著書 舛添要一に関するニュース

【六か国語ペラペラ】天才・舛添要一が性行為について熱く語っていた!? 過去の著書から読み解く本性とは?

tocana / 2016年06月23日07時00分

彼の著書をひもとき、実際の人間像に迫ってみたい。【その他の画像はコチラから→http://tocana.jp/2016/06/post_10104.html】 舛添氏は多くの著書を持ちながらも、自身の来歴を語ったものは少ない。ほとんどは、その当時の国際情勢や政治経済を評論家の視点から解説するものだ。舛添氏といえば、1980年代末から『朝まで生テレビ!』や『 [全文を読む]

舛添要一にパクリ本疑惑「翻訳横取りされた!」と学者が告発

WEB女性自身 / 2016年06月15日06時00分

「国連事務次長も務めたフランスの著名な政治家、ジャンマリ・ゲーノの著書に『民主主義の終わり』という本があります。当時、この日本語訳を舛添さんが引き受けていたものの、いっこうに進んでいない状況でした。そこで、研究室の先輩を通じて、私に翻訳を手伝ってほしいという話があったんです。舛添氏は当時、東大助教授を辞めて数年経ち、『国際政治学者』としてテレビで活躍され [全文を読む]

東京都民の新成人が選んだ「都知事になって欲しい有名人」ベスト5

ダ・ヴィンチニュース / 2014年01月13日20時00分

著書に『知事の世界』(幻冬舎)、『決断力。―人間「東国原英夫」から何を学ぶのか』(創英社)のほか多数あるが、20歳の若者たちに向けた『20歳のための20年後会議』(おちまさと共著/日本放送出版協会)は新成人にぴったり。■2位 「いない」 一方で、「都知事にふさわしい人がいない」「猪瀬氏でよかった」「特にいない」というコメントも目立ちました。それだけ今の日 [全文を読む]

ついに辞職! あの舛添要一都知事に「悪かった……」と謝罪した議員とは

日刊サイゾー / 2016年06月15日21時00分

SNSで積極的に情報発信を行い、間もなく初の著書『ギャル男でもわかる政治の話』(共著/ディスカヴァー・トゥエンティワン)が出版される。舛添氏を一貫して糾弾しており、各局情報番組にも出演するなど、このところ知名度を上げていた。 5時間に及ぶ集中審議では“トリ”を飾ることとなり、周囲には「論破しますよ」「新たな疑惑を出します」と得意げに語っていたが……。 「序 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】舛添都知事の介護に関する著書に非難殺到 南美希子も落胆「感動したのに…」

TechinsightJapan / 2016年06月08日14時39分

舛添要一東京都知事の著書『母に襁褓をあてるとき―介護 闘いの日々』について、通販サイトAmazonのカスタマーレビューが荒れている。この本は“現代日本の問題点を鋭く描く渾身の体験ルポ”と紹介され、舛添氏も政治家を志した原点は「認知症になった母の介護」だと主張していた。だが同書にある「東京から九州に、週末ごとに通った遠距離の介護」に今、疑惑の目が向けられてい [全文を読む]

デーモン閣下が“知の鉄人”たちを前に威圧感たっぷり

Smartザテレビジョン / 2015年06月25日06時00分

また、堀江の著書「金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?」や、舛添都知事の著書「東京を変える、日本が変わる」など解答者の著書からも出題。難問が続く緊迫の第1ステージを勝ち抜くのは、どのメンバーだ。 第2ステージの「上級博識バトル」では、より難易度の高い上級問題が用意されている。成績上位者二人が決勝ラウンドに進出できるが誰が残るのか。 [全文を読む]

民進党・蓮舫代表や舛添要一前都知事に鳥越俊太郎候補……2016年の『お前がいうな大賞』を考えてみる

ガジェット通信 / 2016年10月28日11時15分

自衛隊きちんとして欲しいね」とツイートし即炎上 http://getnews.jp/archives/1448582 5月と6月にかけては舛添要一・東京都知事が大炎上していたが、こちらは過去の発言や著書の内容がことごとく「お前が言うな」的なものだった。 7月には漫画家のやくみつるさんが「ポケモンGOをやっている人、心の底から侮蔑します」と発言。こちら、流行 [全文を読む]

小池百合子氏が大臣時代にかけた、一秒の「ワン切り」電話の意味

まぐまぐニュース! / 2016年08月05日05時00分

(小池の著書『女子の本懐』より) 翌日、守屋次官は大臣室に小池大臣を訪ねた。大臣は「昨晩、携帯に電話したけど通じなかった。もう決まったこと」と繰り返した。 これについて、守屋はその著書『普天間交渉記録』のなかで、次のように証言している。 小池大臣の私に対する携帯電話はいつも、二、三回の呼び出し音で切れた。着信の履歴を見て、大臣からと分かると、私はすぐに折り [全文を読む]

舛添要一前東京都知事に新疑惑 謎の符丁「豆腐5兆」の存在とは?

