写真集 高岡早紀に関するニュース

芸能美女「お宝カット」“高騰・下落”最新調査!(3)人気上昇中の吉岡里帆が週刊誌グラビアを飾ると…

アサ芸プラス / 2017年02月19日09時57分

「アイドルお宝グッズ界で双璧をなすのが、夭逝した岡田有希子と坂井泉水の2人です」 と力説するのは、ネット店舗で昭和を中心に、写真集や雑誌などを販売する「ロマン堂」の各務敦己社長である。「岡田が亡くなる前年の85年カレンダーはズバリ、9万円。坂井が歌手デビュー以前に蒲池幸子の名前で出していた写真集『NOCTURNE』(白泉社)は、9万8000円でもいまだに売 [全文を読む]

ソニン、加護亜依…ドロ沼訴訟で発覚した“ヌード映画”のギャラ

WEB女性自身 / 2014年03月21日07時00分

「I氏は、西山茉希さんの所属する事務所の社長で、高岡早紀のヌード写真集を手がけたプロデューサーの1人なんです。だから信用したのです」(G社) 実際、’95年に篠山紀信が撮影した高岡早紀のヘアヌード写真集『one,two,three』のクレジットには、I氏の名前が載っている。しかし、本誌が入手した契約書や裁判資料には衝撃の内容が明記されていた。《ソニン・1億 [全文を読む]

1990年代 なぜ大物女優たちは次々に脱いだのか

NEWSポストセブン / 2016年06月19日16時00分

1991年10月13日、当時18歳で人気絶頂のアイドルだった宮沢りえが、写真集『Santa Fe』で脱いだ影響で、若くて売れている時に脱ごうという雰囲気もできた。 1993年には杉本彩が24歳、1994年には武田久美子が25歳、1995年には高岡早紀が22歳でヘアを露わにし、さらなる飛躍のきっかけとした。女優として伸び悩んでいた川島なお美は32歳の時に出版 [全文を読む]

「エイベックスもかばいきれない」高岡早紀が事情聴取! もうAV出演しか道がない!?

メンズサイゾー / 2012年02月21日16時30分

高岡は映画『忠臣蔵外伝 四谷怪談』(深作欣二監督/1994年)で大胆なヌードシーンを披露し、ヘアヌード写真集も出版しており、脱ぐことに抵抗がないともいわれる。 しかし、高岡の女優業が好調なことから、その可能性はないといわれたが...。「高岡は個人事務所に所属し、エイベックスと業務提携していますが、さすがのエイベックスもかばいきれないと頭を抱えている。エイベ [全文を読む]

「殿堂入り豊かな胸100人」を大発表(8)80年代1位~15位 高岡早紀が完脱ぎ映画で男性客をKO

アサ芸プラス / 2017年05月03日17時58分

完脱ぎ写真集も大ヒットした。5位・石田えり 脱ぎ惜しみしないどころか、脱いだら誰もがひれ伏すほどの特大バストの持ち主。映画、写真集と、作品ごとに衝撃をもたらした。6位・深野晴美 深夜番組から生まれた「オナッターズ」の一員だが、人気はハニーこと深野晴美がピカイチ。攻めまくりなグラビアで輝きを放った。7位・青山知可子 どちらかと言えば知る人ぞ知る女優の部類にな [全文を読む]

1000人アンケート!もう一度見たい美女の一糸まとわぬ姿(3)「高岡早紀が写真集で見せた衝撃のイメチェン」

アサ芸プラス / 2016年01月17日17時57分

せっかくの写真集を汚してしまったので、新たに買い直しました」(茨城県・酪農・46歳) 28位は撮影したものの出版前に翻意、記者会見では英語で恨み節をまくしたてた藤田朋子(50)。「発売禁止になったが、何とか入手した。芸能界はだまされて身ぐるみ剥がされる怖いところだと思った。が、それより尻の穴まで見えそうなドすけべな写真に、おったまげました」(神奈川県・旅館 [全文を読む]

安達祐実や元オセロ中島も脱いだけど…、最近のヌード写真集事情

ダ・ヴィンチニュース / 2013年09月22日07時20分

9月、安達祐実が発表した写真集『私生活』(桑島智輝:写真/集英社)が、にわかに波紋を呼んでいる。芸能生活30周年を迎え、安達が「強い決意を持って自ら企画/制作に取り組んだ」といわれる本作。撮影は約2年に及んだそうで、ご存じのとおり、セミヌードを含む作り込まれたショットと、撮影現場や自宅などの日常ショットを織り交ぜて構成されている。ただ、中途半端なヌードに不 [全文を読む]

イタリアでメンズをはべらせ…叶恭子が“美を追求する”AVを計画!?

