時代劇 米倉涼子に関するニュース

米倉涼子「幼稚園児みたい」と時代劇撮影を振り返る

Smartザテレビジョン / 2016年04月02日00時00分

――松本清張作品の時代劇ですが、雰囲気等はいかがでしたか?松本清張さんの作品は“ドロドロしていて、暗くて、でも見応えがあって、スッキリしそうなところがある”みたいな作品が多いのですが、「ドロッとした時代劇を見てみたい、自分でも感じてみたい」と思い、すごく楽しみにしていた作品です。“松本清張感”というのがどういう形になって出来上がってくるのか、私も楽しみです [全文を読む]

米倉涼子、松本清張「大奥」で勇猛果敢なヒロイン役!

Smartザテレビジョン / 2016年02月19日11時06分

ただの時代劇ではなく松本清張先生の時代劇ということで、ぜひやらせていただきたいと思いました。 初めは時代劇でサスペンスってどういうことなんだろうと思ったのですが、実際のところ、今までやらせていただいた松本清張作品の中では温かみがあって、光が差している作品だと思います。 時代劇という中で演じさせていただくと、いろいろなことが目新しくて、“なるほど”と感心する [全文を読む]

<Wコラム>いま読みたい! 人気俳優物語~チ・ジニ(前編)

Wow!Korea / 2016年08月09日23時42分

時代劇に対する適性下積みを経験したチ・ジニ。徐々に演技力が磨かれていった。そして、2002年にフジテレビと韓国MBCが合同で制作したドラマ『ソナギ』で人気女優の米倉涼子と共演することになった。このドラマでチ・ジニは韓国の刑事を颯爽と演じて、日本でもその名が知られるようになった。そんな彼の転機になったドラマが『ラブレター』である。今まで演じたことがないよう [全文を読む]

米倉涼子 13年ぶり時代劇は「米倉ドラマの集大成」の声

NEWSポストセブン / 2016年03月30日07時00分

松本清張氏の時代推理小説のドラマ化で、米倉にとっては2003年のNHK大河ドラマ『武蔵 MUSASHI』以来、13年ぶりの時代劇出演となる。時代劇研究家でコラムニストのペリー荻野さんがこの米倉ドラマの見所について解説する。 * * * 4月8日フジテレビ系で放送される『かげろう絵図』でいよいよ米倉涼子が「大奥」に乗り込んでくる。大奥といえば、女の愛憎渦巻く [全文を読む]

米倉涼子、敬遠していた時代劇に「やるべき」

Smartザテレビジョン / 2016年03月27日15時36分

米倉は「私にとってほぼ初と言える時代劇への挑戦だったんですが、大先輩の方々がそばにいつもいてくださったので、とてもいい勉強になりました」と撮影の感想を語り、「今まで敬遠していましたけど、日本人として時代劇はやるべきだなと思いました」と時代劇にすっかりハマってしまった様子。 慣れない所作やせりふの言い回しには「監督にたくさんお叱りいただきました」と苦笑しな [全文を読む]

米倉涼子「ドクターX」新シリーズ、永山絢斗ら初参戦<コメント到着>

モデルプレス / 2017年09月13日06時00分

医者役は以前、時代劇でやったことはあるのですが、薬箱を持ち歩いたり、調合をしたりするような役だったので、今回のように現代劇での外科医役は初めてなんです。実は『白い巨塔』のオープニング映像で内臓を見たとき、「僕には医者役は無理かもしれない」と思っていたんです。今回はS席で内臓も見ることになるでしょうし、そこに関してはちょっと心配ですね(笑)。でも、それ以上 [全文を読む]

第16回「かつてSMAPと呼ばれた男たち2017」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年01月27日19時15分

6位(1票)■『ちかえもん』(NHK)「今年のNHKドラマは当たりが多かったけど、これからの時代劇の新たな道筋を示したという点で、この作品の意義は大きい。」近松門左衛門が「曽根崎心中」を発表するまでのいわゆる前日譚(エピソード0)を創作も交えてドラマ化したもの。『ちりとてちん』の藤本有紀サンの脚本で、同ドラマで向田邦子賞を受賞。まさに、時代劇の新たな可能性 [全文を読む]

