甲子園 テレビ朝日に関するニュース

何を観ていたかで年代バレ!「夏休み子供スペシャル」の変遷を振り返る

しらべぇ / 2015年08月07日08時00分

テレビ欄には「めざせ甲子園 タッチ」と記してあった。・1994年10:30 日本テレビ「タッチ」10:30 TBS「ウルトラマン」「ダイの大冒険」日本テレビでは17時から「きまぐれオレンジロード」「シティハンター」の再放送も実施していた。95年も、日本テレビは「タッチ」、TBSは「少年アシベ」「グリッドマン」を放送。夕方は「魔法の妖精ペルシャ」「ルパン三世 [全文を読む]

東西入社2年目アナが「甲子園への道」キャスターに!

Smartザテレビジョン / 2015年06月29日05時00分

ことしは7月21日(火)から放送開始する、甲子園出場校決定まで地方大会の熱戦を届ける「速報!甲子園への道」(テレビ朝日系)のキャスターが、ABCのヒロド歩美アナとテレビ朝日の山本雪乃アナという入社2年目のフレッシュアナコンビに決定した。 1915年(大正4年)に「全国中等学校優勝野球大会」(当時は豊中球場)として始まった「全国高校野球選手権大会」は、この夏 [全文を読む]

甲子園、公式曲のAKB起用に批判殺到で異常事態…使用ボイコットの系列局続出

Business Journal / 2016年07月29日07時00分

第98回全国高校野球選手権大会(2016 夏の甲子園)が、8月7日に開幕する。現在、出場枠をかけて地方予選が繰り広げられているが、テレビ番組『熱闘甲子園』(テレビ朝日系)の公式応援ソングに選ばれたAKB48の新曲「光と影の日々」(8月31日発売)をめぐり、異例の事態が巻き起こっているという。 「『熱闘甲子園』は甲子園ファンにはお馴染みのドキュメンタリーで、 [全文を読む]

古田敦也「最大23台のカメラで狙っています!」

Smartザテレビジョン / 2016年08月06日09時00分

8月7日(日)から開幕する「第98回 全国高等学校野球選手権大会」を前に、「『熱闘甲子園』the LIVE 体感STAGE」が、東京・六本木ヒルズアリーナで開催された。会場には8月8日(月)から決勝戦まで連日、熱戦を伝える「熱闘甲子園」(テレビ朝日系)のキャスターを務める古田敦也と、ヒロド歩美アナ、ことしの番組テーマソング「光と影の日々」を歌うAKB48高 [全文を読む]

古田敦也が「熱闘甲子園」の新キャスターに就任!

Smartザテレビジョン / 2015年06月19日05時00分

そこで繰り広げられる高校球児の“熱闘”を伝える「熱闘甲子園」(テレビ朝日系)の新キャスターに、元プロ野球選手の古田敦也が就任することが分かった。 昨年に引き続き、テレビ朝日の山本雪乃アナもキャスターとして番組に参加する。 新キャスターに就任した古田は「高校時代に甲子園に出場できなかったので、まさか自分がやるとは思っていませんでした」と、心境を打ち明ける。 [全文を読む]

長島三奈「結婚&介護の内憂外患」

アサ芸プラス / 2013年07月30日10時00分

今夏の放送で「熱闘甲子園」(ABC系)を卒業する長島三奈(45)。15年間にわたって高校野球取材をライフワークとしていた彼女に何が起きたのか。 * 「三奈さんの甲子園へのこだわりはハンパなかったですね。毎年、甲子園に備えて、選手のデータを書き込んだ大学ノートを新調。几帳面な文字で、ぎっちりと書いてある。時間が合えば、地方の有力校への取材も惜しまない。恐らく [全文を読む]

当時の実況音源で蘇る、三浦知良の「サッカー人生で最も“重い”ゴール」

日刊サイゾー / 2017年03月09日15時00分

過去にも、「田中将大 日本最後の15球」(2013年)、「PL対横浜 甲子園延長17回の死闘」(1998年)、「ジョホールバルの歓喜」(97年)など、日本スポーツ史に燦然と輝く名場面を取り上げ、当事者たちの証言を元に「この試合」「この一球」を振り返ってきた良質なスポーツ・ドキュメンタリー。不定期とはいえ、にぎやかしタレントも一切出ない番組をプライムタイム [全文を読む]

