ベロニカ 真木よう子に関するニュース

真木よう子誰に騙された?人気女優を利用した”怪しいプロジェクト”の顛末

デイリーニュースオンライン / 2017年09月05日21時00分

しかし、フジテレビで主演女優の道を歩んでいる真っ只中で、事務所はヌードNGの方針だった」(前出・関係者) 真木は『ベロニカは死ぬことにした』(05年・堀江慶監督)でも惜しみなくヌードを披露し、自慰シーンまでやってのけている。真木にとっては「今さら何を清純派ぶる必要が?」という思いがあったようだ。真木のファンの希望に添える写真集を、という純粋な気持ちに嘘はな [全文を読む]

真木よう子、広田レオナにそっくり! “乳ヤセ”で女優業に黄色信号?

日刊サイゾー / 2016年01月04日21時00分

「豊胸疑惑はあるものの、真木の胸の大きさは女優界でもトップクラスといわれ、06年に公開された映画『ベロニカは死ぬことにした』では自慢の胸を惜しげもなく披露。重量感があり形の良い胸には、男性だけでなく女性からも称賛の声が上がり、劇中の迫真の演技とも相まって、トップ女優への足掛かりを掴みました。また、07年に発売された写真集『月刊真木よう子』(新潮社)では大 [全文を読む]

真木よう子の爆乳が消滅!? 胸元の骨がくっきりと浮き出た写真に心配の声相次ぐ

メンズサイゾー / 2015年11月13日23時15分

2005年公開の映画『ベロニカは死ぬことにした』では、バストトップをあらわにした大胆なヌードを披露しており、彼女の爆乳イメージは決定的なものになった。その後、ドラマや映画に出演するたびに、ネット上からは「相変わらずデカい」「大迫力のおっぱい」と歓喜の声が上がることに。しかし、20歳前後のころの写真と比べて胸がかなりサイズアップしているという見方もあり、一部 [全文を読む]

真木よう子、離婚発表で「魔性ボディ」価値が急騰中!

アサ芸プラス / 2015年10月08日05時59分

独身の時には、映画『ベロニカは死ぬことにした』でそのボディのすべてをさらけ出していますが、結婚してからは封印しています。解禁となれば話題になりますからね」(映像制作会社スタッフ) 一方、こんな場所でも真木ボディに群がる人々が。古書店の店主はこう語る。「離婚を発表してから、男性客数名が8年前に発売された『月刊 真木よう子』を買い求めに来ました。一時は販売価格 [全文を読む]

真木よう子 7年目の離婚の背景に「専業主夫とのスレ違い」

NEWSポストセブン / 2015年10月01日07時00分

当時、真木は『ベロニカは死ぬことにした』や『ゆれる』などの名作映画で濡れ場に挑戦し、ドラマ『SP』(フジテレビ系)では激しいアクションに挑むなど、着実に演技派女優の道を進んでいた。 一方の片山氏も『WATER BOYS』(フジテレビ系2003年)など話題のドラマに出演していたが、真木と出会った頃には小説家を目指し、芸能活動を控えていた。 「結婚を機にきっ [全文を読む]

真木よう子 主演ドラマ「問題のあるレストラン」で自慢のボディが大暴れ

アサ芸プラス / 2015年02月03日09時57分

過去に、真木は06年の初主演映画「ベロニカは死ぬことにした」で見事な胸を披露し、13年に日本アカデミー賞主演女優賞を受賞した「さよなら渓谷」でも過激な濡れ場を演じた。ボディと艶技で世の男たちをトリコにしてきたわけだが、芸能評論家の三杉武氏はそんな彼女をこう評価する。 「結婚と出産を経て、三十路に突入し、セクシーさをキープするどころか、さらに磨きがかかって [全文を読む]

「子育ては私の仕事じゃない」? 女優業一直線の真木よう子、フルヌード再び

メンズサイゾー / 2012年10月30日18時00分

05年の『ベロニカは死ぬことにした』では、Gカップの豊乳を乳首もあらわに放り出してオナニーに耽るシーンを熱演した真木だが、今作でも官能的なシーンが多くあるという。発売中の「アサヒ芸能」(徳間書店)が、人妻となった彼女の背徳感あふれる全裸艶技に期待を寄せている。 15年前、大学野球部員たちが一人の女子高生を集団レイプする。数年後、加害者男性の一人・俊介と、被 [全文を読む]

「殿堂入り豊かな胸100人」を大発表(4)00年代1位~10位 ほしのあきが魅せた“透けたセーラー服”

アサ芸プラス / 2017年05月02日05時58分

6位・真木よう子 主演作「ベロニカは死ぬことにした」は、近年の女優には珍しく、完脱ぎでバストを揺らし、一人で慰めるシーンで出世作となった。7位・小向美奈子 デビューした時のキャッチフレーズは「15歳でGカップ」だった。早熟すぎるボディは、ジェットコースター的に波乱の人生となった。8位・神楽坂恵 デパガからグラビアに転身し、真っ白な肌とIカップの特大バストで [全文を読む]

ベッキー裸一貫再起は失敗?先人に学ぶ脱いで得した女損した女

WEB女性自身 / 2016年10月21日00時00分

また同じように女優の真木よう子さんも映画『ベロニカは死ぬことにした』で美しい体を披露し、話題を呼びました。彼女達は間違いなく、脱いだことでその後の女優人生のチャンスをつかんだと言えるでしょう。 2つめは、右肩下がりの状態から再起をかけて脱ぎに走るパターンです。 これはベッキーさんもそうですが、最近だと坂口杏里さんも当てはまります。またヌードにはなっていない [全文を読む]

