怪我 香川真司に関するニュース

左肩脱臼で無念代表離脱の香川真司が笑顔で登場、大久保親子と食事会

ゲキサカ / 2017年06月13日16時53分

FC東京のFW大久保嘉人がインスタグラム(@yoshito13)を更新し、愛息3人とともに怪我で日本代表を離脱したMF香川真司と食事をしたことを明かした。 大久保と香川はセレッソ大阪でともにプレーした仲。食事会は12日に行われ、香川からの電話で急きょ実現したという。 香川は7日に行われた国際親善試合のシリア戦で左肩を脱臼。W杯アジア最終予選イラク戦を行う遠 [全文を読む]

欧州視察中のハリルホジッチが香川、内田、武藤、岡崎らと食事

超ワールドサッカー / 2016年02月15日22時09分

内田選手は、怪我の回復状況を把握できたので、復帰を楽しみにしているが、焦らないよう伝えました。香川選手とは、代表での課題や彼の意見を聞いて話し合い、非常に良い時間を過ごせたと感じています」▽14日には、フランクフルトのMF長谷部誠やマインツのFW武藤嘉紀と会ったとのことだ。その後は、ロンドンへ飛び、イギリス組と食事をとっている。「明けて14日、長谷部誠選手 [全文を読む]

スポーツのライブストリーミングサービス「DAZN(ダ・ゾーン)」 ブンデスリーガ 2017-18シーズンの独占ライブ配信決定

PR TIMES / 2017年08月07日13時00分

■ブンデスリーガ開幕戦スケジュール(予定)[画像2: https://prtimes.jp/i/19339/41/resize/d19339-41-829630-4.jpg ]<ブンデスリーガのみどころ>· 2016-17シーズン、バイエルンが史上初となる五連覇を達成· ライプツィヒが昇格1年目にしてリーグ戦で2位· DFBポカールはドルトムントが優勝· [全文を読む]

監督交代のドルトムント 香川真司はポジションを確保できるか

dwango.jp news / 2017年08月04日10時44分

昨季は足首の怪我に悩まされた。8月31日はアジア最終予選のオーストラリア戦、続く9月5日は同サウジアラビア戦と、日本代表のビッグゲームが控える。さらに欧州最高峰のチャンピオンズリーグも始まり、来年はいよいよロシアW杯本大会だ。香川のサッカー選手人生において、今季は最も重要なシーズンと言えるだろう。万全の状態を保ち、最高の輝きを放ちたい。 文・大友壮一郎 [全文を読む]

【異次元プレー集】香川真司選手もランクイン! 独ブンデスリーガが選ぶテクニシャンTOP10

ロケットニュース24 / 2017年07月04日06時45分

オフで怪我を癒し、来季の活躍と日本代表をW杯に導くプレーを期待したい。 参照元:YouTube 執筆:原田たかし [全文を読む]

NHKの人気番組をコミカライズした、感動スポーツ伝記『まんが NHKアスリートの魂』。サッカー・香川真司、フィギュアスケート・宮原知子、柔道・野村忠宏が、試練を乗りこえていく姿を描いた第3弾が発売!

PR TIMES / 2017年06月22日12時00分

【第1話】香川真司(サッカー)サッカー選手としての実績を着実に積み上げてきた香川真司を襲った、日本代表10番の重圧、そして怪我による挫折。もがき苦しむ日々の中、香川は復活に向けて自らの原点を見つめ直す。生活のすべてを今まで以上にサッカー中心に置きかえ、香川は心と体を進化させていく。[画像2: https://prtimes.jp/i/2535/1145/r [全文を読む]

ドルトMF香川真司は右足首負傷、「ここ数日は別メニュー」

ゲキサカ / 2016年12月01日10時35分

故障箇所について、ブログを更新した香川は「怪我もあり、ここ数日は別メニューをこなしています」と明かし、「足首の怪我に関して、チームとも話をして完治する事も含め、慎重に練習をしています。身体は元気なので大丈夫です」と説明した。 また先月28日、シャペコエンセの選手やスタッフらを乗せた飛行機が墜落した事故を受けて、「数日前本当にショックな事故が起こりました。 [全文を読む]

サウジアラビア戦のスタメンに注目! 長谷部も危機感「これからはメンバー固定というのはない」

週プレNEWS / 2017年09月02日06時00分

長谷部自身も怪我から復帰したばかりで、この試合の出場も危ぶまれていた立場。しかも、試合中に何度もボールを失いピンチを招く場面もあった。このままではロシアに行けない可能性もある。試合後のこのコメントは、自分自身に言い聞かせる意味で話していたようにも見えた。 もちろん、長谷部が言うようにハリルホジッチ采配の傾向からすれば、単純に世代交代という言葉で括れない部分 [全文を読む]

香川に続いて…キャプテン長谷部が怪我のために途中離脱

ゲキサカ / 2017年09月02日02時27分

日本サッカー協会(JFA)は2日、アジア最終予選サウジアラビア戦(ジッダ)に臨む日本代表において、MF長谷部誠(フランクフルト)が怪我のため、チームを離脱することになったと発表した。なお、長谷部に代わる選手の招集はない。 3月に右膝を手術し、6月の代表シリーズは不在だった長谷部。今季開幕から所属するフランクフルトではフル出場を続けていたが、決して順風満帆の [全文を読む]

柴崎岳が復帰しても ハリルジャパンこれだけある不安

J-CASTニュース / 2017年08月24日20時13分

セルジオ越後氏は22日付サッカーダイジェスト記事で、「今は本大会のことなど考えず、目の前の試合でいかに勝点3を奪うかに集中すべき」「選定基準は、言うなれば120パーセントのベストコンディションにある選手だ」として、「いくら経験が豊富でも、少しでも怪我を抱えていたり、実戦から離れていてコンディションが気がかりな選手は、選考から外すべきではないだろうか」と求 [全文を読む]

