伊勢神宮 伊勢うどんに関するニュース

超お得!「伊勢神宮参拝きっぷ」を使って伊勢志摩を満喫してみた

Woman Insight / 2017年01月06日18時30分

昨年は私の連載を読んでくださってありがとうございました! 今年も読んで下さった皆さんのマネーライフをキラキラハッピーにできるような情報をお届けしていきたいと思います♪ さてさて2017年1回目の今回は、今年1年の運気をよくするためにも、日本有数のパワースポットである「伊勢神宮」を中心に、伊勢志摩をお得に満喫できるプランのご紹介! 三が日をすぎちゃったけど初 [全文を読む]

石原壮一郎氏断言「伊勢うどん魂が広まれば世の中よくなる」

NEWSポストセブン / 2014年04月24日11時00分

そんな伊勢うどんが私たちを、世界を救ってくれます! 伊勢神宮が20年に一度の式年遷宮を迎え、史上最高の参拝客が伊勢を訪れた去年は、伊勢うどんにとっても大きな飛躍の年でした。メディアに頻繁に取り上げられ、ご当地うどんブームの盛り上がりにも後押しされて、「伊勢に行ったら伊勢うどんを食べなきゃ!」という“常識”が広く定着したのです。 400年以上前に生まれた伊勢 [全文を読む]

今年は20年に一度の式年遷宮! 初めての「お伊勢参り」ガイド

週プレNEWS / 2013年01月20日06時00分

昨今のスピリチュアルブームも手伝い、2010年には過去最高の860万人以上の参拝客が訪れた伊勢神宮。古くから「一生に一度は伊勢へ」といわれるほど、日本人にとって心あらたまる場所だ。しかも今年は“遷宮年”! まだ行ったことない人も、今年こそは伊勢参りを! 【1】伊勢神宮ってどこにあるの? 所在地は三重県伊勢市。最寄り駅の伊勢市駅または宇治山田駅には、東京から [全文を読む]

フワッとやわらかな“食べるパワースポット” 「伊勢うどん」がもつポテンシャルとは?

ダ・ヴィンチニュース / 2013年10月02日11時30分

20年に一度の遷宮を迎え、全国から続々と参拝者が詰めかけている伊勢神宮。テレビや雑誌でも、遷宮を記念し伊勢の観光スポットや特産品がしばしば紹介されているが、そのなかでも、ひときわ異彩を放っているのが、伊勢市のローカルフード「伊勢うどん」である。関連情報を含む記事はこちら 一般に「美味しいうどんの条件」とされる、ツルツルシコシコとした食感…とは真逆の、フワッ [全文を読む]

「2013年=煮ればいいさ」で結局うどんの年だったと識者指摘

NEWSポストセブン / 2013年12月31日16時00分

8月には東京で第一回の「U-1グランプリうどん日本一決定選手権」が行なわれたり、秋にはあの「マルちゃん正麺」シリーズからうどんが発売されたり、伊勢神宮の式年遷宮で伊勢うどんの知名度や人気が一気に上昇したりなど、「2013=煮ればいいさ」の年にふさわしく、うどんの話題に事欠かない一年だったと言えるでしょう。 そんな一年を太く華麗に締めくくるべく、暮れも押し迫 [全文を読む]

伊勢神宮を訪れたら絶対に食べるべきグルメを勝手にランキング!

TABIZINE / 2017年05月27日12時00分

2013年、20年に1度の「式年遷宮」の年を迎えた伊勢神宮。神々しい厳粛な神宮を参拝した後は、やっぱりご当地グルメも楽しみたいところ。今回は、伊勢神宮を実際に訪れた筆者がオススメしたいグルメを勝手にランキングにしてみました。 第4位「伊勢角屋麦酒のカキフライ串」 内宮近くのおはらい町にある、伊勢の地ビールが楽しめる「伊勢角屋麦酒」。 「カキフライ串(2粒) [全文を読む]

イオンストアーズ香港が「三重県観光物産展」を開催

PR TIMES / 2016年01月13日16時59分

さらに、2000年の歴史を有する伊勢神宮や、世界遺産の熊野古道をはじめ、多くの観光スポットを擁しています。 ※御食つ国:天皇の(海産物を中心とした)食料を献上する国の意味 [画像2: http://prtimes.jp/i/7505/533/resize/d7505-533-337701-2.jpg ] 本物産展では、松阪牛や牡蠣、紀伊の超熟みかん、伊勢う [全文を読む]

