スペシャル 相棒に関するニュース

新相棒に反町隆史!「水谷さんの熱い思いに応えたい」

Smartザテレビジョン / 2015年07月18日05時00分

3月18日に放送された「相棒 season13最終回2時間スペシャル ダークナイト」では、右京(水谷)の相棒である甲斐享(成宮寛貴)が逮捕。右京も責任を取って無期限停職となり、一人海外へと飛び立った。 この最終回には、相棒ファンだけではなく、ドラマファンからも大反響を呼び“新相棒”に関してさまざまな憶測が飛び交った。果たして、右京はどのように日本に帰って [全文を読む]

“ワースト3位”の最終回視聴率 “4代目相棒”反町隆史は続投決定も、お先真っ暗!

messy / 2016年03月21日19時00分

“4代目相棒” 冠城亘(かぶらぎ・わたる=反町隆史)のデビューで注目を集めた『相棒season14』(テレビ朝日系/水谷豊主演/水曜午後9時~)の最終回(第20話)が、3月16日に時間スペシャルで放送され、視聴率は15.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と平凡な数字に終わった。 『相棒』は2000年6月より、『土曜ワイド劇場』枠のスペシャルドラマ [全文を読む]

『オフィシャルガイドブック 相棒-劇場版IV-首都クライシス 人質は50万人! 特命係 最後の決断 &シーズン14・15』来年1月28日(土)発売!

PR TIMES / 2016年12月28日19時03分

次回の放送は1月1日の元日スペシャル、12月27日(火)からは東武百貨店 池袋店にて「相棒展2017」がスタート、来年2月11日(土)には第4弾となる映画「-劇場版IV-首都クライシス 人質は50万人! 特命係 最後の決断」が公開と、年末年始も多くの注目が『相棒』に集まること間違いなしです。 [画像: https://prtimes.jp/i/11710/ [全文を読む]

『相棒』4代目の新相棒・反町隆史がカッコよすぎると話題に 「こんな世の中だし言いたいこと言って欲しい」「GTO以来のハマリ役」

AOLニュース / 2015年10月15日12時00分

10月14日夜に放送を開始したテレビ朝日系の人気ドラマ「相棒」の新シリーズ 『相棒 season 14 初回2時間スペシャル』に、水谷豊演じる杉下右京の新相棒として、俳優の反町隆史が登場。その新たなる相棒ぶりが、視聴者の間で話題となっている。 水谷演じる杉下右京にとって4代目となる相棒・冠城亘(40)は、法務省キャリア官僚という肩書を持つ、歴代の相棒とはま [全文を読む]

『相棒』ファンに贈る、名コンビを描いたミステリー小説

ダ・ヴィンチニュース / 2014年05月21日07時20分

『相棒』では通常の1時間枠のほか、「バベルの塔」「ピエロ」のような元日スペシャルや、「ついている女」「狙われた女」の前後編などがあるが、それらを彷彿とさせる連続どんでん返しを楽しめるのがジェフリー・ディーヴァーの作品。『ボーン・コレクター』(文春文庫)に始まるリンカーン・ライムのシリーズはどれもお薦め。『相棒』の脚本家が小説に進出した例として、「ミス・グリ [全文を読む]

テレ朝『相棒15』大誤算! “禁じ手”の及川光博&六角精児投入も、視聴率振るわず……『劇場版』は大丈夫?

日刊サイゾー / 2017年02月05日19時00分

「元日スペシャル」(第10話)は17.3%まで上げたが、第11話は14.6%、第12話は13.3%と伸び悩んでいる。及川と六角を投入した第13話は、前回より1.3ポイント上げたのは確かだが、第11話と同視聴率にとどまった。 「成宮寛貴(甲斐亨)が“3代目相棒”を務めた『season13』までは高い視聴率をキープしていましたが、反町隆史(冠城亘)に替わった『 [全文を読む]

水谷豊、視聴率アップで「暴走」止まらない?!

