現在 工藤静香に関するニュース

工藤静香 22年前のお宝発掘!松井五郎作詞ベストに収録

dwango.jp news / 2015年12月24日12時14分

同楽曲が収録されるアルバムは1980年代から現在まで、多数の名曲を手がけている作詞家の松井五郎が、工藤静香に提供した全28曲をコレクションした3枚組 CD。 松井は、工藤静香のアイドル期と呼ばれる93年までのシングルのうち、計10作の作詞を担当し、いずれもオリコンTOP10入り、このうち『恋一夜』と『くちびるから媚薬』はオリコン1位を獲得。また、今年10 [全文を読む]

Mステ「ウルトラFES」で工藤静香VS森高千里の同年代対決がネット上で話題に 「森高の変わらなさが異常すぎる」「声量が落ちてないからスゴい」

AOLニュース / 2015年09月23日15時00分

番組冒頭からマッチさんの「ギンギラギンにさりげなく」でスタートに続き「プライベートでも仲の良い二人」として紹介されて登場した工藤静香と森高千里とレジェンドの絨毯爆撃に「今が2015年だということを疑わしく思う」と意見や「昼間からベテラン枠すぎるだろ」との意見はあるが、それ以上に反響が大きかったのが現在の二人のルックス。 ネット上では「工藤静香45歳、森高 [全文を読む]

工藤静香が空回り?キムタクとの”夫婦共演案”に周囲は白けムード

デイリーニュースオンライン / 2016年12月04日10時05分

現在は主に、週刊誌やビジネス誌で活動中。得意分野は芸能、プロ野球、サッカーなど。主な著書に『洗脳のすべて』(宝島社)など。 [全文を読む]

「拓哉になんであんな嫁が…」キムタク父が地元でこぼす”ボヤキの内容”

デイリーニュースオンライン / 2016年09月18日07時08分

現在は女性向け読み物の記者・編集者として活躍中。 [全文を読む]

広瀬すず、波瑠、西内まりや…旬の若手女優を続々輩出するSeventeen専属モデル

日本タレント名鑑 / 2016年06月03日10時55分

このほかにも現在活躍中の注目女優を多数輩出しているSeventeenモデル。彼女たちが女優として重宝される理由とは…。 2003年ごろ鈴木えみ、田中美保らの女優進出でSeventeenの注目度が高まるSeventeenでは1970~80年代に『ミスセブンティーン』と題した芸能オーディションを開催。松田聖子さん、工藤静香さんらを輩出していましたが、現在行われ [全文を読む]

じつは良妻賢母?SMAP・キムタクの危機を支える工藤静香の暗躍

デイリーニュースオンライン / 2016年05月24日12時07分

特に、現在ジャニーズの中でも看板的ポジションにいる嵐との比較や、世代交代の声が頻繁にあがっている。中でも“ポスト・キムタク”として、現在高い視聴率を誇っているドラマ『99.9 -刑事専門弁護士-』(TBS系)で主演をつとめる松本潤(32)を、木村のポジションに据えようしているという噂はかなり濃厚だ。 今回の静香の出演は、窮地にいる夫やSMAPのポジションに [全文を読む]

キヨハラ元嫁とキムタク嫁…同じアイドルグループ出身女性の明暗

デイリーニュースオンライン / 2016年02月13日12時00分

『週刊新潮』『FOCUS』を経て、現在『コミック&プロデュース事業部』部長。本業以外にプロレス、アニメ、アイドル、特撮、TV、映画などサブカルチャーに造詣が深い。Daily News Onlineではニュースとカルチャーを絡めたコラムを連載中。愛称は田中‟ダスティ”ねぃ [全文を読む]

工藤静香と絢香のコラボに、ジャニーズ事務所が苦い顔をする理由とは?

サイゾーウーマン / 2012年09月07日09時00分

特に水嶋と絢香に関しては、さまざまなトラブルから、現在も干された状態が続いているため、苦い顔をするのも当然のことといえるでしょう」(週刊誌記者) 水嶋と絢香は人気絶頂のさなか、周囲の反対を押し切る形で、所属事務所「研音」に報告をしないまま入籍した。事務所の怒りを買うのは当然で、翌年の9月に水嶋は事務所を退社、以後、執筆活動に専念することが発表された。「研音 [全文を読む]

木村拓哉が夫婦共演へ?工藤静香ソロ30周年とSMAP分裂の余波

デイリーニュースオンライン / 2017年06月17日12時05分

現在はI氏のチェックがなくなったわけですが、今回のように家族の話が放送されたのは、そもそも事務所の許可があって実現できたこと。工藤は今年がソロデビュー30周年で、歌手業も本格化する予定です。話題作りのため、夫婦が共演を解禁する可能性は十分ありでしょう」(前出・ライター) 木村拓哉と工藤静香が今後、同じ画面に収まる日は来るのか。日本じゅうを騒がせた夫婦のコラ [全文を読む]

7人目のSMAPが暴露?木村拓哉が陥った”工藤静香・依存症”の深刻度

デイリーニュースオンライン / 2017年02月15日09時38分

現在は既婚者の木村であるが、この男性の発言には、妻である工藤静香(46)の存在が見え隠れする。とくに木村がジャニーズ残留を決めた裏側には、妻である工藤の強い説得があったというのはもはや有名な話だ。こうしたことからも、木村の依存体質は性分とも言えそうだ。 「木村にとって“姉さん女房”である工藤は、かなり精神的支柱になっているようです。木村の異性関係の噂が浮 [全文を読む]

