女と出会うデザイナー男性に斎藤工さん。なかなかツボをついてくる絶妙なキャスティングではないでしょうか?「ラブストーリーの神様」が描く、運命と記憶が交錯した純愛物語。秋にしっとりと楽しめる大人のラブストーリーです。 「砂の塔~知りすぎた隣人」10月14日より毎週金曜22時~TBS系にて放送(初回15分拡大) 次 [全文を読む]

波瑠&岡田将生W主演ドラマで超個性派キャストが“法廷”に!

Smartザテレビジョン / 2017年03月10日06時00分

「私には、奥さんと別居中で、もうすぐ別れるって」と、裁判官の情に訴えかける高木だが、彼女の告白の真偽のほどは?2人目は、シドニー五輪銅メダリストの元水泳選手でスポーツコメンテーターの田中雅美も、離婚裁判の証言台へ。「一緒になろうって言ったじゃない! うそつき!」というド迫力の罵声が、法廷にこだまする。元アスリートならではの迫力に不倫相手の男性もタジタジで、 [全文を読む]

水野美紀の容赦ない熱演が三浦翔平の才能を開化させ、倉科カナが一番悪女だった今期最話題ドラマ/『奪い愛、冬』最終回レビュー

messy / 2017年03月06日21時10分

告白するたびに振られて、振られるたびにますます好きになって……しつこい女・蘭さんに、信さんはある時「光という彼女ができた」って嬉しそうに話したっていうのだから、信さんは昔からバカだったんですね……(このあたりの副音声聴きたかったです)。蘭さんも当時は一見ノーマルな女性だったのでしょうか? その辺は不明ですが、いずれにせよ蘭さんがこうなっちゃって光と信さんが [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】水野美紀のロケショット 嫉妬の鬼“蘭”が海を眺める姿に「怖すぎる~」

TechinsightJapan / 2017年02月10日16時00分

2月8日にはYouTubeのテレビ朝日専用チャンネルにて『金曜ナイトドラマ【奪い愛、冬】森山蘭(水野美紀)名場面集』も公開されたが、水野美紀が熱演する蘭と彼女に恐怖を覚える光を演じる倉科カナの渾身のリアクションは必見である。 ところで水野美紀と言えば昨年6月に俳優でイラストレーターの唐橋充と結婚、12月には第1子妊娠が分かった。この夏に出産予定というが、 [全文を読む]

倉科カナ、激しくキスされ耳をかまれ...「刺激的すぎる」ベッドシーンが話題に

メンズサイゾー / 2017年01月21日18時45分

そんな彼女の婚約者・奥川康太にはイケメン俳優の三浦翔平(28)が、そして倉科の元彼の森山信を大谷亮平(36)が演じる。 第1話は、康太(三浦)が光(倉科)にプロポーズするところからスタート。恋人同士だったものの、会社の後輩で年下でもある康太に光は少し頼りなさを感じており、彼の求婚には少し戸惑ってしまう。その一方で、日ごろからカラダ全体で愛を表現する康太らし [全文を読む]

問題は「男なのに、女なのに、ゲイなのに」というレッテルではなくて/『逃げ恥』第8話レビュー

messy / 2016年11月30日22時00分

日野さんや沼田さん(古田新太)もいたので、あくまで「風見さん宅に来ていた家事代行の女性が休んでいる」という話から始まり、「彼女は自分の言動に責任を持つタイプだし、よほどいたたまれないことがあったんじゃないですか」と平匡さんをチラチラ見ながら嫌味をぶつニセ野内に、平匡さんは震えた声で「知らないなら、何も言わないでください」と珍しく感情的に。風見さんが「事情は [全文を読む]

「逃げ恥」大谷亮平、“モテ要素満載でも嫌味がない”逆輸入フェロモンの魔力

アサジョ / 2016年11月09日09時59分

35年間彼女なしという自称「プロの独身」津崎に対して、クールかつドライで性格がいい、モテモテのスーパーイケメンという風見。こうしたスーパーイケメンというのは得てして嫌みな印象を見る者に与えてしまいがちだが、大谷が演じていると、そういった“匂い”がしないのは、それが彼にとっての“地”であるからかもしれない。「というのも大谷自身、182センチの高身長で、甘く [全文を読む]

