舛添要一 片山さつきに関するニュース

急死した鳩山邦夫の”天才伝説”と舛添要一との隠れた因縁

デイリーニュースオンライン / 2016年06月25日12時07分

政治資金の私的流用など、様々な疑惑を追求された舛添要一(67)は逃げるように東京都庁を去った。 同じころ、舛添氏と不思議な因縁を持つ人物が、この世から去った──鳩山邦夫・元法務大臣(注1)。享年六十七。天才と呼ばれた男の早すぎる死だった(注2)。 言うまでもなく鳩山邦夫の祖父の一郎は元首相、父の威一郎は元外務大臣、兄の由紀夫は元首相。さらに母方の祖父はブリ [全文を読む]

<もはやお笑い番組>笑えるシーン連発!イジられキャラ登場の『舛添さんモノ』

メディアゴン / 2016年05月19日07時40分

・私人舛添要一が書いた本を公人舛添要一が公費を使って大量購入し、その印税が私人舛添要一の収入になるというずる賢さも失笑モノです。・東京研究の資料として浮世絵等の美術品を大量購入した件も、浮世絵を収録した出版物がいくらでもあります。あえて自分の楽しみのために美術品を公費で買ったのなら、その了見の卑しさにも笑えます。・湯河原の衣料品店で買ったお子さんのパジャマ [全文を読む]

【永田町炎上】蓮舫や三原じゅん子に百万票以上を投じた有権者の知的水準

デイリーニュースオンライン / 2016年07月28日12時05分

■なぜ安倍政権は片山さつきの能力を活かさない? 片山といえば舛添要一前都知事の元女房で、男を見る目はいまいちのようだが、およそ予算をともなわない政策はないのであるから、大蔵省の主計官をやれば、ほとんどの政策には精通するようになる。 生意気な性格なのがたまに傷だが、頭脳の明瞭さと政策能力の高さに関しては日本の女性議員の中ではダントツだ。安倍が寵愛する弁護士 [全文を読む]

元夫・舛添氏罵った片山さつき氏 政治資金で自著1900冊購入

NEWSポストセブン / 2016年06月12日16時00分

「せこい、小さい、哀しい」、「公私混同の極み」、「同じ画面に映ると票が減る」──これらは参院議員の片山さつき氏が放った、元夫・舛添要一東京都知事への言葉である。そんな折、片山氏にも政治資金を巡る「せこい」疑惑が持ち上がっている。 平成25年上半期の「片山さつき後援会」の政治資金収支報告書によれば、同会の支出には出版社の「オークラ出版」へ43万2000円を2 [全文を読む]

舛添要一「障害持つ息子の養育費減額を要求」元愛人母が告発

WEB女性自身 / 2016年05月24日00時00分

窮地に立つ舛添要一東京都知事(67)。舛添氏は、雅美夫人(52)と結婚する前に2度の離婚経験がある。1人目は元ミス東大の片山さつき参院議員(67)。2人目はフランス人の一般女性だ。 「前の奥さんは2人とも、ひとこと多い うるさ型 でしたが、雅美さんはそうじゃない。落ち着いて、おっとりしたタイプで、舛添さん自身も『僕には初めてのタイプ』と言っていたくらいです [全文を読む]

積年の恨みか?元妻・片山さつきの「舛添叩き」がどうにも止まらない!

アサジョ / 2016年05月23日17時58分

政治資金の私的流用疑惑で非難を浴びている舛添要一東京都知事。20日の定例会見でも、政治資金で支払った千葉県のホテルでの宿泊費や、インターネットオークションで購入した美術品に関する厳しい質問が相次いだ。 だが、舛添知事は終始「厳正な第三者の目で精査していただく」と繰り返し返答するばかりで、都民の不信感は募るばかりだ。 そんな中、舛添知事の元妻で自民党参院議員 [全文を読む]

舛添知事「品性ゼロの寄生癖」を元妻・片山さつきが一刀両断

WEB女性自身 / 2016年05月18日06時00分

約30年前、舛添要一東京都知事(67歳)の妻だった女性だ。確かに、舛添氏は 演技力 に自信があるのだろう。13日の定例会見に集まった報道陣は約200人。正月の家族旅行でのホテル宿泊問題など、次々と浴びせられる質問に対し、証拠をひとつも開示せずにかわそうとしたのだから 。 片山氏は舛添氏を、自己アピール力だけで生きてきた政治家だと評する。 「利用できる人はな [全文を読む]

