アニメ テレビ朝日に関するニュース

第13回「テレ朝の時代」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月03日12時30分

アニメは教育番組次に、NETが仕掛けたのは、アニメだった。NETは東映が有力な株主である。そして東映には、東映動画(現・東映アニメーション)なる劇場用アニメを作る子会社がある。ここと組んでアニメを作ろうという話になった。だが、再びあの疑問が湧く。教育番組の“5割縛り”があるのに、アニメなんて作っている場合か?大丈夫。NETはこう理論武装したのだ。「アニメ [全文を読む]

何を観ていたかで年代バレ!「夏休み子供スペシャル」の変遷を振り返る

しらべぇ / 2015年08月07日08時00分

日本テレビもアニメの再放送を始めたことで、午前中は家にいる子供にとってパラダイス...かと思いきや、87年は日本テレビもテレビ朝日もアニメの午前中の再放送はなかった。おそらく多くの子供たちが「もう再放送はやらないのだろうか。アニメの放送を待ち望んでいるのに...」と思っていたところ、翌年に日本テレビで待望の復活を果たす。画像出典:Amazon・1988年( [全文を読む]

パクリも横行?アニメ大国・中国、独自の進化で、質・量ともに日本を超える日

Business Journal / 2013年09月22日14時00分

クールジャパン、ジャパニメーションなどのキャッチコピーでもてはやされ、アニメーションはいまや日本が世界に誇れる産業だ。しかし昨年には、そのアニメの制作量も中国に抜かれてしまったのをご存じだろうか。そのもてはやされ方とは裏腹に、低賃金、長時間労働、人手不足といった労働条件の悪さや現場の過酷さが度々話題になるアニメ業界。それでも、求められる作品のクオリティは高 [全文を読む]

昨日のTVタックル「アニメ規制論争」がネットで大荒れ!

秒刊SUNDAY / 2014年09月02日11時42分

昨日のテレビ朝日による「ビートたけしのTVタックル」で放映されていた「アニメ規制は必要か」という問題に関しネットで論争が起きている。そもそもこの問題は政府が児童ポルノ等に関するアニメを規制することにより性犯罪を未然に防止するという考えなのだが、反面何もかも規制することにより表現の自由がなくなるなどの批判も。ドラゴンボール読んだ奴らが ドラゴンボール集めに [全文を読む]

キムタクより数字を持っている!? 稀代の視聴率女『サザエさん』の実力

サイゾーウーマン / 2012年12月09日09時00分

近年、ネットの普及などにより視聴率が低下したテレビ界において、実は最も安定した数字を誇るのがアニメ枠だ。放送開始から15年以上が経過している人気アニメといえば『名探偵コナン』(日本テレビ系)、『ドラえもん』『クレヨンしんちゃん』(テレビ朝日系)、『サザエさん』『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系)などが挙げられるが、ご長寿アニメの中には、ゴールデンタイムのバ [全文を読む]

中川翔子「黄金聖闘士になった星矢を見て、鳥肌が立って泣きそうになりました!」

週プレNEWS / 2012年05月23日06時00分

1980年代に一世を風靡した『聖闘士星矢(セイントセイヤ)』が、完全オリジナルストーリーでテレビアニメとして、この4月より復活! 城戸沙織(きど・さおり)の声優を務めるしょこたんを直撃した。 ―4月から放送が始まった『聖闘士星矢Ω(セイントセイヤ・オメガ)』では、女神アテナ(城戸沙織)の声優と主題歌を担当されています。決まったときの心境は? 中川 『聖闘士 [全文を読む]

「ドラえもん」など人気アニメ&ヒーローがテレ朝に集結

Smartザテレビジョン / 2015年02月15日00時25分

テレビ朝日では2月14日より「春のテレビ朝日 アニメ&ヒーローまつり」が開幕。この春、それぞれ新作映画の公開を控えるテレビ朝日系の人気アニメ・ヒーローたちがテレビ朝日のアトリウムに集合した。「ドラえもん」コーナーでは、最新技術を駆使した“デジタルサイネージ”と“どこでもドア”が融合したかつてないアトラクションが登場し、「クレヨンしんちゃん」は映画の舞台・メ [全文を読む]

