息子 稲田朋美に関するニュース

子供の幼稚園送迎の時にママは化粧すべき?で論争勃発

NEWSポストセブン / 2017年06月11日07時00分

だから息子にもあの子には近づくなって…言っちゃった!(笑い)」 5月19日放送の『ノンストップ!』(フジテレビ系)では、『ママ友ファッションバトル』をテーマに、街行くママたちの率直な意見が続いた。そしてスタジオでは、小倉優子(33才)と千秋(45才)が衝突した。小倉「私もそう思われてたらどうしよう。(息子の)幼稚園の送迎の時とかも、派手になりすぎず、だけど [全文を読む]

籠池夫人が明かす稲田朋美大臣の「大変失礼なこと」の真相

NEWSポストセブン / 2017年03月25日16時00分

大阪のA(インタビューでは実名)代議士が壇上にあがっていて、『息子が稲田さんのお子さんと同じ学校で』とか、しょうもない話をするんですよ。私はガマンしきれなくなって、壇上に向かって『口だけ言うなや』と言うてやったんです。そうしたら大阪府議が飛んできて、『こういう席で議員に対して失礼やないか』とか、言われたんです。 そのあとですよ。A代議士の事務所から、稲田さ [全文を読む]

稲田朋美議員 待機児童問題、夫婦別姓、徴兵制への思い

NEWSポストセブン / 2016年05月13日07時00分

稲田:私にも大学生の息子がいますが、赤紙で徴兵されるのは絶対に嫌です。憲法は徴兵制を認めていないし、今のハイテク化した軍隊に素人を入れても使いものにならず、徴兵撤廃が世界の流れ。日本で徴兵制の復活はありえません。 ※女性セブン2016年5月26日号 [全文を読む]

みのもんた「主張や政策抜きに右だの左だの…レッテル貼りにウンザリ!」

アサ芸プラス / 2014年09月27日09時56分

まだ進退を決めてないの? 前の朝日の社長は息子が大麻で逮捕されても辞任しなかったぐらいだから、朝日の社長の座は、さぞ魅力的なポストなんだろうね。 かくいう私は次男の件で、進退を決めてから会見に臨みましたよ。えっ、私と朝日の社長を一緒にするな? だったら、なお言いたいね。天下の朝日なら、もっとしっかりしろよ! そのセガレの件から1年がたち、ウチの水道メーター [全文を読む]

「総理大臣」に近いのは、小池百合子か小泉進次郎か?

日刊大衆 / 2017年05月15日06時05分

「小池知事と、そして小泉氏の息子である小泉進次郎自民党農林部会長。このどちらが“総理大臣の器か”という話で、あれ以来、議論になるんです」(前同) 元来“岸破聖美”――岸田文雄外務大臣、石破茂前幹事長、野田聖子元総務会長、そして稲田朋美防衛大臣の4人と目されてきた「ポスト安倍」の座だが、正直、全員なんとなくパッとしないのが現状だ。「特に“史上初の女性首相候補 [全文を読む]

【森友の陰謀】籠池の口を封じているのは誰? “会見延期”の裏の駆け引きを政府関係者が推察

tocana / 2017年03月16日07時30分

2、 官邸は、仲介人に頼み「大阪地検特捜部が動かないように、何とかするから、今騒ぐな」「騒ぎが済んだら、君の息子や奥さんが苦労しないよう取り計らうから、今騒ぐな」「仮に起訴されたとしても、罰金刑や起訴猶予など、軽い処分にするから」などと説得。 3、 その場合は、下記のような流れで官邸が地検に働きかける。 政府関係者「もしも『3』のような流れがあった場合、 [全文を読む]

海外テロ被害者「死んだ妻と私は日本政府に見捨てられた」

NEWSポストセブン / 2017年03月02日11時00分

息子が外務省の担当者に現地に行きたいので政府専用機の派遣をお願いすると、即答で「出せない」と言われ、「実費で数百万かかる」とも言われました(費用はツアーの保険で賄った)。 [全文を読む]

女性議員 「滅私奉公求めるなら家族持つ女性は政治家無理」

NEWSポストセブン / 2016年05月11日07時00分

ただ最初が肝心ですね」 山尾議員は自営業の夫とともに家事を分担し、保育園に通う5才の息子を育てている。 「本当は日光の照っているうちに子供と一緒に遊んであげる時間をとりたいと思っていますが、党の政調会長という要職についてから子供と過ごす時間がめっきり減りました。子供には“みんなのためにお仕事頑張るね”と話しています」 仕事と育児を両立するために、どこかで後 [全文を読む]

稲田朋美議員語る「男子も女子も自衛隊に体験入隊すべき」

WEB女性自身 / 2015年11月01日06時00分

息子の友人も、海上自衛隊の幹部候補生(の試験)を受けて、入りました。一線で国を守りたいという若者もいますから」 最後に、 女性初の総理 候補として、今後のビジョンは? 「総理はなりたいと思ってなれるものでもないし、努力だけでなれるものでもない。日々の精進も必要だし、タイミング、運、人の輪も必要だと思う。私はいまの日々の仕事を一生懸命することに尽きるかなと思 [全文を読む]

川崎の中学生殺害事件で責められるべきは誰なのか/日沖 博道

INSIGHT NOW! / 2015年05月12日19時00分

そんな母親の苦労振りを知っていた息子は、母親に心配をかけまいと、個人的トラブルを母親にも学校にもほとんど相談しなかった模様です。クラスメートに人気があったという上村君が学校に行かなくなった理由の一つには、(たとえストレートないじめがなかったとしても)そうした家庭の経済事情から来る居心地の悪さがあったのかも知れません。例えば文房具などの持ち物を十分揃えられな [全文を読む]

内閣改造で女性起用 森氏、稲田氏交代で小渕氏、高市氏らか

NEWSポストセブン / 2014年07月08日07時00分

まず名前が挙がるのが小渕優子・衆院文部科学委員長(当選5回)だが、小渕氏自身は「息子の保育園送迎を続けたいという希望が強く、『SP付きの大臣車で送迎するのは避けたい』と入閣にためらいがある」(キー局自民党番)といい、ラブコールを受けるかは不明。逆に入閣に意欲満々なのが安倍氏の「お友達」の高市早苗・政調会長(当選6回)だ。 「高市会長は政調の会議で異論が出て [全文を読む]

フォーカス