舛添都知事のお金にまつわる「セコい話」に唖然

メディアゴン / 2016年05月03日07時30分

下種の勘ぐりと言われそうですが、今回の舛添要一都知事のニュースを視ていると、どうしても同様の疑問を感じてしまいます。問題の湯河原の別荘、表札には株式会社舛添政治経済研究所とあります。別荘は舛添さん個人の所有ではないようです。世田谷の立派なご自宅も同じ株式会社舛添政治経済研究所からの賃借の形をとり、高額な家賃のやりとりが問題になったことがありました。株式会社 [全文を読む]

舛添要一都知事の初登庁日 女性蔑視問題視する団体がお出迎え

NEWSポストセブン / 2014年02月17日16時00分

都知事選中に、「舛添に投票する男とセックスしない女達の会」なるツイッターアカウントが登場するなど、とかく女性には人気のない舛添要一新都知事。それもそのはず、過去に雑誌のディベート企画で「生理があるから女に政治家は任せられない」と女性蔑視発言をしていたり、元妻の片山さつき自民党議員に浮気や家庭内暴力を暴露されたり、本誌が報じた養育費減額要求問題など、女性に嫌 [全文を読む]

愛妻家の舛添要一氏 余程のことない限り午後8時までに帰宅

NEWSポストセブン / 2014年01月23日07時00分

前日弁連会長の宇都宮健児氏(67才)や元航空幕僚長の田母神俊雄氏(65才)、元首相の細川護熙氏(76才)など実力者が多数出馬しているが、その中の1人が元厚生労働大臣の舛添要一氏(65才)だ。 朝6時40分──舛添氏の朝は、自宅前の集積場にゴミ出しに行くところから始まる。そのまま牛乳と新聞を取り込み、洗濯するところまでが夫の仕事。これは妻と交わした約束だとい [全文を読む]

野村周平の第一印象は「一番生意気だった」福田彩乃が告白!

Smartザテレビジョン / 2017年03月09日21時35分

冒頭から、元夫である舛添要一前東京都知事とのなれ初めの話に。相手がいなかったから舛添とお見合い結婚をしたと語る片山は、さらに驚きのエピソードを明かす。 3軒目は、イケメン俳優の野村。浜田、松本と同じ兵庫出身である野村とは、地元トークで盛り上がる。 また、野村と福田が同じオーディションに参加しデビューした同期ということが判明。福田は、当時の野村の印象を「一番 [全文を読む]

不祥事続出…舛添要一都知事の「ドケチ&冷血素顔」婚外子を生んだ女性の母がメッタ斬り

アサ芸プラス / 2016年06月19日09時55分

それが今や「公金流用疑惑」を都議会で厳しく追及され、お粗末な小声答弁に終始する舛添要一都知事(67)。婚外子を産んだ女性の母が、ドケチで非情な素顔を明かした。「今回は政治家としての責任を問われていますけど、そもそもあの人は人間性がゼロなんです」 もはや東京だけでなく、日本の恥さらしとなった舛添氏をメッタ斬りにするのは、かつて舛添氏と愛人関係にあったA子さん [全文を読む]

【永田町炎上】辞職だけでは済まされぬ舛添要一の”嘘だらけ人生”

デイリーニュースオンライン / 2016年06月18日17時05分

【朝倉秀雄の永田町炎上】 ■舛添は猪瀬辞任の約1年前に都知事選出馬の相談をした? 政治資金の私的流用疑惑などでさんざん世間を騒がせてきた舛添要一東京都知事がやっと年貢を納める気になったらしい。与党からも不信任決議案の提出を突きつけられた挙げ句の決断なのだから、まったく往生際の悪い男という他はない。もっとも日頃、偉そうに綺麗事を宣いながら口先三寸で世渡りし、 [全文を読む]