NewsCafe / 2015年03月20日17時00分

人気ドラマシリーズ「相棒season13」(テレビ朝日系)が18日放送の2時間スペシャル最終回で視聴率20.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と有終の美を飾った。 「大台超えは2013年3月20日に20.7%を記録したseason11最終回以来2年ぶり。視聴率にかつての勢いがなくなっていただけに、関係者、特に主演の水谷豊(62)は胸をなで下ろしているでし [全文を読む]

水谷豊&反町隆史が「Qさま!!」緊急参戦でスタジオ騒然

Smartザテレビジョン / 2017年02月12日12時00分

2月13日(月)夜7時から放送の「ぶっちゃけ寺&Qさま!!豪華2本立て3時間スペシャル」(テレビ朝日系)で、「Qさま!!」と国民的刑事ドラマ「相棒」のコラボが実現。 映画「相棒-劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断」が2月11日(祝・土)に公開されるのを記念して、今回「Qさま!!」に杉下右京役の水谷豊と冠城亘役の反町隆史が“見届 [全文を読む]

「相棒」がキムタクドラマ超え!その裏に数字を持っている“あの2人”がいた

アサ芸プラス / 2017年02月05日17時59分

「もともと13、14話は前後編スペシャル。映画の内容に連動するように作られており、ドラマ版に注目が集まれば、映画で続きが観たくなるのが人情です。もちろん及川、六角も出演する。そのうえ、事件に関係する警察組織の大物登場の告知も抜かりなく行われており、期待感を煽っています。これから公開までに映画版のテレビ放送や様々なイベントの開催、サントラ盤やガイドブックの発 [全文を読む]

第21回「刑事ドラマの歴史」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年06月09日18時00分

以後、スペシャルでは30%台を連発(ゲストスターは山口智子とSMAP)、さらに第3シリーズも平均25%超えと、同シリーズは三谷幸喜サンにとって最大のヒット作となる。 今、あらためて思うのは、『刑事コロンボ』の脚本が原作者のリチャード・レヴィンソン&ウイリアム・リンクほか複数脚本家によるチーム制だったのに対し、『古畑任三郎』の脚本家は三谷サン一人。これを天才 [全文を読む]

『相棒』ドラマ版は視聴率低迷も、劇場版のヒットで反町隆史のクビつながる!?

日刊サイゾー / 2017年03月28日21時00分

テレビ朝日系の鉄板ドラマ『相棒season15』の最終回が3月22日、2時間スペシャルで放送され、平均視聴率は16.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だった。 『season7』から『season13』まで、『相棒』最終回の視聴率は20%前後を記録していただけに、『season14』同様、なんとも物足りない数字に終わった。回想シーンで、芸能界を引 [全文を読む]

「相棒」、断言できる不振の原因

NewsCafe / 2015年12月31日16時00分

水谷の好き嫌いだけで相棒がコロコロ変わる現状に、視聴者も『もういいかげんにしてほしい』と思っているはず」(先のデスク) 元旦放送のスペシャル版でどこまで巻き返すか…。 [全文を読む]

『相棒』反町隆史が高評価のウラで、ファンが怯える“消えたあのキャスト”の復活

サイゾーウーマン / 2015年12月02日12時45分

「ファンが注目しているのは、元日に放送されるスペシャル版の出演陣に、初期から出演していた大谷亮介の名前が入っていること。大谷は『トリオ・ザ・捜一』の1人である三浦信輔役を演じていましたが、2013年の『相棒12』第1話で“卒業”して以来、その後シリーズに出演するのは初めてとなります。11年には同じく初期メンバーだった益戸育江も降板しており、ネット上では『 [全文を読む]

相棒?腐れ縁?最強コンビ!魅力的なドラマの同性パートナー10選!