日刊サイゾー / 2016年06月27日23時30分

ただ、著書では「質素に暮らせば金はかからない」という、いま読めばギャグみたいな話を書いてきたウラオモテの激しい舛添氏のこと、これからの私生活でセレブな振る舞いをしていたら、その原資は「豆腐5兆」の一部かもしれないと思ってしまいそうだ。 (文=ハイセーヤスダ/NEWSIDER Tokyo) [全文を読む]

舛添都知事の妻がついに逆ギレ?止まらない”銭ゲバ”報道の舞台裏

デイリーニュースオンライン / 2016年06月09日12時05分

主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

舛添要一を追い詰める都庁職員の「憤怒」肉声

アサ芸プラス / 2016年06月06日05時55分

噴出しているカネの問題も、『聞きたくない話は聞きそびれた振りをして、黙ってムダづかいをする』という卑しさが根本にあるんですよ」 職員の罵声だけでなく、かつて自身の著書で語った言葉もアダとなっている。 12年に出版された「内閣総理大臣 その力量と資質の見極め方」(角川ONEテーマ21)では「今の日本で、マスコミを敵に回しては、勝てるはずはない」と断言していた [全文を読む]

【永田町炎上】なぜ東京都民や横浜市民はタチの悪い知事ばかり選ぶのか

デイリーニュースオンライン / 2016年05月31日12時04分

著書に『国会議員とカネ』(宝島社)、『国会議員裏物語』『戦後総理の査定ファイル』『日本はアメリカとどう関わってきたか?』(以上、彩図社)など。最新刊『平成闇の権力 政財界事件簿』(イースト・プレス)が好評発売中。 [全文を読む]

舛添要一 政治資金不正使用疑惑でも知事の座にしがみつく「銭ゲバ&金欠」事情(2)

アサ芸プラス / 2016年05月28日17時55分

舛添氏は自身の著書で、認知症を患い体が不自由だった実母を〈東京から九州に、週末ごとに通う遠距離の介護が7年間続きました〉と親孝行をアピールしていたが、これにも、「近所の人はほとんど誰も本人を見ていませんよ。そういえば今回の騒動前、舛添さんの同級生が講演をお願いしたところ『いくら出せるの? 300万円くらいでないと受けないよ』と言われたんです。北九州の恥です [全文を読む]

TOKIO「鉄腕DASH」の企画が仇に?税金の”ムダ使い”で炎上騒ぎ

デイリーニュースオンライン / 2016年04月28日12時07分

主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

「文春対新潮」情報入手のどこが悪いのか

プレジデントオンライン / 2017年05月26日15時45分

主な著書に『編集者の学校』(講談社編著)『編集者の教室』(徳間書店)『週刊誌は死なず』(朝日新聞出版)『「週刊現代」編集長戦記』(イーストプレス)などがある。 ---------- (ジャーナリスト 元木 昌彦) [全文を読む]

【書評】あの『週刊文春』編集長がぶっちゃける、文春砲の撃ち方

まぐまぐニュース! / 2017年04月28日19時15分

今回の無料メルマガ『ビジネス発想源』では、そんな文春の現役編集長の著書が紹介されています。 情報は信頼 最近読んだ本の内容からの話。 1989年に文藝春秋社に入社した新谷学氏は、「Number」、「マルコポーロ」、月刊「文藝春秋」などの編集部を経て、2012年に「週刊文春」の編集長となった。新谷氏が編集長に就任するや「週刊文春」は、「小沢一郎 妻からの『離 [全文を読む]

あなたの知らないゲンダイ用語の基礎知識――時事芸人・プチ鹿島ロングインタビューその1

プレジデントオンライン / 2017年04月26日09時15分

著書に『教養としてのプロレス』、『東京ポッド許可局』(共著) がある。 ---------- (聞き手・構成=須藤 輝 撮影=プレジデントオンライン編集部) [全文を読む]

「自称・当事者」や「当事者配慮者」からのクレームへの対処

NEWSポストセブン / 2016年10月31日16時00分

著書に『ウェブはバカと暇人のもの』『ネットのバカ』など ※週刊ポスト2016年11月11日号 [全文を読む]

小池百合子応援団・若狭勝センセと自民詰め腹区議の茶番劇|やまもといちろうコラム

デイリーニュースオンライン / 2016年09月30日14時05分

著書に『ネット右翼の矛盾 憂国が招く「亡国」』(宝島社新書)など多数 公式サイト/ [全文を読む]

「百合子新党」旗揚げは安倍政権の改憲を後押しする

週プレNEWS / 2016年08月15日06時00分

著書『日本中枢の崩壊』(講談社)がベストセラーに。近著に『国家の暴走』(角川oneテーマ21) (撮影/山形健司) [全文を読む]

フォーカス