グラビア 釈由美子に関するニュース

10年ぶりに写真集を発売! 釈由美子「昔より小さい水着で頑張りました」

週プレNEWS / 2012年09月12日18時00分

2000年代前半に週プレをはじめ、数々のグラビア誌に登場し、弾けるようなセクシーボディで男性ファンを魅了した釈ちゃん。自身10年ぶりとなる水着写真集『I am 釈由美子写真集』の撮影はハプニングの連続だったとか。マル秘エピソードを教えてくれた *** ■ビキニからお尻が出ちゃってるんです ―釈さん……いや、釈ちゃん! お帰りなさいっ!! もう二度と見られな [全文を読む]

「20代は旬だった」 釈由美子が病床の父に背中を押されて撮った本格アクションで魅せた、エロカッコいい筋肉美!

週プレNEWS / 2015年06月18日21時00分

20代ではグラビアアイドルとして活躍していた彼女だが、その頃ともまったく違う筋肉美を披露。その秘訣とともに映画への思いを語ってもらった。 ―映画冒頭からショッキングな釈さんの姿にも驚きましたが、失礼ですけど、目が据わっている釈さんが少し怖かったというか…。 釈 タイトル通り、殺し屋という職業で、クールなヒロインを意識していたのでそれは嬉しいです(笑)。 [全文を読む]

TOKYO MXが贈る名物情報バラエティ番組『5時に夢中!』スペシャル対談! 若林史江×マツコ・デラックス

週プレNEWS / 2012年10月17日15時00分

じゃあさ、そのオトコ用に単独でグラビアを撮ってもらいなさいよ。いっそのこと、脱いじゃえば? 若林 この間、『FRIDAY』にも同じことを言われたけど、絶対に脱ぎません! マツコ こんなチャラい格好までしてきたんだから、もうマン毛まで出しちゃえばいいのよ。それかいっそのことパイパンにするか。ただ、どうせ脱ぐんなら『FRIDAY』のほうがいいわよ。週プレだと絶 [全文を読む]

TOKYO MXが贈る名物情報バラエティ番組『5時に夢中!』スペシャル対談・第2回 岡本夏生×北斗晶

週プレNEWS / 2012年10月24日15時00分

その存在が24時間「失礼ぶっこきマンボ~!」、“日本最年長グラビアアイドル”岡本夏生と、24時間テレビ初の「家族リレーマラソン」完走の感動も記憶に新しい日本最強の“鬼嫁”北斗晶の、火曜コメンテーター対談が実現! 果たして番組と同様に、夏生の暴走を北斗が阻止できるのか……? 前代未聞の“楽屋裏”潜入記をとくとご覧あれ! *** ■毎週ハプニングが起きるゴジ [全文を読む]

釈由美子の「爆乳化」に男性視聴者が騒然! 「とんでもない破壊力」と興奮コメント続出

メンズサイゾー / 2016年11月02日18時00分

もともと釈は計8冊の写真集をリリースしたグラビア出身者。往年の深夜番組『ワンダフル』のワンダフルガールズ(ワンギャル)の一因としても人気を博した。当時から抜群のスタイルで世の男性たちをトリコにし、数々の雑誌で水着グラビアを惜しげもなく披露していた。推定Dカップのバストがプルルンと揺れるサントリー「H(アッシュ)」のCMが大きな話題になったこともあり、胸の [全文を読む]

浅田舞の巨乳DVD付録で「週刊プレイボーイ」が1割増の“バカ売れ”状態に!

日刊サイゾー / 2015年03月03日09時00分

昨年12月に衝撃のグラビアデビューを果たした浅田舞。2月23日発売の「週刊プレイボーイ」(集英社)が、初グラビアの撮影シーンを収録したDVDを付録につけたところ、これが大当たり。彼女の巨乳動画目当ての読者が、書店やコンビニに殺到したようだ。 「直近のマギー、乃木坂46・白石麻衣、佐野ひなこ、釈由美子が表紙だった号に比べて、大手書店では7%~12%ほど売り上 [全文を読む]

優香、青木裕子、かとうれいこ…胸が豊かな美女テレカ、最大プレミア価格なのは?

