相葉雅紀 沢尻エリカに関するニュース

【エンタがビタミン♪】沢尻エリカ「今まで100%夢がかなってきた」豪語 親友の数は?

TechinsightJapan / 2015年12月26日17時57分

2014年にはドラマ『ファースト・クラス』シリーズでヒロイン・吉成ちなみ役を好演して人気となり、2015年は相葉雅紀主演の月9ドラマ『ようこそ、わが家へ」(フジテレビ系)への出演や映画『新宿スワン』でヒロイン・アゲハ役を務めるなど女優としての幅を広げている。 そんな沢尻エリカだが、先日サントリー『ほろよい』公式キャラクター 「ほろよいエリカ」として期間限 [全文を読む]

相葉“月9”に意外な前評判!?「春の新ドラマ」注目作ランキング

日刊大衆 / 2017年04月17日07時05分

予想外だったのは、相葉雅紀(34)主演で起死回生を狙う、注目の月9ドラマ『貴族探偵』(フジテレビ系)。ランキングでは第7位(7%)といま一つ振るいませんでした。また、『逃げるは恥だが役に立つ』『カルテット』と話題作が続いている、TBS火曜夜10時枠ドラマの『あなたのことはそれほど』は、今回最下位となっています。 今回のアンケートは放送前に調査したもので、 [全文を読む]

2015年「年間ドラマ大賞」が決定! 作品賞(大賞)は相葉雅紀主演『ようこそ、わが家へ』! 相葉は「作品賞」「主演男優賞」「主題歌賞」のトリプル受賞!

PR TIMES / 2016年02月10日09時36分

嵐・相葉雅紀の受賞インタビューは、2月10日(水)発売の「TV LIFE(テレビライフ)5号」に掲載!「TV LIFE(テレビライフ)お正月特大号」及び「TV LIFE Web」上で募集した「第25回 年間ドラマ大賞2015」の受賞作が決定した。 注目の作品賞(大賞)は、2015年4月期に放送された『ようこそ、わが家へ』(フジテレビ系)が見事受賞。“月9史 [全文を読む]

嵐・相葉雅紀が沢尻エリカをとろけさせた「甘~い気配り」

アサ芸プラス / 2015年04月14日17時59分

嵐の相葉雅紀(32)といえば、嵐メンバーの中でもとびきりの「いい人キャラ」でおなじみ。超天然で裏表がなく、人当たりも抜群と評判。4月13日にスタートするフジテレビ系の月9初主演ドラマ「ようこそ、わが家へ」での制作発表では、スタッフ、キャストが口をそろえて相葉の善人ぶりを絶賛し合った。「何が驚いたって、あのひねくれ者の沢尻エリカでさえ手放しで褒めちぎったこと [全文を読む]

相葉雅紀、沢尻エリカとのキス「やっちゃいますか!」

Smartザテレビジョン / 2015年04月07日17時22分

4月13日(月)スタートの新ドラマ「ようこそ、わが家へ」(毎週月曜 夜9:00-9:54 フジ系)の記者会見が、4月7日に都内スタジオで行われ、相葉雅紀、沢尻エリカ、有村架純、南果歩、寺尾聰が登壇した。同作は、池井戸潤の同名小説を原作に、ある日を境にストーカーの恐怖に翻弄(ほんろう)されていく家族の姿をサスペンスタッチで描く。気弱な倉田健太(相葉)はある日 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】相葉雅紀、斎藤工が「お初」づくし。19年ぶり山口智子、石田ゆり子がやっぱり美しい。フジ新ドラマのキャストが豪華すぎる。

TechinsightJapan / 2015年04月01日22時31分

まずは、嵐の相葉雅紀がフジテレビ「月9」初主演となる4月13日スタートの「ようこそ、わが家へ」(月曜後9・00)。直木賞作家・池井戸潤の小説が原作で、「池井戸作品史上、最弱のヒーロー」と話題を呼んだ作品だ。気弱で争い事が大の苦手な相葉雅紀演じる主人公・倉田健太が、ある日、仕事帰りの駅のホームで割り込み乗車をしようとした男に注意をする。それを機に健太の身の [全文を読む]

