過去 テレビ朝日に関するニュース

株式会社テレビ朝日様「オプティカルディスク・アーカイブ第2世代」を導入決定

@Press / 2017年06月07日11時30分

現在、長期保存を視野にファイル化への移行を進め、過去に放送されたSD番組映像を放送・業務用光ディスク「XDCAM プロフェッショナルディスク」へ変換しています。 今回は、膨大な保有数のHD番組映像を中心としたテープメディアの保存を目的として、「オプティカルディスク・アーカイブ第2世代」を導入し、ファイルに変換後、コンテンツ資産を長期保存します。【主な導入機 [全文を読む]

氷山の一角か?テレ朝”お水バイト”報道の女子大生キャスターで波紋

デイリーニュースオンライン / 2017年02月17日11時46分

田中萌アナの事実上の後任には、現役女子大生の福田成美(21)が新キャスターに選ばれたが、今度は彼女が過去に水商売のアルバイトをしていたという疑惑が浮上している。 ■福田成美キャスターの身辺調査が甘かった? 福田成美キャスターは青山学院大の現役学生だ。2016年に同大学で開催されたミスコンテストでグランプリにもなっている。才色兼備という言葉が似合う彼女ではあ [全文を読む]

Flower 「過去作品へのオマージュ」散りばめた新作MV公開

dwango.jp news / 2016年08月30日12時11分

ベストアルバムに収録される『他の誰かより悲しい恋をしただけ』のMVは、Flower過去作品へのオマージュ的要素が散りばめられた約5年に及ぶ活動の集大成的作品となっており、早くも各所で話題を呼んでいる。 Flower待望のベストアルバム『THIS IS Flower THIS IS BEST』に収録される新録曲『他の誰かより悲しい恋をしただけ』は、Flowe [全文を読む]

自己分析の勘違い/純丘曜彰 教授博士

INSIGHT NOW! / 2015年10月24日06時30分

おまけに、それを面接でもアピールできるように、具体的で印象的な過去のエピソードを見付けろ、と。で、自己分析ってなんだ? 自分がどんな人間であるか、見つめ直し、理解して、特性を活かせ、ということ? 哲学なんで、就職で役に立たない、関係が無い、と思うかもしれないが、じつは、この話、哲学の大物、カントがさんざんに論じている。カントに言わせれば、自分なんて、どう分 [全文を読む]

ヒットドラマは夏に出る!? 今夏は「若手&渋メン」が鍵

Smartザテレビジョン / 2015年06月25日17時27分

入れ替わりドラマは過去不振が続いているだけに、演技力で引き付けたいところですね。久々に主演を務める堤真一は「リスクの神様」(フジ系)、ニヒルな役柄がハマる東山紀之は「刑事7人」(テレビ朝日系)、おとこ気と躍動感が光るAKIRAは「HEAT」(フジ系)に主演します。ピンチになるほど燃えて、たくましく問題解決に導く姿と、彼らの渋い面構えやたたずまいに注目です」 [全文を読む]

テレ朝日本代表中継は勝率高い 松木安太郎氏解説も縁起が良い

NEWSポストセブン / 2014年05月28日07時00分

過去の戦績は、2002年日韓大会のチュニジア戦が2-0で勝利、2006年ドイツ大会のクロアチア戦は0-0で引き分け、2010年南アフリカ大会のオランダ戦は0-1で敗戦。1勝1分け1敗という数字が残っている。 だが、ザックジャパンにとっては、心強いデータも存在する。昨年、国際試合8勝8敗3分で勝率5割の日本代表だが、テレビ朝日が中継すると3勝1敗2分と好調な [全文を読む]

不倫騒動のテレ朝・田中萌アナが迫られる”二つの選択肢”

