工藤静香 酒井法子に関するニュース

酒井法子 MXテレビ「5時に夢中!」で“裸の仕事”のオファーがあった?

アサ芸プラス / 2015年01月09日09時57分

「松田聖子さんに憧れてましたが、工藤静香さんもいいなって。正直、のりピー語はウザったいと思うこともありました」 清純派キャラを全て売り尽くした今、いっそヤンキーのりピーで一皮剥けるのが正解なのかも。 [全文を読む]

ベッキーも真っ青? 広告塔を務める「ジェムケリー」の悪質な商法

サイゾーウーマン / 2012年09月29日09時00分

※画像は『ヤルキスイッチ』/EMIミュージックジャパン【関連記事】「まるでマルチ商法」に工藤静香も困惑! 芸能人と宝石ビジネスの闇ベッキーもピンチ!? Twitter交流で張り込まれていた平野綾とダルビッシュ酒井法子の復帰を急ぐ、サンミュージックの切羽詰まった台所事情 [全文を読む]

タトゥーって見せちゃダメなの? 元KAT-TUN田中聖の“タトゥー隠さず甲子園”で批判殺到

messy / 2017年08月16日00時30分

また、夫婦でお揃いの刺青を入れているのは、木村拓哉(44)と工藤静香(47)夫妻。足首にお揃いのデザインのタトゥーを入れている。森三中の大島美幸(37)と放送作家の鈴木おさむ(45)夫妻も、背中に「美幸」「osamu」と互いの名前のタトゥーを入れている。 スポーツ誌の取材に応じた彗さんいわく、田中は弟の試合前や試合後など、必ず応援のメッセージを送っている [全文を読む]

木村拓哉にも薬物疑惑?あの女優の"暴露ブログ"が大騒動に

デイリーニュースオンライン / 2016年11月30日19時05分

木村自身に薬物疑惑が降りかかったのは初といってもいいが、妻の工藤静香(46)は覚せい剤事件を起こした酒井法子(45)と親友だったこともあって幾度となく週刊誌のネタにされた過去がある。それだけに「石原真理の妄想」と簡単に切り捨てられず、ファンが動揺する事態となっているのだ。 「無論、石原さんのブログを見れば彼女が正常とは言い難い状態なのは明白。しかし、盗聴・ [全文を読む]

元光GENJI“因縁の二人”ディナーショーに、坂上忍がクレーム

日刊大衆 / 2016年11月09日15時30分

中森明菜(51)、工藤静香(46)、酒井法子(45)など、久しぶりにディナーショーを開催する芸能人が紹介されたのだが、その“値段”について、司会の坂上忍(49)が苦言を呈する場面があった。 番組では、週刊女性に掲載された『2016ディナーショーお値段ランキング』のデータを紹介。1位は五木ひろし(68)の5万1000円だという。芸能リポーターの菊池真由子(4 [全文を読む]

SMAP・木村拓哉、足首のタトゥーを除去!? 素足“解禁”に高まるファンの関心

サイゾーウーマン / 2014年08月02日09時00分

2000年に結婚した妻・工藤静香とペアのデザインのタトゥーが入っているという疑惑が持たれていたんですが、09年放送の『さんま&SMAP!美女と野獣のクリスマススペシャル』(日本テレビ系)で、木村君が左足首にテーピングを巻いていたことで、騒ぎが大きくなりました。当日の生放送では、木村君が指名されて熱湯風呂に入るために着替えたんですが、足首にぐるっと巻かれたテ [全文を読む]

矢沢永吉が掟破りの6万円設定! 大物芸能人たちの“荒稼ぎ場”ディナーショーの相場とは

日刊サイゾー / 2013年12月15日09時00分

ディナーショーで稼ぎまくっているとの報道があった工藤静香は、3万5,000円です。意外なところでは、1日に五井グランドホテル(千葉県市原市)で、歌手活動の本格復帰を宣言した女優で歌手の酒井法子が、歌まね芸人のオフコース小田とディナーショーに出演しましたが、2万円という“お手頃価格”もあってか、結構な動員数だったそうです」(同) 完全に芸能界復帰を果たしたと [全文を読む]

「キムタクは自主的に......」各テレビが強化し始めた芸能人の"タトゥー規制"

日刊サイゾー / 2012年09月22日08時00分

また、キムタクことSMAPの木村拓哉と工藤静香夫妻も、そろって足首にワンポイントでタトゥーを入れているが......。「キムタクはスポンサーの意向をすでに心得ていて、以前、特番で熱湯風呂に入った際、タトゥーの部分に肌色のテーピングを巻いて隠していた。ジャニーズ事務所の後輩ではKAT-TUNの田中聖が舌、胸、お尻など思いつくままに入れてしまっているが、これも [全文を読む]

菊池桃子の離婚は『モモコクラブ』連鎖離婚の呼び水になるか?

メンズサイゾー / 2012年02月01日10時00分

工藤静香・鈴木保奈美・森口博子・酒井法子など、その後のビッグネームが多数登場したことでも知られているが、中でも西村知美と畠田理恵の2名はそれぞれ第1回、第2回の「ミス・モモコクラブ・グランプリ」に選ばれている。いわば、「ポスト菊池桃子」として公式認定されていたようなものだったのだ。 [全文を読む]

フォーカス