本田圭佑 著書に関するニュース

本田圭佑が今季初先発も“戦犯扱い”で左遷移籍に待ったなし

デイリーニュースオンライン / 2016年10月29日19時05分

ACミラン所属の本田圭佑(30)が10月25日(現地時間)、セリエAの第10節ジェノア戦で今季初の先発メンバー入り。しかし失点などに絡み、味方の退場の影響も受けて後半に途中交代した。イタリア現地では、本田圭佑は0-3の敗戦の戦犯と見なされ炎上している。 ■首位浮上のチャンスに急ブレーキかけて印象最悪 今季なかなか出番が回ってこない中、右ウイングのポジション [全文を読む]

本田圭佑の暴言に、中村俊輔がブチ切れ? 6年前の争いを清水ブログ暴露&炎上の真相

Business Journal / 2015年09月12日06時00分

人気サッカー選手で伊ACミラン所属の本田圭佑。その人気を武器に2012年には現役選手ながらサッカースクールを開校し、15年には自身のマネジメント事務所HONDA ESTILOがオーストリア3部リーグのSVホルンの経営に参入するなど、活躍はピッチ外にも及ぶ。 そんな本田が先日、遡ること6年前に起きた事件について語った。それは、日本代表チームのアウェイ遠征、対 [全文を読む]

被災者に寄り添いたいという自己満足で自粛するより、正しい義援金の送り方を選ぶべき!

週プレNEWS / 2016年05月02日06時00分

こうした動きにホリエモンこと実業家の堀江貴文氏やACミランの本田圭佑(けいすけ)選手が異論を唱えている。 例えば、本田選手。4月16日の自らのブログ(*)でこう表明している。(本田圭佑公式ブログ http://keisuke-honda.com/voice/) 「こういう時だからこそ、各々に与えられた役割を行動に移すことが求められているんじゃないでしょうか [全文を読む]

ドジャース・前田健太に嫁姑問題が勃発?母親が暴露した複雑な家庭事情

デイリーニュースオンライン / 2016年04月10日13時05分

本田圭佑、中田英寿も親がエキセントリック 一流選手と家族問題について、スポーツ紙記者が語る。 「マエケンに限らず、福原愛(27)などトップアスリートと親との確執はたびたび取りざたされている。サッカーの本田圭佑、中田英寿とも父親がエキセントリックでスポーツマスコミ界ではアンタッチャブルな存在になっている。幼少時から熱心に指導してきた分、自立した後の反動が [全文を読む]

「R-1ぐらんぷり2015」じゅんいちダビッドソンはなぜ優勝できたのか

デイリーニュースオンライン / 2015年02月11日08時50分

サッカー日本代表の本田圭佑のものまねで知られる彼が、二度目の決勝進出で栄冠を手にした。 じゅんいちダビッドソンが優勝することができたのは、決勝で演じた2本のネタがいずれも高く評価されたからだ。この2本のネタは、両方とも本田のものまねキャラを使ってはいるが、そこで生み出されている笑いの質は微妙に異なる。それらを読み解く鍵は昨年のR-1決勝にある。 2014年 [全文を読む]

加藤嘉一「香川選手は従来の日本人像とは違うタイプのメンタルの持ち主」

週プレNEWS / 2012年09月24日15時00分

ところで、こうなると気になるのが本田圭佑選手です。またもロシア残留が決まった今、日本代表でエースとして君臨する本田選手は、香川選手の飛躍をどんな気持ちで見ているでしょうか。虎視眈々と“大きな獲物”を狙っているに違いありません。 見た目のイメージとは裏腹に神経質でこだわり続ける本田選手と、心がフラットで物事を純粋に楽しんでいるような香川選手。対照的なこのふ [全文を読む]

記者からは総スカン?平愛梨と婚約した長友佑都の”ご都合主義”