メンズサイゾー / 2012年08月22日14時35分

今、妹の美香のヘアヌード写真集『Melting』(光文社)が売れていますが、撮影は姉の恭子が担当しているように、最近は表現者としてもタッグを組んでいますからね。年齢を感じさせない叶姉妹ですが、恭子は大台に入る年齢だとは言われていますし、今のうちに自身の美を色褪せない形で閉じ込めておきたいという意識はあるでしょう。2010年には恭子が監督・主演を務めた映像作 [全文を読む]

写真集かAVか...あの美熟女たちが「ヘアヌードで再起」のウワサ!?

メンズサイゾー / 2012年01月15日18時00分

同年にヘアヌード写真集を発売している。今まで、脱ぎそうで脱がなかった彼女が、バストトップからヘアまでをさらしたこの写真集は当時話題を呼んだ。 これに続けとばかりに、「脱ぐのでは」とウワサになっているのが、マルチタレントとして活躍していた山口もえだ。 99年のドラッグストア『マツモトキヨシ』のCMで一気にブレイクを果たし、そのおっとりしたしゃべりと天然ボケの [全文を読む]

魔性の女・高岡早紀、インスタで魅せる生々しいエロス!

メンズサイゾー / 2016年03月17日10時00分

高岡さんといえば、94年公開の映画『忠臣蔵外伝 四谷怪談』や、その翌年に発売された写真集『one,two,three』(ぶんか社)で惜しげもなくヌード姿を披露しており、往年のファンには当時のイメージがあるためか、『劣化知らず』との声も大きい」(ネットライター) 脱ぎっぷりのいい女優とも言われる高岡。そんな彼女だからこそ、インスタでの姿に興奮を覚えるファンが [全文を読む]

高岡早紀、豊満バスト健在で「スク水着て!」の声 浅野忠信のモテっぷりに男性からは嫉妬、女性からは「男は結局…」と批判も

おたぽる / 2016年03月15日12時00分

高岡といえば、1994年に公開された映画『忠臣蔵外伝 四谷怪談』や、その翌年に発売された写真集『one, two, three』(ぶんか社)で惜しげもなくヌード姿を披露するなど、脱ぎっぷりの良い女優として知られ、巨乳とくびれには『国宝級』『AV女優にも滅多にいない究極グラマーボディ』など、称賛の声が上がっていますが、長年のファンからすれば、1990年に公開 [全文を読む]

「鮮烈デビュー型」と「イメチェン型」アイドルが脱ぐ2つの理由

WEB女性自身 / 2015年10月14日06時00分

70年代に『週刊平凡パンチ』や『週刊プレイボーイ』がヌード写真を出すようになり、市民権を得たのです」 写真集の販売が一般的になったのは、 80年代から。田川氏によれば、ピークは2回あり、1回目は、 80〜 85年。この時期に『おくさまは18歳』の岡崎友紀( 81年)、日本アカデミー新人俳優賞受賞の田中美佐子( 83年)、コメットさんこと大場久美子( 84 [全文を読む]

安達祐実、映画でついにフルヌード! 30代での新境地開拓へ…

メンズサイゾー / 2014年03月04日12時00分

安達といえば、デビュー30周年を迎えた昨年、初のセミヌード写真集『私生活』(集英社)を出版。手で胸元を隠した“手ブラ”ショットやお尻の割れ目が見える写真など、ネット上では「へたなグラドルよりいいカラダしてる」「これで30代には見えない」と絶賛する声が上がった。一部では、さらにカゲキなヌードを写真集で披露する可能性もあるといわれていたが…。「0歳でモデルデ [全文を読む]