【悲報】「若者のドラえもん離れ」でついに来年10月で打ち切りと言う噂広まる

秒刊SUNDAY / 2013年09月26日21時50分

テレビ朝日で放送されている人気アニメ「ドラえもん」が来年10月をもって放送終了との噂が広まっている。ドラえもんは1979年から放送された日本を代表すると言っても過言ではない国民的アニメで、アニメ以外にも多くの関連グッズも販売されている。そんなアニメが遂に終わってしまうという噂が広まっているが本当であろうか?今回は早速その噂について調べてみた。 ―視聴率低迷 [全文を読む]

生駒里奈ほか、アニオタ芸能人のお気に入り作品は?

日刊大衆 / 2017年01月06日16時00分

2016年の映画界で最も大きな話題をさらったのは、新海誠監督(43)が手がけたアニメーション映画『君の名は。』の大ヒット。興行収入はなんと200億円を突破し、邦画では歴代2位となった。ちなみに邦画の歴代興行収入1位は宮崎駿監督(75)の『千と千尋の神隠し』(2001年/308億円)で、3位と4位もやはり宮崎駿監督の『ハウルの動く城』(2004年/196億円 [全文を読む]

シリーズ最新作「Go!プリンセスプリキュア」で嶋村侑ら声優陣を発表!

Smartザテレビジョン / 2014年12月27日06時00分

'15年2月1日(日)からテレビ朝日系でスタートする人気アニメ“プリキュアシリーズ”の最新作「Go!プリンセスプリキュア」の声優陣が発表された。主人公のキュアフローラ/春野はるかを嶋村侑、キュアマーメイド/海藤みなみを浅野真澄、キュアトゥインクル/天ノ川きららを山村響が演じる。また、プリキュアのパートナー妖精・パフ役を東山奈央、アロマ役を古城門志帆がそれぞ [全文を読む]

巧妙にエロや暴力が隠されているのは“宮崎アニメ“!? 果たしてアニメやマンガは犯罪に影響を与えるのか

おたぽる / 2014年09月02日23時00分

9月1日放送の『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日)では、「漫画・アニメに規制は必要か? 徹底討論スペシャル」と題し、規制賛成派と反対派が激論を交わしたが、その内容がネットで大荒れしている。 まず番組では、7月に岡山県・倉敷で起きた小5女子誘拐監禁事件を引き合いに"アニメと犯罪の関連性"について言及。また、小学生の高町なのはが主人公である『魔法少女リ [全文を読む]

プリキュアの対象年齢はガチで20代~30代の大きなお友達だったことが発覚

秒刊SUNDAY / 2012年05月01日22時29分

テレビ朝日で日曜朝8:30から放映されている、女児向けアニメ『プリキュア』ですが、最近では20代~30代の大きなお友達が何故か見ているというのはネットだけのお話で、あくまで冗談半分のようなネタであると思いがちだが、これが実は本当にその年代をターゲットとして制作されている可能性が出てきたのだ。今回紹介するのは、作り手側が考えるメインターゲットだ。(画像)こち [全文を読む]

「どんだけ親切なんだ!」「dアニメストア」“温泉回ランキング”ページに謎の熱意を感じるボタンが設置されツッコミ殺到!