秋ドラマに異変?「平日は女優、週末は男優」に色分けの理由

NEWSポストセブン / 2016年09月26日07時00分

深夜ドラマ、時代劇を除くと、放送日が平日の場合は女優の主演作、週末の場合は男優の主演作、ときっちり色分けできるという。いったいなぜか? そのナゾについて木村さんが解説する。 * * * 秋ドラマのラインナップを見たとき、思わずニヤけてしまいました。「平日の主演は女優、週末の主演は男優」という形で、きれいに色分けされていたからです。 平日は、『メディカルチー [全文を読む]

「ドクターX」だけの女優?米倉涼子、フジの主演ドラマが視聴率1ケタの大惨事

アサ芸プラス / 2016年04月13日17時59分

「このドラマは松本清張が原作で、大奥へ潜入する女スパイを描いた時代劇です。本来はもっと早くにオンエアされる予定となっていましたが、出演者の1人だった高部あいが昨年、法律違反薬物所持の容疑で逮捕されたため、大幅に延期されていました」(テレビ誌記者) そして高部の逮捕により急遽制作されたのが、今年の初めに2週連続で放送された沢尻エリカ版「大奥」だと言われる。 [全文を読む]

【ウラ芸能】沢尻エリカ主演、フジ「大奥」の悲哀

NewsCafe / 2016年01月31日15時00分

デスク「沢尻エリカ(29)が時代劇初主演になったドラマ『大奥』(フジテレビ系)ってどうなん?」記者「悪女と聖女を沢尻が演じ分けての2週連続ということでしたが、悪女を演じた1回目は9・6%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)と大敗でした」デスク「AKB48のまゆゆこと渡辺麻友(21)とのまさかのレズシーンは驚愕だったけど、盛り上がりはいまいちだった」記者「まゆゆ [全文を読む]

市川海老蔵、13年ぶりの主演時代劇であの黒歴史が呼び起こされる?

アサ芸プラス / 2016年01月10日09時58分

市川海老蔵が13年ぶりに連ドラ主演を果たすことで話題の時代劇「石川五右衛門」(テレビ東京)。放送日程などは未定ながら、すでに京都撮影所で撮影が始まっているという。だが前回の主演作でNHK大河ドラマの「武蔵 MUSASHI」を知るテレビ誌のライターは、今作が黒歴史の再現になるのではと危惧しているのだ。「2003年放送の『武蔵』は、大河ドラマ史上でも異例なほど [全文を読む]

あの女優に感謝すべき?「大奥」主演が米倉涼子から沢尻エリカに代わった理由

アサ芸プラス / 2015年12月13日09時58分

浅野ゆう子をはじめ、菅野美穂、池脇千鶴、安達祐実など、あまり時代劇には出演したことのない俳優陣をキャスティングすることで、もの珍しさから高視聴率を獲得し、シリーズ化した作品です。赤字転落したフジテレビがすがるような気持ちで作った新作ですよ」 と教えてくれるテレビ番組製作スタッフの言葉とは裏腹に、こんな話が聞こえてきた。「実はこれとはまったく別の『大奥』が、 [全文を読む]

米倉涼子→沢尻エリカに変更!? ドラマ『大奥』でドタバタのフジと、“元凶”高部あいの「驚愕近況」

日刊サイゾー / 2015年12月04日20時30分

沢尻初の時代劇挑戦。「聖女」と「悪女」という2役を演じるということだが、「悪女はいけるけど聖女はどうなの」という疑問の声が出ている。『大奥』自体、かつてのヒットを踏襲した焼き直しという印象が強いようで、期待はさほど大きくない模様。ただ、ドラマの内容よりも気になるのが、フジテレビがこのドラマを制作する“理由”にある。 「フジは年末に、米倉涼子主演、相当な制 [全文を読む]

高部あい逮捕で正月ドラマ『大奥』放送中止決定も賠償ナシ!? それでもフジテレビがオスカーにこびる理由

日刊サイゾー / 2015年11月21日09時00分

ましてや制作費のかかる時代劇、その額は億単位に上るはずなのだが……。 「今回は、フジがオスカーに賠償金を請求するという話は出ていません。このところ、俳優やタレントからも局への批判が多く、フジはどこにも頭が上がらない状態なんです。米倉、上戸彩などの人気女優を抱えるオスカーですよ? 上から『どういうことだ?』とすごむなんて無理。賠償金というよりも、今後なんらか [全文を読む]

高部あい容疑者逮捕・・・出演番組が「お蔵入り」した場合、損害賠償の可能性は?

