制服 松田聖子に関するニュース

心に残る思い出の「卒業ソング」を発表!1位に輝いたのは?~『CD&DLでーた』発表~

PR TIMES / 2014年03月12日12時26分

)有効回答者数 n=4250人順位:曲名/アーティスト名1位:卒業写真/荒井由実2位:贈る言葉/海援隊3位:仰げば尊し/(唱歌)4位:卒業/斉藤由貴5位:卒業/尾崎豊6位:蛍の光/(唱歌)7位:旅立ちの日に/(唱歌)8位:3月9日/レミオロメン9位:my graduation/SPEED10位:さくら/森山直太朗11位:乾杯/長渕剛11位:制服/松田聖子1 [全文を読む]

星野みちるインタビュー「皆が驚くようなカバーアルバム」セルフ全曲解説

エンタメNEXT / 2016年09月23日09時30分

なので制服風の衣装を着ていると、何を観てもAKBの系列かなって思っちゃうんですよ。ただ「恋するフォーチュンクッキー」は、すごく盛り上がっていたのでテレビで聴いていました。 ――ラストを飾る10曲目の「ひとつだけ」は矢野顕子さんの楽曲ですが、こちらの選曲は? 星野 はせさんですね。あまり矢野顕子さんも聴いたことがなかったんですけど、この曲は聴き覚えがありまし [全文を読む]

白石涼子、松本梨香、加藤英美里ら女性声優たちがJ-POPの名曲をカバー!

リッスンジャパン / 2013年03月31日08時00分

人気女性声優たちがJ-POPの名曲をカバーしたコンピレーションアルバム『Twinkle Voice~声の贈り物』が4月17日にリリースされます!人気男性声優がJ-POPの名曲をカバーしたコンピレーションアルバム『Platinum Voice~届けたい歌がある~』(2012年12月リリース)に続く企画となる今作には、「制服」(松田聖子)/白石涼子、「ねぇ」( [全文を読む]

安達祐実(35)のセーラー服がヤバすぎる 「同情するなら制服をくれ」との声

しらべぇ / 2017年04月21日19時00分

・合わせて読みたい→デヴィ夫人がブログで略奪婚芸能人を暴露 「松田聖子も安達祐実もやった」(文/しらべぇ編集部・らむたそ)【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年2月19日~2016年2月22日対象:全国20代~60代の男女1,341名 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】松田聖子“歌姫”の本領発揮 ニューアルバム『SEIKO JAZZ』で圧倒的存在感

TechinsightJapan / 2017年03月26日11時59分

『赤いスイートピー』(1982年)や『あなたに逢いたくて~Missing You~』(1996年)、卒業シーズンには隠れた名曲と評判の『制服』など様々な楽曲を耳にする。そんななかビールのCMソングにも使われた『SWEET MEMORIES』(1983年)は彼女が意識していたかは分からないが、ジャズの香りがほのかに感じられるナンバーだろう。 それから30年以 [全文を読む]

隣にいた松田聖子はいつしか「手が届かないバケモノ」に

NEWSポストセブン / 2016年07月25日11時00分

B面の『制服』も印象に残っています。卒業を歌った曲で、“中学生になったらあの子と別々になるかもしれない…”という切ない気持ちと重なりました。『ハートのイアリング』や『瞳はダイアモンド』を聴いては、“私も高校生になったらこんなつらい恋をするのかな”って考えて胸がキュンとなったり。だから、ちょっと上のお姉さんみたいな、憧れの存在でしたね。聖子ちゃんの曲は私の歴 [全文を読む]

歌謡曲に注目集まる 80年代の対照的な二大巨頭の魅力と実力

NEWSポストセブン / 2016年05月30日16時00分

制服は長ランを着ていたし、けんかはするし家出をするし。そのたびに家の空気が張り詰めて、雰囲気が悪くなっていました。その時のことを思い出すと、頭の中で必ず流れるのがこの曲。当時“弟のことみたいだな”と思って聴いていたからでしょうね」 それぞれの胸に思い出の一曲を刻んだ80年代はアイドルによる歌謡曲があふれた時代だった。80年に松田聖子、田原俊彦(55才)、近 [全文を読む]

松田聖子 CDマッチング楽譜集 ピアノソロ & メロディー譜 We Love SEIKO - 35th Anniversary 松田聖子 究極オールタイムベスト 50Songs - 12月25日発売!

PR TIMES / 2015年12月16日17時00分

ピアノソロ & メロディー譜 We Love SEIKO - 35th Anniversary 松田聖子 究極オールタイムベスト 50Songs - 定価:2,778円(本体価格)+税 仕様:菊倍判縦/188ページ(巻頭カラー4ページ) 発売日:2015年12月25日発売予定 ISBN:978-4-636-92685-9 商品コード:GTP0109268 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】北原里英の“バイトリーダー”姿に「いたら、頑張って働くわ」

TechinsightJapan / 2015年12月03日16時40分

AKB48グループで制服は着慣れている彼女だが、凛々しい店員姿に「別人みたいだ!」「松田聖子さん?」とファンも驚いていた。 “マクドナルド×NGT48”コラボキャンペーン『チキンマックナゲット48ピース』発売記念イベントが12月1日、マクドナルド新潟万代店で行われた。NGT48からキャプテンの北原里英をはじめメンバー9人が登場。ステージでトークを楽しんだ後 [全文を読む]

