有吉弘行 木梨憲武に関するニュース

【エンタがビタミン♪】小栗旬の好きな食べ物は? “ご飯を美味しそうに食べる有名人”ランクインで判明

TechinsightJapan / 2016年10月15日11時50分

有吉弘行によると寺門ジモンと渡部建は「美味いものを知っているが、一緒に食べると飯がまずくなる」らしい。また出川哲朗は「喉が赤ちゃん」なので食べるのがまずそうに見え「サバの刺身にマヨネーズをかけたりして、まずそうに食う1位」だという。番組として難しいかもしれないが、“まずそうに食べる有名人”を取り上げると見る側も反面教師となっておもしろそうだ。 (Tech [全文を読む]

おぎやはぎ・小木が渡した木梨憲武へのお土産が大波紋!

アサ芸プラス / 2014年02月04日09時59分

「正月休みに、それぞれプライベートで海外へ行った有吉弘行さん、バナナマン、おぎやはぎが、とんねるずに命じられたテーマにそったお土産を買って、2人を喜ばせるという内容でした。そこで、小木さんのお土産を見て息を飲みましたよ」 小木の旅行先はハワイ。かつてハワイで1年間コーディネーターをしていたという小木は、アメリカ人御用達の店で2人の土産を購入した。 「タカ [全文を読む]

ハイヒール・モモコ ハワイが好きすぎて次男をハワイで出産

NEWSポストセブン / 2017年01月05日16時00分

有吉弘行(42才)は夏休みを4年連続ハワイで過ごし、上沼恵美子(61才)が『快傑えみちゃんねる』の900回目の放送にごり押しで決めたロケ先も、菅野美穂(39才)が堺雅人(43才)との新婚旅行にチョイスしたのもハワイだった。さらに木梨憲武(54才)&安田成美(50才)、松本伊代(51才)&ヒロミ(51才)夫妻らは、ハワイに別荘を持ち、日本とハワイを頻繁に行き [全文を読む]

野呂佳代、ローションまみれで「一緒にまみれたい!」とファン興奮 AKB48“強制卒業”に波紋広がる

おたぽる / 2016年11月25日09時00分

また、共演者にAKB48の峯岸みなみがいたため、AKB48ファンからも、その活躍ぶりに称賛の声が寄せられていました」(芸能関係者) 番組内では、有吉弘行から「もうちょっとマシなAKB48いなかったかな?」とイジラれた野呂と峯岸だが、先月27日に放送された『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)に出演した際、野呂が、AKB48を強制的に卒業させ [全文を読む]

伝説のパンチラふたたび! 『みなさんのおかげでした』記念回でセクシーハプニング続出

メンズサイゾー / 2016年05月13日17時00分

過去映像では今や超売れっ子芸人となり『みなおか』への出演が減っている有吉弘行(41)のこめかみをバリカンで強引に剃ったシーンや、フジテレビの日枝久会長に銃をぶっ放す場面が紹介され、改めてとんねるずの豪快さを世間に印象付けた。 放送中からTwitterなどには、「やっぱりとんねるずって破壊力ある」といったコメントが続出。そしてその後、「ありがたすぎる」「神回 [全文を読む]

ツイッターを始めた和田アキ子、周囲が危ぶむ「ある人物」とのネットバトル

アサ芸プラス / 2015年09月29日09時58分

その後、とんねるずの木梨憲武や有吉弘行、爆笑問題・太田光夫人で所属事務所の太田光代社長らとのツーショット写真を掲載するなど、連日、和田のツイッターには豪華メンバーが登場している。 ところが彼女に近いスタッフは「ある人物」とのバトルが再燃するのではないかと警戒しているという。「アッコさんがツイッターで鬼束さんと絡まなければいいんですが‥‥」 と不安げに語るの [全文を読む]

菜々緒、芸人顔負け“ひょっとこメイク“の衝撃! 狙うは悪女イメージからの脱却!?

メンズサイゾー / 2015年02月06日17時00分

さらにスタジオで展開された恋愛トークでは、『二股されたこともある』『束縛はしない』と言い、MCの有吉弘行さん(40)からSかMかを問われると『どっちも楽しみたい』と微笑んでいました。 [全文を読む]

有吉弘行が坂上忍でなく再ブレークのヒロミを恐れる理由とは

NEWSポストセブン / 2014年06月09日07時00分

これに有吉弘行(39才)が危機感を感じているという。 人気絶頂の有吉が、ヒロミをここまで怖れる理由。それは、ふたりには、多くの共通点があるからだ。 「お互い歯に衣着せぬ毒舌キャラだし、一度芸能界を離れて、再ブレークしたのも一緒。しかも、そうやって芸能界を離れていた分、世の中や物事を俯瞰して見ることができて、高い洞察力で共演者たちをバッサリ切れるところも共通 [全文を読む]

努力が"神"を呼んだ? とんねるずの笑いに対する真摯な姿勢

サイゾーウーマン / 2012年01月16日12時00分

出場者は清原和博、哀川翔、伊藤英明、バナナマン、有吉弘行、佐々木健介などだったが、そんな豪華な顔ぶれのなかで、最も「笑いの神」が降りてきたのは、なぜか初参戦の総合格闘家・秋山成勲だった。 秋山の「笑いの神」1発目を引き起こしたのは、「木彫りのクマ」の支払いを賭けた戦いの前のこんな一言。「これ、どうやって持って帰るの?」 これが「男気のない発言」とされ、罰 [全文を読む]

フォーカス