ダ・ゾーン、ブンデスリーガ2017-18シーズンを独占ライブ配信

サイクルスタイル / 2017年08月07日20時30分

ドルトムントとの契約を2020年6月まで延長した香川真司、怪我による長期離脱から復帰したシャルケの内田篤人、1部昇格したシュトゥットガルトの浅野拓磨、フランクフルトの長谷部誠ら多くの日本人選手も所属している。 Jリーグ全試合配信、欧州リーグの放映など幅広く世界各国のサッカーのコンテンツを拡充してきたダ・ゾーンでは、日本でも人気が高いブンデスリーガの2017 [全文を読む]

ヴィッセル神戸・ポドルスキ獲得を決めた三木谷浩史の壮大な野望

文春オンライン / 2017年07月06日20時30分

現在、ヴィッセル神戸はエースストライカーのレアンドロを全治半年の大怪我で欠き、リーグ下位に沈んでいる。圧倒的な実績を持つポドルスキが即戦力になるのは間違いないが、三木谷社長の野望はもっと大きい。 「今日の入団記者会見も、インターネットを介してドイツの人たちが大勢見ているでしょう。欧州リーグで活躍する日本人選手を日本人が応援するのと同じこと。海外のスーパー [全文を読む]

左肩脱臼のMF香川真司が日本代表を離脱「勝つことを祈る」

超ワールドサッカー / 2017年06月08日11時19分

「残念かつ申し訳ない形でチームを離れますが、こればかりは仕方ないので、今は怪我を一日でも早く治すことに集中したいと思います。日本代表が勝つことを祈ることしかできませんが、勝利を信じて、戦ってきてほしいと思います」 [全文を読む]

シリア戦で左肩負傷、香川の途中離脱が決定…「残念かつ申し訳ない形」

ゲキサカ / 2017年06月08日11時05分

JFAを通じて香川は「残念かつ申し訳ない形でチームを離れますが、こればかりは仕方ないので、今は怪我を一日でも早く治すことに集中したいと思います。日本代表が勝つことを祈ることしかできませんが、勝利を信じて、戦ってきてほしいと思います」とコメントを発表している。 [全文を読む]

復帰戦アシスト記録も香川の評価厳しく「怪我の影響思わせた」…ビルトは最低点

ゲキサカ / 2016年12月21日13時03分

全体的にはきちんとプレーしていたが、なかには怪我の影響を思わせるプレーも散見された」と厳しい指摘をした。 ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低。 ●欧州組完全ガイド ●ブンデスリーガ2016-17特集 [全文を読む]

ドルト怪我人続出で香川にチャンス!開幕戦以来の先発へ

ゲキサカ / 2016年10月14日15時45分

これには怪我人が続出しているというチーム事情が大きく影響している。トーマス・トゥヘル監督も前日会見で「トップチームから16人を招集するのは難しい。ユースの選手も加えることになるかもしれない」と嘆いたように、多くの選手の出場が叶わないという。 公式サイトによると、MFアンドレ・シュールレ、MFルーカス・ピシュチェク、DFラファエル・ゲレイロ、MFゴンサロ・ [全文を読む]

ブログで苦悩を綴る香川真司「今までと比べてもすごく激しいポジション争い」

ゲキサカ / 2016年09月25日11時39分

みんな特徴があり、個人の能力以外にもチームの為に戦う事のできるメンタリティを持っています」 そんな中で怪我による出遅れを悔やむ香川。「試合に勝つことが絶対ではあるものの、出れず悔しいと思わない選手はいませんし、負けず嫌いの僕にとっては日々悔しさはあります。本当に悔しいです」とここまでの苦悩を明かす。 それでも焦りはない。「日々トレーニングや準備を行っている [全文を読む]

香川真司、公式戦5試合連続先発落ちの苦悩綴る「本当に悔しい」

超ワールドサッカー / 2016年09月25日09時00分

なかなか本当の思いや、状況を伝える事が出来なかったので」 「今、所属しているドルトムントでのポジション争いに関して、今までと比べてもすごく激しいポジション争いがあります」 「サイドのメンバーは若くて才能豊かな選手達が多いですし、インサイドハーフのポジションでは、ラファ(ラファエル・ゲレイロ)、マリオ(・ゲッツェ)、ゴンソ(ゴンサロ・カストロ)といった選手と [全文を読む]

【アンケート結果】本田out、南野in、カンボジア戦希望スタメン

超ワールドサッカー / 2015年11月17日19時05分

・今年最後の代表戦ですので必ず勝利してくれると信じて応援します! 全選手が切磋琢磨して最強の日本代表を作り上げて下さい! 頑張れハリルJAPAN!・サイドに開いて、中央と縦、攻撃はバリエーションをワンパターンにならないように! 特にCBは無駄なミスを絶対にしないように、セレッソコンビを見たい!・ファンは圧勝を望むだろうけど、圧勝することよりも疲労や怪我が無 [全文を読む]

香川決勝点含む2点演出、ドルトムントが開幕4連勝!復活競演清武も先制点起点

ゲキサカ / 2015年09月13日12時07分

まず魅せたのは、今季初出場、怪我からの復帰戦となった清武だった。前半18分、清武が起点となる絶妙なスルーパスを通すと、FWレオン・アンドレアセンがダイレクトで中に折り返す。これをFWアルトゥル・ソビエフが押し込み、ハノーファーが先制に成功した。 しかしドルトムントは前半35分、FWピエール・エメリク・オーバメヤンがPKを決めて、すぐさま同点に追いつくと、 [全文を読む]

フォーカス