FTISLAND ホンギ&藤井美菜、仮想カップルの今更暴露戦に視線集中

スポーツソウルメディアジャパン / 2015年09月18日13時48分

さらに「パビアンくんは美菜さんの公演をみるために日本にまで駆けつけた」と打ち明け、彼女をめぐるホンギとパビアンの神経戦が見られた。熱愛を疑われるカップルはキム・ユリ&大谷亮平だった。映画「鳴梁」をはじめ、さまざまな韓国映画とドラマで活躍中である大谷は、キム・ユリと11年間も友情を築いている関係で注目を集めた。MCのチョ・セホは自分がユリに会いたいと誘うと「 [全文を読む]

クォン・サンウ主演『推理の女王』7月日本初放送!

THE FACT JAPAN / 2017年05月17日16時36分

ソロクを“おばさん”呼ばわりするワンスンが次第に彼女に相棒以上の感情を抱いていくもどかしいラブラインにも注目。また7月はファン・ジョンウム主演『果てしない愛』も日本初放送。激動の時代を背景に過酷な運命に立ち向かうヒロインの愛を壮大なスケールで描く。KNTVでの日本初放送をお楽しみに!『推理の女王』放送日時 7月29日(土)日本初放送スタート 毎週土日 午後 [全文を読む]

「私も結構濃い」筧美和子の大胆発言に、ケンコバ大興奮!

日刊大衆 / 2017年03月08日06時05分

毛に関しての話は、女性タレントだと敬遠しがちですが、彼女ぐらいきっぱり語ってもらえると、むしろ健康的にすら感じますね」(女性誌ライター) ケンドーコバヤシのお気に入りとなった筧美和子。今後も二人のやりとりに期待してしまう? [全文を読む]

嫉妬するたびブスになる?ドス黒い「嫉妬心」を効率良く手放す3つの方法【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2017年02月23日19時05分

彼女が演じているのは、ヒロインと付き合っていた夫(大谷さん)を計算ずくで奪ったものの、夫とヒロインが今でも惹かれ合っていることに気づき、激しい嫉妬心をむき出しにする女性。再接近した夫とヒロインがいい感じになってついキスをした瞬間、「ここにいるよ~」とクローゼットから現れたり、人混みの中で「この女は私から夫を奪おうとしたんです!」とわめいてヒロインに土下座を [全文を読む]

秋元才加“どんどん嫌って”「奪い愛、冬」性悪女を好演

Entame Plex / 2017年02月17日17時00分

そんな彼女に本作の見どころ、秀子役の反響ぶり、自身の恋愛観などいろいろと話を聞いた。――このドラマの脚本を読んだときの感想は?「ジェットコースターに乗っているような感覚で、“なんじゃこりゃ!?”って思いました(笑)。今回のような役柄をやることも初めてでしたし、結構過激なシーンも多いので自分にとって挑戦だなと思って……。自分にこの役が務まるかどうか不安で、周 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】秋元才加のセクシーショットに反響 指原莉乃「今の生き甲斐です」

TechinsightJapan / 2017年02月11日18時30分

それほどハマっているドラマでの熱演ショットを秋元才加が投稿したので、彼女も「大好きです。今の生き甲斐です」と明かさずには居られなかったようだ。 そんな反応が嬉しかったのだろう、「毎週秀子叩かれるのに、フォロワー増えて、先輩戸惑い 笑」と返す秋元だった。 出典:https://twitter.com/akimotooo726 出典:https://twitt [全文を読む]

視聴者震撼!?「奪い愛」水野美紀の“怪演”名場面動画公開

Smartザテレビジョン / 2017年02月09日13時43分

その日から、彼女のSNSには「淫乱」「泥棒」といった罵詈雑言の数々が書き込まれることに…。 そんな折、光の婚約者・康太を狙う同僚・秀子(秋元才加)が、蘭と接触。女性同士で結託し、光に“天罰”を与えようと画策しはじめる。 一方、どういう風の吹き回しか、あれほど結婚に猛反対していた康太の母・美佐(榊原郁恵)は態度を軟化。光を家に招き、これまで散々嫌がらせをした [全文を読む]

フォーカス