舛添要一 舛添都知事に関するニュース

【エンタがビタミン♪】東国原氏が舛添都知事を糾弾「ビートたけしの“庶民感覚”を見習え」

TechinsightJapan / 2016年05月13日20時20分

5月13日の『バイキング』(フジテレビ系)でMCの坂上忍が舛添要一東京都知事について「政治資金で家族旅行?」をテーマに選んだ。彼は舛添都知事がBSフジ『プライムニュース』に生出演した件について「舛添さんはテレビで名を上げた人だけに、視聴者の目の怖さを知っているはず。生放送に出るからには手ごまを持っているだろうと思ったが、“精査します”を連発して何も話さな [全文を読む]

<税金も含まれる「政治資金」>舛添都知事の「政治資金」余っているなら返還すべき

メディアゴン / 2016年06月15日07時30分

保科省吾[コラムニスト]* * *舛添要一都知事は、同じ弁解を手を変え品を変え、様々な表現で繰り返すことの出来る「言葉の魔術師」です。この機会に以下の言葉を覚えておくと良いでしょう。 舛添知事の答弁は「巧言令色鮮し仁」である。「巧言令色鮮し仁」とは、言葉巧みで人から好かれようと愛想を振りまく者には、誠実な人間が少なく、人として最も大事な徳である仁の心が欠け [全文を読む]

舛添都知事は中国官僚を連想させる?両者に共通する”公費乱用”の暴挙

デイリーニュースオンライン / 2016年05月03日12時05分

2016年4月26日、舛添要一東京都知事(67)が1年前から公用車を利用して、49回にわたり湯河原町にある自身の別荘に通っていた事実が発覚しました。都内のハイヤー会社によると、東京都心から別荘までの往復の代金は8万円程度とのことであり、費用の総額は400万円近くにのぼると推測されています。 この件に対し舛添知事は「健康を保ってきちんと頭の整理をするため」、 [全文を読む]

舛添都知事が趣味の美術鑑賞も…都庁職員の仕事ぶりが泣ける

しらべぇ / 2016年06月09日17時00分

chachamal/iStock/Thinkstock政治資金で美術品を大量購入など、「公私混同」だと批判を浴び続けている舛添要一都知事だが、新たな事実が発覚した。美術館や博物館に1年間に渡り39回も訪れ、同じ美術展に3回も足を運んだこともあるというのだ。「個人的趣味」だと批判されるのも当然である。美術館からの直行や直帰も疑われる中、実際に都庁で働いている [全文を読む]

<もはやお笑い番組>笑えるシーン連発!イジられキャラ登場の『舛添さんモノ』

メディアゴン / 2016年05月19日07時40分

・私人舛添要一が書いた本を公人舛添要一が公費を使って大量購入し、その印税が私人舛添要一の収入になるというずる賢さも失笑モノです。・東京研究の資料として浮世絵等の美術品を大量購入した件も、浮世絵を収録した出版物がいくらでもあります。あえて自分の楽しみのために美術品を公費で買ったのなら、その了見の卑しさにも笑えます。・湯河原の衣料品店で買ったお子さんのパジャマ [全文を読む]

舛添都知事のお金にまつわる「セコい話」に唖然

メディアゴン / 2016年05月03日07時30分

下種の勘ぐりと言われそうですが、今回の舛添要一都知事のニュースを視ていると、どうしても同様の疑問を感じてしまいます。問題の湯河原の別荘、表札には株式会社舛添政治経済研究所とあります。別荘は舛添さん個人の所有ではないようです。世田谷の立派なご自宅も同じ株式会社舛添政治経済研究所からの賃借の形をとり、高額な家賃のやりとりが問題になったことがありました。株式会社 [全文を読む]

『なぜ、舛添要一は辞めたのか? 次の都知事は誰だ?』(国内情勢研究会=著)が、Amazon POD(プリント・オン・デマンド)ストアで販売開始!!

