山田哲人 バレンティンに関するニュース

【プロ野球】盗塁王の本当の価値。ヤクルト・山田哲人の「トリプルスリー」だけじゃない歴史的偉業

デイリーニュースオンライン / 2016年11月14日17時05分

2016年のプロ野球を「記録」で振り返る際、歴史的偉業として球史に輝くのがヤクルト・山田哲人の史上初となる2年連続トリプルスリーだろう。 打率.304はリーグ6位。本塁打38本はリーグ2位。そして30盗塁はリーグ1位だった。その打棒に注目が集まるばかりに、本来もっと評価されてもいい「2年連続盗塁王」の話題が少なくなってしまうのが山田哲人のすごいところだ。 [全文を読む]

近年稀に見る大乱闘 “伏線”は昨年から…?

ベースボールキング / 2017年04月05日13時00分

まず1回表、山田哲人への3球目が左肩にぶつかりかける。さらに続くバレンティンの打席でも、3球目のすっぽ抜けたスライダーが、左肩にぶつかりかけた。 すると今度は2回裏、ヤクルト先発のブキャナンが投げたツーシームが原口文仁の左肘を直撃。球場に不穏な空気が流れる。 これだけの“伏線”が張られたなかでの、畠山への死球。それも危険球スレスレの投球とあって、何も起こら [全文を読む]

【プロ野球】巨人の「真顔の大型補強」に物申す! 8打者で231発。思い出したい2004年の史上最強打線!!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月28日16時05分

日本代表には山田哲人、秋吉亮。そして、オランダ代表に選出が見込まれているバレンティンだ。 そこで、ヤクルトファンが今回のWBCを見る上での「お楽しみポイント」をまとめてみた。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■日本中が注目する山田哲人と菊池涼介の二塁手争い ヤクルトファンだけではなく多くの野球ファンが注目している日本代表の [全文を読む]

【プロ野球】セの”タイトル争い”を里崎智也、駒田徳広、西崎幸広らがガチ予想

デイリーニュースオンライン / 2016年04月03日16時05分

【打撃タイトル編】 <里崎予想> 打率:川端慎吾(ヤクルト) 本塁打&打点:筒香嘉智(DeNA) <駒田予想> 打率:川端慎吾(ヤクルト) 本塁打:山田哲人(ヤクルト) 打点:筒香嘉智(DeNA) <西崎予想> 打率:山田哲人(ヤクルト) 本塁打:エルドレッド(広島) 打点:筒香嘉智(DeNA) <山崎予想> 打率:筒香嘉智(DeNA) 本塁打:バレンテ [全文を読む]

【プロ野球】秋吉亮vsバレンティン! デニングが中堅!? ヤクルトファン的WBC名場面はコレ!

デイリーニュースオンライン / 2017年04月01日16時05分

ちなみに終電に間に合った要因は、10回表に日本が2点を奪った直後、山田哲人(ヤクルト)が併殺打となり、日本の攻撃がサクッと終わったからだろう……。 ■もう幻はいらない! 山田の完璧な一発! 2次ラウンドの初戦まで波に乗れず、話題となったのは1次ラウンド・キューバ戦での「幻の本塁打」のみだった山田哲人。「2年連続トリプルスリー男」がこのままで終わるはずがな [全文を読む]

【プロ野球】今季の真中采配はどうなる? 1番・山田哲人構想? ヤクルトの気になるところはここだ ~野手編~

デイリーニュースオンライン / 2017年01月14日16時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■「1番・山田哲人」構想は実現するか? 昨シーズン終了後、真中満監督は今シーズンの打順を白紙に戻して考えると明言した。その場で披露した案が「1番・山田哲人構想」である。昨シーズンの山田哲人は3番、4番で起用され、1番での出番はなかった。 思い起こせば2015年シーズンの開幕5試合の打順は、 [全文を読む]

視力は右が0.7、左が0.4でも裸眼…ヤクルト・山田哲人の常識外れな身体能力

週プレNEWS / 2015年10月05日06時00分

中でもチームに最も貢献したのは、二塁手の山田哲人(てつと)だろう。 昨季、日本人右打者最多記録の193安打をマークしてブレイクすると、今季は3割・30本・30盗塁という“トリプルスリー”の達成が確実。一時は三冠王も射程にとらえる大活躍だった。 また、守備や走塁も三木肇(みきはじめ)作戦兼内野守備走塁コーチとの二人三脚で格段にレベルアップ。盗塁数は昨年の15 [全文を読む]

