病気 中森明菜に関するニュース

中森明菜、50枚目のシングルは“苦悩の日々を歌った渾身作”!

okmusic UP's / 2015年08月05日12時30分

まさに約4年という苦悩と病気との闘いの日々、そして『NHK紅白歌合戦』への出演を決めた心情を歌ったものともとれるこの曲は、自身にとっても、応援をしてくれた一人一人のファンに対しても、意味のある作品として制作されたものと言える。 ■中森明菜 オフィシャルHP http://nakamoriakina.com/■シングル「unfixable」2015年9月3 [全文を読む]

中森明菜 完全復活の先に見せた不死鳥の”さらなる飛躍”

dwango.jp news / 2016年02月08日16時18分

約4年間の音楽活動休止を経て、2年前に音楽活動を再開した当時の本人の作品は苦悩と病気との闘いの日々を切々と綴ったものが目立っていた。 自分ではどうにもならない苛立ち、焦り…でも、それを乗り越えようと頑張ろうという本人の想いが一つ一つの作品になっていたが、今作は、新たな音楽づくりを楽しんでいる感じが見受けられる。 今作は年末年始を返上してレコーディング。デ [全文を読む]

紅白出場は失敗だった!中森明菜、50枚目のシングルはラストソングになる!?

アサジョ / 2015年08月10日09時59分

「昨年の紅白歌合戦に出場して健在ぶりをアピールした結果、『あれ、病気だと聞いていたけど意外と元気そう』と拍子抜けして熱烈なファンが失望感を味わい、それが売り上げに響いたという説もあります。あの後出したベスト盤の売り上げもいまいち。今回は背水の陣で臨んでいるはずですよ」(レコード会社関係者) 明菜本人の思い入れもかなりのものだとか。「レコーディングは企画段階 [全文を読む]

50歳を迎えた中森明菜が「再生不能」!?

dwango.jp news / 2015年08月05日18時05分

まさに、約4年という苦悩と病気との闘いの日々、そして「紅白」への出演を決めた心情を歌ったものかもしれないこの曲は、本人が自分にとっても、応援をしてくれた一人一人のファンに対しても意味のある作品として制作されたものといえる。 [全文を読む]

中森明菜 雲隠れ4カ月の“最悪な状態”に戻ってしまった理由

WEB女性自身 / 2015年06月03日06時00分

2つの番組で明菜の姿を見たファンは、『あれ? 病気と聞いていたのに、意外と元気そう』と、拍子抜け。“私たちが明菜を応援してあげなきゃ!”と思っていた熱烈なファンたちが、一種の“失望感”を味わい、それが売り上げに影響したというんです」 ファンを大切にしてきた明菜。彼女は体調も完全に回復していないなか、米国からの“紅白生出演”までもやりとげた。それなのに―― [全文を読む]

「きまぐれオレンジ☆ロード」不良美少女誕生の瞬間

アサ芸プラス / 2013年05月10日09時54分

実は私は今、脳脊髄液減少症という病気にかかって療養中の状態なのですが、いずれはこの病気を知ってもらうためにも闘病記を出版しようと思っています。「オレンジ☆ロード」に対してはいろんな出版社から続編、リメイク版を出したいという要請はあるんですが、今は体調が悪いため、保留しているんです。やる気はあるんですけど、やるやる詐欺になるといけないもので(笑)。 [全文を読む]

重度のうつ病に苦しむ中森明菜の人生を「ジャニーズ」と「近藤真彦」はどう追い込んだか

日刊サイゾー / 2013年02月15日11時00分

その後、復帰までには、病気治療も含め、苦難の道のりが待っていたわけだ。 だが、関係者によると明菜は「華原以上に重いうつ病」だという。となると、復帰はそう簡単ではないだろう。 明菜は、2010年の10月に体調不良を理由に活動休止。その後、重度の帯状疱疹(たいじょうほうしん)に罹っていたことが明らかになった。この病気は、過労やストレスが原因でも発症するといわれ [全文を読む]

カレン・カーペンターやダイアナ元妃も経験、摂食障害の怖さ

NEWSポストセブン / 2016年12月11日07時00分

体重が30kgを切ると栄養失調状態になり、免疫力が低下して、ちょっとした病気にもかかりやすい。また、回復するだけの体力もない。突然心停止し、そのまま死を迎えるといったケースも少なくありません」(片田氏) 著名人の中にも、かつて摂食障害に苦しめられた人は少なくない。宮沢りえ(43才)が骨の浮き出た姿を見せたのは約20年前。彼女が22才の時だった。不倫破局騒動 [全文を読む]

紅白出演はゴールではない!YUI、茂森あゆみ…歴史に消えた出場者たち

アサ芸プラス / 2015年12月03日17時59分

「1982年出場のSugarは、リーダーのモーリが妊娠中の病気が原因で亡くなりました。小室哲哉率いるglobeで計3回出場したKEIKOは、2011年にクモ膜下出血で倒れ、現在もリハビリ中。『碧いうさぎ』が100万枚弱の大ヒットとなり、1995年に出場した酒井法子が、薬物で有罪判決を受けたことはご存知の通りです。また、12年にはYUIが活動中止を前提にした [全文を読む]