DreamNews / 2016年07月07日16時30分

ゴマブックス株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:赤井仁)は、2015年7月7日(木)、Amazon POD(プリント・オン・デマンド)ストアにて、『なぜ、舛添要一は辞めたのか? 次の都知事は誰だ?』(国内情勢研究会=著)の販売を開始したことを発表します。ゴマブックス株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:赤井仁)は、2015年7月7日(木) [全文を読む]

<3分で読める舛添要一の半生>東大法学部のスーパーエリートから都知事辞職までの45年

メディアゴン / 2016年06月16日07時30分

メディアゴン編集部* * * 「混乱を避けるため、リオ五輪が終わるまで続投させて欲しい」舛添要一都知事のこのセリフは、ディベートで言えば、一発逆転を狙った考え抜いたキーワードだったのだろう。だが、時すでに遅しで、舛添氏の考えと存在は世間からすっかり乖離してしまっていたので、何の効き目もなかった。ここまで自分を前に押し出して行く舛添氏とは、どんな人物だったの [全文を読む]

【酷すぎ】安倍総理「東京都知事はやっぱり舛添」発言が完全ブーメラン

しらべぇ / 2016年06月14日07時30分

なんとここで安倍総理は「東京都知事はやっぱり舛添! 東京都知事は、舛添要一さんしかいないじゃありませんか! 東京都の社会福祉政策を任せることができるのは舛添要一さんであります!」...と、豪語していたのだ。これでは完全に「気をつけよう、甘い言葉と自民党だろ!」と思ってしまう、完全にブーメラン発言である。また、「待機児童問題にも取り組む」と言っているにもかか [全文を読む]

舛添の公私混同を批判した橋下徹が知事時代の我が子特別扱いを指摘され逆ギレ!「だったら父親に知事になってもらえ」

リテラ / 2016年06月06日20時30分

舛添要一東京都知事が本日、記者会見を開き、続投を表明した。しかし今回、第三者から政治資金の支出として「不適切」だと指摘された問題もあり、都民から反発を招くことは必至だ。 そんななか、舛添都知事とは対照的に絶好調なのが、橋下徹前大阪府知事だ。自身の冠番組『橋下×羽鳥の新番組(仮)』(テレビ朝日)では舛添都知事の海外出張問題などを取り上げ、「スイートルームなん [全文を読む]

ポピュリズム選挙の弊害?トンデモ候補から消去法で残った舛添都知事の惨状

デイリーニュースオンライン / 2016年05月21日12時05分

「東京都民は人を見る目が無いねえ」 「なんでアレなの? 都民はバカなの?」 「いまごろ攻撃するなら、最初から選ぶなよ」 言うまでもなく、舛添要一都知事(67)のせいだ。異常に豪勢な海外視察に出かけたり、都有地の保育所転用案を潰して韓国人学校増設を決めたり、毎週のように公用車で温泉に通ったり……。この辺りまでは「何が悪いんだ?」と批判をはねつけていた舛添要 [全文を読む]

松本人志、“税金タカリ”の舛添都知事に言及「裸の王様になっている」

デイリーニュースオンライン / 2016年05月15日11時06分

ダウンタウンの松本人志(52)が15日、トーク番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、“政治とカネ”の問題で批判を浴びている舛添要一東京都知事(67)について、「この人は裸の王様になっている」と独特の感覚で言及した。 この日のゲストは先日、DV疑惑が報じられたばかりの元NHKアナウンサーの堀潤(38)、タレントの石原良純(54)と千秋(44)の三人。松本 [全文を読む]

舛添都知事「極端な浪費ぶり」を予告していた「24年前のファミコンゲーム」

アサ芸プラス / 2016年05月13日05時59分

「公金の無駄遣い」を指摘され、激しい批判を受けている舛添要一都知事。4月のアメリカ出張では、毎日、スイートルームに宿泊していたほか、飛行機での移動はファーストクラスを利用したとされる。 さらには、神奈川県湯河原町の別荘に行くため頻繁に公用車を使っていたことが判明し、大バッシングが巻き起こっている。「ルールどおりにやっているので問題ない」と語り、全く意に介さ [全文を読む]

リコール運動が発生…舛添都知事の親韓国路線が地方の過疎化を救う!?