二階堂ふみ 新作映画で魅せた妖艶シーンをプレイバック!(2)真木よう子との禁断の絡みも見せ…

アサ芸プラス / 2016年02月04日17時57分

真木が主演映画『ベロニカは死ぬことにした』でヌードを披露したのは22歳の時でした、今年22歳となる二階堂も、十分に意識して撮影に臨んだことでしょう」 濡れ場で定評のある真木に火をつけられた二階堂の熱演は続く。 子供を身ごもりたいと懇願する二階堂だが、老作家に拒絶されてしまう。だが、その思いは止まらない。 老作家が2階に駆け上がると、そこには暗闇の中で一糸ま [全文を読む]

広末涼子、能年玲奈…2016年は人気美人女優たちが映画・TVでひと肌脱ぐ?

アサ芸プラス / 2016年01月15日01時57分

真木よう子(33)も、現在の能年と同じ年頃の時に、初主演映画「ベロニカは死ぬことにした」(05年)でGカップ級の爆乳をモロ出ししてブレイクした。前出の秋本氏は今年、その真木にこう期待を寄せる。「08年に結婚して以降は脱ぎに消極的でしたが、昨年秋に離婚したことで、縛りはなくなったはず。約10年ぶりに、あのナイスボディを拝みたいですね」 真木と同じく昨年バツイ [全文を読む]

芸能界「映像の黒歴史」(2)真木よう子が屈辱を味わったハリウッドデビュー作

アサ芸プラス / 2015年04月23日17時59分

かと思うと、映画「ベロニカは死ぬことにした」で、ド迫力のGカップをさらし、自身の指で登りつめる過激シーンに挑むなど、オンナの部分もアピールする。 そんな真木にとって唯一の泣きどころは、全米で興行収入1位に輝いた「呪怨」(05年)のハリウッド版に出たことだろうか。「本来ならば栄誉なのですが、ここでの真木は“始まってすぐに殺されてしまう”という端役。天井裏に引 [全文を読む]

美しいバストを持つ美人女優の“ボディ解禁”生報告!(2)世の中の男を骨抜きにする「真木よう子」の美バスト

アサ芸プラス / 2015年04月20日09時56分

バストの形を維持するためにかなり大胸筋を鍛えているそうで、真木さんなりの“胸ピク”サービスだと噂になっていました」 そんな真木の出世作といえば「ベロニカは死ぬことにした」(05年)。劇中では、妖艶なシーンに挑戦。豊満な乳房を汗だくにしてイキ顔までさらしている。その脱ぎっぷりのよさから、男勝りの性格だとよく噂されるが‥‥。スポーツ紙デスクが語る。「実はオッパ [全文を読む]

真木よう子の「消したい過去」と絶対に注目されたくない“ある部分”

アサ芸プラス / 2015年02月27日09時59分

彼女の一糸まとわぬ姿が話題となった映画『ベロニカは死ぬことにした』に関しても、過去のインタビューで『消したい過去』と明言し、“黒歴史”であることを認めています。その理由は『変な人たちが、胸が見えるとか言ってて気持ち悪い』からなのだとか」(芸能ライター) だが胸に注目してほしくない理由として、別の理由があるのではないかと美容ライターはこう語る。 「彼女はネッ [全文を読む]

「お笑い芸人みたいな立ち位置だった」真木よう子の意外な素顔

メンズサイゾー / 2013年06月24日19時00分

真木は映画『ベロニカは死ぬことにした』以来、実に7年ぶりの単独主演作となり、監督は大森の兄である大森立嗣が務めている。レイプ事件の被害者と加害者が夫婦になるという、極限の男女愛を描く同作。真木が渾身の濡れ場を演じていることでも話題になっている。 23日に放送された『ボクらの時代』(フジテレビ系)では、その真木と大森兄弟が出演。毎回、時代を彩る3人のゲストが [全文を読む]

松たか子 ロングスカートの中に手をいれ熱い吐息を漏らした

NEWSポストセブン / 2012年06月04日16時00分

ベロニカは死ぬことにした』(2005年)の真木よう子は全裸での自慰シーンでした。『真幸くあらば』(2010年)の尾野真千子も全裸で荘厳な自慰演技に挑戦しましたが、真木の迫力を凌駕するには至っていません」 『夢売るふたり』には、もう一つ、ドキリとさせられるシーンがある。 パンティを膝下までずり下ろし、便座にたたずむ里子。月経を迎えたのだろう、トイレから出て [全文を読む]

TV美女50人「女優力」最新ランキング(5)「あげ濡れ場」「さげ濡れ場」

アサ芸プラス / 2012年01月28日11時00分

かつて映画「ベロニカは死ぬことにした」でオナニーシーンまで披露したこともあったが、この作品のおかげで女優としての評価を下げてしまった。 アカデミー賞受賞作「おくりびと」(松竹)に出演した広末涼子(31)はワースト5位。本木雅弘演じる主人公の妻役で出演し、夫婦の濡れ場で本木に首筋や腹部を愛撫され、服を脱がされていくのだが、肌の露出も演技も歯切れが悪い。99年 [全文を読む]

フォーカス