Aimer「Mステ」初登場でハスキーボイスを響かせる

Smartザテレビジョン / 2016年08月19日13時31分

女性アイドルグループのAKB48は「熱闘甲子園」(テレビ朝日系)のテーマソングにもなっている「光と影の日々」を、甲子園の映像と共に披露。今夏の甲子園準決勝前日ということもあり、VTR企画でも甲子園でブラスバンドが演奏すると、試合が逆転するという“魔曲”を特集する。 映画への出演も相次ぐ男性アイドル歌手・中山優馬は6回目の出演。自身が主演する映画の主題歌「 [全文を読む]

“高校野球大好き芸人”が再びゴールデン特番に登板!

Smartザテレビジョン / 2016年07月16日07時02分

元高校球児として甲子園にも出場経験のある池田の加入で、今回もゴールデンSPにふさわしい豪華メンバーがそろい踏みだ。 前回の放送では、スター選手たちの高校時代の活躍シーンを紹介したが、今回は甲子園や地方大会での敗北シーンをプレーバック。「ヒーローたちの最後の夏」と題し、イチロー、松井秀喜らの敗退場面を紹介していく。 ダルビッシュ有、前田健太、田中将大、大谷 [全文を読む]

清宮ら参戦の「U18野球W杯」をテレ朝が緊急生中継

Smartザテレビジョン / 2015年09月04日12時26分

オコエ瑠偉(関東第一)や清宮幸太郎(早稲田実業)、小笠原慎之介(東海大相模)、佐藤世那(仙台育英)ら今夏の甲子園でしのぎを削ったライバルたちが“U18日本代表”として、力を合わせて前回大会に続き1次ラウンドを全勝で突破した。 その勢いはスーパーラウンドに入ってからもとどまることを知らず、3日のカナダ戦ではオコエが「投手急襲の二塁打」という聞いたことのない [全文を読む]

朝日新聞がスポンサーの「甲子園」をテーマにしたテレ朝「アメトーーク」の眉唾感

メディアゴン / 2015年07月20日07時10分

そして、朝日新聞社は「甲子園・全国高校野球選手権大会」の主催者である。つまり、そういうことである。要はこれから始まる「夏の甲子園」を宣伝するための回であり、「何かを褒める回」であって、おもしろくないことが予想された(http://mediagong.jp/?p=8317)。そして、今回の放送がこの予想の外に出ることは基本的になかった。今回の放送の中で「ファ [全文を読む]

【試写室】「アメトーークSP」で一足先に熱い夏が!

Smartザテレビジョン / 2015年07月18日06時00分

まず、工藤公康や清原和博、桑田真澄、イチロー、松井秀喜ら過去の名選手たちの甲子園での活躍ぶりを一挙プレーバック。最近の選手でも、ことしのオールスターで両リーグ通じて最多得票を獲得した森友哉、甲子園記録の22奪三振を記録した松井裕樹などの、伝説の名勝負を振り返る。 これは筆者のような高校野球ファンが声を出して見入ってしまうほどの絶妙なVTR構成であり、「ア [全文を読む]

【試写室】「アメトーークSP」で一足先に熱い夏が!

Smartザテレビジョン / 2015年07月18日06時00分

まず、工藤公康や清原和博、桑田真澄、イチロー、松井秀喜ら過去の名選手たちの甲子園での活躍ぶりを一挙プレーバック。最近の選手でも、ことしのオールスターで両リーグ通じて最多得票を獲得した森友哉、甲子園記録の22奪三振を記録した松井裕樹などの、伝説の名勝負を振り返る。 これは筆者のような高校野球ファンが声を出して見入ってしまうほどの絶妙なVTR構成であり、「ア [全文を読む]

【プロ野球】乱闘が起こる確率は…オールスター“サプライズ”を勝手に大予想

デイリーニュースオンライン / 2015年07月16日15時00分

夏の甲子園を放送するABC朝日放送が系列局にあるので、甲子園の映像がふんだんに使われるだろう。「高校時代にはバッテリー」「2012年の甲子園で春夏連覇」「思い出の地・甲子園で2人があいまみえます」などのワードが飛び出すこと間違いなしだ。 福岡の絶好調男・柳田悠岐(ソフトバンク)も注目。空振りでも見る価値のある究極のフルスイングが売りで、ファン投票は森に次ぐ [全文を読む]