デイリーニュースオンライン / 2015年02月17日15時50分

舛添要一都知事が就任から1年が経過した。1年間の舛添都政を検証してみると、石原・猪瀬路線と明らかに異なる独自色が打ち出されている。それが、東アジアを重視した都市外交政策だ。 舛添都知事は就任以後、ロシアのソチやイギリス・ロンドンなどを相次いで視察している。これは2020年に開催予定の東京オリンピックの事前準備のためだが、舛添都知事が訪問した国には2008年 [全文を読む]

舛添知事辞職で残ったモヤモヤ感

Japan In-depth / 2016年06月16日11時00分

もちろん、政治資金支出などを巡る公私混同問題のご本人、舛添要一都知事に対してだ。東京都議会は6月15日午後8時前、舛添都知事から出されていた辞職願に全会一致で同意。このことにより、舛添都知事の21日付での辞職が正式に決定した。では、何がモヤモヤ感なのか。舛添都知事は15日、都議会で退任のあいさつを述べた。2分28秒のこのあいさつに、あ然としたのは筆者だけだ [全文を読む]

ファンキー加藤、舛添都知事…専門家が“謝罪”を採点

WEB女性自身 / 2016年06月16日06時00分

6月6日に 厳しい第三者 の調査結果を発表した舛添要一東京都知事(67)。だが、自らの行動に違法性がないことを繰り返すだけの見苦しい釈明となった。 「法に反しているか否かだけで判断するならベッキーさんと川谷さん(ゲスの極み乙女。)、宮崎謙介元議員だって反していません。自分で選んだ弁護士に自分を客観的に調べてもらう。そんな話が通用すると思っているくらい、世の [全文を読む]

舛添都知事の“黒幕”は妻だった!? 裕福な実家に育ったにもかかわらず…

tocana / 2016年06月15日09時00分

数々の政治資金疑惑が浮上している舛添要一都知事に“黒幕”の存在がウワサされている。 「ここにきて舛添氏の妻・雅美さんに注目が集まっているんです。2人は1996年に結婚。舛添氏より15歳も年下で、当時は彼の熱狂的なファンで結婚したということでしたが…」とは社会部記者。 しかし、先日弁護士同席のもと公表した「調査報告書」からは、加湿器や掃除機、地テジアンテナの [全文を読む]

舛添都知事の妻がついに逆ギレ?止まらない”銭ゲバ”報道の舞台裏

デイリーニュースオンライン / 2016年06月09日12時05分

政治資金の公私混同疑惑が直撃している舛添要一(67)・東京都知事への逆風が激しさを増している。6月6日の調査報告で「生まれ変わった気持ちで、全身全霊をかけて都政に臨みたい」と続投宣言した舛添要一氏だが、都民の批判が止むことはない。 「第三者の目線で厳しく調査され、信頼性は確保されている」 と強弁した調査だが、そもそも、調査を担当したヤメ検弁護士が舛添氏自身 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】舛添都知事の介護に関する著書に非難殺到 南美希子も落胆「感動したのに…」

TechinsightJapan / 2016年06月08日14時39分

舛添要一東京都知事の著書『母に襁褓をあてるとき―介護 闘いの日々』について、通販サイトAmazonのカスタマーレビューが荒れている。この本は“現代日本の問題点を鋭く描く渾身の体験ルポ”と紹介され、舛添氏も政治家を志した原点は「認知症になった母の介護」だと主張していた。だが同書にある「東京から九州に、週末ごとに通った遠距離の介護」に今、疑惑の目が向けられてい [全文を読む]

ヤジや怒号は飛んだか?舛添都知事の”所信表明”傍聴ルポ|プチ鹿島コラム

デイリーニュースオンライン / 2016年06月05日17時05分

政治資金の私的流用疑惑などが批判されている舛添要一都知事が所信表明に臨むからだ。 私も番組レポ(「荒川強啓デイ・キャッチ!」TBSラジオ)で都議会の傍聴に初めて行ってきた。本会議は13時からで、傍聴券は1時間前から配布。先着順なので果たして入れるのか? 午前10時。都議会議事堂2階の受付前は思いのほか人が少ない。 実は都議会の傍聴ってあんまり満員にならない [全文を読む]

フォーカス