都心にいながら400年以上前から続く伊勢の味「伊勢うどん」が楽しめる店

ぐるなび / 2013年10月04日10時10分

10月2日の「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日系、毎週月~金曜午後4時53分)で、「式年遷宮」に沸く伊勢神宮を特集し、都心にいながら伊勢の味が楽しめるという東京都中央区の「銀座 花大根」を紹介した。 「銀座 花大根」では、400年以上前からお伊勢参りした人に振る舞われていたという「伊勢うどん」を提供している。取材に訪れた板倉朋希アナウンサーが食べたのは「 [全文を読む]

年明けうどん 紅い具材添え15日までに食べて1年の幸せ願う

NEWSポストセブン / 2013年01月05日16時00分

今年は伊勢神宮が20年に一度の式年遷宮を迎えます。しかも出雲大社とのダブル遷宮。いろんな形で伊勢が話題になり、必然的に伊勢うどんの人気や知名度もアップするでしょう。太くてやわらかい麺が特徴で、いわばさぬきうどんとは対極の存在である伊勢うどんがメジャーシーンに躍り出てくれば、日本人の価値観全体に大きな揺さぶりをかけるはず。 そう、じつはうどんは大人にとって大 [全文を読む]

メイト 添乗員同行プラン 南紀復興支援 応援モニターツアー 伊勢神宮参拝・世界遺産 熊野三山参拝と「道普請」体験 ~「伊勢」から「熊野」へ祈りの道を旅する4日間~

PR TIMES / 2012年02月13日12時21分

近畿日本ツーリスト株式会社(以下、KNT)は、国内企画旅行商品メイトより、『伊勢神宮参拝・世界遺産 熊野三山参拝と「道普請」体験、「伊勢」から「熊野」へ祈りの道を旅する4日間』の販売を開始します。このプランは、昨年9月の台風被害を大きく受けた「南紀」方面の復興応援を目的に、観光庁がツアー催行経費の一部を負担する調査事業として実施されるモニターツアーです。 [全文を読む]

特製しょうゆダレで味わう名物・伊勢うどん

ぐるなび / 2017年03月21日15時10分

伊勢神宮そば、おはらい町にある同店は、行列の絶えない伊勢うどん店。 伊達がオーダーしたのは、一晩寝かせた特製しょうゆダレが人気の「玉子入伊勢うどん」。たまごと太いうどんをどんぶりの中でよく混ぜて食すと「うまい!」と満面の笑み。「しょっぱすぎないし、甘すぎない。寝る前にも食べられるくらいの味」とコメント。 そして富澤さんはアツアツの「鍋焼伊勢うどん」をオー [全文を読む]

伊勢神宮につながる江戸情緒の街「おかげ横丁」を堪能する

IGNITE / 2016年07月08日19時00分

江戸時代、人々が一生に一度は参拝したいと願った伊勢神宮。 伊勢志摩サミット時の厳重な警戒体制も解け、伊勢神宮とその周辺も元の賑やかさを取り戻した。 伊勢神宮は内宮と外宮があり、外宮からのお参りが古くからの習わし。 外宮と内宮のお参りが済んだら、内宮前のおはらい町に立ち寄ろう。食事処や土産物店などが軒を連ね、中でもおはらい町の中央付近にあるおかげ横丁は、駄菓 [全文を読む]

東京でも食べられる!コシのないもちもちふわふわ伊勢うどん

TABIZINE / 2015年08月17日10時00分

歴史ある伊勢うどん 伊勢うどん発祥の由来は諸説ありますが、「伊勢神宮を訪れる多くの参拝者に早く提供するために、あらかじめ茹でておいた麺を温め直して出した」「旅で疲れた胃に負担をかけないように柔らかいものになった」と言われています。 (C)Flickr/ume-y 2003年には、20年に一度の式年遷宮を迎えた伊勢神宮。 (C)Flickr/Banzai [全文を読む]