日本タレント名鑑 / 2015年09月26日09時55分

相棒で言うところの亀山薫タイプといえば、ドラマ『チーム・バチスタシリーズ』の田口公平医師と、厚生労働省の役人で「ロジカル(論理)・モンスター」と呼ばれる問題児、白鳥圭輔のコンビなどが記憶に新しいのではないでしょうか? 最初の映画化では、田口は女性に変更されていましたが、ドラマ版1・2とスペシャル版、続く映画版では、善良を絵に描いたような俳優、伊藤淳史さんが [全文を読む]

“相棒”との別れに水谷豊「右京は泣いていない」

Smartザテレビジョン / 2015年03月11日05時00分

'12年10月に放送されたseason11の初回スペシャルで成宮演じる享が初登場し、右京からの異例のスカウトでコンビとしての歴史が始まった。 今回の卒業について水谷は「カイト君が相棒になって3年がたちましたが、あっという間の出来事でした。3年目だからこそ、できたことがたくさんあったので喜びとともに寂しいですね」と述懐。 一方、成宮は「30代の前半って、俳優 [全文を読む]

『映画「ルパン三世」公開記念 小栗旬特集』CS放送「TBSチャンネル1」で8/24(日)よりスタート!

PR TIMES / 2014年08月22日14時29分

映画の見どころを紹介するスペシャル番組をはじめ、小栗旬出演の映画・ドラマ・ドキュメンタリー番組を集中放送する。(番組情報URL:http://www.tbs.co.jp/tbs-ch/ichioshi/oguri/)今、俳優として最も注目を集める男・小栗旬。そんな小栗旬を主演に迎え、モンキー・パンチ原作の名作アニメを実写化した映画『ルパン三世』の公開を記念 [全文を読む]

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

当時はまだ土曜ワイド劇場の単発枠で、スペシャルドラマの2回目だった。この成功を機に、3回目のスペシャル放送を挟み、翌02年10月からレギュラー放送へと昇格する。そして以後、毎年のようにシーズンを重ね、現在15シーズン目が放送中である。■目の肥えた40代がハマった『相棒』の成功は、従来の刑事ドラマに、警察署の「お仕事」的要素と「謎解き」の面白さを加え、現代的 [全文を読む]

テレ朝『ドクターX』『相棒』がトップ独占、ワースト揃いのフジ! 10月期ドラマ初回ランク

サイゾーウーマン / 2016年10月23日12時45分

天海主演のフジドラマといえば、『離婚弁護士』と『BOSS』はスペシャルや続編が作られたが、12年4月期の単独主演作『カエルの王女さま』は全話平均9.1%という不名誉な結果で終わっていた。今作でも20日放送の第2話は7.0%に下がっており、このままでは平均視聴率でもワースト3位入りしてしまいそうだ。 [全文を読む]

【ウラ芸能】深キョンに新境地…1月ドラマ視聴率(上)

NewsCafe / 2016年03月24日15時00分

全話平均でも12・7%のトップでした」デスク「スペシャルでも連ドラでもいいからまた見たいね。2クール放送の別枠だけど、水谷豊(63)主演『相棒season14』(テレ朝系)も最終回で15・8%と有終の美だった」記者「4代目相棒役の反町隆史(42)は法務省を退官し、警察学校から出直すという設定で続投決定。次のシーズンの展開が楽しみです」デスク「六角精児(53 [全文を読む]

「相棒14」の視聴率下落が止まらない!局内で囁かれはじめた“反町失敗説”

アサ芸プラス / 2015年12月15日09時59分

そこにこれまでの視聴者は“物足りなさ”を感じているのではないでしょうか」(前出・テレビ誌記者) 元旦にはスペシャルの放送が決定した「相棒」。“トリオ・ザ・捜一”のリーダー格として人気のあった大谷亮介の出演も、ファンの間で話題になっている。 これが起爆剤となって、これまでのような高視聴率を取り戻せるだろうか。反町の首筋が寒くなってきたのは、季節のせいだけでは [全文を読む]

フォーカス