ビール 鈴木亮平に関するニュース

石田ゆり子、プライベートでの素顔を明かす 至福の瞬間は?

モデルプレス / 2017年09月04日11時51分

そして「道具でボールを打つスポーツは上手くいかないタイプなんです」と肩を落としつつ、「外したあとでもスポーツのあとに仲間とビールを飲むと、幸せな飲み物だなあと思います」としみじみと語った。 家の庭でサンマとサザエを七輪で焼き、どちらから食べようかウキウキしている様子を演じた堤は、「実際に家にも七輪があって、独身時代からああいうことをずっとしているんですよ [全文を読む]

鈴木亮平、役者人生の役に立った高校時代のアルバイトとは?

RBB TODAY / 2017年09月02日13時23分

高校時代のアルバイトだったという「ビール売り」を実演してみせた。 故郷の兵庫県・西宮を安住紳一郎アナウンサーと訪れた鈴木亮平。西宮と言えば、高校野球の聖地・甲子園球場がある場所として知られるが、鈴木は、自身の高校時代のアルバイトが、甲子園球場でのビール売りのアルバイトだったことを懐かしそうに告白した。「『ビールいかがスか!』って野太い声で」と、当時の様子を [全文を読む]

石田ゆり子、CMでゴルフに四苦八苦「なんで私はいつもこうなんだろう」

ORICON NEWS / 2017年09月04日10時34分

「茶色の小瓶」のメロディーに合わせて歌を口ずさみながら、それぞれがビールのおいしさを実感する身近な幸福を表現している。 「歌がプレッシャーだった」という鈴木は、「ミュージカル俳優ばりに歌えるよう練習していったのですが、『鼻歌風にヘタウマでお願いします』って言われて、僕の練習してきたことはなんだったんだろう」と苦笑。家でもビールを飲むという堤は、「3歳の娘が [全文を読む]

石田ゆり子「なんで私はいつもこうなんだろう…」ゴルフに挑戦もため息

しらべぇ / 2017年09月05日08時00分

それでも「スポーツ後に仲間と飲むビールは本当に幸せ、外した後でもうれしい」と声を弾ませた。■心構えはミュージカル並みだったのに©sirabee.com今回のCMでは、「茶色の小瓶」の曲に合わせて、各登場人物の心情を歌い上げた替え歌が使われている。鈴木は「それぞれ歌があるじゃないですか。それがすごくプレッシャーで」と話す。練習用のテープを何度も聞いて、「ミュ [全文を読む]

実力派俳優・鈴木亮平さんが今度は熱血先生に挑戦 紫ジャージの「特から先生」が生徒たちに特からの美味しさを熱血指導

PR TIMES / 2017年03月13日12時59分

ビールと唐揚げという、おつまみとしての唐揚げも最高だと思っていましたが、僕の中での一番はご飯だなというところを再確認しました。Q3.唐揚げと言えば? 両親が作ってくれるお弁当には、大体唐揚げが入っていて。そのイメージがまずありますね。でも僕あまりうちの両親が作る唐揚げが好きではなくて…。僕はもう少しジューシーな方が好きだったんで、お店で食べる唐揚げがいいな [全文を読む]

美容家・佐伯チズ氏も絶賛 石田ゆり子「奇跡のアラフィフ」の秘訣

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年09月06日09時26分

4日、都内で行われた「キリン一番搾り生ビール」の新作CM披露のイベントに、女優の石田ゆり子(47)、俳優の堤真一(53)、鈴木亮平(34)の3人が登壇。報道陣のカメラは真っ赤なワンピースに身を包んだ石田に集中、相変わらずのナチュラルな美しさで会場を魅了した。 石田は今、中年女性がなりたい女性ランキング第1位。30代から大手メーカーの広告起用が絶えず、40代 [全文を読む]

世界初のバブルはチューリップ売買 球根1つに3億円の値も

太田出版ケトルニュース / 2016年05月13日10時14分

なんとチューリップの球根1つと300フラン(=約3億円)もの価値があるビール醸造所を交換する猛者まで現れる始末。熱狂が収まる1637年までに、1つの村だけで1000万回以上取引きが行われたそうです。 驚きなのは、当時の参加者たちが単純に「儲かる」という理由のみで、チューリップの取引に熱中していたこと。チューリップが「株券」、花屋が「証券会社」となって起きた [全文を読む]

吉高由里子 「花子とアン」仲間由紀恵も困惑する“カラミ酒”な現場

アサ芸プラス / 2014年07月29日09時58分

一方で、吉高さんはビールをイッキ飲みしたあとは決まってハイボールを注文。もうその頃から会話が怪しくなり、さらに気分をよくした吉高さんは、下ネタを連発するんです」(飲み会に参加した番組スタッフ) 泥酔した吉高が、現場を緊迫させる事態を引き起こすことも日常茶飯事。先日、吉高の交際相手と噂されるロックバンド・RADWIMPSのボーカル&ギターの野田洋二郎との復縁 [全文を読む]

フォーカス