ファッション 真木よう子に関するニュース

女子必見! 「ファション業界のいろは」がわかるドラマ3選

CinemaCafe.net / 2017年08月22日07時00分

SNSの発展により、これまで以上に素早くお洒落情報をキャッチしたいという願望が強まっているのか…今期は特にファッション業界を扱ったドラマが多くなっていますよね! そこで今日は、ドラマニアな筆者が作品を厳選し、“ファッション業界のいろは”がわかる面白ドラマをご紹介していきましょう。■雑誌のフリーライター&読モの涙ぐましい努力がキラリファッション雑誌業界を舞台 [全文を読む]

武井咲が悪女に! 真木よう子が読モに! 尾上松也がスイーツ男子に!【夏ドラマ人物相関図(木曜ドラマ編)】

ザテレビジョン / 2017年07月06日17時20分

ファッション業界に渦巻く骨肉の闘い!「セシルのもくろみ」読者モデルとしてファッション業界に飛び込んだ主婦が、そこで働く女性たちとぶつかり合いながらもそれぞれの幸せを探し求める姿を描く。夫と中学生の息子と平凡ながらも幸せな毎日を送る主婦・奈央(真木よう子)は、ひょんなことから人気女性ファッション誌「ヴァニティ」の読者モデルにスカウトされる。自分とは縁のな [全文を読む]

ECサイト「MUSE&Co.」(ミューズコー) 大リニューアル

PR TIMES / 2013年10月02日09時21分

大人の女性が求めるファッショントレンドやライフスタイルに関するモノ・コトが分かる・お得に買えるサイトとして生まれ変わります。◆新コンテンツ概要◆●「MUSE ROOM」 WWD責任編集のモードグラビア。 第1回は「真木よう子が着こなすブリティッシュ」女優やタレントなど、今話題のMUSEがモデルとして登場するファッショングラビア。スタイリング紹介に加えて、M [全文を読む]

『セシルのもくろみ』当たり役?オネエ系ヘアメイク・徳井義実に大反響

しらべぇ / 2017年07月14日17時00分

ファッションに興味のない、体育会系のパート主婦・宮地奈央(真木よう子)が、ひょんなことから人気女性ファッション誌『ヴァニティ』にスカウトされ、読者モデルとして上を目指すストーリーだ。第一話では奈央が雑誌にスカウトされ、初撮影など業界に足を踏み入れていく様子が描かれた。■オネエ系ヘアメイクは徳井義実の当たり役初回平均視聴率は5.1%(ビデオリサーチ調べ・関東 [全文を読む]

EXILE TAKAHIRO&武井咲、結婚を発表 来春に第1子誕生へ 今日一番読まれたニュースランキング【エンタメTOP5】

モデルプレス / 2017年09月01日23時00分

◆2位:“史上初”明日花キララの私物メイク道具&メイクテク全部公開!桁違いすぎる購入額のファッション事情も聞いた <インタビュー>男性人気はもちろん、“女子がなりたい顔”として女性からも支持を得る、恵比寿☆マスカッツのメンバーでセクシー女優の明日花キララ(28)。モデルプレスでは今回“美容取材はこれまで受けたことがない”という明日花に、女性たちの「一体ど [全文を読む]

真木よう子『セシルのもくろみ』第2話で4.5%の大不振のワケとは?

デイリーニュースオンライン / 2017年07月23日11時45分

今回はファッション誌「ヴァニティ」のトップモデル・浜口由華子(吉瀬美智子)の自宅に招かれ、そのセレブぶりに驚くのだが、その様子があり得ない。いくら豪邸に興奮しているとはいえ、中学生の子どもを持つ年齢の大人が、他人様の庭で裸足になって走り回ったりするのだろうか。同じ大人として見ていて恥ずかしくなってしまう。 また、前回でも触れたが、相変わらず真木よう子の痩せ [全文を読む]