木村拓哉の足を引っ張る?工藤静香の”インスタ開設”に批判の嵐

デイリーニュースオンライン / 2017年01月14日10時11分

フォロワー数はすでに1万8千人以上を記録している(13日現在)。 肝心の投稿はどんなものかというと、愛犬や工藤が作ったとおぼしき手作りの料理やケーキなどの写真の数々。日に複数投稿することもあり、今まであまり明かされることのなかったキムタク一家のプライベートが端々から伺える。 「元々工藤は宝飾系ブランドを立ち上げたり、絵画を描いたりネット通信販売を展開したり [全文を読む]

実は良妻だった?木村拓哉&工藤静香の”美談”が飛び出すウラ事情

デイリーニュースオンライン / 2016年12月18日08時40分

この時、工藤のお腹にいた長女は現在15歳になり、インターナショナルスクールに通っているため、日本語だけでなく英語、フランス語が堪能で、フルートやピアノもプロ並みだとか。『女性セブン』によれば、その木村の長女は今年の夏に1ヶ月ほどアパレルショップに勤務していたという。 「長女は音楽家を目指しており、来年にはフランスへの留学を検討しているそうです。そこで工藤が [全文を読む]

さんま、マツコ、太田光?噂のキムタク共演候補にさらなる超大物の名前

デイリーニュースオンライン / 2016年09月19日19時06分

しかし、現在は木村の好感度を巻き返すことが最優先。ジャニーズ側もマツコと木村の共演に期待を込めているようです」(テレビ局関係者) さらに、助太刀に加勢しそうな男がいる。お笑い界のあの大物だ。 ■芸能界に存在する”木村派”の大物著名人 木村単独によるバラエティ進出は、来年にも何らかの番組で解禁できるよう調整が進められているが、そこで大きな役割を果たしそうなの [全文を読む]

ついに勃発?週刊文春vs.メリー&工藤静香の”スキャンダル戦争”

デイリーニュースオンライン / 2016年09月13日07時06分

現在は週刊誌の記者・編集者として事件、芸能取材に奔走する [全文を読む]

SMAP解散の余波?工藤静香の“キムタク擁護発言”が波紋

デイリーニュースオンライン / 2016年08月24日19時05分

離脱者にファンを持っていかれないためにも、事務所サイドは木村がファンのためにSMAP存続に奔走し、I女史の暴走と4人のワガママによってグループが壊されたという筋書きにしたがっている」(前出・記者) だが一昔前ならまだしも、現在はネットや週刊誌など事務所の影響が及ばないメディアはたくさんあるだけに情報操作が上手くいくとは限らない。むしろ前述の工藤のように余計 [全文を読む]

キムタク敵視の要因にも?”結婚にすがる”香取慎吾のメンタル

デイリーニュースオンライン / 2016年08月08日10時05分

某在京スポーツ紙の契約記者を経て、現在は週刊誌等で活躍中。主な著書に『真相!アイドル流出事件簿』(ミリオン出版)、『事務所をクビになった芸能人』(竹書房)、『芸能人のタブー』(宙出版)など。 [全文を読む]

暴走族の女神からオーガニック母へ。工藤静香のしつこい変貌アピールと木村家離散報道

messy / 2016年03月23日00時30分

それが高じて、現在はネットショップで自身がオススメするオーガニック食品の通販などを行っているとのこと。また、スタジオではオーガニック食材を使った彼女のお手製ケーキが振る舞われた。 今回の放送では、全盛期はヤンキーに絶大な人気を誇っていた彼女らしい暴走族のエピソードに注目が集まっていたが、現在の彼女は「喧嘩上等」スピリッツこそ失っていないものの、不良文化から [全文を読む]

SMAP解散騒動にも影響?キムタク父が始めた驚きの”珍商売”

デイリーニュースオンライン / 2016年03月05日08時10分

■以前はレストランを経営、現在は… SMAPの存続が判明するや否や、民主党議員の質問に応じる形で安倍晋三首相が国会で「多くのファンの方々の期待に、また願いに応えてグループが存続するのは良かった」と答弁するなど、“国民的アイドル”の影響力の大きさを改めて知らしめた一件だった。 メンバーは最年少である香取慎吾も39歳を迎えた。「四十にして惑わず」とはいうが、 [全文を読む]

「ウチの子を高学歴に!」福田萌だけじゃないママタレたちの異常な鼻息

アサ芸プラス / 2015年07月16日05時59分

「離婚して現在シングルマザーの鈴木紗理奈も、ブログで自ら『教育ママ』と名乗っています。4歳になる長男にはピアノやスイミングスクールなど多くの習い事をさせているそうですが、優樹菜といい紗理奈といい、元ヤンの上昇志向はなかなかのもんです」(前出・芸能ライター) 意外な教育ママぶりを発揮しているのが小倉優子。現在2歳になる長男が0歳の頃から3つの習い事を掛け持ち [全文を読む]

武藤彩未が80年代アイドルの名曲を歌い上げる!「A.Y.M. ROCKS ~MUTOな夜~」ライブレポート

エンタメNEXT / 2015年06月14日07時00分

そしてグループアイドル全盛の現在、ソロアイドルとして孤軍奮闘する武藤がカバーしたことに不思議な因縁を感じた。KYON2に勝るとも劣らないアイドル性の感じられる出来に仕上がったと思える。しかし、2番に差しかかったところで歌い出しを間違ってしまう(笑)。せっかく『A.Y.M.』の歌詞忘れを克服したというのに……(笑)。ドジな彩未ちゃんも健在なのである(笑)。 [全文を読む]

フォーカス