舛添要一都知事 公金流用よりひどい「下半身公私混同」を調査!(1)女性秘書へのある言動が…

アサ芸プラス / 2016年06月12日09時55分

公金流用問題で連日、厳しい追及を受け続ける舛添要一都知事(67)。騒動の発端となった、ぜいたく三昧の海外出張をはじめ、公用車での別荘通い、公金での家族旅行や趣味の絵画購入など、今やネット上では「舛添ケチジ」なるアダ名が浸透するありさまだ。 疑惑発覚後、釈明の場となっている定例会見では、報道陣から何を聞かれても、「全力で精査します」「第三者の厳しい目で調べ [全文を読む]

都知事選に安倍首相「勝てるなら小池百合子氏でも」との意向

NEWSポストセブン / 2016年05月31日07時00分

東京地検特捜部には現在、舛添要一・東京都知事の“疑惑”についての「告発が殺到している」(司法記者)状態だという。首相官邸も完全に舛添氏に見切りをつけたようだ。 「内閣情報調査室が極秘の舛添調査チームを編成して疑惑を洗い出している。まだまだ疑惑は出てくる」(官邸スタッフ) 内調が動いているということは、安倍政権がメディアの舛添追及を後押ししていると見ていい。 [全文を読む]

子供の養育費値下げを愛人に要求 舛添都知事の節約術

NEWSポストセブン / 2016年05月20日16時00分

この数日、舛添要一都知事(67才)の自宅前はものものしい空気に包まれているが、当の本人の姿は見えない。 『週刊文春』の報道で政治資金の“私的使用”が指摘され、会見で釈明した舛添氏。一部私的な費用が混じっていたとして返金を発表し謝罪したが、その釈明会見に納得している都民はほとんどいない。 「結局秘書のせい」、「誰とどんな会議をしていたか説明できないなら、証明 [全文を読む]

舛添要一都知事 「数々の女性を悲しみのどん底に…」の評も

NEWSポストセブン / 2014年02月15日07時00分

2月9日の東京都知事選で圧勝した舛添要一新都知事(65才)だが、かつては女性蔑視発言が問題視されたこともある。 「彼の歪んだ女性観が表れていますね。“永田町一のモテ男”ともいわれる舛添さんですが、これまでも数々の女性を悲しみのどん底に落としてきました…」(ある衆議院議員) 1978年、ヨーロッパ留学中に出会ったフランス人女性と最初の結婚をした舛添氏。しかし [全文を読む]

舛添新都知事 元愛人母語る「実子への非道な仕打ち」

WEB女性自身 / 2014年02月10日00時00分

彼女は、舛添要一新東京都知事(66)の元愛人・A子さんの母親だ。A子さんは'88年に舛添知事との間に男児をもうけている。当時、舛添知事は大蔵省職員だった片山さつき議員と結婚していた。A子さんとは不倫の間柄。知事とA子さんとの間にできた子供には障害があった。彼は、この子の認知と養育費の支払いを渋り続けたが、出産2年後にようやく認め、現在は月22万円の養育費を [全文を読む]

都知事選に見る政界再編とサプライズ出馬

アサ芸プラス / 2014年01月15日09時55分

その中で最も人気があるのが舛添要一元厚労相(66)。行政経験のある実務型でオリンピックを控えている東京としては適任と言える。が、自民党を出た人なので自民党も推薦というわけにもいかない。民主党もひと頃の勢いがないので、舛添さんとしては担がれたくないかもしれない。いずれにしろ、都知事選の候補者選びは舛添氏を中心に進んでいく」 自民党内では他にも小池百合子元防衛 [全文を読む]

類い稀な男性的魅力を持つ舛添要一氏 結婚3回で子供は5人

NEWSポストセブン / 2014年01月15日07時00分

有力候補の一人と見られているのが無所属での出馬を表明した舛添要一・元厚労相(65)だ。実は舛添氏、類い稀な男性的魅力を持っているようで、「永田町イチの艶福家」として知られているのだ。 舛添氏の最初の結婚は1978年、相手はフランス人女性だった。出会いは、舛添氏が東大法学部政治学科を卒業後、パリ大学研究所やジュネーブ高等国際問題研究所の研究員を歴任したヨーロ [全文を読む]

フォーカス