相棒に沢尻エリカ!相葉雅紀「いいコンビになりたい」

Smartザテレビジョン / 2015年03月13日19時03分

4月スタートの相葉雅紀主演の“月9”新ドラマ「ようこそ、わが家へ」(フジテレビ系)では、ヒロイン役として沢尻エリカの出演が決定した。沢尻が“月9”に出演するのは初めてで、相葉との共演も初となる。 今作は、池井戸潤の同名小説が原作で、ある日を境にストーカーの恐怖に翻弄されていく家族の姿をサスペンスタッチで描く。 相葉演じる気弱な青年・健太(相葉)は郊外の一軒 [全文を読む]

相葉雅紀、面目保った?!…4月ドラマ最終回(下)

NewsCafe / 2017年06月29日16時21分

残る1ケタ台組で一番よかったのは?」 記者「相葉雅紀(34)主演の月9ドラマ『貴族探偵』(フジテレビ系)で9・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区。以下同)でした」 デスク「フジの月曜9時ドラマ枠の30周年記念作。初回は11・8%で2桁スタートが、2話以降はずっと1桁だったけど、面目を保ててよかったね」 記者「貴族探偵が人殺しかと思わせておいての、ドラマオリ [全文を読む]

スタートダッシュを切るのはどれか…春ドラマ初回ランキング

しらべぇ / 2017年04月07日06時30分

「月9」30周年だけあって主演の相葉雅紀のみならず、豪華な出演者が並び、2位から50票以上の差をつけている点でも、注目の高さがうかがえる。なおTOP5には入らなかったが、第6位:『人は見た目が100パーセント』(フジテレビ系・96票)、共に94票の第7位:『警視庁・捜査一課長 season2』(テレビ朝日系)『孤独のグルメ season6』(テレビ東京系) [全文を読む]

相葉雅紀が年間ドラマ大賞「作品賞」「主演男優賞」「主題歌賞」のトリプル受賞

dwango.jp news / 2016年02月10日10時13分

「月9史上初のサスペンスタッチのホームドラマ」という触れ込みで、相葉雅紀はごく普通の青年、倉田健太役を演じた。普通の青年が、ストーカーから家族を守るために次第に強くなっていく姿を描いた同作は、健太役を演じた相葉のひたむきな演技で多くの視聴者を魅了。相葉の他にも有村架純や沢尻エリカが出演するなど話題も豊富で、単なるサスペンスに終わらない作品の奥行きを深めたこ [全文を読む]

嵐・相葉雅紀も笑った佐藤二朗と沢尻エリカの会話とは?

アサ芸プラス / 2015年06月22日17時58分

嵐・相葉雅紀主演ドラマ「ようこそ、わが家へ」(フジテレビ系)の最終回が15日に放送され、これまでで最も高い視聴率15.0%を記録。全話の平均視聴率は12.55%と期待されたほど高くはなかったものの、視聴者の評価は上々だった。「犯人が複数いたことで山場が何度もあるなど、視聴者を飽きさせない工夫がされていましたね。また、月9としては珍しいサスペンス調のドラマな [全文を読む]

相葉雅紀の月9『ようこそ、わが家へ』 幕引きは斬新だった

NEWSポストセブン / 2015年06月17日16時05分

なぜ、視聴者の関心を持続的に引き寄せることができたのか? じわじわと期待が高まっていった理由とはいったい何だったのでしょうか? 嵐・相葉雅紀の「月9」初主演とか、『半沢直樹』の池井戸潤作品が原作、といった話題ももちろんありましたが、それだけでは説明しきれない。おそらく、次の「3つのポイント」が、秀逸だったのでは。【1】原作をいかにテレビドラマ化するのか 優 [全文を読む]

相葉雅紀「ようこそ、わが家へ」撮影終了!真犯人は…

Smartザテレビジョン / 2015年06月15日07時00分

相葉雅紀主演“月9”ドラマ「ようこそ、わが家へ」(毎週月曜夜9:00-9:54フジテレビ系、最終回は6月15日夜9:00-10:09)がクランクアップを迎えた。 物語の中心だった「倉田家」でその瞬間を迎えた相葉は、演出の中江功から花束を贈られハグ。82日間に及んだ撮影の苦労や喜びを確かめ合った。 相葉は「もう終わりか、という感じがします。1話を撮っている時 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】月9『ようこそ、わが家へ』に登場する“ドSなOL”に反響。謎な役柄に「まさか犯人?」

TechinsightJapan / 2015年05月27日10時25分

相葉雅紀が主演する月9ドラマ『ようこそ、わが家へ』に出演する“ドSなOL”が話題になっている。ツイッターではその言動にキュンときて「かわいいからたまらん!」など“M”よりな感想もあり、なかには犯人ではないかと推理を働かせる視聴者も出ている。 嵐の相葉雅紀にとって初の月9主演となる『ようこそ、わが家へ』(フジテレビ系)。直木賞作家・池井戸潤氏の同名小説を原作 [全文を読む]

嵐・相葉雅紀は「父親」寺尾聰の“あるアドバイス”で一皮むけるか?