松田聖子、自身初となるオールタイムベストのDVD収録内容を公開

okmusic UP's / 2015年11月27日19時00分

■アルバム『We Love SEIKO - 35th Anniversary 松田聖子究極オールタイムベスト 50Songs - 』2015年12月9日発売 【初回限定盤A】(3CD+DVD) UPCH-29201/¥4,400+税 【初回限定盤B】(3CD+DVD) UPCH-29211/¥4,800+税 ※35th Anniversary特製/アルバム [全文を読む]

25歳の遅咲きアイドル・小田桐奈々は永遠の10代美少女! 「目標は松田聖子さん。年齢に関係なく夢は叶うって証明できたら…」

週プレNEWS / 2015年08月28日20時40分

8月19日にメジャーデビューを果たし、そのデビューミニアルバム『制服シンデレラ』がオリコンウィークリー・チャート初登場6位を記録、話題を呼んでいるアイドルユニット「放課後プリンセス」。 そのメンバーとして、高い人気を誇っているのがリーダーの小田桐奈々だ。 彼女は2011年、放課後プリンセスのスタートとともに第一期メンバーとして参加し、生徒会長(リーダー)と [全文を読む]

指原莉乃も参加した「王道アイドル」演出でAKB48小栗有以が進化

dwango.jp news / 2017年01月14日22時52分

「今日は早起きしてく れてありがとー!」と『制服の羽根』のスローバージョンからスタート。『走れペンギン』では、応援に駆けつけた舞木香純と清水麻璃亜に、ステージ上でチェキを撮影してもらいその写真を客席に配布。デート服での『ハート形ウィルス』や、松田聖子の『天使のウィンク』などを披露。HKT48指原莉乃もセットリストの考案に携わったという「王道アイドル」な演出 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】斉藤由貴と柏原芳恵の“卒業ソング”をマツコが絶賛「すごい歌詞よね」

TechinsightJapan / 2016年02月24日18時40分

そのなかで「時代を超えた名曲!昭和の卒業ソング」として『贈る言葉』(海援隊)、『制服』(松田聖子)など10数曲がピックアップされたなか、マツコは「好きなのは、やっぱり斉藤由貴さんかな」と彼女の『卒業』を選んだ。 「あれはね、全然感動的じゃないのよ」「相当、醒めた歌よ」「周りで卒業だとぎゃーぎゃー騒ぐ同級生を小バカにした歌」「すごい歌詞よね」と解説する。マツ [全文を読む]

紗栄子が『みなさんのおかげでした』に出演、可愛すぎるとネット上で話題に 「まだまだイケる」「くっそかわいい」

AOLニュース / 2015年11月20日12時00分

同番組の名物企画〈商店街オゴリ旅ア~イおじさん〉にゲストとして登場した紗栄子は、とんねるず・木梨&南海キャンディーズ・山里と共に横浜にある弘明寺商店街を訪問し、その際に彼女が身に着けていたのはなんとJK制服風の衣装。しかもその制服姿でカラオケスナックを訪れ松田聖子のヒット曲をキュートな歌声で熱唱するという、なんとも珍しい姿を披露したことから、これを観たネ [全文を読む]

唯野未歩子の初めての電子書籍オリジナル小説『青きを踏む、花曇り、その他の短篇』を刊行記念キャンペーン価格で発売

PR TIMES / 2014年09月19日17時00分

RADWINPS「me me she」、奥田民生「手紙」、松田聖子「制服」、松任谷由実「青いエアメール」、THE BLUE HEARTS「ラブレター」、矢野顕子「ひとつだけ」、くるり「ピアノガール」。せつないヒットソングをモチーフに、ささやかな人生を生きる様々な人たちの「片思い」模様を繊細に綴る連作小説です。「暴風域」別れるとき、旬くんとあたしは毎回、嵐の [全文を読む]

AKB襲撃事件、川栄李奈・入山杏奈の負傷で浮上した「握手会廃止論」

メンズサイゾー / 2014年05月26日16時05分

事件を防ぐためには警備が重要となるが、主催のキングレコードによると当日は制服警備員・会場整理スタッフ約100名が警備に当たり、握手前にファンの両手を広げてチェックしていた。だが、手荷物検査はランダムで全員に実施していたわけではなかったという。関係者やファンからは「いつかこんなトラブルが起きるんじゃないかと思っていた」という声が多く挙がっており、誰もが何と [全文を読む]

4250人が選んだ 心に残る思い出の「卒業ソング」ランキング ベスト20

ダ・ヴィンチニュース / 2014年03月13日18時10分

関連情報を含む記事はこちら 1位:卒業写真/荒井由実 2位:贈る言葉/海援隊 3位:仰げば尊し/(唱歌) 4位:卒業/斉藤由貴 5位:卒業/尾崎豊 6位:蛍の光/(唱歌) 7位:旅立ちの日に/(唱歌) 8位:3月9日/レミオロメン 9位:my graduation/SPEED 10位:さくら/森山直太朗 11位:乾杯/長渕剛 11位:制服/松田聖子 13 [全文を読む]

さくら学院卒業後ソロで復活の武藤彩未 空白の1年4か月を語る

太田出版ケトルニュース / 2013年09月09日07時00分

◆『クイック・ジャパン』vol.109(2013年8月12日発売/太田出版)【関連リンク】 ・クイック・ジャパン vol.109 【関連リンク】 ・きゃりーぱみゅぱみゅ「自分はどう考えてもアイドルじゃない」 ・℃-ute鈴木愛理 私服OKの高校に3年間制服で通学 ・17歳になったももクロ佐々木 「ライブの演出にも案を出したい」 ・永遠の中学生”謳う私立恵 [全文を読む]

フォーカス