オールスターゲームのファン投票がスタート!【ノミネート選手一覧】

ベースボールキング / 2017年05月16日10時40分

◆ セ・リーグ【先発投手】九里亜蓮(広島)野村祐輔(広島)ジョンソン(広島)菅野智之(巨人)マイコラス(巨人)田口麗斗(巨人)石田健大(DeNA)井納翔一(DeNA)今永昇太(DeNA)能見篤史(阪神)藤浪晋太郎(阪神)メッセンジャー(阪神)石川雅規(ヤクルト)ブキャナン(ヤクルト)小川泰弘(ヤクルト)吉見一起(中日)大野雄大(中日)バルデス(中日)【中継 [全文を読む]

【プロ野球】復活を期すヤクルト打線。カギをにぎるのは川端慎吾と畠山和洋の2人だ!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月23日16時05分

■ベストオーダーが揃ったヤクルト打線は脅威 2年連続トリプルスリー達成の山田哲人という絶対的な軸がいるヤクルト打線。その前後を担う川端、畠山がしっかりと機能すれば、坂口智隆、雄平、バレンティンと役者は揃っているだけに他球団にとっては脅威となる。 神宮球場にDeNAを迎える3月31日の開幕戦には、ベストオーダーで臨むことを期待したい。 文=藤山剣(ふじやま [全文を読む]

【プロ野球】「え、そうなの?」 2016年、ヤクルトの選手たちに訪れた様々な「初めて」を紹介!

デイリーニュースオンライン / 2016年12月24日16時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■野手陣たちの「初めて」 山田哲人が史上初となる2年連続トリプルスリーを達成。NPBの歴史にその名を刻んだ。来シーズンはメジャーでも初となる3年連続のトリプルスリー、そして、NPB史上初となる「40本塁打、40盗塁」に再び挑む。 坂口智隆が5月12日の広島戦でプロ入り14年目にして初めての [全文を読む]

【プロ野球】歴代盗塁王と35歳の壁。オリックス・糸井嘉男の史上最年長盗塁王は実現するか!?

デイリーニュースオンライン / 2016年09月05日17時05分

以下、わずか3差の88打点で筒香嘉智(DeNA)、山田哲人、バレンティン(ヤクルト)が追っている。 一方、パ・リーグでは糸井嘉男(オリックス)が史上最年長での盗塁王を目指している。今季、糸井が盗塁王を獲得すれば35歳2カ月でのタイトルホルダーとなり、従来の記録である、福本豊(1982年、当時阪急)、大石大二郎(1993年、当時近鉄)の34歳11カ月をわずか [全文を読む]

金村義明氏 横浜はもはやファンサービスだけのチーム

NEWSポストセブン / 2016年03月21日07時00分

●個人タイトル予想 セ=首位打者:山田哲人(ヤクルト)、本塁打王&打点王:バレンティン(ヤクルト)or筒香嘉智(横浜)、最多勝・最優秀防御率・最多奪三振:藤浪晋太郎(阪神)orメッセンジャー(阪神) パ=首位打者:柳田悠岐(ソフトバンク)、本塁打王、打点王:中村剛也(西武)、最多勝・最優秀防御率・最多奪三振:大谷翔平(日本ハム) ※週刊ポスト2016年3 [全文を読む]

縛りをなくした起用法。ヤクルト・真中監督の意識改革とは

週プレNEWS / 2015年10月19日06時00分

3番として中心打者に成長した川端(かわばた)慎吾を後半戦から2番に上げ、1番だった山田哲人(てつと)を3番に固定。4番には勝負強いベテランの畠山和洋を据えた。 真中監督は開幕前、「一番打てる打者に一打席でも多く回したい」と、シーズン最多本塁打の記録保持者であるバレンティンを3番に置く構想があったようだ。ところが、開幕直後に足を故障、手術のために帰国してしま [全文を読む]

プロ野球“後半戦を10倍楽しむ”裏ノート!「広島がおびえる優勝しない場合の最悪ケース」

アサ芸プラス / 2015年07月31日17時56分

打撃が売りのチームは、畠山和洋(32)、山田哲人(23)、川端慎吾(27)といった、真中満監督(44)が二軍監督時代に手塩にかけて育て上げた選手が活躍を続けている。「監督との信頼関係があるので、勝てない時でもチームの雰囲気が悪くならないんです。故障者だらけで戦力が整っていないですが、アメリカで左大腿直筋肉離れの手術をしてリハビリしているバレンティン(31) [全文を読む]

フォーカス