本田圭佑 稲本潤一に関するニュース

「最後は頭じゃなくて“心”」 世界一選ばれ続けた男・遠藤保仁の“生存戦略”が一冊の本に

PR TIMES / 2014年06月13日18時18分

海外のビッククラブに所属する本田圭佑、香川真司や、サプライズ選出の大久保嘉人らの活躍にファンの注目は集まりがちだが、そんな彼らにパスを配給し、試合を影でコントロールしているのが代表最年長のベテラン・遠藤保仁だ。ファンには改めて彼に注目してほしい。 遠藤は2002年A代表に初招集されると、そこから12年もの間、途切れることなく日の丸を背負い、日本代表戦歴代最 [全文を読む]

高校サッカー選手権から平山相太に続く“怪物”はもう生まれない!?

週プレNEWS / 2016年12月25日11時00分

近年でいえば、現・日本代表でACミランに所属する本田圭佑が典型的な例だ。 中学生時代の本田はガンバ大阪のジュニアユースでプレーしていたものの、そのままユースチームに昇格できずに星稜(石川)でプレーすることを決断。3年時の第83回大会で石川県勢として初のベスト4進出に貢献し、名古屋グランパスに入団している。 この年の高校サッカーに出場していた長友佑都(東福岡 [全文を読む]

日本人6人目のCLゴール!快進撃レスター首位通過決定!!岡崎「歴史を作った」

ゲキサカ / 2016年11月23日10時12分

日本人選手が欧州CLでゴールを奪うのは、本田圭佑(CSKAモスクワ)、中村俊輔(セルティック)、内田篤人(シャルケ)、香川真司(ドルトムント)、稲本潤一(ガラタサライ)に続いて、6人目の快挙となった。 レスターの公式ツイッターが、試合後の取材エリアで英語のインタビュー応じている岡崎の動画を投稿。そこで岡崎は、「クリスティアン(・フクス)が自分をよく見てくれ [全文を読む]

レスター岡崎、CL初先発で記念すべき初ゴール! 日本選手6人目のCL得点者に

ゲキサカ / 2016年11月23日05時13分

なお、『オプタ』によると岡崎は、本田圭佑(CSKAモスクワ)、中村俊輔(セルティック)、内田篤人(シャルケ)、香川真司(ドルトムント)、稲本潤一(ガラタサライ)に続いて、欧州CLでゴールを決めた6人目の日本人選手となった。 ●欧州CL16-17特集 ●プレミアリーグ2016-17特集 ●欧州組完全ガイド [全文を読む]

サッカー日本代表・岡崎が挙げた“アジア最高の選手”に韓国ネット大盛り上がり「分かってるねえ」「岡崎のプレーにも時々彼の姿が重なるよ」

Record China / 2016年11月18日12時00分

確かに振り返ってみればチソンが最高だったよ」 「パク・チソンは韓国にはもう現れることのない選手だ」 「当然の話では?EPLのビッグクラブで活躍した選手がパク・チソン以外にいないんだから」 「EPLだけじゃなくて、全ヨーロッパで最高のアジア人選手だった」 「パク・チソンの現役時代は幸せだったなあ」 「本田(圭佑)も岡崎もパク・チソンのことをいつもアジア最高と [全文を読む]

サッカー代表アギーレジャパン、試合も視聴率も“惨敗”スタートで早くも深刻な事態に!?

日刊サイゾー / 2014年09月10日19時00分

本田圭佑や長友佑都など、南ア大会の中心メンバーもそのまま残っていたので、ファンの期待も大きかった。そんな期待の大きさが視聴率に表れたのでしょう。しかし、今回は逆にブラジル大会でファンの不興を買った本田らが代表メンバーに再び選ばれたこともあり、盛り上がりに欠けたのだと思います」(同) W杯の惨敗を受けての初陣といえば、やはり06年のドイツW杯で惨敗を喫したジ [全文を読む]

ブラジルW杯の日本状況 ジーコ監督時のドイツ大会と重なる

NEWSポストセブン / 2014年06月30日07時00分

敗因は本田圭佑という「王様」の存在だった。本田が戦犯だといっているわけではない。彼はコートジボワール戦でのゴール、コロンビア戦でのアシストと、今大会の得点すべてに絡んだ。本田がいなければ3戦無得点という悲惨な結果を迎えていた可能性も高い。 問題は「王様」の存在を許したチーム全体、そして“あの時”と同じ轍を踏むことになった日本サッカー界にある。 コロンビア戦 [全文を読む]

フォーカス