弁護士ドットコムニュース / 2015年11月18日12時29分

報道によると、高部容疑者は、正月特番で放送予定だった大型時代劇に出演していたが、逮捕を受けて放送は延期になった。特番は、女優の米倉涼子さん(40)が主演するフジテレビの大型時代劇で、すでに撮影を終えていた。フジテレビは「司法の判断を待って対応します」とコメントしている。もし、有罪になって、番組が「お蔵入り」するようなことがあった場合、制作にかかった莫大な費 [全文を読む]

【ウラ芸能】米倉涼子、トバッチリも危機回避?!

NewsCafe / 2015年11月10日15時00分

デスク「この前、コカイン所持で逮捕されたタレント、高部あい(27)の件で、米倉涼子(40)がとんだトバッチリだってな」記者「年末に放送される米倉主演のスペシャルドラマ『大奥』(フジテレビ系)に高部が腰元役で出ていたため、完成したドラマを再編集せざるを得なくなったんです」デスク「同じオスカープロモーション所属だから高部も出られたんだろうけど、一部でお蔵入り説 [全文を読む]

高部あい麻薬逮捕、撮影済みフジ正月ドラマが放送中止?事務所、巨額賠償金負担の恐れ

Business Journal / 2015年11月02日22時00分

しかし今回のケースでは、この戦略がほぼ最悪のかたちで裏目に出てしまったようです」(テレビ局関係者) すでに一部で報じられている通り、高部は米倉涼子主演の時代劇ドラマにも出演予定だったという。 「高部が出演予定だったのは、米倉が主演する時代劇で、フジテレビが来年の正月に3話連続で放送予定だったものです。当然、オスカーだけでなくフジとしても目玉となっていた大掛 [全文を読む]

10月期ドラマの視聴率まとめ! 「ドクターX」の次に高かったのはあの“胸キュン”ドラマ!?

Smartザテレビジョン / 2014年12月25日22時40分

女優、米倉が「私、失敗しないので」という痛快なセリフと共に不可能と思える病気をたぐいまれなるオペ技術で治していく姿はさながら「水戸黄門」(TBS系)や「暴れん坊将軍」(テレビ朝日系)のような時代劇にも通じる勧善懲悪さで、老若男女誰が見ても分かりやすい内容になっているのが支持された理由として挙げられる。米倉本人は「続編はやらない」と冗談めかして言い、「大門未 [全文を読む]

「実はあのドラマにはちょっと注目する点が...」業界人がウワサする、次クールの必見ドラマ

tocana / 2014年10月09日08時00分

つまり、時代劇なんです。今まで月9では時代劇を扱ったことがなく、どう数字に出るのか、楽しみにしている人は多いですよ」(同・ドラマ制作会社幹部) 前クールの同枠ドラマ『HERO』が初回26.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)、平均で21.27%と高視聴率を獲得しているため、こちらも高視聴率を期待したいが、その結果は如何に。初回は30分拡大で放送され [全文を読む]

2013年秋ドラマ視聴率ダービー!期待ハズレなドラマを辛口採点

アサ芸プラス / 2013年10月17日10時00分

そんな“現代の時代劇”という『半沢直樹』のヒット要因を移植したものが『ダンダリン』ですね」 だが、松尾氏、碓井氏ともに木村拓哉主演の「安堂ロイド」には首をかしげるばかり。 「もともとTBSは『半沢直樹』なんてまったく期待しておらず、『安堂ロイド』までのつなぎぐらいにしか思ってなかったはずです。でも、そんな甘いもんじゃない。今どき、100年先の未来からやって [全文を読む]

フォーカス