アサ芸プラス / 2017年06月07日05時59分

グラビア誌や漫画誌を中心に、水着メーカーやビールメーカーも盛んに制作したテレカ。今も根強い人気を持ち、収集を続けているコレクターも少なくない。そんなテレカの盤面を最も多く飾ってきたのが、豊かな胸の持ち主であるグラドルたちだ。「スペースの小さなテレカでも豊かな胸なら絵になりました。また、テレカの全盛期と豊かな胸のブームが重なったことも起用された理由の一つ。い [全文を読む]

「国民栄誉グラドルBEST20」(16位~20位)水戸が生んだ“16年間現役”のレジェンド

アサ芸プラス / 2016年05月06日09時59分

グラビア界に“多大なる功績”を残した20人を「アサ芸プラス」が独断で決定。「国民栄誉グラドル」として、改めてここに表彰しよう。 それでは20位からカウントダウン!20位 根本はるみ(166センチ・B103・W60・H88) 全盛期のイエローキャブ王国といえども「3ケタのバストサイズ」は彼女が最初。あまりにもパワフル過ぎたためか、お茶の間は戸惑うばかりだった [全文を読む]

新妻・釈由美子がセクシーシーンを連発してエロすぎると話題に

AOLニュース / 2015年10月29日12時00分

ネット上でも「くっそエロい」「釈パイは相変わらず健在やな」「これで37とか信じられんわ」「グラビア系出身の中ではいい感じで歳を重ねてるレアな存在だと思うわ」「こういう嫁さんもろうたら興奮して毎日落ち着かんwww」「それにしても綺麗やなー」といった興奮気味の声が相次ぐことに。 釈と言えばつい先日実業家の男性との電撃入籍を発表したばかりの新婚ホヤホヤの人妻。そ [全文を読む]

しょこたん、こじはる、菜々緒…カメラマンが明かす芸能人カラコン事情

デイリーニュースオンライン / 2015年07月20日11時30分

そんな彼女たちを撮影する現役のグラビアカメラマンは話す。 「みんな“ディファイン”と呼ばれる黒目と白目の境界線をはっきり分けて、黒目を大きく見せるカラコンを入れている。昔は考えられなかったくらいの流行ぶり。僕が撮影した方で言うと、中川翔子さん、菜々緒さん、おのののかさん、AKB48の小嶋陽菜さん、矢口真里さん、森下悠里さん。まだ売れていない女の子たちなら [全文を読む]

釈由美子がAKB渡辺麻友ふうに? まだまだ進化を遂げる最新バージョン

messy / 2014年11月11日18時30分

つい先日公開された『GQ』グラビアでも男女問わず見惚れる釈ボディを披露している。 しかし鍛練の賜物である美肢体はともかくとして、それ以上にたびたびネットで話題をさらうのが、目鼻立ちの著しい変化だ。ある時は鼻のつけね(眉間)がモッコリ盛り上がり日本人離れした風貌になったかと思いきや、ある時は「ふんにゃかふんにゃか」と微笑んでいたアイドル時代を彷彿させるぼんや [全文を読む]

「お尻ばっかり」とファンも失望!? 紗栄子の写真集、Amazonレビューが炎上!

サイゾーウーマン / 2014年01月09日13時00分

「女のコのためのグラビア」をテーマに掲げ、セミヌードショットも収録されていると話題になっていた、紗栄子の初写真集『EPISODE 1』(宝島社)(既報)。しかし昨年12月24日の発売後、“セミヌード”という範疇を超えた脱ぎっぷりを披露している内容に、読者は騒然。年をまたいで、現在もAmazonレビューが炎上している。 「発売前に先行で公開されたカットは、帽 [全文を読む]

釈由美子がさらにバージョンアップ? 「姉妹と顔違いすぎ」「人形みたいな眼球」

messy / 2013年11月29日17時00分

しかし、同著のリリースに合わせて「フライデー」(講談社)に掲載されたグラビアを拝見すると、こ、これは……。今までも釈には美容整形疑惑がつきまとってきたが、さらに最新バージョンへ進化したという印象だ。 デビュー当初は、「ふんにゃかふんにゃか」というキャッチフレーズをよく口にし、ほわっとした癒し系キャラで、“完璧美女”というよりはどこか隙のある可愛らしさが魅力 [全文を読む]