高橋優、ABC夏の高校野球応援ソングを書き下ろし!

okmusic UP's / 2017年03月30日17時00分

高橋優が、99回目の開催となる高校野球の「2017ABC夏の高校野球応援ソング/熱闘甲子園テーマソング」を書き下ろししたことがわかった。【その他の画像】高橋優楽曲は、レギュラー放送37年目を迎える「熱闘甲子園」をはじめ、大会期間中連日朝から夕方まで放送の「ABC高校野球中継」、そして甲子園出場までの全都道府県勝ちあがりを紹介する「速報!甲子園への道」、その [全文を読む]

新日エースのオカダ・カズチカとテレ朝・森葉子アナの熱愛発覚に「どこが大物カップル?」との声続々……

日刊サイゾー / 2017年02月03日13時00分

『スーパーJチャンネル』『やじうまテレビ!』『ANNニュース』『ナニコレ珍百景』『速報!甲子園への道』などを担当。13年には、テレビ朝日開局55周年を応援する若手女子アナによるユニット「ゴーちゃん。GIRLS」に最年長で参加した。しかし、いつしか出演の機会は減り、現在は『学生才能発掘バラエティ学生HEROS!』『金曜★ロンドンハーツ』に登場するくらい。あと [全文を読む]

水樹奈々、“短パン・ミニスカ自粛”でファンに衝撃走る! 高校時代の岡田准一との急接近に嫉妬の声も

おたぽる / 2016年09月17日12時00分

今月22日には、声優のみならず、ソロアーティストとしても史上初となる阪神甲子園球場でのコンサートを開催予定とあって、ブログでの「甲子園本番までに、跡にならず治ると良いなぁ」というコメントに対して、ファンからは「絶対に治して!」「奈々ちゃんの生ミニスカ姿を見るのを、どれだけ楽しみにしていることか!」などといった声と共に、虫刺されを早く治すためのアドバイスが殺 [全文を読む]

ABC・ヒロド歩美アナの“美脚”がまぶしい! テレ朝『熱闘甲子園』でフェロモン出しまくり

日刊サイゾー / 2016年08月18日11時00分

連日、リオデジャネイロ五輪では熱い闘いが繰り広げられているが、甲子園でも熱戦が展開されている。例年、テレビ朝日系では夏の全国高校野球の模様を『熱闘甲子園』で伝えているが、今年はMCに初起用された、朝日放送のヒロド歩美アナ(24)がフェロモン出しまくりで、世の殿方たちをとりこにしているのだ。 ヒロドアナは、父親が日系オーストラリア人三世とのことで国籍はオース [全文を読む]

『青空エール』河原和音が表紙画! 甲子園をめざす球児たちの熱い想いを描いた青春小説が大反響!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年08月06日15時00分

甲子園をめざして各地で強豪校が火花を散らす、いわずとしれた夏の風物詩だ。7月16日には『夏のアメトーーーーク 高校野球大大大大好き芸人栄冠は君に輝くSP !!』(テレビ朝日系)が放送され、球児たちだけでなく見守るファンの心も熱く盛り上がりはじめている。そんな人におすすめなのが小説『雲は湧き、光あふれて』(須賀しのぶ:著、河原和音:イラスト/集英社オレンジ文 [全文を読む]

日テレ『シューイチ』出身の“ミス東大”澤田有也佳が、局アナとしてテレビ界に帰ってきた!

日刊サイゾー / 2016年07月26日18時00分

今回、1年3カ月ぶりにテレビ界に戻ってきた澤田アナは、19日より放送を開始した『速報!甲子園への道』、8月7日開幕予定の『ABC全国高校野球選手権』の中継ではリポーターを担当。『速報!甲子園への道』は全国ネットだけに、関西以外の地区でも、澤田アナの活躍ぶりを見ることができるのだ。 「ミス東大」で、アナウンサーになった例としては、元日本テレビ・山本舞衣子( [全文を読む]

フォーカス