【ウラ芸能】三田寛子、オフなき女将さん業

NewsCafe / 2015年12月03日16時00分

その点で、元アイドル妻の存在は大きい」記者「橋之助の場合、兄の福助(55)が女形の大名跡である中村歌右衛門の襲名が決まっておりながら、病気療養中という事情もあり、自分が家を支える必要が出ています」デスク「歌舞伎俳優でも、そうしたしがらみのない片岡愛之助(43)と結婚しそうな女優、藤原紀香(44)なんかは三田の真似は無理だろうね」記者「同感です」 [全文を読む]

“月9”の影響力に変化有り!?街からОLを消した伝説のドラマ枠の過去と未来【パート2】

日本タレント名鑑 / 2015年07月30日11時56分

病気や夢、妊娠出産など女性の直面する問題を乗り越え夢を叶えようとする二人を応援することで、自分も元気になるようでした。『ひとつ屋根の下』は、月9最高視聴率37.8%をマーク。トレンディさとはかけ離れた、泥臭い感動ストーリーでした。 また、最高視聴率は18.7%でしたが、稲垣吾郎さんが初のアウトロー役を演じ、牧瀬里穂さんが帰国子女の奔放なヒロインを演じた『二 [全文を読む]

紅白制作陣、放送当日までサザンオールスターズ出場を熱望!

Smartザテレビジョン / 2014年12月30日01時14分

まず、28日に企画ゲストとして出場が発表された中森明菜について「中森さんは、これまで毎年のようにお声がけはしていたんですが、ご病気ということもあって控えておりました。しかし、体調がだいぶ回復されてきたということもあり、出場がどういう形で実るのかということを今まで話し合っていました」と、交渉の内容を語った。そして、今回中森がアメリカからの中継で歌うことにつ [全文を読む]

白石まるみ Fカップ・グラドル長女が選んだ「再婚のお相手」

WEB女性自身 / 2014年11月07日07時00分

父が病気で母は骨折、娘が小児ぜんそくのときがありました。ものすごく忙しくて、娘をテレビ局の控室に連れていったことも何度もありました」 そう振り返るのは、白石まるみ(51)。高1でドラマ出演し、その後、'82年に歌手デビュー。彼女は、小泉今日子、中森明菜らも同期の”花の82年組”の1人だ。 そんな彼女の娘もまた'09年にグラビアアイドルとしてデビュー。現在は [全文を読む]

やっぱり泣ける!「失恋したときに聴きたい曲」1位はあの名曲!

Woman Insight / 2014年10月24日15時45分

病気がちだった娘3歳との泣けるエピソード ※これは刺さる!アラサー女子の「結婚の悩み」にアラサー男子がガチ回答 [全文を読む]

「2014 寿ゴールイン新春杯」誰が一番早く嫁に行く?(1)

アサ芸プラス / 2014年01月21日09時58分

というのも、明菜は結婚どころか2年前に病気で中止したコンサートをやり遂げなきゃならない。そもそも明菜を陰ながら支えてきたマネジャーも許さないはずですよ」 はたして、復帰&結婚のW寿は望めるのか? 同様に元旦寿報道となったのが鈴木京香(45)と長谷川博己(36)のカップル。 「現在2人は都内マンションで同棲中なのは間違いない。しかし、鈴木も年齢的に子供を作る [全文を読む]

森高千里「私がオバサンになっても」(後編)(3)花開いた「森高ワールド」

アサ芸プラス / 2012年07月09日10時58分

僕が教えたのは高校生の頃でしたが、その後、病気もして恋愛もし、結婚もして今があるから、当然成長したんだろうけど、根底にある部分は同じでしょう。母親になった今も部屋の真ん中じゃなく端っこにいるようなタイプなのは変わってない気がします」 現在の森高は中学生と小学生の2児の母、そして俳優・江口洋介を支える妻でもある。手作り弁当、習い事の送迎、学校参観など家庭を中 [全文を読む]

森高千里「私がオバサンになっても」(前編)(3)背中の痛みに耐えステージへ

アサ芸プラス / 2012年07月02日11時00分

アイドルと歌手、女優、そしてアーティストが混在したノンジャンルの不思議なポジションにいた森高だが、ついには病気がきっかけとなり、コンサートツアーを中止する事態に陥ってしまう。 〈原因は体調不良による緊急入院、病名は「急性腸炎」原因はストレスによるものだった〉 こうした様子を波多江はこう見守っていた。 「デビューして1年目くらいは彼女が『熊本に帰りたい』と [全文を読む]

歴代アイドル歌姫の「深刻闘病」現場(3) 華原朋美

アサ芸プラス / 2012年06月14日11時00分

芸能界は所属した大手事務所との話がつかないうちは、簡単には復帰できない世界」 フィリピンの父親のもとで1年を過ごしたのは、病気に関して、それだけ「保護者」が必要だったということ。日本を離れる直前の10年8月29日には、新宿・歌舞伎町でタクシーに乗り込んだが、意識がもうろうとなって救急車で搬送されたほどだ。 そんな華原だが、兄のブログで復帰宣言をしてから半年 [全文を読む]

フォーカス