9年ぶりに水着解禁! 佐藤江梨子「今回のグラビアが最後の婚活写真です」

週プレNEWS / 2013年05月22日18時00分

週刊プレイボーイで約9年ぶりに水着グラビアを解禁! セクシーなビキニ姿を惜しげもなく披露してくれた“サトエリ”こと佐藤江梨子に、その心境を直撃した。 ■9年ぶりにグラビアを解禁した理由とは? ―前回、週プレの表紙を飾ってくれたのは、なんと2002年! これがそのときの掲載号(7月23日号)なんですけど……覚えています? 佐藤 おぉ~、懐かしい! こうやって [全文を読む]

アイドル雑誌・BOMB特別編集の電子写真集14タイトルが、amazon(Kindleストア)にて一挙にリリース開始!

PR TIMES / 2013年05月13日15時01分

今回リリースの電子写真集はアイドル雑誌の雄・「BOMB」が特別編集したコンテンツ「BOMB DIGITAL PHOTOBOOK」シリーズで、水着グラビアを中心とした「SO SEXY!」をはじめ、『I am 釈由美子写真集』電子版などさまざまなアイドル・女優の写真集をそろえています。 今後も電子写真集のラインナップを増加する予定ですので、ぜひご期待ください [全文を読む]

ナイナイも驚いた!? 「ナチュラルとはかけ離れた美貌」のグラドルとは…

メンズサイゾー / 2013年01月27日08時00分

一方、浜崎とは異なり、レスポンスをかけられないバラエティ番組などの出演時でも「ビニールさながら」の肌質で視聴者を驚かせたのが、グラビアアイドルの森下悠里(27)だ。 森下は24日放送の『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)に出演。「ピッタンコチョイス+」という、タレントが自宅を公開し、ナイナイらが家賃を当てるクイズコーナーだったが、森下の自宅は東京都 [全文を読む]

アノお天気キャスターも整形で別人? 激変お直し美女・最新版

メンズサイゾー / 2013年01月21日08時00分

豊満系のグラビアアイドルとして人気を誇り、多くのグラドルが結婚・出産する中で今も現役のグラビア活動を続けている女神の一人だ。彼女の場合は鼻やアゴに変化は見られないものの、奥二重だった目元がいつの間にか平行二重になり、どことなくぼんやりした顔立ちだったのが、全体のパーツがくっきり目立つ美人顔になったと言われている。同様に、子役時代から活躍している女優の川島海 [全文を読む]

平愛梨が非常識コメント連発「内田裕也はシワクチャのおじいさん」に現場騒然

デイリーニュースオンライン / 2015年09月13日08時30分

極めつけは、かつてM字開脚で男性グラビア誌を席巻したインリン・オブ・ジョイトイに対し「アダルトビクトリーの人かと思ってた」と、インリンがAV出身であると勘違いしている上に、AVが「アダルトビデオ」の略というの知らないという二重の間違いで、場の笑いをかっさらっていた。ある意味、本当に“天然”でなければかなりの“女優”とも言える。 ダウンタウンの浜田でさえも [全文を読む]

女優・常盤貴子の「鉄子」アピールはホンモノか? 芸能人“にわか“と“マニア“の境界線

おたぽる / 2015年08月14日12時00分

矢部も釈もグラビアを中心としたアイドル的な活動から、専門性や体験を生かした仕事にシフトしている。 「やはり小さいころから馴染みがあった、ずっと好きだったというくらいでなければ、こうした仕事はうまくいきませんね。安易に手を出せば、女優の佐藤藍子のように、サッカーやベイスターズ、納豆、韓流ドラマなど、なんでもはやりものに乗っかるというキャラがついてしまいます」 [全文を読む]

釈由美子、アクション映画で主演を掴むまでの「不思議ちゃん」時代

アサ芸プラス / 2015年03月25日17時59分

「不思議ちゃんのイメージが先行していましたが、当時、グラビアの企画で自宅での“自撮り”をお願いすると、プロのカメラマンが使うレフ版を使って撮影していました。彼氏がそういう職業だったのかどうかは知りませんが、ドジな印象は微塵も感じませんでしたね」(アイドル誌編集者) それはさておき、不思議ちゃんキャラが浸透して顔が売れると、CMに引っ張りだことなり女優として [全文を読む]

フォーカス