楽天トラベル、全国の旅めし第24弾「三重県を旅した人が選ぶ!三重県・旅めしランキング」を発表

PR TIMES / 2015年07月22日17時21分

http://travel.rakuten.co.jp/ranking/special/tabimeshi/mie/[画像1: http://prtimes.jp/i/5889/219/resize/d5889-219-362214-0.jpg ]順位 料理名 投票数1位 松阪牛のすき焼き 346票2位 伊勢うどん 211票3位 てこね寿司 136票4位 [全文を読む]

田中将大世界新記録の原動力 里田まいの意外性を見習うべし

NEWSポストセブン / 2013年09月16日16時00分

三重県の伊勢神宮周辺で400年以上前から親しまれてきて、極端な太さとやわらかさ、そして真っ黒な見た目に反したまろやかさで、初めて食べた人は強烈な意外性で魂を揺さぶられます。 徐々にブームの兆しを見せている伊勢うどんですが、日本一やさしいうどんを育んだ伊勢神宮は、今年は20年に一度の式年遷宮。まだ行ったことがない人の予想をはるかに超えるスケールと厳粛さで、伝 [全文を読む]

【GW2017】東京から日帰りOK!伊勢神宮と伊勢うどん弾丸一人旅

TABIZINE / 2017年04月22日07時30分

今回は、今からでも間に合う弾丸旅行、伊勢神宮への旅。 2013年、20年に1度の「式年遷宮」の年を迎えた伊勢神宮。昨年の伊勢志摩サミットでは各国首脳が訪問したことでも大きなニュースとなりました。東京からだとやや遠いイメージがあるものの、朝早く出発すれば日帰りでも十分参拝可能。今回は筆者が実際に体験した、伊勢神宮への弾丸一人旅をご紹介しましょう。 お得な新 [全文を読む]

「タカミムスヒ」から「アマテラス」へ最高神の交代はなぜ必要だったのか!バサラで浴衣をまとって伊勢神宮を体感しよう!

PR TIMES / 2017年05月02日11時15分

【着物・浴衣レンタルVASARA】は、2017年4月28日(金)に国内11店舗目となる伊勢神宮店をオープンさせました。[画像1: https://prtimes.jp/i/18982/7/resize/d18982-7-254914-0.jpg ]伊勢神宮といえば天照大御神(あまてらすおおみかみ)ですが、『古事記』にはさらに尊い神々が登場します。天地(あめ [全文を読む]

自家製の手打ち伊勢うどん

ぐるなび / 2017年02月21日15時10分

伊勢神宮の内宮からおよそ800メートル続く、江戸時代の街並みを再現したおはらい町には飲食店や土産物店などが軒を連ねており、その中に店を構えているうどん店のひとつである同店。 バスツアーの90分間食べ歩きフリータイムで伊勢名物の伊勢うどんを食べるために同店に入店した米田やすみさんは「手打ち伊勢うどん」を注文。同店の「手打ち伊勢うどん」は自家製の手打ちうどん [全文を読む]

ケンミン8万人調査!三重県民はうどん好きでオトナなものが嫌い?

しらべぇ / 2016年10月22日07時00分

KEITA SAWAKI/a.collectionRF/Thinkstock伊勢神宮や、世界遺産にも指定された熊野古道など、歴史の魅力あふれる三重県。松阪牛や伊勢海老、赤福など、全国に誇るグルメも山盛りだ。「忍者の里」として知られる伊賀上野や、鈴鹿サーキットも三重県にある。そんな三重県民には、どんな特徴があるのだろうか?しらべぇ編集部が全国の男女88,32 [全文を読む]

気づかいから生まれた優しい味の「伊勢うどん」

ぐるなび / 2016年07月11日15時10分

一行は、伊勢神宮の門前町おはらい町にあるうどん店「ふくすけ」(三重県伊勢市)を訪れた。 江戸時代の茶屋を思わせる開けた造りの同店で楽しめるのは、江戸の頃より参拝者のお腹を満たしてきた名物「伊勢うどん」。 一見濃い味付けのように見えるが、意外とあっさり目の味付け。たまり醤油に昆布やカツオを効かせた和風出汁を合わせた独特のタレを使用している。伊勢うどんといえば [全文を読む]

フォーカス