アサ芸プラス / 2015年05月12日09時59分

嵐・相葉雅紀主演の月9ドラマ「ようこそ、わが家へ」(フジテレビ系)。視聴率は第3話の時点で平均12.1%だが、「面白い」と評価は高い。「小説をドラマ化するにあたって、主役を父親から息子に変更したと同時に、頼りがいのある息子を気弱な性格に変えました。相葉さんのどこか頼りない感じがハマってますね。また、演技の上手い沢尻エリカさんをオリジナルキャラを作ってまで相 [全文を読む]

嵐・相葉雅紀『ようこそ、わが家へ』11.4%! 月9最低『極悪がんぼ』に似た推移に心配の声

サイゾーウーマン / 2015年04月21日15時20分

嵐・相葉雅紀主演の月9ドラマ『ようこそ、わが家へ』(フジテレビ系)第2話の視聴率が、初回視聴率の13.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)から1.6ポイントダウンの11.4%を記録した。早くも右肩下がりの結果に、ネット上では「尾野真千子の二の舞い?」という声が出ている。 相葉初の月9主演となる本作は、大ヒット作『半沢直樹』(TBS系)や『花咲舞が黙 [全文を読む]

沢尻エリカとレゲエ彼氏も!「彼女のママ」と同棲する男たちが急増

messy / 2015年04月14日17時30分

原作はベストセラー作家の池井戸潤氏、主演には嵐の相葉雅紀(32)を迎え、月9枠ながら恋愛ドラマではない意欲作だ。初回視聴率は13.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とギリギリ合格ラインだった。 この作品でヒロイン役となるのが、沢尻エリカ(29)だ。2007年の「別に」発言や、翌08年に結婚した高城剛氏との離婚騒動、大麻中毒報道にエイベックス社長の愛人疑惑 [全文を読む]

嵐・相葉雅紀『ようこそ、わが家へ』を“月9”で放送のナゼ?「怖すぎて、子どもに見せられない……」

日刊サイゾー / 2015年04月14日17時00分

13日にスタートした嵐・相葉雅紀主演“月9”ドラマ『ようこそ、わが家へ』(フジテレビ系)の初回平均視聴率が、13.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。 原作は、『半沢直樹』シリーズの池井戸潤による同名小説。主人公の一家とストーカーの対決を通し、“家族”の意味を描くサスペンスタッチのホームドラマ。主人公は、原作では父親だが、ドラ [全文を読む]

沢尻エリカ 恋人と再同棲!母リラさんも「彼は息子」と公認

WEB女性自身 / 2015年04月14日00時00分

沢尻といえば、13日に始まった相葉雅紀(32)主演の月9ドラマ『ようこそ、わが家へ』(フジテレビ系)でヒロインを熱演。その復調ぶりが話題を呼んでいる。「07年の“別に”発言でバッシングを浴び、翌年には高城剛氏(50)と結婚。その生活も破たんし、3年がかりの協議を経て13年に離婚が成立した。そんな波乱万丈の日々を乗り越え、ついに初の月9ヒロインを勝ち取った。 [全文を読む]

エリカ様×相葉雅紀と初共演、斎藤工の“生ハグ”披露など……フジテレビのドラマに注目

Entame Plex / 2015年04月08日23時18分

まず、“月9枠”初出演となる嵐の相葉雅紀が主演を務める「ようこそ我が家へ」。初共演の沢尻エリカを初回ゲストに迎える本作は、『半沢直樹』『ルーズヴェルトゲーム』などで知られる池井戸潤による原作小説をフジテレビでは満を持しての初連続ドラマ化。そんな挑戦的且つ革新的な“初づくし”の“月9”に注目が集まっている。 「ようこそ我が家へ」は、4月13日より毎週月曜よ [全文を読む]

フォーカス