デイリーニュースオンライン / 2016年12月30日08時05分

「長友は機嫌がいいとサービス精神は旺盛なのですが、調子を崩すととたんに態度が悪くなりますからね」 本田圭佑(30)と「世界一」を目標に乗り込んだ2014年のブラジルワールドカップ。予選リーグ1分け2敗と散々な結果に終わり、長友は本田とともに“A級戦犯”に挙げられた。 「王様然とする本田の腰ぎんちゃくのように振る舞い、チームメイトと壁を作ったことが批判され [全文を読む]

【サッカー日本代表】中身は小学生?長谷部が”ゲームと本を禁止”の波紋

デイリーニュースオンライン / 2016年04月01日10時15分

一方、高校サッカー部出身者は、滝川第二高の岡崎や星稜高の本田圭佑、明治大学(東福岡高)の長友、藤枝東高の長谷部など、一時期はヒドい待遇を受けながらも活躍してチームメイトに受け入れられ、各リーグでたくましく生き抜いている選手が少なくない。 「ハリルホジッチ監督が球際での"デュエル(闘い)"の重要性を主張していますが、競争の激しいヨーロッパ圏の選手は、日本の [全文を読む]

「ホンマは空気読めるけど、あえて...」松本人志が指原莉乃の人気を分析した結果

tocana / 2014年10月15日16時00分

松本人志は『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、イタリアのセリエAで活躍する本田圭佑が、フリーキックを蹴るために、味方選手と口論になりつつも、最終的にキッカーを勝ち取り、さらにゴールを決めてヒーローとなったこと引き合いに出した。そして、「これをTV番組でタレントが行えるか?」とたずねられると、松本は「お笑いでは、こういうのは空気読めないヤツになっちゃう」 [全文を読む]

iPhone6発売直前、その名も“Air”? 専門ジャーナリストがiWatch登場まで断言する!

週プレNEWS / 2014年09月03日06時00分

サッカー選手の本田圭佑みたいに。 山根 “俺、2個持ってる”って感じでね(笑)。 ●山根康宏(写真左) 携帯ジャーナリスト。チッソの技術者時代に香港に駐在。携帯電話好きが講じて、ケータイジャーナリストに転身。世界の携帯電話、スマホコレクターとしても有名で、コレクション数は1200機種以上。Web連載『中国トンデモケータイ図鑑』が人気 ●石野純也(写真右) [全文を読む]

加藤嘉一「約9年半過ごした中国を離れ、アメリカへ渡りました」

週プレNEWS / 2012年09月18日15時00分

最新刊『脱・中国論 日本人が中国とうまく付き合うための56のテーゼ』(日経BP社)が好評発売中! 【関連ニュース】加藤嘉一「海外の厳しい環境に身を置けば、二兎どころか多くのものを得られます」加藤嘉一「人生で少なくとも3回は大きく異なるポジション、分野に挑戦すべき」加藤嘉一「不退転の決意でロシアで戦っている本田圭佑選手の姿勢に共感します!」風雲急を告げる日本 [全文を読む]

加藤嘉一「人生で少なくとも3回は大きく異なるポジション、分野に挑戦すべき」

週プレNEWS / 2012年06月04日15時00分

大学を出たからといってすんなり就職できるわけではありません」加藤嘉一「不退転の決意でロシアで戦っている本田圭佑選手の姿勢に共感します!」 [全文を読む]

加藤嘉一「ルーティンや大事なものを失ったとき、どう動けるか。それが肝心です。」

週プレNEWS / 2012年05月21日15時00分

サッカー日本代表の本田圭佑(けいすけ)選手は、ケガをして所属チームで長期欠場を余儀なくされた際、「これはチャンスだ」と言っていました。面白いことができるかもしれない、と。それと一緒で、ぼくもケガを機に違う角度で物事を見て、ポジティブに自分を見つめ直そうと真剣に考えた。 これまでぼくは、一日24時間のうち1時間をランニングに割いてきました。ケガをした後は「 [全文を読む]

フォーカス