真木よう子『セシルのもくろみ』痛々しさが響いて初回5.1%に

デイリーニュースオンライン / 2017年07月16日21時30分

体育会系出身で、おしゃれとは全く無縁な生活を送ってきた奈央だったが、沖田江里(伊藤歩)から人気女性ファッション誌「ヴァニティ」の読者モデルにスカウトされる。撮影所では頓珍漢な服装や下手なポージングで浮きまくりの奈央だったが、江里やカメラマンの山下航平(金子ノブアキ)、ヘアメイクの安原トモ(徳井義実)にのせられてトップ読モを目指す展開に。 とにかく内容よりも [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】『セシルのもくろみ』くだけたバージョン 板谷由夏がオフショット公開

TechinsightJapan / 2017年07月13日17時07分

埼玉・北春日部に住む34歳のガサツな主婦・宮地奈央(真木よう子)が人気女性ファッション誌『ヴァニティ』の編集デスクに読者モデルとしてスカウトされる。ところが彼女が飛び込んだ業界には嫉妬、見栄、生存競争、経済格差、禁断の男女関係などが渦巻いていた。真木よう子が自分の価値観を大切にしながらファッション界で奮闘する主婦モデル・宮地奈央を彼女らしくパワフルに演じ [全文を読む]

金子ノブアキ、撮影現場で真木よう子&伊藤歩の「バイブス!!」コールに満面の笑み

クランクイン! 取材記事・エンタメ / 2017年07月13日12時30分

ドラマ『セシルのもくろみ』は、ファッション業界を舞台に、専業主婦、独身、共働き、シングルマザーといった様々な立場の女性たちが、ぶつかり合いながらもそれぞれの幸せを探していくストーリー。真木は新人主婦モデルの主人公・宮地奈央、伊藤はファッションライターの沖田江里、金子はフォトグラファーの山上航平を演じる。 投稿された写真は、扇子を片手にカメラを見つめる真木 [全文を読む]

【新ドラマ】嫉妬が渦巻く女同士のバトル! 「セシルのもくろみ」の見どころを最速チェック

Woman.excite / 2017年07月11日19時00分

5人の女たちがファッション誌を舞台にバトル主演の真木よう子演じる宮地奈央は、埼玉県北春日部出身の着飾ることすらしない34才専業主婦。人気女性ファッション誌『ヴァニティ』の編集デスクに読者モデルとしてスカウトされたことから見知らぬ世界へ足を踏み入れることになる。主人公の憧れでありライバルである浜口由華子を演じるのは吉瀬美智子。『ヴァニティ』カリスマモデルであ [全文を読む]

真木よう子×吉瀬美智子×長谷川京子 美女3人の「バスト競艶」を先取り公開!(1)第1話から真木のバストが大暴れ

アサ芸プラス / 2017年07月03日17時57分

夫と中学生の子供と3人で暮らしていた専業主婦の真木が、ひょんなことからファッション誌にスカウトされる。読者モデルとして活動を始めた真木が、きらびやかなファッション業界の舞台裏で女同士が引き起こすキャットファイトのような熾烈な泥仕合に巻き込まれていく‥‥というストーリーだ。 特に、前作「問題のあるレストラン」(フジ系)以来2年半ぶりとなる連ドラ主演となった真 [全文を読む]

写真家・藤代冥砂氏 真木よう子、石原さとみとの思い出

NEWSポストセブン / 2017年06月09日07時00分

ファッションは女性の内面に影響力がある。ノーメイクや薄いメイクが流行ると女性は内面を磨き始める。反対に、塗ったりつけたりをどんどんしていくムーヴメントならば、中身は脇において、表層的にパッケージしようとする内面が生まれる。そういう、メイクやファッションの流行につられる変化はあるけれど、基本的に女性はワルというのは変わらない(笑い)。 彼女たちは、演技の [全文を読む]

夏の新ドラマ「セシルのもくろみ」にハマる3つの理由!

ザテレビジョン / 2017年06月05日18時15分

■ 「セシルのもくろみ」ってどんな作品? ファッション雑誌業界を舞台に、さまざまな立場の女性たちが、ぶつかり合いながらも幸せを追い求める姿を描く。自身を着飾ることに興味がなかった専業主婦の奈央(真木)は、ある日、女性ファッション誌「ヴァニティ」の読者モデルにスカウトされたことから生活が一変。奈央は、ファッションという新たな世界への一歩を踏み出すことになる [全文を読む]

TOD’S(トッズ)の激レア限定アイテムが、伊勢丹新宿店で手に入る!