デイリーニュースオンライン / 2016年12月16日11時30分

■タイプの異なる先輩アナの不倫事後対応 田中が所属するテレビ朝日では、過去にも不倫によって騒がれた人気アナウンサーが存在する。それが竹内由恵アナウンサー(30)と、徳永有美元アナウンサー(41)だ。 「竹内は同局のスポーツ局担当者とともに、個室のマッサージ店に入る姿が週刊誌にすっぱ抜かれています。そして、徳永は自身が結婚している最中に、独身であったウッチ [全文を読む]

【9月1日開幕】映像合成すげえ! 歴代のサッカーW杯最終予選“天国”と“地獄”に中山と川平がタイムスリップした動画

ガジェット通信 / 2016年08月31日10時30分

みなさんは過去のワールドカップ予選の名シーンを覚えていますか? そんな過去の歴史的な名シーンに現在の中山雅史さんと川平慈英さんをタイムスリップさせてしまったテレビ朝日の動画が話題です。感動の名シーンに合成を加えた動画をご紹介いたします。 ロシアW杯アジア地区最終予選9月1日開幕!!スペシャル動画(YouTube) https://youtu.be/IhkO [全文を読む]

ベッキー日テレ復帰に「絶対、復帰させないで!」と反対の声が殺到! ベッキーファンは内村光良の不倫疑惑ほじくり返し反論?

おたぽる / 2016年06月01日19時00分

の川谷絵音との不倫騒動で、芸能活動を休止してから2回目の放送となった、2月21日の放送回では、ベッキーのポジションを出川哲郎が務め、VTR振りする際に、VTRタイトルを読み間違え、『ベッキー、ごめんさい』と謝り、MCの内村光良がカメラに向かって、『ベッキー、今ウチはこんな状態だ』と訴えかける場面があったのですが、視聴者からは『ベッキー復帰への布石みたいなや [全文を読む]

1・4ドーム大会も配信!新日本プロレスの新サービス開始!!

Smartザテレビジョン / 2014年12月02日12時13分

月額999円で、過去の試合やオリジナル動画、著名人によるコラムや試合レポートなどが楽しめるインターネットサービスだ。棚橋やオカダら各選手に密着したドキュメンタリーなどオリジナルの映像コンテンツも充実。また、'15年1月4日(日)に開催される東京ドーム大会「レッスルキングダム9」の模様をLIVE中継することも発表された。 会見では、サービスを開始したばかりの [全文を読む]

低視聴率連発中のオスカー“ゴリ押し”ドラマ 剛力彩芽『ビブリア』平均12.2%の真価は?

日刊サイゾー / 2013年02月25日09時00分

30%越えの大ヒット月9ドラマが連発していた90年代はともかく、この数年の中では『ビブリア』はどのぐらいの実力なのだろうか? 過去5年の月9ドラマに目を向けてみると、2008年以降の月9ドラマで最も平均視聴率が低かったのは、中居正広主演の『婚カツ!』の10.5%。続いて『大切なことはすべて君が教えてくれた』(主演・戸田恵梨香・三浦春馬)11.4%、『幸せ [全文を読む]

米倉涼子 テレ朝社長を局内で「ひろし~!」と呼び社長喜ぶ

NEWSポストセブン / 2012年11月22日07時00分

正直予想外でみんなびっくりしてます」(テレビ朝日社員) 米倉は、過去にもテレビ朝日の社会派ドラマで主演を張ってきた。 『黒革の手帖』(2004年)、『けものみち』(2006年)、『わるいやつら』(2007年)の松本清張三部作や、映画化もされた『交渉人』(2008年)。さらに国税局の査察官を描いた『ナサケの女』(2010年)などである。 『ドクターX』のスタ [全文を読む]

フジTV6月に600件超の人事異動「あと10年はダメ」と局内の声

NEWSポストセブン / 2012年11月14日07時00分

リスクを避けて過去のヒット番組で視聴率を確保するのが狙い。これでコケたら大変です。 フジB:どれも終わるべくして終わった番組だけに、視聴者もバカじゃないと思うけどね。アイディア不足がここまで来たかという感じ。ただ、ある程度の数字が取れれば、来年以降もリメイク番組が増えるだろうけどね。 ※SAPIO2012年12月号 【関連ニュース】元お天気お姉さん・甲斐ま [全文を読む]