当局も重大関心! 内縁の夫に1億円を持ち逃げされた高岡早紀は悲劇のヒロインか否か

日刊サイゾー / 2012年03月17日08時00分

※画像は『高岡早紀写真集「TIME DIFFERENCE」』【関連記事】・AV出演がウワサされる高岡早紀 金欠の裏にあった恩師の死と元夫・保阪尚希の影・「海老蔵、実はアゲチンだった!?」過去に交際が報じられた女性たちのその後は......・「元旦婚も......」山田孝之の隠し子騒動を"美談"に仕立て上げた芸能マスコミの罪・「ネタがデジタル化している」「審 [全文を読む]

美女たちの確定申告(1)高岡早紀「1億円AV」収録攻防

アサ芸プラス / 2012年02月21日11時00分

かつては、ヘアヌード写真集も公開、世の男性たちの脳裏に焼き付いたままだ。あれから15年余り─。すっかり熟れた官能ボディの現在に迫る。 AV出演なら“小向超え”も AV制作関係者が言う。 「以前から元○○など、アイドルや女優の『肩書系』のAVは人気でしたが、『小向美奈子』のインパクトは絶大でした。デビュー作は、実に空前絶後の20万本の大ヒットとなり、不況と言 [全文を読む]

味わったのか?田中みな実「おいしい胸」公開であのチャラ男に嫉妬集中!

アサ芸プラス / 2017年09月13日17時59分

パッと見の衝撃は高岡早紀の初写真集クラス。華奢なカラダにこんな“得物”を隠し持っていたのかと驚きました。真っ白なモチ肌を見る限り、胸の先端の色素も薄くてキレイそう。この上モノをあの“チャラ男”が味わっていたのかと想像すると、思わず嫉妬してしまいますね」 フリーアナウンサーの田中みな実が、9月13日発売の女性誌「an・an」と9月10日発売の「美人百花」で立 [全文を読む]

インスタ美女10人の自撮りショットで分かった「欲しがり度」(2)何が飛び出すか分からない深田恭子のインスタ

アサ芸プラス / 2016年11月26日09時57分

続いては、7月に写真集を2冊同時に発売、今月にも今年3冊目の写真集と肉弾攻めの深田恭子(34)だ。今年7月にインスタを開設するや、一挙に120万人のフォロワー固定客をわしづかみにしている。「更新の頻度はそれほど高くないだけに、本人も反響の大きさにビックリしています。写真は楽屋裏での後輩とのツーショットからプライベートでの愛犬プードルや甥っ子の写真などが多く [全文を読む]

単独初のゴールデン! 徳光和夫が美女5人と旅する

Smartザテレビジョン / 2016年04月07日05時00分

徳光は、武田の若かりしころの“貝殻ビキニ”の写真集を手にホテルへ…。奮発して混浴も可能な貸し切り露天風呂を予約し、入浴するが一人きりの徳光。一方の田中、武田、かとうは大人のお色気たっぷりの入浴シーンを披露。子育てをしながらも、プロポーションを維持している武田とかとうが温泉に漬かる姿は見逃せない。温泉を楽しむ3人は会話が弾み、田中が「(もしも徳さんが)ここに [全文を読む]

42歳・高岡早紀に「エロすぎる」と絶賛の嵐 男を追い服を脱がす、色白肌を大胆露出

Business Journal / 2015年06月10日06時00分

高岡といえば、94年の映画『忠臣蔵外伝 四谷怪談』(松竹)でヌードをさらし、翌年にはヘアヌード写真集『one,two,three』(ぶんか社)も発売しました。若い時にそれを見て衝撃を受けた、今の40~50代あたりが、制作側の責任者になったりしています。年を重ねてさらにきれいになった高岡を使いたくなるのは当然でしょう。彼女が40代になってもコンスタントに映画 [全文を読む]

“博多の壇蜜”と評判の藤田可菜が初セクシーグラビアで大胆発言 「全裸ペイントくらいなら…知名度ないし、なんでもやって当然です」

週プレNEWS / 2015年02月27日15時40分

そのほか最新情報は公式ブログをチェック!【http://ameblo.jp/kanapo-f/】 ■電子写真集【かわいいくせに、九州一“体を張っている”タレント】配信中! 【http://shupure-net.shueisha.co.jp/extra/#277fujita_kana】 [全文を読む]

フォーカス