Woman Insight / 2015年07月15日08時00分

それは、秋冬ファッションアイテムを先取りしておくこと! 梅雨明け早々、秋冬の準備だなんて早すぎる! と思うかもしれませんが、この時期に用意しておかないと、夏は一瞬。気づけばすぐに秋がやってきて慌てることに。そうならないためにも余裕を持って早めの準備が肝心なのです。 ということで、秋冬ファッションを先取りするために、まずチェックしておきたいのが、伊勢丹新宿 [全文を読む]

MUSE & Co.(ミューズコー) アートディレクター 千原徹也氏デザインのリニューアルパッケージを発表

PR TIMES / 2013年11月05日17時17分

千原氏は広告・装幀・カタログ・テレビCM・エディトリアルデザイン・ファッションキャンペーンの企画など、ファッション業界をはじめ、各業界で活躍する気鋭のアートディレクターです。 パッケージデザインは全7種類。パッケージサイズごとにデザインをご用意しましたので、お買い物の度に異なるデザインをお楽しみいただけるようになっています。また、11月からは更に2パターン [全文を読む]

仏で痩せすぎモデル起用禁止に 日本でもポッチャリタレント需要増?

THE PAGE / 2017年09月08日18時15分

同国では拒食症の問題が深刻化、ファッション界に「激痩せモデル」起用を禁じる政令がすでに施行されているのだとか。 また、10月からは同国内での出版やネット上での公開、またはポスターやカタログなどで使用する写真において、実際より痩せて見えるようにレタッチ(画像修正)した場合、その旨を明記しなければならない法律が施行されるという。違反すれば高額の罰金を支払わなけ [全文を読む]

真木よう子、意識高い系男子に嫌悪感

日刊大衆 / 2017年09月05日10時05分

俺はファッションとか気にしない。俺が着てればブランド物だ! それぐらいの人がいいんですよね」と持論を展開した。さらに「意識高い系男子っているじゃないですか。よく分からないスカーフを斜めがけしているとか」「心の中でバカにして笑ってますね」とバッサリ。TOKIOのメンバーたちを爆笑させていた。 「この後、真木は“私ツイッターやってるんですけど……”と、うれしそ [全文を読む]

真木よう子主演「セシルのもくろみ」自己最高視聴率を記録

モデルプレス / 2017年09月01日11時36分

◆木10ドラマ「セシルのもくろみ」 同作は30代から50代の主婦層に人気のファッション誌『STORY』で2008年から2010年にかけて連載された唯川恵による同名小説が原作。架空のファッション雑誌『ヴァニティ』を中心に専業主婦・独身・共働き・シングルマザーなど様々な立場の女性たちがぶつかり合いながらも幸せを探していくオトナの女性たちの物語。 真木演じる“ミ [全文を読む]

打ち切り濃厚『セシルのもくろみ』でも真木よう子の業界評価が上昇のワケ

デイリーニュースオンライン / 2017年08月21日11時45分

内容に関しても、真木演じる平凡な主婦がモデルとしてファッション業界で成りあがるというストーリーだが「もともと真木がガリガリで共感しにくい」「演出が古臭い」「女がよく怒っているだけのドラマ」といった酷評がネット上では上がっている。しかし、このような状況でも、真木の今後のキャリアにマイナス影響は少ないだろうという声がある。 「酷評の標的となっているのは、キャ [全文を読む]

『セシルのもくろみ』視聴率爆死3.8%の明確なワケ…真木よう子の責任ではない!?

messy / 2017年08月17日22時00分

『セシルのもくろみ』は、主婦層に人気のファッション誌『STORY』に連載されていた作家・唯川恵の同名小説を原作に、女性視聴者層をターゲットにした連続ドラマだ。真木よう子(34)演じる主人公の宮地奈央が読者モデルにスカウトされ、一流モデルを目指していくという物語。『STORY』や姉妹誌『VERY』の読者を意識し、洗練された都会派ドラマに仕立てるのかと思いき [全文を読む]

フォーカス