試合 本田圭祐に関するニュース

SNSデータが判明!サッカーW杯で一番つぶやかれた言葉は?

Woman Insight / 2014年07月18日22時00分

2010年FIFAワールドカップの開催国である南アフリカと共に検索された言葉には、対戦国や選手名は入っていなかったので、前回大会と比較しても本大会は、代表選手や試合への興味関心が高かったことが伺えますね。 [集計期間:「ブラジル」2014年6月13日~7月14日。「南アフリカ」2010年6月11日~7月11日。検索数がもっとも多かった言葉を「100」として [全文を読む]

W杯前に強化したいサッカー「観戦力」! 本田の、遠藤の、香川の、何を観ればいいのか?

ダ・ヴィンチニュース / 2014年06月12日07時20分

だが、サッカー観戦素人がボールの動きを目で追うだけの間に、サッカー好きはその試合からあらゆる情報を得ているのではないだろうか。せっかくブラジルW杯の時期なのだから、観戦するならば、誰よりも楽しめるようになりたい。誰よりも試合から多くのことを感じ取って、選手達とともに感動を共有したい。関連情報を含む記事はこちら 清水英斗氏著『サッカー「観戦力」が高まる』(東 [全文を読む]

16歳GKがデビューのミラン、天敵にゴール許すもL・アドリアーノ弾で4試合ぶりの白星《セリエA》

超ワールドサッカー / 2015年10月26日01時50分

これまでリーグ戦全試合に出場していたGKディエゴ・ロペスを外し、ミランユース出身の16歳GKアントニオ・ドンナルンマをデビューさせた。▽ミランはトリノ戦から採用している[4-3-3]の布陣で試合に臨んだ。バッカを最前線に配し、右にチェルチ、左にボナヴェントゥーラを配した。試合序盤は一進一退の攻防を繰り広げたが、徐々にホームのミランがチェルチを軸に攻撃の時間 [全文を読む]

ACミラン・本田圭祐は批判だけじゃない!応援するサポーターの声も 「守備をやり、チームに100%尽くしている」

AOLニュース / 2015年09月26日12時00分

現状守備に不安があるミランは6試合で8失点、これはトップ10内の中でも10位ラツィオの10失点に次ぐ2番目に悪い成績ということからも、前線からの守備が必然的に必要となる。5節のパレルモ戦での本田の走行距離は5.7mで、チーム内トップという数字からも前後へと守備貢献に奔走したことが窺える。大半のサポーターコメントは「本田の存在感がまるで無かった」の繰り返しだ [全文を読む]

W杯を決めた!本田圭祐PKゴール効果で“本田圭佑 初プロデュース香水”問合せ殺到!!

PR TIMES / 2013年06月05日18時28分

この試合の勝利に合わせ6/5 0:00より先行予約を開始したところ、問合せが殺到し早くもご予約の注文を頂いております。 (画像)MENZ-STYLEサイトTOPページ 昨日行われた ワールドカップアジア最終予選で、日本は本田圭祐選手のPKで引き分け、ワールドカップへの出場を手にしました。 この試合の勝利に合わせ6/5 0:00より先行予約を開始したところ [全文を読む]

【欧州日本人選手前半戦総括&評価】大迫や長谷部が活躍も軒並み低調

超ワールドサッカー / 2017年01月07日07時00分

★岡崎慎司[レスター・シティ]Getty Imagesプレミアリーグ出場試合数:16(先発:10)ゴール数:2チャンピオンズリーグ出場試合数:3(先発:1)ゴール数:1EFLカップ出場試合数:3(先発:1)ゴール数:0評価:★★☆☆☆ 2◆要所で存在感も激しいポジション争い▽奇跡とも言えるプレミアリーグ優勝を成し遂げた主力メンバーの一員として臨んだ今季だっ [全文を読む]

【中日】松井秀喜カムバック!? 「中日星稜ドラゴンズ」のオーダーを考えてみた(妄想)

文春オンライン / 2017年09月11日11時00分

著述家・分類王、ミスター星稜の石黒謙吾さんにナゴヤドームの屋根をブっ飛ばす勢いの大ホームランを放ってもらいます! 【プロフィール】 石黒謙吾/いしぐろ・けんご 著述家・編集者・分類王 1961年 金沢市生まれ 星稜高校卒 草野球生活38年目で毎年30試合超える1000試合出場の現役プレーヤー。草野球チーム「星涼」 代表・監督・投手・捕手・内野手 背番号14 [全文を読む]

本田はリーグ戦今季2度目のベンチスタート…15歳GKもベンチ入り

ゲキサカ / 2015年02月23日00時08分

試合に先立ち、先発メンバーが発表になり、本田はリーグ戦では11月23日のインテル戦以来、今季2度目のベンチスタートとなった。また、注目された15歳GKジャンルイジ・ドンナルンマもベンチ入りしている。 [先発] GKクリスティアン・アッビアーティ DFアディル・ラミ DFサルバトーレ・ボッケッティ DFダニエレ・ボネーラ DFルカ・アントネッリ MFアンド [全文を読む]

フォーカス