おたぽる / 2017年05月18日18時00分

アニメで温泉回となれば、思わず前のめりになってしまう――そんなアニメ視聴者の心情をくみ取ったのか、アニメの見放題サイト「dアニメストア」が温泉回(お風呂回)のランキングを発表した。サイトには順位とともに「温泉回を視聴する」というボタンが設置されているのだが、さらにもう1つ驚きのボタンが設置され話題を呼んでいる。 「dアニメストア」で視聴できるさまざまなアニ [全文を読む]

“アニメ規制論“検証! 『TVタックル』をめぐり過熱した論争を振り返る

おたぽる / 2014年09月18日21時00分

毎回さまざまな時事問題をテーマに熱い討論がかわされる『TVタックル』だが、9月1日に放送されたテーマ「ロリコン&暴力 アニメに規制は必要か?」が大きな話題を呼んだ。"アニメは犯罪を誘発するから規制すべき"という出演者の見解やそれに対する反論などを受け、ネット上でも規制派と反対派が意見をぶつけ合い、放送の翌々日まで『TVタックル』がツイッターのトレンドワード [全文を読む]

宮崎アニメが諸悪の根源!? アニメ規制に江川達也が爆弾投下

メンズサイゾー / 2014年09月02日18時05分

1日に放送された『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)での「ロリコン&暴力 アニメに規制は必要か?」をテーマにした議論の中で、漫画家の江川達也(53)が「宮崎アニメが1番悪い!」と発言し、ネットを中心に話題を集めている。 未成年犯罪や猟奇事件、児童に対する犯罪などが起こると、しばしば引き合いに出される「アニメと犯罪の関連性」。今回の番組では、アニメ [全文を読む]

関ジャム「アニソンは89秒」が大反響!

日刊大衆 / 2017年05月13日06時05分

5月7日に放送されたバラエティ番組『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)で、志田未来(24)とKis-My-Ft2の宮田俊哉(28)をゲストに、アニメで使われる楽曲「アニソン」に関するトークが繰り広げられた。この中で披露されたプロによる“アニソン解説”に、興味を引かれた視聴者が続出したようだ。 特に話題となったのは、「主題歌の長さは89秒」という解説 [全文を読む]

“家族から逃げ出してもいい”「映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ」監督インタビュー【 第8回 昔の子ども、今の子ども。】

Woman.excite / 2017年04月14日20時30分

©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2017おませで陽気な5歳児・野原しんのすけが活躍する国民的アニメ『クレヨンしんちゃん』。1990年に漫画連載がスタートし、1992年にアニメ化。その翌年から劇場版が毎年公開され、記念すべき25作品目『映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』が4月15日にロードショー!今回は、本作で監督・脚本を務め [全文を読む]

表紙は『おそ松さん』だけど『ユーリ!!!』への愛情が半端ない! 「アニメージュ」17年1月号レビュー

おたぽる / 2016年12月17日21時00分

――アニメ専門のニュースサイトも増え、SNSの充実によって製作委員会から直で情報が発信されることも多い今、各アニメ専門誌はどのように記事や作品を取り上げ、作り上げ、それぞれの特色を出しているのか? いわゆるアニメ誌御三家の目玉企画や気になる記事を取り上げ、アニメ業界の波を分析していく――■「アニメージュ」2017年1月号出版社:徳間書店発売日:12月10日 [全文を読む]

バカの貧困/純丘曜彰 教授博士

INSIGHT NOW! / 2016年08月21日07時30分

だが、その文化と言われているものが、プロスポーツやアイドル、マンガやアニメ、スマホか。 祭りも年に1回。あれも、麻薬やギャンブルと似た昂奮を伴う。たまにならいいが、常習化すれば、まともな生活が破綻する。ところが、いまやプロスポーツイベントは、年中、隙間がないほど。プロスポーツなんて、やればだれかが勝つのだから、かならずニュースになる。それで、あれはもともと [全文を読む]

GENKINGが声優デビュー!?監督に直談判

Smartザテレビジョン / 2015年09月29日16時47分

10月11日(日)よりスタートするアニメ「ブレイブビーツ」(毎週日曜朝7:00-7:30、テレビ朝日系)の制作発表会見が9月28日に行われ、村野佑太監督、高橋めぐる、古城門志帆、櫻井トオル、そして本作の宣伝大使に就任したGENKINGらが登壇して番組をPRした。 「ブレイブビーツ」は、10月4日(日)に最終話を迎えるアニメ「トライブクルクル」の後継番組。同 [全文を読む]

フォーカス