中島みゆき 松山千春に関するニュース

出身地で判断してはダメだけど…変な人が多そうな都道府県は?

しらべぇ / 2017年04月12日08時00分

北島三郎(80)、松山千春(61)、玉置浩二(58)、中島みゆき(65)など、大物歌手の多い北の大地。それぞれに一般人には理解できないエピソードがありそう。第5位は「青森」(48票)。元・高見盛こと振分親方(40)や舞の海秀平(49)、レスリングの伊調姉妹などの有名スポーツ選手が多く、実直なイメージだが、ピコ太郎をプロデュースした古坂大魔王(43)も青森出 [全文を読む]

【試写室】「ハナタレナックスEX」ナックス、自由気まま過ぎ!

Smartザテレビジョン / 2017年02月12日05時00分

北海道といえば、水曜どうでしょう、北の国から、中島みゆき、日本ハムファイターズ、松山千春、onちゃん、五郎さん、時計台、GLAY、海の幸、純、noちゃん、函館山、知床、蛍…など、挙げればキリがないくらい見どころたっぷり。でも、やはり北海道といえば演劇ユニット・TEAM NACSだろう。森崎博之、安田顕、戸次重幸、大泉洋、音尾琢真という、今や日本を代表する演 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】加藤浩次 “北海道会”第2回開催に意欲「京極夏彦さんに会いたい」

TechinsightJapan / 2016年06月20日12時50分

北海道出身と言えば松山千春、中島みゆき、DREAMS COME TRUEの吉田美和、元JUDY AND MARYのYUKI、藍井エイルなどミュージシャンや大泉洋以外のTEAM NACSメンバーなどまだまだ著名人は多い。2回目の“北海道会”開催に期待が高まる。 出典:https://twitter.com/lespros_ami (TechinsightJ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】GLAY、大黒摩季、大泉洋、加藤浩次…“北海道会”の顔ぶれが豪華すぎ!

TechinsightJapan / 2016年06月18日17時00分

北海道出身のフォロワーも「同じ道民、道産子としてホントに嬉しい!」と興奮気味だが、なかには「今度はドリカムの美和さんも」「松山千春、中島みゆきも見たい」とリクエストの声も見受けられた。 この集合写真には間に合わなかったようだが、仕事の関係で遅れたトシの姿も後に公開されている。大泉との珍しいショットとなっており、なぜか2人で口を尖らせていた。 出典:http [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】桑田佳祐が選ぶ“2014年邦楽ベスト20”に異変。今年はアイドルの楽曲が入らず。

TechinsightJapan / 2014年12月29日17時55分

“桑田佳祐が選ぶ2014 邦楽ベスト20”1位 『歩き出してくれないか』(松山千春)2位 『Brand New Day』(安田レイ)3位 『静かな伝説(レジェンド)』(竹内まりや)4位 『麦の唄』(中島みゆき)5位 『ひまわりの約束』(秦基博)6位 『ラストシーン』(JUJU)7位 『Darling』(西野カナ)8位 『カリフォルニー』(ケツメイシ)9位 [全文を読む]

嵐の櫻井翔もランクイン! 「先生・上司にしたい音楽アーティスト」ベスト20を発表!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年08月19日11時50分

1位:福山雅治 2位:武田鉄矢 3位:桑田佳祐(サザンオールスターズ) 4位:小田和正 5位:坂本龍一 6位:稲葉浩志(B’z) 7位:長渕剛 8位:さだまさし 9位:矢沢永吉 10位:櫻井翔(嵐) 11位:加山雄三 12位:井上陽水 12位:中島みゆき 14位:谷村新司 15位:桜井和寿(Mr.Children) 16位:氷室京介 17位:aiko 1 [全文を読む]

「この人から教わりたい!」と思う、先生・上司にしたい音楽アーティストTOP20

Woman Insight / 2014年08月18日16時03分

休み明けの勉強や仕事が待っているかと思うと気が重いですが、こんな先生・上司だったら頑張れそう? 旬のアーティスト情報を取り扱う音楽情報誌『CD&DLでーた』で、10~60代の男女を対象とした、「先生・上司にしたい音楽アーティスト」ランキングが発表されました! 「先生・上司にしたい音楽アーティスト」 総合ランキングTOP20 [有効回答者数/n=1858人] [全文を読む]

【先生・上司にしたい音楽アーティスト】発表。「この人から学びたい!」と思う音楽アーティストは?

PR TIMES / 2014年08月18日11時04分

(調査期間:2014年7月14日~7月15日)●「先生・上司にしたい音楽アーティスト」 総合ランキングTOP20設問:あなたの「先生・上司にしたい音楽アーティスト」と、その理由を教えてください有効回答者数 n=1858人順位:アーティスト名1位:福山雅治2位:武田鉄矢3位:桑田佳祐(サザンオールスターズ)4位:小田和正5位:坂本龍一6位:稲葉浩志(B'z) [全文を読む]

“日本のリバプール”博多スーパースター列伝<第4回>海援隊(3)

アサ芸プラス / 2014年01月30日09時58分

70年代半ばには中島みゆきや松山千春ら「北海道発」も増えてくるが、当時は差を感じた。 「東京からの距離は札幌も博多も変わらないけど、向こうは関門海峡を越えることに『負けて帰れない』という意識が強い。それに博多の放送局の人たちが、自分の子供のようにアーティストを可愛がって食事に連れていく。とてもうらやましかったです」 山木は武田のソロも含め、多くの曲を海援隊 [全文を読む]

名物会社「フリップサイド」の倒産で表面化した、コンサートビジネスの行き詰まり

日刊サイゾー / 2012年10月04日08時00分

メディアの報道では、松山千春や中島みゆきなどを手がけてきたと報じられたが、2000年以降の同社はDIR EN GREYなどのビジュアルバンドや、Jポップ関連の大型公演も積極的に手がけていたという。「フリップサイドは豪腕で知られる高山昌芳社長の個性が前に出た会社で、スタッフはその意向に忠実に従っているという印象でした。大物バンドや歌手からの信頼も厚かったの [全文を読む]

フォーカス