香取慎吾『スマステ』終了内定?過去の「唯一のホーム」発言も虚しく

デイリーニュースオンライン / 2017年06月16日11時40分

【関連記事】 [全文を読む]

倉本聰が『やすらぎの郷』にぶち込んだ業界騒然の爆弾 前編

WEB女性自身 / 2017年06月04日06時00分

過去の蒸し返しや芸能界とテレビ業界のタブーや風刺など、数々の爆弾がぶち込まれている。5月が終わった時点で見つけた爆弾をランキング形式で紹介しよう。第10位:失われた名作たち 作中でたびたび出てくるテレビ局への恨み節。かつてドラマの撮影などに使われていたテープは非常に高価な上に保存が難しかったため、放送が終わると上書き録画されたり廃棄されたりすることが多かっ [全文を読む]

「マツコ&有吉の怒り新党」終了 背景に「怒り」の飽和状態

NEWSポストセブン / 2017年03月11日07時00分

私は過去に同コーナーの有識者を担当したことがあり、その後も5人のディレクターさんから何度もネタ提供を求められてきました。ところが3~7案を繰り返し出しても「ただ面白いだけではダメ」で採用されないなど、基準が厳しかったのです。 苦労しながら放送しているうちにネタの幅が狭くなり、『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系)を超えるニッチなものばかりになったことで、かつての [全文を読む]

テレ朝番組に出ない内村光良 『内P』再開を望む現場の声

NEWSポストセブン / 2017年03月06日07時00分

だから内村さんはまだテレ朝“出禁”のままなんですよ」 交際発覚時、徳永はレギュラー番組内で涙ながらに陳謝し、降板したという過去がある。また、それが引き金になって人気番組『内村プロデュース』(テレビ朝日系)は打ち切りになったといわれた。 「視聴率男の看板番組ですから本当は今すぐにでも再開したい。もしくは新番組を内村さんにお願いしたいのに、事情が事情だけにオフ [全文を読む]

第16回「かつてSMAPと呼ばれた男たち2017」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年01月27日19時15分

過去の朝ドラをリスペクトしつつ、“江戸時代スタート”というチャレンジングな試みも。天真爛漫でありながら、深い芝居ができる主役の波瑠をはじめ、玉木宏やディーン・フジオカなど、脇の役者さんもみんなよかった。それもこれも、大森美香サンの珠玉の脚本があったから。21世紀の朝ドラ最高視聴率も納得のクオリティでした。2位(4票)■『SMAP×SMAP』(フジテレビ系) [全文を読む]

今田耕司「バー経営に失敗」数千万円の赤字を告白

日刊大衆 / 2017年01月27日16時00分

1月21日放送の『あるある議事堂』(テレビ朝日系)にお笑いタレントの今田耕司(50)が登場し、バーの経営に失敗した過去を語った。 今回の放送では“芸能人パワーで店をオープンさせたが閉店したタレント”というテーマでゲストが集められ、おのおのがつらい過去を振り返っていたのだが、その流れで今田も同様の経験を告白した。 自身が店をやっていたことはないのかと聞かれた [全文を読む]

袴田吉彦との“アパ不倫”青山真麻に2度の結婚歴!? 子持ち、ストリップ… “証拠隠滅”した過去が続々発掘される

tocana / 2017年01月26日08時00分

俳優・袴田吉彦との“アパ不倫”を暴露したモデル・青山真麻が、“売名行為”だったのではないかとして業界内外から批判的な声が上がっているが、「ちょっとツメが甘いのか、ネットには彼女が“隠蔽しようとした過去”の形跡が残されていた」(スポーツ紙記者)という。 1月12日発売の「週刊新潮」(新潮社)により、袴田の不倫が発覚。同誌のインタビューに応じた“30歳の元グラ [全文を読む]

フォーカス